巡洋戦艦「シャルンホルスト級」 

シャロンホスト級戦艦

巡洋戦艦「シャルンホルスト級」

【武装】
ハイレーザーキャノン 副レーザーキャノン 対空ミサイルランチャー 対空機関砲 艦首魚雷発射管 対艦ミサイル 

【搭載】
最大搭載機数  40機まで

【特殊兵装備】
無し

【サイズ】
全長 800m


カタリナ社ドイツ局が建造した全長800m級の新造巡洋戦艦。
2330年代、仮想敵国であるイギリス、フランス(両国は同盟関係でもあった)の強力な戦艦群に対抗するため、戦艦艦隊の必要性が認識され、本級が建造された。本級の構想自体は英独仏海軍協定以前より存在していたが、上記の経緯からイギリス、フランス局の戦艦に対抗できる能力が求められ、規模は拡大していった。フランス局についてはダンケルク級重戦艦への対抗を想定している。

設計期間短縮の過去に設計された巡洋艦「エムデン級」の設計を流用している。このため「新しい旧式艦」といわれることもある。各種武装や機関は協定に従っている,と公表されたが、実際には協定を違反する重武装が施されていた。当初の建造計画を上回る高出力主砲を搭載してイギリスやフランスなどの高出力のヘヴィターボーレーザークラスの砲の搭載艦に匹敵する装甲と火力を持つこととなり、前級の「バイエルン級」にはなかった高速航行力を持つことで新戦艦にふさわしい攻、防、走が揃った艦となった。

艦名はナポレオン占領支配からドイツが独立戦争を起こした際に活躍したプロイセン陸軍の将軍、ゲルハルト・フォン・シャルンホルストに由来する。

ほぼ同時期にイタリア局も対抗して高速巡洋戦艦「ワイヴァーン級」を建造し、スペイン局は弩級戦艦「クロノス級」を建造している。2300年代から始まった各列強諸国の建艦競争は激しさを増し、USA、イギリス、日本、フランス、ロシア、イタリア、ドイツ、スペインの強大な艦隊を有する諸勢力は自国の艦隊軍備を拡張し、他国よりも軍事面で優位に立とうと凄まじい軍備の拡張が行なわれた。

シャロンホスト級戦艦

1番艦 「シャルンホルスト」

シャロンホスト級戦艦

2番艦 「グナイゼナウ」

[ 2012/08/01 23:06 ] イラスト | TB(0) | CM(6)

BT-106/FS 「ジャガー」 

鬼鋼 新型

BT-106/FS 「ジャガー」

製造: カタリナ・リナ社
生産形態: 量産機
全高:  22m

武装:

アサルトライフル
大型ロケットバズーカ
スナイパーライフル
スペツナズナイフ
30mm機関砲
レーザーブレード
ハイレーザーライフル
スナイパーキャノン

等など

乗員人数: 1~2名

今までのBTシリーズの実用兵器として必要な要素を踏襲しており、一部装甲部材などは流用しつつ、まったく別設計の機体として開発された。
特徴として両肩に高出力ハイレーザーキャノン兼シールドを装備し、攻守を重要視しつつ、新型の大出力素粒子エンジンを搭載することで、機動性を損なわないように配慮されており、頭部には日本局製の高感度センサー及び光学測定器を備えている。
火力、防御力、機動力、索敵力をバランスよく備えていた。特に光学機器が優れていたので、大型のロングレンジスナイパーキャノンによる狙撃は高い命中率と貫通力を誇り、ほとんどの敵を一撃で撃破可能だった。避弾経始を取り入れた装甲を採用し、大出力エンジンによる高機動性、装備する狙撃砲は、同世代の機動兵器群と比較して大口径であり威力に優れていた。

ただ欠点も多く、トップヘビーなため、高機動戦闘を行なうと機体に振り回されるじゃじゃ馬で習熟に時間がかかる。脚部に重量がかかるためこまめな整備が必要、などの諸問題があった。
ゾルダートの代替として本機は導入され、量産機のレベルとしては破格の高性能機であるが、汎用性や操縦性、安定性、コストなどの面ではゾルダートの方が優秀で、完全に代替はされず両者はしばしば混合して同時運用された。

ジャガーは、南北アメリカ大陸に生息する大型のヒョウの仲間の肉食動物であり、ジャガー(Jaguar)という名前は南アメリカインディアンの“ヤガー”という言葉から来ており、これは「一突きで殺す者」という意味が含まれている。あらゆる敵を一撃で撃破できる本機にふさわしい名前である。

鬼鋼 新型

上記はイタリア局向けに輸出された型。

鬼鋼 新型

ドイツ局が使用する特別仕様。ステルス塗料で塗られており、レーダーに少しでも映りにくいように工夫されている。
[ 2012/07/24 22:15 ] イラスト | TB(0) | CM(0)

「うえすぺりおー」 

ウエスペシロー

こんなんだったような気がします。

最近、精神を病みます。

癒しで「なのは」見に行きましたが、足りません。

bヴへあふぃおjんごgrj
[ 2012/07/23 22:50 ] イラスト | TB(0) | CM(10)

「メイヤのぱくり」 

xメイヤのパクリ

大学生のときに描いた古い絵。メイヤのぱくり、マブラブ、アニメ化記念でうpりますよ!

ピロピロピローーー!!!!!!!!!

ピイロッピロピローーー!!!
[ 2012/07/20 23:31 ] イラスト | TB(0) | CM(2)

カタリナ社製兵器 その3 

戦艦その2

高速巡洋戦艦「ワイヴァーン級」

【武装】
レーザー速射砲 短対空ミサイル 対空機関砲 魚雷発射菅 ミサイルランチャー 対艦ミサイル

【搭載】
最大搭載機数 40機まで

【特殊兵装備】
触角攻撃可能

【サイズ】
全長 700m


カタリナ社イタリア局が開発した高速性能を追求した700m級巡洋戦艦。
イタリア局は地中海を挟んで対峙するフランス局を仮想敵に定めた。同局は高速かつ強力な兵装を持つ大型戦闘艦を多数揃えており、イタリア局の有する諸艦艇では対抗が難しかった。そのため、イタリア局では大型戦闘艦に対抗可能な火力と速力を持つ高速軽防御の軽巡洋戦艦を建造する事とした。これが「嚮導(コンドッティエリ)型軽巡洋戦艦」であるが、本級はさらに大出力エンジンによる速力を追求して高速巡洋戦艦を建造した。それが本級である。
本級は高速を発揮を発揮しやすくするために同時期のイギリス局の巡洋戦艦と同じく縦横の比率の強い細長い船体形状を採用していた。艦中央構造の内部に機動兵器格納庫を持ち、艦載機は艦中央甲板上に埋め込まれた固定式カタパルトから射出される。主砲は小型で低威力の巡洋艦用の砲を採用した。この砲は設計年次が古く、元はドイツ向けに製造した「2250/Eレーザー速射砲」という旧式砲を模造し、無理やり機関出力を上げてレーザーの威力を高めてある重装甲の戦艦相手には無理のある代物であった。発射速度は毎分8~10発だった。対空火力はカタログデーター的には充分であったが、管制システムの不備・低速な目標追随能力により、充分に発揮されることはできなかった。後に改良されて多少はマシにはなった。結局、本級は戦艦よりも高速力であるが、防御力は装甲巡洋艦並みに抑えられたものとされ、主砲も旧式で低威力だったため、本級は「巡洋戦艦のようなもの」「高速重巡」と呼ばれていた。本級は、ある程度の強力な砲力を持ち高速力を有するゆえに、戦艦よりも使いやすい艦種として活躍する機会が多く、また航続距離が長いことも幸いして広く使用された。

クロノス級機動重戦艦

弩級戦艦「クロノス級」

【武装】
ヘヴィレーザーキャノン 短対空ミサイル 対空機関砲 魚雷発射菅 ミサイルランチャー 対艦ミサイル

【搭載】
最大搭載機数 40機まで

【特殊兵装備】
艦首大型素粒子砲

【サイズ】
全長 700m


カタリナ社スペイン局が威信を賭けて建造した全長800m級の弩級戦艦。
速度も早く積載量も多く、また砲撃戦にも適し戦列を作って砲撃戦を行うことを主目的としていた為、まるで中世の戦列艦のよう大小多数の砲を搭載していた。また装甲も非常に分厚く、砲撃戦能力は随一を誇る。また大きな特徴として艦首に超強力な大型素粒子砲を搭載していた。
この素粒子砲はメインエンジンである粒子エンジンの出力を利用し、艦載砲というよりは艦自体を巨大砲身にするという砲撃システムであるため、艦の軸線に沿って艦首に発射口を配置するレイアウト以外はありえず、照準も艦自体の姿勢制御をもって行う超ド級の砲であり、その破壊力は凄まじく一撃でコロニーや小惑星程度なら粉々に粉砕する威力を有していたが、発射時には強烈な閃光と衝撃が発生し、艦のエネルギーを根こそぎ持っていかれるため多用は出来ない。

スペイン局は、ローマ帝国、スペイン帝国の歴史から続く由緒正しい列強国の末裔であり、古来、世界を二度も支配した大帝国の復興、再び覇権を握れるようにとの強い思いで本級を建造した。
ライバルはイタリア局やドイツ局、フランス局、イギリス局、USA局、ロシア局、日本局の列強諸侯局の保有する強力な戦艦群で、それに勝るとも劣らない新鋭の戦艦を建造することで、スペイン局が持つ軍事力、開発力を見せ付けた。かつての本国以外の広大な領土を持つなど、その繁栄の様は「太陽の沈まない国」と形容された過去の栄光を取り戻すために建造された本級はレコンキスタを象徴する戦艦となる予定だったが・・・無茶な性能、要求を詰め込みすぎた性で整備、維持費、高コストが問題となり、結局、10隻のみ建造され、スペイン文化圏のメキシコ局やチリ局、フィリピン局などの方面に輸出された。
性能は優秀だったが、政治的、歴史的な背景の絡みもあり、なかなか正当な評価を受けることがない戦艦だった。のちにUSA局はこの「クロノス級」の廉価版をライセンス生産し、コリア局に売り込んだりしている。「クロノス」名前の由来はギリシャ神話に登場する黄金時代に地上を統べた王、農耕神である。

