大型MMS 運用考察 

zDSC06193.jpg

zDSC06211.jpg

カタリナ社の戦闘用のMMSの一群、大型MMS。

戦艦型、航空母艦型、装甲列車型、潜水艦型、多脚戦車型、重爆撃機型、などの大型MMSが誕生した理由はごく単純だった。


超強力なSSクラス以上のランカーMMSとそれを駆るマスターは、各MMS企業のフラッグシップ、象徴として位置づけられていたが、バトルロンドにおける強神姫の消耗に加え、特定の個人に戦力を依存することの脆さが露呈したため、MMS企業は、個人に依存しない、代替が可能な強力な武装によって運用できる戦力を目指し、大型MMSを中核とした物量を戦略の中枢に置くこととなった。

ノーマルMMSや既存のAI兵器では高い攻撃力の前に接近することすら出来ず、装甲と耐久力の前に攻撃も通用しない。高コストではあるものの代替と量産が可能で、火力や防御能力はランカーMMSも大きく上回っており、「大多数のランカーMMSにとってジャイアント・キリングは奇跡の親類」とも表現されるが、一部の機種を除いて同じ大型MMS同士での戦闘やランカーMMSによる接近戦は想定しておらず、高ランクのランカーMMSがに襲われれば被害は免れない。

zDSC06222.jpg

アームズ・フォート級移動要塞型MMS

カタリナ社が開発した、最新の飛行要塞型MMS。素粒子砲やミサイルといった通常兵器に加え、大出力電磁シールドを使用する。また、巨体下への攻撃を完全に防ぐ近接防御機構が搭載されている。
稼働する際に大量の素粒子を放出し、閉鎖空間と同等の高濃度の粒子汚染を引き起こす反面、巨大な機体を無理やり浮かせているため、本体中央ブロックへの大きなダメージや各部位の損害拡大が墜落に繋がってしまう。


DSC07654.jpg

ラツィエル級高速重爆撃機型MMS

天使型「アーンヴァル」をカタリナ社がライセンス生産で強化発展させた大型重可変MMS。
超高速・高々度・長航続距離の条件を備えた新型大型爆撃機型MMSの開発が提唱され設計された。基本ベースは通常のアーンヴァルを元に脚部に巨大な素粒子エンジンを装備しレーザーキャノンを4門装備、巡航ミサイルを搭載。全長400mmを超す大型のMMSであったが、高高度を高速で巡航可能であり、高速爆撃機として多用された。
対地攻撃や対艦攻撃を主とし対空設備を有する敵地上空や大型MMSへの接近を想定し運用され、バトルロンドでは高い搭載力と高高度能力、巡航速度を生かして一撃離脱の戦法を行い高速爆撃機として活躍した。

DSC08260.jpg

インペリアル級装甲戦艦型MMS

巨大な三角形のデザインが特徴な戦艦型MMS。旧式の大型MMSであるが、長大な航続距離、神姫搭載能力、艦砲射撃、ミサイル攻撃、爆撃などあらゆる任務に対応する。センサーシステム群は強力な遠距離探査能力を持ち、左右のターボレーザー砲がずらりと並び、高い砲撃能力を持ち、背面部には大量の爆弾とミサイルを搭載し圧倒的な火力で相手を叩きつぶす。また大出力エンジンを搭載し非常に強固なシールドを形成することができ、その巨体もあって、少々の打撃にはビクともしないが、機動力が低く接近戦にはまったく対応できないが、体当たりやのしかかりなどの質量攻撃には注意が必要。

DSC00447.jpg

ネメシス級巡洋戦艦型MMS

艦首に超強力な艦載砲、拡散素粒子砲2門を搭載した戦艦型MMS。艦載砲というより艦自体を巨大砲身とするため、艦の軸線に沿って照準も艦自体の姿勢制御をもって行う桁外れの破壊力を持つ火砲である。また主砲として3連レーザー砲を4基、計12門装備し、単体の神姫としては随一の攻撃能力を持つ。センサーやレーダー類も優秀で主に遠距離からの艦砲射撃により敵目標を殲滅する戦術を得意とする。また速力も速く、強力なエンジンが生み出す出力は高い巡航性能を誇った。相当な数が量産され、同型艦で艦隊を組み、遠距離からの艦砲射撃や艦首主砲を一列に並ばせ、面での殲滅砲撃などで圧倒した。

DSC09776.jpg

オヴァール級重航空戦艦型MMS 

飛行甲板を有する搭載能力に優れた戦艦型MMS。極めて厚い装甲を持ち、重神姫の火力を以てしても正面からの貫通は困難。積載量に余裕があるため、砲撃戦闘だけではなく高高度からの爆撃、弾道ミサイルのプラットフォーム、また航空神姫を多数搭載した航空母艦としての運用も可能。通信設備、レーダーやセンサー類も優秀だったので艦隊旗艦として使用されることも多い。

DSC05493.jpg

リーヴィ・エニ級巡洋潜水艦型MMS

水中での戦闘に特化した大型MMSで、運用方法も戦い方も潜水艦を参考にしている。射撃兵装はミサイルのみだが、大推力の素粒子ジェット推進と硬い外殻による突進は、高い機動性と通常の大型MMSを一撃で沈めるだけの破壊力を併せ持つ。強力な戦艦・空母型神姫を1撃で葬り去ることが可能な巡航ミサイルを大量に搭載し、地上・空中の目標に対しては大量の巡航ミサイルを発射した飽和殲滅攻撃を行い一気に何100機の神姫をフィールドごと殲滅することが可能だった。

DSC01139.jpg

グレート・フォート級装甲列車型MMS

カタリナ社は「地上最強」と称している装甲列車型の超大型MMS。
複数のユニットが列車のように連結され、全長3000mmに及ぶ。超大型のグレネード砲や大量のミサイルといった強力な火砲と極めて分厚い装甲を備え、外部からの攻撃に対しては極めて堅牢。また、桁外れの搭載能力を持ち、多数のノーマルMMSの輸送も可能。列車型の性質を生かして、敵機に侵入された場合、後部車両を切り離して中枢部を離脱させることもできる。
「地上最強」と謳う理由でもある非常に厚い装甲により、弱点である動力炉は外部から破壊できない為、近接しての破壊が要求される。近接白兵戦闘をまったく考慮しておらず、侵入された際の防御は搭載するガードメカやノーマルMMSに依存している。

DSC09823.jpg

zDSC03023.jpg

zDSC05628.jpg

レックス級中型航空母艦型MMS

拠点型の箱型の船体を持つ中型の航空母艦型MMSであるが、中型といいつつも全長600mm全幅150mmという現存する神姫の中で桁はずれの巨体を誇る。極めて特殊な性格を有する神姫で、すなわち本体としての攻撃能力は殆ど搭載した武装神姫に依存しているため、本神姫の戦力は搭載した航空神姫の能力や機数とそれらを指揮運用する能力