軽巡洋艦その1

巡洋艦「エムデン級」

【武装】
ヘヴィレーザーキャノン 短対空ミサイル 対空機関砲 魚雷発射菅 対艦ミサイル

【搭載】
最大搭載機数 10機まで

【特殊兵装備】
無し

【サイズ】
全長 300m

カタリナ社ドイツ局の300m級主力巡洋艦。
ドイツ軍艦として由緒正しい「エムデン」の名を冠する。基本的な設計は旧式化したベステル級に採り、戦訓に基づいた改正が行われた。船体の建造には最新の技術を多用して軽量化している。高角砲や機銃が増設されており高い防空能力を有し、主砲も強力なレーザーカノンを搭載。
このクラスの巡洋艦では標準的なスペックを有している。搭載する武器システムについては、先行して整備、配備されていたベステル級のものが基本的に踏襲されている。ただし、搭載する戦術情報処理装置については、ベステル級が旧式を使用していたのに対し、新型に更新されている。本級はドイツ局のみならず、近隣のイタリア局やスペイン局、アルゼンチン局でも使用されている。フランス局にも使用される予定だったが、歴史的な背景とフランス局は独自でこのクラスの巡洋艦を建造できるので使用されていない。

フリゲイト艦その2

フリゲート艦「ルポ級」

【武装】
ヘヴィレーザーキャノン 短対空ミサイル 対艦ミサイル 対空機関砲 魚雷発射菅 

【搭載】
最大搭載機数 3機まで

【特殊兵装備】
無し

【サイズ】
全長 200m

イタリア局が建造したフリゲート。対艦兵器が充実しており様々な諸勢力で使用されている。重量の軽減化を求めて、非常に省力化・自動化が進められ、少人数で運用できるようになっている。
速力重視のイタリア局らしい設計の汎用フリゲート艦。

というわけで次章で登場する艦船ユニットです。
ドイツ、イタリア、スペインといった欧州各国の主力艦艇となります。

[ 2012/07/15 14:17 ] イラスト | TB(0) | CM(0)

ガンダム艦艇イラスト その4 

巡洋艦エンドラ級

「軽巡洋艦 エンドラ級」

【武装】
単装メガ粒子砲 大型メガ粒子砲 対空機関砲 魚雷発射菅 ミサイルランチャー

【搭載】
最大搭載機数  10機まで

【特殊兵装備】
ミノフスキー粒子散布可能

【サイズ】
全長 300m

アクシズ製の300m級軽巡洋艦。旧ジオン公国のムサイ級軽巡洋艦を発展させた巡洋艦で、モビルスーツ搭載量、火力、巡航性能が大幅にアップしている。ムサイ同様、大気圏突入カプセルを備えているが、バリュートシステムを使うことで単独での大気圏突入も可能。 主兵装は単装メガ粒子砲×5基、連装砲×1基を装備。モビルスーツデッキには常時6機のMSを搭載することができる。中央ブロックの格納庫にはコンテナ状態でMSが収納されており、補給も容易になっている。また、MSも分解・組み立てが容易なようにあらかじめ設計されており、ガルスJ型なら6時間ほどで完成させることができる。艦の塗装がグリーンなのがエンドラ、イエローがミンドラ、ブルーがサンドラ。他にも様々なカラーの同型が存在しており、相当数が建造されている。

戦艦サダラーン級

「機動戦艦 サダラーン級」

【武装】
2連装メガ粒子砲 ハイメガ粒子砲 対空機関砲 魚雷発射菅 ミサイルランチャー

【搭載】
最大搭載機数  20機まで

【特殊兵装備】
ミノフスキー粒子散布可能 ホログラム投影装置

【サイズ】
全長 500m

アクシズで建造された機動戦艦で、グワダン、グワンバンに続く「ネオ・ジオン」の総旗艦。第一次ネオ・ジオン抗争の中期からハマーン・カーンが搭乗し総旗艦となる。それまでのグワダン級大型戦艦と比較するとやや小型だが、武装は強化されている。主な武装として、大型メガ粒子砲2基、連装メガ粒子砲を6基12門、対艦ミサイルランチャー、多数の対空レーザー砲などを備える。 一番の特徴は、大気圏突入能力と大気圏内航行能力があること。ハマーンはこれで地球に降下し作戦を展開する。大気圏離脱は不可能で、地球での作戦終了後にダブリンに残されることになる。コア3に同名同型の艦があり、再び旗艦としてグレミー・トトの反乱軍と艦隊戦を行い、その後の詳細は不明。ホログラム投影装置が搭載されており、劇中ではハマーンの姿を宇宙空間に映し出すために使用されている。

軽巡洋艦ムサカ級

「軽巡洋艦 ムサカ級」

【武装】
2連装メガ粒子砲 対空機関砲 魚雷発射菅 ミサイルランチャー

【搭載】
最大搭載機数  10機まで

【特殊兵装備】
ミノフスキー粒子散布可能 ダーミーバルーン射出可能

【サイズ】
全長 250m


ネオジオン軍の250m級主力軽巡洋艦。軽巡洋艦ムサイ級の後継艦的な巡洋艦である。特徴として巨大な放熱パネルを艦底に2枚装備しているが、これは宇宙空間へ効果的な放射廃熱を行い、核融合炉からの熱を効率的に管理することにより電撃的な作戦を遂行すべく取られた設計である。こうした大型放熱板は被弾に弱くなるデメリットはあるが、大規模な冷却装置を設置するよりも艦内容積を圧迫せず、安価であることが利点である。宇宙世紀0096年までに数十隻が就役しており、シャアの反乱の際には新生ネオ・ジオン艦隊の主力艦として参加し、後に「袖付き」所属のテニスン艦隊及び、資源衛星パラオにも数隻が配備され、運用されている他、何隻かは、ネオジオンの残党として廃棄されたコロニーに逃げ延びてクロスボーン・バンガード軍に協力しているなど、長期間に渡って他勢力で使用されている。性能は平凡で、連邦軍のクラップ級とさほど変わりはない。

戦艦レルルーラー級

「戦艦 レウルーラ級」

【武装】
2連装メガ粒子砲 対空機関砲 魚雷発射菅 ミサイルランチャー

【搭載】
最大搭載機数  20機まで

【特殊兵装備】
ミノフスキー粒子散布可能 ダーミーバルーン射出可能

【サイズ】
全長 500m

モビルスーツ搭載量や火力に優れたネオジオンの500m級戦艦。MSカタパルトを艦首上下に1基ずつ装備。グワジン級の伝統を引き継いでか、塗装は真紅となっている。船体形状は細長い二等辺三角形、曲線を多用した生物的フォルム、両舷に6基ずつ装備した球状の推進剤タンクは航続距離を重視している。旧ジオン公国軍が建造したグワジン級の意匠を引き継いだ直系艦である。『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』では、ルナツー奇襲作戦時以外は作戦士官としてナナイ・ミゲル大尉が同乗した。ルナツー奇襲作戦時は当艦のダミーバルーンを参加させ、スウィートウォーターに温存された。アクシズ宙域における決戦に出撃。地球寒冷化作戦に参加、後に『機動戦士ガンダムUC』において、ネオ・ジオン残党軍「袖付き」の旗艦として活躍する。




というわけで、アクシズ、ネオジオン製の艦艇です。一部の艦はガンダムUCにも登場しています。
上記のイラストはいろいろデザインをアレンジして描いていたり設定を自分なりに解釈しているので、一部本家とは違う部分もあるのであしからず。

今後のミッションで敵もしくは味方ユニットとして登場するかも?

[ 2012/07/09 22:58 ] イラスト | TB(0) | CM(3)

LTvz.-38/A 「ドライゼ」 

カタリナ社チェコ製鬼鋼

製造: カタリナ・リナ社 ドイツ局 チェコ工廠 
生産形態: 量産機
全高:  18m

武装:

20mm機関砲
サブマシンガン
レーザーライフル
軽バズーカ
レーザーサーベル
スカウトライフル
手榴弾

等など

乗員人数: 1~2名

カタリナ社ドイツ局とチェコ工廠が共同開発した全長18m級の人型機動兵器。
もともとはBT-101/F「ゾルダート」の生産工場が爆撃され生産停止に陥った際、チェコ工廠に同系列の相当品の生産が代行できないかと打診されたのが開発のきっかけであった。そこでチェコ工廠はBT-101/F「ゾルダート」とのコンペ競争に敗れ不採用となったLTvz.-35/Aの基礎設計を流用して新型機を開発。新設計のシャーシ、傾斜した重装甲を有し。本機は安価で生産性が大変良く最優先兵器とされ、わずか4ヶ月で設計を終え、火器管制ソフト及び電子機器は日本局からライセンスで生産権を譲り受け、抜群の運動性能と電子機器を有した。

安定性がよかったので、高倍率の光学照準器(スコープ)を取り付けて遠距離射撃を容易にした高性能狙撃ライフルを装備した「機動狙撃部隊」は「死神部隊」の名で恐れられた。遠距離の狙撃戦能力だけでなく、バズーカや近距離戦用のサブマシンガン、レーザーライフル、白兵戦用のレーザーソードもそつなくこなし、距離を問わずに対応可能だった。

当初は地味な外見だったためほとんど注目されなかったが、幾多の戦場で本機は勝利に導く原動力となり、その名声を全世界に轟かせた。
ちなみに本機は安価で生産性に優れていたため様々な諸勢力に輸出され、バリエーションは豊富である。しばしば同型機同士での戦いが繰り広げられるなどの熾烈な戦いが各所で行なわれた。


・・・・というわけで量産型です。今回は狙撃戦に優れた安価な量産機というわけで、外見はジムとかリーオーとかを意識して描いてみました。カラーリングはいろいろ適当というか、さまざまな勢力で使われている設定なのでwww安価で強力な狙撃してくる量産機ほど恐ろしいものはないですよー特にうじゃうじゃと戦場に現れてどこからともなくスナイプされていく恐怖は筆舌にしがたいです。接近してもサブマシンガンやバズーカで牽制されてまごついているうちに別の機体に狙撃されて撃破とか・・・キャノン付きとかミサイル持ちとかいろいろ考えていますのでお楽しみに!!というわけでジムモドキでした。
性能は、ネモとジェガンの中間くらい。

カタリナ社チェコ製鬼鋼ザク

上記はドイツ局がジオン公国向けに輸出しているZ型。

カタリナ社チェコ製鬼ジム

上記はドイツ局が連邦軍向けに輸出しているN型。

カタリナ社チェコ製鬼鋼リー

こちらはドイツ局が傭兵、OZ向けに輸出しているR型となる。


様々な諸勢力に輸出され、相応の戦果を上げている。
[ 2012/07/05 23:16 ] イラスト | TB(0) | CM(11)

ガンダム艦艇イラスト その3 

ダーウィン級宇宙戦艦

「双胴戦艦 ダーウィン級」

【武装】
2連装メガ粒子砲  対空機関砲 魚雷発射菅 ミサイルランチャー

【搭載】
最大搭載機数  20機まで

【特殊兵装備】
リンクシステム搭載

【サイズ】
全長 400m

地球連邦軍の主力戦艦。縦列双胴式で上下対称な艦体が特徴。武装は甲板の連装ビーム砲やミサイルランチャーを有しており、火力は強力、また装甲も厚く耐久力もあり、戦艦の名に恥じない強力な軍艦である。僚艦同士の射撃システムをリンクさせることにより、複数艦による斉射を行うことができる最新の戦術ソフトも有しており、総合力は高い。

ヴェイガン巡洋艦

「ステルスフリゲート艦 ファ・リンプ級」

【武装】
格納式ビーム主砲  対空ビーム砲 ミサイルランチャー

【搭載】
最大搭載機数  5機まで

【特殊兵装備】
光学迷彩

【サイズ】
全長 200m

ヴェイガンの小型戦闘艦、光学迷彩を備え、ステルス機能を有している。火力、搭載力は低く、主に隠密作戦に多用される。


ヴェイガン戦艦

「ステルス巡洋戦艦 ファ・ゴーズ級」

【武装】
格納式ビーム主砲 対空ビーム砲 ミサイルランチャー

【搭載】
最大搭載機数  30機まで

【特殊兵装備】
光学迷彩

【サイズ】
全長 500m

ヴェイガンの主力巡洋戦艦、光学迷彩を備え、ステルス機能を有している。高い搭載能力と火力、耐光学防御を備え非の打ち所の無い高性能を有するが、同クラスの戦艦に比べると実弾防御力に劣る。




というわけで、ガンダムAGEに出てくる諸艦艇です。名前や設定は勝手に考えましたが、だいたいスペックはこんな感じでしょう。
敵もしくは味方ユニットで登場するかも?

[ 2012/07/04 23:16 ] イラスト | TB(0) | CM(2)

この娘にお名前をつけてあげてください。名前募集中。 

カタリナ社量産型MS

全高15m級のちょっと小柄な量産型MSタイプのオリジナルの娘を描いてみました。武器は、マシンガンもしくはアサルトライフルとか手榴弾、短剣とかオードソックスな物。

名づけ親に誰かなってください。腰部には布製のスカート履いています。よろしくお願いします。
期限はH24/7月末迄。

連載中のMMS零に登場させる予定ですです。よろしくお願いしますねw

気に入った方はお好きにぬりえしてくださいw

ちなみにピクシブでも募集中ですです。よろしくです。

[ 2012/06/28 23:45 ] イラスト | TB(0) | CM(4)

スーパーロボット大戦艦艇イラストその1 

アルバトロス級宇宙戦艦

主力戦艦「アルバトロス級」

【武装】
連装レーザー砲 対空機関砲 ホーミングミサイル 対艦ミサイル チャフグレネード スパイダーネット等

【搭載】
最大搭載機数  40機

【特殊兵装備】
RBSフォーメーション

【サイズ】
全長 600m


地球連邦軍(スーパーロボット大戦OG)が運用する全長600mの大型主力戦艦。
各艦載機など運用するなど広範囲に運用可能。優れた捜索・管制能力と艦隊司令部としての設備を持ち艦隊旗艦として運用されることが多い。艦首が鳥の嘴のようになっているのが特徴。主な兵装は連装主砲、対艦ミサイル、対空機関砲。一部の艦はPBSフォーメーションと称する、ビーム砲艦を本体から切り離して360度あらゆる方角に砲撃する戦法が可能。またビーム砲艦は無人にして敵に直接突入させる大型ミサイルとしての機能も持つ。本体艦にも連装主砲などが装備されており、ビーム砲艦を失っても戦闘継続が可能。連邦軍の主力戦艦として数隻が建造され運用されている。アルバトロスとは英語でアホウドリの意味。

ペルグリン級戦闘艦

重フリゲート艦「ペレグリン級」

【武装】
連装レーザー砲 対空機関砲 ホーミングミサイル 対艦ミサイル 等

【搭載】
最大搭載機数  10機

【特殊兵装備】


【サイズ】
全長 200m

連邦宇宙軍とコロニー統合軍の標準的な200m級重フリゲート艦。DCやDC残党、ノイエDCも使用。イスルギ重工製で大量生産されており、よく見かけられる。フレーム状の本体に多目的武装ユニット、AM用射出カタパルトおよびコンテナ、物資輸送用コンテナを連結可能であり、戦艦、AMの母艦、輸送など様々な任務に対応することが可能。主な兵装は主砲、対艦ミサイル等。戦艦よりも小型・高速・軽武装で、戦闘のほか哨戒、護衛などの任務に使用されているので、陣営を問わず馬車馬のように働いている。



というわけでスパロボOGに登場する諸艦艇です。

スーパーロボット大戦OGには様々な一般兵器や艦艇がいるので、気が向いたらイラストで描いていきます。




[ 2012/06/23 11:59 ] イラスト | TB(0) | CM(3)

VK-1/A 「シェライ」 

大型重MA

製造: カタリナ・リナ社  ドイツ局
生産形態: 量産機
全高:  150m

武装:

超ド級素粒子臼砲
レーザーキャノン
Sマイン
短対空ミサイル
アイアンテイル


乗員人数: 1~10名

カタリナ社ドイツ局が開発した全長150m級の巨大機動浮き砲台。

強大な破壊威力を持つ超ド級素粒子臼砲を装備し、強固な球の重甲殻を持つ。超出力の大型素粒子エンジンを搭載し擬似的に重力をひん曲げて浮かび、大出力エンジンで無理やり推力を得ている化け物兵器。

中近距離の攻撃用に小口径のレーザーキャノンを搭載し、主砲である素粒子臼砲を使用しなくても火力は絶大。また懐にもぐりこまれたときの対処用にSマイン、近接格闘攻撃用に長大なテールで相手を突き刺したり薙ぎ払ったりすることが可能。

本機は攻城戦、近代では要塞戦での要塞の破壊を目的とした破城槌や投石機、臼砲の子孫に当たる兵器で、要求性能として分厚い戦艦や要塞の装甲を破壊する目的で製造された。砲身長に対して口径が非常に大きく、肉厚の砲身をもつ臼砲は、低初速なために命中精度は低いが、目標物が大きく動かない要塞であれば欠点とはならない。ちなみに本機は自重が1万2千トンを超えるため、あまり長い移動が出来なかった。そのため、運搬用に専用の貨物艦が建造されている。実用性の面では疑問符が付くが、一撃で1個艦隊を半滅させる。強固な要塞の防御層をやすやすと打ち砕く。どのようなシールド、バリアであっても消滅、消し飛ばすなど、火力は絶大の一言で、強固な装甲と圧倒的な火力を有する本機が戦場に出現すると、他勢力諸侯国軍は震え上がったという。

運用に適した戦闘においては圧倒的な破壊力を示した。当時これに替わりうると考えられていた航空機による爆撃、戦艦の艦砲射撃には離着陸の時間や天候、防御と命中精度の問題があったが、本機の場合、敵機動兵器による攻撃がなければ確実に敵を制圧するだけの攻撃をすることが可能であったからである。しかし、既述のとおり使い勝手の悪い兵器であり、実力を発揮する場面は少なかった。

ちなみに10人乗りで、機長、副機長、操縦手、砲手、機銃手、通信員、弾着観測員、レーダー索敵員、機関員、予備員の計10名で胴体中央の操縦室で操縦する。操縦室は広く、ベットやトイレ、さらにはキッチンまであったと言う。だが、快適とはいえず、シャワーをつけて欲しい、冷蔵庫がいるなどの要望が出ており、改良型の生産分にはそれらが追加されて居住性が改善されている。


というわけで、「シェライ」です。モチーフはカブトガニ。これも古いデザインのオリジナル兵器で、今から10年くらい前にデザインした機体です。
この機体は大学生のときに連載した「鬼鋼」というロボットマンガで数度登場して活躍していますね。そのときはパイロットは幼女だったような気がする。友達にみせたらアプサラスぽいて言われました。
砲口はちょっと意識していますwww

ミッションで敵もしくは味方ユニットとして登場するかも?

[ 2012/06/20 23:48 ] イラスト | TB(0) | CM(4)

カタリナ社製兵器 その2  

ステルス駆逐艦その1基本

ステルスコルベット艦「カラマーロ級」

【武装】
対空機関砲 艦対艦ミサイル 短対空ミサイル ステルスミサイル等

【搭載】
最大搭載機数  無

【特殊兵装備】
ステルス機能 

【サイズ】
全長 100m

カタリナ社イタリア局とUSA局が共同開発した全長100級のステルスコルベット艦。ステルス駆逐艦「セッピア級」と同様にステルス性への配慮が導入されており、本級の特徴は、双方向の戦術データ・リンクに対応した先進的な戦術システムの搭載、およびシステム艦としてのシステム統合。
徹底したコンセプト開発による合目的的な装備の搭載である。哨戒・偵察、斥候任務を任務としており、砲塔を省く一方で、新型で長射程の艦対艦ミサイルにより強力な対艦打撃力を有している。
また、戦闘域においては航空、近接脅威が想定されることから、小型の3次元レーダーと戦術情報処理装置、近接防空ミサイルと格納式機関砲により、最低限の自衛防空力を備えている。このほか、本級は、無人偵察機を搭載している点が大きな特徴である。

最新の電子装備とステルス性を備える本級であるが、コストが高く、なおかつ航続距離が短いのが欠点となり、また特殊な運用性を持っているのでなかなか売り込みにくい,などの理由で結局それほど生産されなかったが、これは一種のブラフで実は大量に生産されて、特殊任務艦隊に極秘配備されているなど、あやふやな情報が錯綜している。
「カラマーロ」名前の由来はイタリア語でヤリイカ

ステルスフリゲート艦その1.

ステルスフリゲート艦「スクィド級」

【武装】
対空機関砲 艦対艦ミサイル 短対空ミサイル ステルスミサイル チャフフレア弾、ダミーバルーン等

【搭載】
最大搭載機数  無

【特殊兵装備】
ステルス機能 

【サイズ】
全長 150m


カタリナ社USA局が開発した全長150m級のフリゲート艦。艦首にミサイルおよび魚雷を装備し、隠密製を生かした奇襲攻撃を得意とする。格納式の対空機関砲や短対空ミサイルなどを有するが、全般的に火力は低く装甲も薄いので砲撃戦は苦手。
最大の特徴であるステルス性を生かし優秀なレーダーで敵の強力な水上艦隊の勢力下でも作戦行動が可能な追跡艦、物資、特殊部隊の隠密輸送などに使用されたりもした。また敵に捕捉された場合はスモーク弾や黒色ガスなどを散布したり閃光弾やチャフフレア弾、ダミーバルーンなどを多用し、強力な素粒子エンジンで逃げ切るなどの戦法も使った。
「スクィド」名前の由来はイカ。イカと同じ紡錘型の体型や戦術などを参考にされているが、触腕はない。  

というわけでイカが?なフリゲート艦・・・ちょろちょろと艦隊の周りをうろついて情報収集したりちょっかいかけたりするいやらしい艦。逃げ足が速いので追いかけるのも一苦労。たまに商船通商破壊作戦を行なったりするけど、基本的には巡視や通報、索敵や斥候が主任夢。色はグレーとブラックの2種を用意しました。

ステルスミサイル駆逐艦

ステルス駆逐艦「セッピア級」

【武装】
対空機関砲 艦対艦ミサイル 短対空ミサイル ステルスミサイル チャフフレア弾、ダミーバルーン
遠隔操作無人探査機 単装レーザーカノン 等

【搭載】
最大搭載機数  2機

【特殊兵装備】
ステルス機能 

【サイズ】
全長 200m


カタリナ社イタリア局とUSA局が共同開発した全長200m級の駆逐艦。本級は、ステルス性への配慮を全面的に導入した特徴的な設計となっている。
200級の小型艦であるが、艦対艦ミサイルや遠隔操作無人探査機を搭載して、多任務に対応できるように装備されている。本級は、レーダーによる探知を避けるため、船体は極めて特徴的な外見を形作っている。また、レーダー波を反射しにくいよう、特殊樹脂製装甲が採用されており、砲身は非使用時にはステルス設計の砲塔内に格納され、レーダーなども、使用する周波数のみを透過する特殊な素材で作られた閉鎖マスト内に収容されている。200m級の駆逐艦の割りに砲撃力と雷撃力に優れた艦艇ではあったが、建造に手間がかかった為、それほど建造数が多くない。
「セッピア」名前の由来はコウイカ。

装甲空母その3

ステルス航空母艦「ディルタ級」

【武装】
対空機関砲 短対空ミサイル ステルスミサイル 格納式ハイレーザーキャノン 等

【搭載】
最大搭載機数  40機

【特殊兵装備】
ステルス機能 

【サイズ】
全長 400m

カタリナ社USA局とフランス局が共同開発した正規空母としてはじめてステルス性を考慮した本格的なステルス空母。
船体の両サイドにカタパルト2基、エレベーター2基、格納庫内に艦載機約40機を搭載することが可能。電子制御されたアクティブ・フィン・スタビライザー、移動式バラストの組合せにより、優れた船体安定性を備え、ステルス性を考慮し、武装は全て格納式、強力なハイレーザーキャノンを搭載し、高い戦闘能力を有する。
レーダー波を吸収する素材で装甲が製造されており、ステルス空母の名に恥じない高いステルス性を獲得し、多数の艦載機を搭載して強襲攻撃など、電撃作戦に活躍が見込まれたがが、建造コスト、維持費が通常の同クラスの航空母艦の4倍強という高級艦船になってしまい、結局、損失を恐れて余り積極的には使用されなかった。
「ディルタ」名前の由来はギリシア文字の第4字母、その字形より、三角形を表す。本給は上方から見ると三角形をしていたのでぴったりの名前である。




というわけで、オリジナル艦船、今回はステルス艦特集です。
レーダーに映りにくいのが特徴のステルス艦、特性を生かした隠密行動で戦場を大活躍!!という単純な話はなかなかいかないのが現実・・・

けっきょく格納式にすることで武装が貧弱、装甲に問題がある。コストがーなどなどいろいろな問題が出てくるわけでー

ミッションで敵もしくは味方ユニットで登場するかも?
イラストは今から7年くらい前に描いたものです。


[ 2012/06/12 22:37 ] イラスト | TB(0) | CM(2)

RP-38/FA  「ライトニング」 

鬼鋼 ライトニング


製造: カタリナ・リナ社  USA局
生産形態: 量産機
全高:  30m

武装:

360mm素粒子砲
60mm機関砲
対空ミサイル
対艦ミサイル等

等など

乗員人数: 1~2名

カタリナ社USA局が開発した30m級の双胴機動戦闘機。

本機は高速力を出すために強力な素粒子エンジンを2基搭載した双発・双胴となり、中央胴に操縦士が乗り込む他に類をみない特異な設計となっている。
敵機を迎撃、駆逐するのが目的であるため、格闘戦向きに運動性をよくするよりも、一撃離脱戦法に向いた、高速・重武装の重戦闘用として設計された。エンジンは当時、最高出力を有した大出力の素粒子エンジンを搭載し武装はそのエンジンの恩恵にあずかり、強力な長砲身のジェネレーター直結型の360mm重素粒子砲を搭載していた。ウイングにはパイロンを搭載し各種爆弾、およびミサイルなどが使用できた。

持ち味である高速・重武装・急降下性能を生かした一撃離脱戦法(Dive and Zoom)に徹し速度で圧倒的に劣る他勢力の機動兵器群を寄せ付けない強さを発揮し「双胴の悪魔」と称されるようになった。特異な構造から被弾率も低かったといわれる。

外装補助タンクが取り付けられ、長距離侵攻用や、武装を撤去し高性能電子偵察装置を搭載したF-5型などのバリエーションが存在する。カタリナ社USA局以外にも多数の使用されており、大量に量産され運用された。

愛称であるライトニング(Lightning)は稲妻。


というわけで、「ライトニング」です。モチーフはそのまんまwww古いデザインのオリジナル兵器で、今から10年くらい前にデザインした機体です。コンセプトが似るとファルムも似るような感じでー友達に見せたら「なんかギャプランぽい」って言われましたww

ミッションで敵もしくは味方ユニットとして登場するかも?
[ 2012/06/08 23:33 ] イラスト | TB(0) | CM(4)

カタリナ社製兵器 その1 

カタリナ社輸送艦1

コンテナ輸送艦 「ハイボックス級」

【武装】
対空機関砲

【搭載】
最大搭載機数  100機まで

【特殊兵装備】
補給可能

【サイズ】
全長 400m

カタリナ社が日本局が開発した大型コンテナ輸送艦、全長400m級。
すでに就役していた民間の大型貨物コンテナ船を改装したもので、基本的な部分は商船と変わらない。気休め程度の機関砲座や弱ミサイルなどを搭載している。各種物資の運搬や、兵站拠点の構築などの後方任務に使用され、船体はパレットラックのような骨組みをしており中央部分に大型コンテナやタンク、各種船舶などを積載可能で、とにかくなんでも詰め込まれ酷使された。
元々が商船ベースということもあり建造費用が安価なこともあり、大量に建造され運用されている。敵味方の陣営を問わず民間でも払い下げた中古艦が商船に逆戻り使用されているケースも多々ある。その搭載力を生かして機動兵器や艦載機を満載した商船改造空母として使われたり、機雷を敷設する機雷施設艦として使われたり、大型ミサイル発射装置を踏査しミサイル艦と運用して他の正規の軍艦、空母や戦艦、巡洋艦などを撃沈したケースもある。なかには大口径砲を搭載し商船の皮を被った仮装巡洋艦として中立国の商船に偽装して無警戒の敵国の商船を襲撃し、正規の軍艦以上の戦価を上げたものもいたが、装甲等の防御力は申し訳程度しかなく、爆撃や砲撃で簡単に沈められた。

というわけでオリジナルの輸送艦です。こういう地味な船が実は一番使い勝手がよくて長い目で見た場合強かったり戦局に重大な影響を与えたりするわけです。モチーフは営業車のプロボックスとかタウンエースとかキャラバンとかあの辺り・・・・

輸送艦ミストラル

輸送艦「エースボックス級」

【武装】
短対空ミサイル 

【搭載】
最大搭載機数  60機まで

【特殊兵装備】
補給可能

【サイズ】
全長 300m

カタリナ社USA局が海上輸送力増強の企図の下、構造を簡略化し建造資材の節約と建造期間の短縮を図り大量建造された規格型輸送艦の総称であるエースボックス級は、全体に生産性と機能重視でシンプルかつ簡素に構成された全長300m級の汎用貨物艦であり、低コストのイオンエンジン機関を搭載し、簡素な仕様であった。
非力なエンジンであったが安全性と重視しさらに経済的であったため、扱いやすかった。ブロック工法と溶接結合が採用され、極限までコストダウンが建造期間の短縮が図られている。また荷役能力が貧弱もしくは破壊された港湾において、迅速な揚搭を行うために右舷に巨大なツインクレーンを内部に格納しており、8箇所有した輸送艦としては充実した装備となる。。本級は高い輸送能力と低コストを誇り、1万隻以上が建造されさまざまな勢力で運用されており、敵味方民間問わず使われている。物流業界では「エースボックス何隻分」といった業界用語で通用し商用軍用問わず活躍している。・・・・というわけで輸送艦です。

フォルムは極力シンプルに、元ネタはリバティ輸送艦。こういう地味な輸送艦があるから戦争とかいろいろできるわけで、こいつがいなかったら戦争は出来ないってな感じ!

コルベット艦その1

コルベット艦「ビルケニア級」

【武装】
短対空ミサイル 対空機関砲 

【搭載】
最大搭載機数  無

【特殊兵装備】


【サイズ】
全長 100m

カタリナ社コリア局が開発した全長100級のコルベット艦。
廃材や他の船の余りモノで建造された特に突出する性能もない凡庸な性能を有した艦で、旧式化が進んでおり現在は二線級の船として扱われており、掃海艇や近隣の哨戒、港湾の整理、警備、誘導役として雑用をこなしている。

コルベット艦その2

コルベット艦「セレベス級」

【武装】
連装レーザー砲、艦対艦ミサイル、短魚雷発射管 対空機関銃

【搭載】
最大搭載機数  無

【特殊兵装備】


【サイズ】
全長 100m

カタリナ社ドイツ局が開発した全長100級の小型戦闘艦。小型ながら、連装レーザー砲、艦対艦ミサイル、短魚雷発射管と、強力な火力を備え装甲もこのクラスでは十分な防御力を有している。
しかし船型過小だったようで、居住性や安定性、航続距離に劣るが兵器テクノロジーの発達によって、戦術情報処理装置や各種レーダーなどはより小型化されており、小型のコルベットに対しても十分な火力を提供できるようになっている点が特徴。
運用の手間と取得コストを削減するためにエンジンは民生用の安価なエンジンを搭載している。フリゲートほどの汎用性は持たないものの建造費用がそれほどかからないので、主に哨戒や通報艦として使用されたり軽警護などに多用された。
「セレベス」名前の由来は淡水魚のメダカの一種。

・・・・というわけでコルベット艦です。まあなんていうか近所をうろついて見回りしたり、連絡したりあっちこっちいって雑用する軍艦て奴です。バカデカイ戦艦や空母でどっかんどっかんやるだけが戦争じゃないですし、結局、平時にはこういう地味な軍艦が地味に活躍というか雑用というか仕事をするわけで・・・強さはいらない、やることだけやってくれたらそれでいいみたいな感じ?

軽空母その1

商船改造空母「アデリン」

【武装】
対空機関砲 短対空ミサイル 単装砲塔 等

【搭載】
最大搭載機数  10機

【特殊兵装備】


【サイズ】
全長 200m

カタリナ社イギリス局がイタリア局の客船会社から発注された全長200m級の貨客船「ベッドサ」として起工されたが進水前にイタリア局の客船会社が倒産したためイギリス局に買い取られ航空母艦として建造された商船改造型の空母である。元々の設計年時が古いために旧世代な設計も残っていたが、これらは本艦の設計時期を考えれば致し方の無いものであった。
主武装に単装砲は飛行甲板直下主甲板の艦首から格納庫前端部に左右1基ずつ、艦底の左右に1基ずつ後端部左右に格納式の1基ずつの計6基である。商船型の船体から上一杯を使用し、2基、本艦の飛行甲板長は縦150m×幅30m。二基のエレベーター(昇降機)を甲板後に一基ずつ設けた。元が客船であったために艦内の居住性は優れていたが、エンジンはそのまま民間船舶と同じものを使用したため低速だったため最初は訓練任務に使用されていたが、後に輸送船団護衛のために狩り出されている。本級はこれ一隻のみで同型艦はない。




というわけで今日は、なんか地味というか微妙な艦船ばっかり紹介します。
戦争は戦艦や巡洋艦、空母ばっかりでやるわけじゃないので、当然こういう船も必要になってきますし、哨戒やパトロール、港内の整理とか巡回とか納品とかパシリも大事なわけで・・・

アニメやマンガ、ゲームではけっこう省略されていたり無視されることが多いですが、こういう艦船はリアルでは地味に活躍したり戦艦や空母以上に重要だったりするわけでー

そのうち、ミッションで敵味方問わず出てくるかも?



[ 2012/06/02 16:11 ] イラスト | TB(0) | CM(3)

「幼女喰い」 

ペド溶解

幼女を好んで襲って喰うモンスター。「幼女喰い」身近な幼女が突然、いなくなったらだいたいこいつのせい。


昔、描いたイラスト。多分大学生2回生くらい?

[ 2012/05/30 21:43 ] イラスト | TB(0) | CM(7)

ザフト将校「シホ・ハーネンフース」 

ザフト シホ・ハーフンネン

ザフト所属のエースパイロット赤服(士官学校の卒業成績上位10位)の一人。基本的に真面目な性格で、口数も少なく大人しいが、戦闘では負けず嫌いで攻撃的な一面を持つ。
乗機の左肩にホウセンカのパーソナルマークをマーキングするのが特徴。指向性高エネルギー発振システムの開発に従事する研究技術者であったが、軍のアカデミーを優秀な成績で卒業し、赤服のエリートとしてザフト軍に入隊する。その後、試作型ディープアームズの運用テストを地球上で実施してとして過ごし、クルーゼ隊に配属されたが、隊長であるラウ・ル・クルーゼの栄転に伴い、小隊指揮の辞令が交付されたイザークが率いるジュール隊の一員となる。第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦に参加、戦後は軍を離れ研究職に復職していたが、南アメリカ独立戦争が勃発すると再度ザフトに復隊、南米軍を支援する停戦部隊の一員として活躍した。イザークの前線復帰に伴い再びジュール隊へ配属されている。またユニウスセブンの破砕作業にも参加しており、その後の主だったほとんどの作戦に参加し相応の戦果を上げる。

こうやって経歴みるとかなりの歴戦のMS乗りですよね(汗)
なんかシード見直してみたら、あちこちで無言で参加してるし、最後はちゃっかりラクス・クラインの後ろにいる所を見るとかなりの出世、エリートだと見えます。愛機のディープアームズが模型化されていたり、シホさん自身もフィギュア化されていますし、ゲームにもマンガにもアニメにも出ているのに、イマイチ知名度がない彼女。そんな彼女ですが、私は大好きですよー。
クールで凄腕の女性MSパイロットって絶対カッコイイじゃないですか!!しかも好きな人いる恋する乙女ですし!!というわけで、シホさんが20代になったらこんな感じかなと思って成長した姿を描いてみました・・・

ガーターベルトでミニスカなのは私の趣味です。パンツの色が分からなかったので、今度シホさんにあったら何色か聞いてきますね。多分紫だと思う。ルナマリアもパンツ何色か聞いたら「紫色ですよー」って言っていたからね。

イラスト描いたら愛機のシグー・ディープアームズは欲しくなったので買ってきちゃいましたw
なかなかカコイイ!!
[ 2012/05/28 22:40 ] イラスト | TB(0) | CM(4)

ガンダム艦艇イラスト その2 

サラミス改級巡洋艦

「軽巡洋艦 サラミス改級」

【武装】
2連装メガ粒子砲 単装副砲 対空機関砲 魚雷発射缶 ミサイルランチャー

【搭載】
最大搭載機数  4機まで

【特殊兵装備】
ミノフスキー粒子散布可能

【サイズ】
全長 200m

地球連邦軍の主力巡洋艦。バランスの良い戦闘艦であり、このクラスの艦にしては強力な火力と索敵能力を有している。さまざまな諸勢力で運用されているが、全体的に旧式なのはいなめない。

マゼラン級戦艦

「戦艦 マゼラン改級」

【武装】
2連装メガ粒子砲  対空機関砲 魚雷発射缶 ミサイルランチャー等

【搭載】
最大搭載機数  8機まで

【特殊兵装備】
ミノフスキー粒子散布可能

【サイズ】
全長 350m

地球連邦軍の主力戦艦。マゼラン級の改良型で船体下部に格納庫を増設してMS運用能力が増している。2連装メガ粒子砲塔や対空機関砲など火力は充実しており、高い砲撃戦能力を有する。艦隊旗艦や主力艦として配備されている。

アレキサンドリア級連邦軍カ


「重巡洋艦 アレキサンドリア級」

【武装】
2連装メガ粒子砲 単装副砲 対空機関砲 魚雷発射缶 ミサイルランチャー等

【搭載】
最大搭載機数  18機まで

【特殊兵装備】
ミノフスキー粒子散布可能

【サイズ】
全長 350m

地球連邦軍が開発した重巡洋艦で当初よりモビルスーツの搭載・運用を前提としておりペガサス級や旧ジオン軍のムサイ級などから得られたノウハウを活かし、艦体の主要ブロックは独立した構造となっている。武装も巡洋艦としては充実しており、主砲をMS収納部の両舷上下に連装各1基8門、副砲を左右エンジンブロック側面前端に単装各1基2門、対空砲が連装4基単装4基計12門を数える。なかなかのスペックを有する重巡洋艦。

コロンブス級輸送艦

「輸送艦 コロンブス改級」

【武装】


【搭載】
最大搭載機数  50機まで

【特殊兵装備】
補給可能

【サイズ】
全長 200m

両舷に設けられた巨大なカーゴベイが特徴で、双胴船のような艦形となっている。船体の大部分を積載スペースとしているため、ジムタイプMS50機もの大量運搬が可能である。固定武装は有していない。戦闘艦に物資などを補給するのが主任務の補給輸送艦。




今回は地球連邦軍(0083)年代の主力艦艇です。
連邦軍の艦艇はぶっちゃけると地味の一言ですが、シンプルで機能美に溢れたデザインが魅力的ですよね。
デザインはもう何十年も前の文字通り旧世紀の船ばっかりですが、いろんなマンガやゲーム、アニメなどの媒体で現役でバリバリに活躍しています。
そのまんまのデザインで描いてもおもしろくないので若干カタリナアレンジ入っています。現用の艦船やここはこうだろうと思った部分に手をくわえていますが、なるべくそのままのイメージで描いています。
もちろんいろいろカラーバリエーションとか描いてますので、そのうちミッションで登場するかも?

[ 2012/05/26 17:45 ] イラスト | TB(0) | CM(6)

モニター戦艦「シヴーチ級」 

重巡洋艦

モニター戦艦「シヴーチ級」

【武装】
ハイレーザーキャノン 対空ミサイルランチャー 対空機関砲 ハイレーザーキャノン 艦首魚雷発射管 大型ミサイル

【搭載】
最大搭載機数  50機まで

【特殊兵装備】
超大型ヘヴィレーザーカノン

【サイズ】
全長 800m

カタリナ社ロシア局が開発した全長800m級の旧式モニター戦艦。非常に巨大で強力な大口径大出力のヘヴィレーザーカノンを5門搭載した火力特化型の戦艦。

また搭載能力にも優れており相応の艦載機攻撃能力を有し優れた捜索・管制能力を生かして、アウトレンジからの一方的な砲撃、航空攻撃が可能な空母兼戦艦となっているが、反面、防御力と機動力に劣り、搭載限界による航続力の低下、居住環境の悪化、耐堅牢性の低下というデメリットももたらした。
このクラスの戦艦の中では異常なほどの高火力を有していたため火力支援任務や強固な重目標、大型戦艦への狙い撃ち攻撃や要塞攻略戦、艦隊決戦時の面制圧攻撃などに多用されたが・・・大口径の主砲は持つものの、通常の純粋な戦闘艦と砲撃交戦するのには適しない。
なぜなら、速射砲ではない少数の大口径砲では遠距離の高速移動目標への命中は期待しがたいうえ、速力も極めて低速なためである。攻撃力だけが異様に特化した本級は扱いづらかったが、超強力な主砲は一撃でほとんどの戦艦を撃沈し、要塞であっても致命傷を与えることが出来たので、基本的に超長距離射撃を前提とし何隻が同型で艦隊を組み、艦砲射撃でしばしば敵を薙ぎ払い殲滅できたので、半移動砲台的な運用で活躍した。

「シヴーチ」とは大型の海生哺乳類、セイウチを指す。巨大な牙を持ち鈍重な海獣と本級はよく似ている。支援砲撃戦艦として相当数が建造されている。



というわけで、巨砲を搭載した戦艦です。
いろいろと?な戦艦ですが・・・まあ、でっかい大砲装備した船ってロマンあるよねってことで!!

こいつも敵もしくは味方で登場するかも?

ちなみにこの戦艦は高校生のときに描いたイラストで、今から10年以上前にデザインした戦艦です。この頃から大学生のときにかけて大量にわけわからないイラストいっぱい描いていたのが出土したので、カラーにして登場させていきますよー

[ 2012/05/23 23:57 ] イラスト | TB(0) | CM(5)

大型爆撃機「ヴァルカン」 

中型爆撃機



カタリナ社イギリス局が開発した大気圏内用大型爆撃機。冷戦期に運用された戦略爆撃機の末裔にあたる。

デルタ翼を採用し、軽量、低抵抗と翼内スペースを利して長大な航続距離を狙っており垂直尾翼すら廃した完全な無尾翼機。爆弾倉は胴体内に設けられた。

高々度飛行のため低翼面荷重が採用された結果、バレルロールなどのが可能で、低空でも異例な軽快性を誇った。機影がレーダーに映りにくいステルス性を重視した設計を施してある。巨大なデルタ翼が機体の大半を占めており、その優れた積載量を生かして、核爆弾などの特殊爆弾、および大量の通常爆弾、ミサイルキャリーとして使用された他、一部の機体は空中給油機やレーダー、センサーを強化した早期警戒機、空中母艦として多用された。全長は60m、全備重900t 推進旗艦は強力な素粒子エンジンを搭載。防御武装は全身に対空機関砲や短対空ミサイルなどを有する。

中型爆撃機

というわけで、オリジナル仮想兵器、今回は爆撃機です。

モトネタは説明にあるように冷戦時代のイギリスの爆撃機です。フォークランド紛争で超長距離を飛行して滑走路爆撃などに活躍しました。

上記のイラストは元祖、エゲレス軍の「バルカン」のカラーリング。なんだか蛾みたいですね。

もうちょっと発展させてガウぽい感じにいろいろ設定つけました


中型爆撃機

パープルカラーにするとガウになる不思議・・・

[ 2012/05/17 22:47 ] イラスト | TB(0) | CM(3)

装甲空母 プレコ級 ロリカリア級 

装甲空母その1

「装甲空母 プレコ級」

【武装】
対空ミサイルランチャー 対空機関砲 ハイレーザーキャノン 艦首魚雷発射管

【搭載】
最大搭載機数  70機まで

【特殊兵装備】


【サイズ】
全長 600m

カタリナ社イギリス局が開発した全長600m級の本格的な装甲空母

通常、防火壁や破片防御程度の隔壁しか防御機構を持たない空母は、艦載機の燃料や弾薬を多く搭載することからも、ダメージに対して非常に弱い艦種である。その空母に装甲を施し、敵戦力優勢下でも戦闘行動をとれる、あるいは、敵の攻撃に耐えて生還しうる空母というのが、装甲空母の目指す姿であった。そういった発想の装甲空母は第二次大戦中に多用された。本級はその空母の末裔にあたる。

搭載機保護の面から格納庫側面にも強靱な装甲を持ち、下手な戦艦を上回る防御力を持っていたが・・・一般的に本級は高い生存性を持っていたが、同時にそのしわ寄せが搭載機数の減少として現れ、本級の艦載機攻撃力は低かった。沈まない前線基地『装甲空母』というのは、理想であるが、実際は艦載機の搭載量の低さと鈍重で機動力が低かったため、運用性に疑問が多かった。

それでも他の同クラスの航空母艦に比べて圧倒的な防御力を有していたので、同じく鈍重な戦艦や輸送艦の船団護衛、拠点攻略時の囮役などに使った場合、そこそこ活躍したので、カタリナ社の主力空母として馬車馬のように働いた。武装はすべて格納式で、対空レーザー砲及び対空ミサイルなどを全身に装備し、それなりの対空兵装備は整えてある。全体的にバランスが悪い空母だった。

「プレコ」名前の由来は熱帯に住むナマズの一種。

装甲空母その2

「装甲空母 ロリカリア級」

【武装】
対空ミサイルランチャー 対空機関砲 ハイレーザーキャノン 艦首魚雷発射管

【搭載】
最大搭載機数  100機まで

【特殊兵装備】


【サイズ】
全長 600m

カタリナ社イギリス局が開発した全長600m級の本格的な装甲空母。

装甲空母「プレコ級」は装甲が厚く高い防御力を有していたが、搭載能力は不十分だったため、基本コンセプトはそのまま設計を基本とし、これを重防御化に伴い改正したものである。

搭載基数を増大させるために格納庫の大型化やそれにともなう機関出力の強化などを行なった改良発展型として開発された。艦首部分や各兵装備の流用、基本フレームはそのままで格納庫スペース確保のために様々な改設計が行なわれ増築した設計となっており、部材や補給などの簡略化が行なわれている。

だがこの装甲空母は致命的な欠陥を抱えていた。重装甲であるため速力は正規空母に比較して異様に遅く、さらに格納庫の大型化のためにバランスが悪く、とってつけたような安定スタビライザーの影響で機動性はさらに悪化、機関は強化されたが、予算をケチって民間の輸送艦に使用されている燃費はいいが、低出力機関を搭載していため、サイズに比べて出力不足であった。
そのため本級が敵の高速巡洋艦隊に発見・追跡された場合に逃げ切れない、またこれだけ鈍足だと、艦隊行動をとる事は難しい。これだけ劣速だと、艦載機の発着にも支障をきたすという空母としては致命的すぎる欠陥があるにもかからわず、本級は量産建造され配備されている。
その理由は厚い装甲を有し、被弾しても、発着艦能力を失わないメリットは空母として確かに必要なものであり、半移動要塞的な用途ではわずかなながらにニッチがあったためである。またその重防御から小規模な機動艦隊の旗艦にうってつけであり、後方で指揮管制するには十分だったという考えもある。

しかし、あまりにももたついたグズなこの空母は味方からは「ドン亀」「空母が来るまでに戦況が変わってしまう」「このようなマヌケな設計コンセプトの軍艦が戦場にいることが恥だ」などと低い評価を受けている。

「ロリカリア」名前の由来はナマズの一種。


[ 2012/05/13 12:17 ] イラスト | TB(0) | CM(6)

ガンダム艦艇イラスト その1 

連合軍 護衛艦

「護衛艦 ドレイク級」

【武装】
75mmガトリング機関砲 小型ミサイルランチャー 大型魚雷発射管 爆雷発射管

【搭載】
最大搭載機数  4機まで

【特殊兵装備】


【サイズ】
全長 150m

地球連合軍の護衛艦であり、保有する艦艇の中では最も小型の部類に入る。小型な分旋回能力に優れている。哨戒任務に従事する事が多い。火力、防御力共に貧弱。

連合軍 ネルソン級戦艦

「戦艦 ネルソン級」

【武装】
2連装大型ビーム砲 単装副砲 小型ミサイルランチャー 大型魚雷発射管 爆雷発射管 多目的VLS 連装対空機関砲

【搭載】
最大搭載機数  6機まで

【特殊兵装備】


【サイズ】
全長 250m

地球連合の戦艦。高い火力を有し、攻守共にバランスの取れた戦艦で広く運用された。

連合軍 空母

「航空母艦 アガメムノン級」

【武装】
225センチ2連装高エネルギー砲「ゴットフリートMk71」 小型ミサイルランチャー 大型魚雷発射管 多目的VLS 連装対空機関砲」

【搭載】
最大搭載機数  30機まで

【特殊兵装備】


【サイズ】
全長 300m


地球連合軍の誇る主力航空母艦。強力な高エネルギー砲「ゴットフリートMk71」を装備し、火力の面でも強力であり、またその規模の大きさから艦隊旗艦としても使用され。多数のMS,MA、航空機を搭載可能な強力な空母。


連合軍 ガーティールー戦艦

「ステルス特殊戦艦 ガーティ・ルー級」

【武装】
225センチ2連装高エネルギー砲「ゴットフリートMk71」 小型ミサイルランチャー 大型魚雷発射管 多目的VLS 75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」 ヘルダート対空防御ミサイル アンチビーム爆雷 大型ロケットアンカー

【搭載】
最大搭載機数  30機まで

【特殊兵装備】
ミラージュコロイド ステルス無音潜航

【サイズ】
全長 380m

地球連合軍の最新鋭戦艦。かなりの高速艦であり、最大の特長は艦体を完璧に覆うミラージュコロイドを装備している。これにより、察知される事無く目標へ接近する事が可能となっている他、数々の強力な武装を有し、MS搭載能力も高い強力な戦艦。

連合軍 輸送艦

「輸送艦 コーネリアス級」

【武装】
無し

【搭載】
最大搭載機数  20機まで

【特殊兵装備】
補給可能

【サイズ】
全長 200m


地球連合軍所属の最新鋭輸送艦。高い輸送能力と整備能力、高速力を有した輸送艦で、アークエンジェル級を各種参考にした次世代型の輸送艦である。




というわけで、ガンダムSEEDに登場する地球連合軍の艦艇イラストです。
一部、オリジナルなデザインアレンジがくわえていますが、基本的な色やフォルムなどはアニメに準じています。
SEEDに登場する艦艇はデザインがいいですよね!特に連合の艦艇はシャープで合理的なフォルムが素敵だと思います。

アニメではヤラレ役だったり、背景だったりしますが、こういった地味な艦船は絶対必要だと思います。

気が向いたら他にもいろいろ描いているのでうpりますね。






[ 2012/05/06 19:42 ] イラスト | TB(0) | CM(2)

地上攻撃魔女「フレデリカ・ポルシェ」現役時代 

フレデリカ・ポルシェ

カールスラント空軍所属の地上攻撃魔女です。

砂漠の虎/スフィンクスの魔女/スツーカの魔女に出てきますが、1942年の時点では元魔女(エクスウィッチ)になってますね。フレデリカかわかわ♪

まさかストパン初イラストがこの娘になるとは・・・本当はハイデマリー描こうと思っていたんですが、私は対地攻撃機好きなので、この娘に・・・なぜにルーデルにしなかったというと、でかおっぱいとデコにやられましたー後はムチムチとした健康そうな身体に・・・なんだかんだでけっこう好きなウイッチさんです。
対地攻撃魔女って少なくて残念です。対戦中は対地攻撃機がいろいろ活躍したのに・・・もっと出してあげてほしいですねーちなみにこの娘はすでに予約済みで、さえない戦車兵に「オレの魔女だ」とか言われて撃墜されちゃってます。

ピクシブ版ではズボン描き忘れた絵があります、この絵は後からズボンだけかきたしたのでちょっと不自然かな?。気になる人はチェックしてね!!


次のウイッチは誰描こうかな?マルチナとかも可愛いね!!!

[ 2012/05/01 22:43 ] イラスト | TB(0) | CM(4)

オリジナル人型機動兵器 BT-104/FB 「コンカラー」 

コンカラー 基本色グレー

BT-104/FB  「コンカラー」

製造: カタリナ・リナ社
生産形態: 量産機
全高:  45m

武装:

ハイレーザーバズーカ
肩部ハイレーザーキャノン
垂直大型ミサイルランチャー
レーザー機関砲座
対人近接マイン


等など

乗員人数: 5名 操縦手、通信手、砲手、機関主、機長

カタリナ社が開発した重機動兵器。他のBTシリーズと共にカタリナ社重機甲部隊の中核をなした。

装甲は戦艦に使用されている超高硬度装甲を用い、極限まで硬め、大出力のレーザー兵器を主兵装備とした超防御力と高火力を有する大型重量級として開発された。
機動性は最初から無視し、圧倒的な防御力と高火力で相手を叩きのめすことだけを念頭に置いた設計思想は、あまりにも極端すぎたため、特異な機体となった。

当時としては破格の重装甲を誇った本機は、当初、敵軍の戦艦や重火器から放たれる砲弾をことごとく跳ね返し、彼らをして「怪物」と言わしめた。その一方、トランスミッションや火器の照準装置などの機械的信頼性、品質の低さはきわめて深刻であった(操縦手はハンマーで操縦桿を叩いて直したりすることもあった)。このため長時間の作戦行動で操縦士が疲労するので、補助操縦手兼整備手が乗り込んでいたほどだった。また、本機の特色である重装甲は重量の著しい増加を招いて運用上大きな制約となっていた。

800トンを越える重量は間接部分とトランスミッションに過大な負荷を強い、故障損失のほうが戦闘損失より多いこともしばしばだった。さらに行軍時に橋や道路に損傷を与え、他の戦闘車両の通行を阻害することも問題視された。後期の生産型になるほど装甲は強化されたため重量過大による信頼性の欠如は深刻化するばかりで、たった一機の「コンカラー」のせいで渋滞が起きたり、戦線が詰まったりするなど、もはや致命的ともいえたが

戦場に姿をあらわしたBT-104/FB「コンカラー」はまさに無敵の活躍だった。なにせ、敵のあらゆる実弾砲弾、光学兵器は全て弾き返し、大出力のハイレーザーは簡単に敵を一撃で撃破できた。なにせ10mの距離でも真正面なら戦艦の主砲でも貫通不可能だから話にならない。

極限まで防御力を高めた本機は、拠点攻略及び拠点防衛用として相当な数が量産された。

その巨体と超重装甲は数々の欠点を抱えていたが、戦闘能力は凄まじく、陣地に対する攻撃力はもちろん、戦艦とも真正面から撃ち合えるタフネスさと、あらゆる人型機動兵器を一撃で叩き潰す強力な兵装備と、防御力は敵から恐怖された。


というわけでオリジナルの重人型機動兵器です。全高は40m級で5人乗り、操縦手、通信手、砲手、機関主、機長。重装甲、重火力に特化し機動力を捨てた超重量級の量産機です。
脚部や椀部を異様にごつくして胴体は普通で頭部小型というアンバランス差を出してみました。カッコワルイ感じにしてみましたが、装甲とかごつそうで硬そうとか倒すの困難そうな強そうなイメージは出せたらいいなーと思いました。

ちなみに“コンカラー” とは「征服者」の意味です。元ネタはエゲレスやソビエトの重戦車!
[ 2012/04/27 00:16 ] イラスト | TB(0) | CM(5)

高機動潜水艇「オタリア」 

鬼鋼 水中用鬼鋼

高機動潜水艇「オタリア」

カタリナ社アルゼンチン局が開発した全長20メートル級の高機動潜水艇。最大潜航深度 ==350m 排水量=150t、搭乗員5名 操縦員 火器管制員 ソナー員 機関員 艇長 

掃海活動、対潜水艦作戦などを行い水中戦に特化し、探知されにくい樹脂製の高強度素材を用い、高出力のハイドロジェットを搭載し機体各部に姿勢制御用スラスターを持ち、水中を高速移動することが可能である。機動性、加速力に優れ、数多くの水中用武装を搭載し、3隻で1組のペアを作りそれを最大4チ-ムで構成、作戦海域を指定し、幾つかの哨区に分割する。各群に割り当てされる哨区の広さは400から600平方マイル。敵を探知、発見した場合は直ちに僚艦に通報し、極力協同して攻撃し、予測海域で敵を待ち伏せし撃沈するという戦術をとった。

小型でコストも安価でそれなりに使い勝手はよかったが、航続距離に難があり、乗員も2名のみしか乗れないため、所詮、沿岸警備がもしくは哨戒用に多用されることの方が多かった。

「オタリア」名前の由来は南米などの沿岸に生息する海棲哺乳類。


とまあ、こんな感じのオリジナルの汎用機動潜水艇です。

似たような運用をされている架空の兵器で、フルメタの「リヴァイヤサン」やパトレイバーの「りゅうじん」などがありますね。

こういう潜水艇は地味ながらも活躍しそうなのですが・・・ついこの間では北朝鮮の潜水艇が韓国海軍のコルベット艦を魚雷で撃沈したこともありますし・・・技術力があがればかなりの脅威になるのではないかと思います。

水中では水陸両用の機体より強力そうですし・・・

ミッションでは敵および味方勢力で登場するかも?


[ 2012/04/17 23:42 ] イラスト | TB(0) | CM(2)

オリジナル人型機動兵器 BT-103/F  「クリーガー」 

ヘヴィクリーガー

BT-103/F  「クリーガー」

製造: カタリナ・リナ社
生産形態: 量産機
全高:  25.5m

武装:

アサルトライフル
大型ロケットバズーカ
スナイパーライフル
スペツナズナイフ
30mm機関砲
レーザーブレード
ハイレーザーライフル

等など

乗員人数: 1~2名

基本性能を高いレベルでまとめた上で汎用重戦闘用としての機能を付加させていくという理念の下開発され、その結果、高バランスのとれた優秀な機体として完成した。大型化による内部スペースの余裕を利用して機体性能の総合的な向上が計られている。背部には可動式スラスターを装備して運動性を高め、装甲・推力はトップクラスの性能を有する。
癖がなく未熟なパイロットにも扱いやすい操縦性と、生残率を高める堅牢な装甲板、自動消火装置、ダメコンシステムなどの装備に加え、可能な限り破壊されにくいことが設計段階で要求されたため、機体の耐久性は非常に高く、堅牢性、安全性が第一に置かれており、生半可な攻撃ではびくともしない。重厚な装甲とともに戦艦級の高出力レーザーキャノンを元にした強力なハイレーザーライフルを採用し、対艦・対陣地戦闘・電撃作戦に威力を発揮した。

あるパイロットは「まるで空飛ぶ鉄鋼所だ」「乗っていると安心する」「これこそ重量級である」「人の形をした装甲の塊」と賞賛されている。

だが欠点も多く重量が当時の水準からすると非常に重かったため、変速機や脚部回りなどのトラブルが多く稼働率は低い水準にとどまり、また構造の弱い橋や道路の通行が困難だったり、大型化や重量、装甲材のコスト高が量産性を妨げた。しかし、その大火力・重装甲・機動力はそれら欠点を補ってあまりあるもので、当時まともに対抗しうる他勢力機動兵器はほとんど存在しなかった。

前面装甲(どの人型機動兵器でも前面装甲が一番厚い)を2,000m超の距離から貫通でき、逆に一般的な120mm砲からは零距離射撃(要は極めて至近距離からの射撃)でも打ち抜かれない前面装甲を持っていた。同様に他勢力の人型機動兵器の大半にも圧倒的な優位を誇っていた。そのため戦場では「BT-103を相手にする時は必ず3機以上の戦力で迎撃する事」と言われていた程である。


というわけで、重量級量産機です。モチーフはP-47とかF6FとかVI号戦車!!
重量級はガチムチ装甲であることに意義がある!!後、大火力!!
[ 2012/04/10 22:48 ] イラスト | TB(0) | CM(4)

陸上戦艦「クロコダイル級」 

陸上戦艦

カタリナ社ウクライナ局が開発した300m級大型陸上戦艦。

推進方式はホバー移動であり、水上を含む様々な環境に適応している。強力な46cm3連装砲を3基装備し、陸上戦艦に呼べるふさわしい高い砲撃能力を有し、各種ミサイル、優秀なレーダーや電子兵装備を搭載し堅牢な防御力を兼ね備えた本級は高い戦闘能力を誇っていたが、あまりにも旧態依然とした大艦巨砲主義の兵器であり、時代遅れもはなただしかったが、しかし、水際上陸作戦、対要塞攻略支援には戦艦の砲撃力は依然有効であり、また、第二次世界大戦後に著しく発達したミサイルは、徹甲弾に対する防御を前提とした重装甲を持つ重目標に対しては決定的なダメージを与えられないとされ、戦艦が再評価される場面もあり、移動砲台的な性格を持つモニター艦的な運用が多かった。

ま水上および陸上を自由に移動できる本艦は運用に便利だったため、主に移動司令部として使用されるこもともあり、それなりに活用され相応の戦価を残しているが・・・やはり発想としてはあまりにも旧式すぎるため、『living fossil』『生きている化石)と将兵からはバカにされている。
「太古に何らかの形で繁栄していたものが、今は何らかの形で細々と生き残っている」という意味であり、本艦を皮肉くった。そんな本艦の名前の由来「クロコダイル」は古代から淡水域の生態系において生態ピラミッドの最高次消費者の地位を占めてきた動物群であるワニの一種を指す。

陸上、水上の頂点に立つ本艦にふさわしい力強い動物の名前の由来ではあるが、古い形質も兼ねているのは偶然か故意かはさだかではない。


というわけで、陸上戦艦です。

まあ、まんま戦艦を陸でも動けるようにしただけで特になんかあるわけじゃないです。

地理的制限も多いし、陸で動けることになんかメリットあるか「?」な謎兵器ですが・・・ドイツ軍は列車砲とかバンバン運用して要塞攻略とか陣地破壊に活躍していたので、モニター艦的な運用なら生き残る道は・・・なさそうですね・・・

でもこういう兵器ってロマンあると思うんですが・・・・まあ、装甲列車とか現実にあったわけですし、技術的にいけるならアリじゃないかな?と思って、冷戦時代のソヴィエト連邦的な艦船を参考に大昔描いたイラストでございます。

近藤さんの描いていたガンダムのマンガに似たような陸上戦艦がいたような気がするけど、あっちはアメリカとかイギリス式を参考にしていたので、こっちはロシア式でやってみました!!ウラー!!

[ 2012/04/04 23:07 ] イラスト | TB(0) | CM(7)

原子力潜水艦「32型」 

潜水艦

カタリナ社ロシア局が開発した170メートル級原子力潜水艦。

特にこれといった特徴もないクラシカルな潜水艦。冷戦時代の弾道ミサイル原子力潜水艦の末裔であり、兵器の進化の袋小路に入ってしまったため、基本的な構造や運用方法もまったく変わっていない。ほそぼそとした数が深海で運用されている。

まあ、とりあえず原子力潜水艦です。

タイフーン級に匹敵する巨大な潜水艦で、背部に大型の格納庫があるのでなんかいろいろ詰めます。

スペック的にはガンダムに登場するユーコン級みたいな感じ?
[ 2012/04/02 00:20 ] イラスト | TB(0) | CM(5)

「G・S」 

グレートソード.bjjkijpg

以前紹介した「グレート・ソード」の塗ったバージョンが見つかったのでうpります。



コピックとパステルで塗りました
[ 2012/03/25 22:49 ] イラスト | TB(0) | CM(4)

「鉄錆」 

ティガー


「砲声が聞こえます」「それは春雷だ。冬はもうすぐ終わる・・・」


匂いそうな鉄錆をイメージして描きました。昔描いたイラストです。

この戦車はあまりにも有名すぎるので説明しません。


ところでもうすぐ長かった冬が終わりますねー


[ 2012/03/20 22:52 ] イラスト | TB(0) | CM(4)

「AC」 

AC.jpg

アーマードコアのイラストです。

大学のイラストコミッククラブのときに描いた奴だと思う。ミリペンとトーン使ったアナログ原稿をスキャンしたイラストです。

このときはAC3が全盛だったんですよ。ちなみに私は初代のPS時代からはじめた地球人です。一番面白いと思ったのはAC2AAだったりwwwAC3は基本的に暗い・・・

AC4はオサレすぎる!!!

ACVやっていますが、最初フロントミッションかボーダーブレイクかとオモタwwwACVも2月にやり始めていますが、まだまだ操作に慣れてねえwww名前はカタリナ・リナでやっているので、見つけたら容赦なくぶっ殺してください。
ソ連の赤星のエンブレムでロシアグリーンの重量逆足ライフル2挺持ちでカタリナ・リナって奴がいたら私です。

ぴょんぴょん飛んで引き撃ちするよ!!

上記のイラストはACの薄い本とか作ろうと思って描いたんだけど、内容は女傭兵が淡々とミッションをこなす話、マンガとか描いていたけどどっか消えたwwww ACとかMTとか描いていると楽しいね!!!私はメカも女の子も両方好きだよ!!ACVのイラストとか中に乗っている女傭兵のイラストとか気が向いたら描きますねーーー
[ 2012/03/13 00:10 ] イラスト | TB(0) | CM(7)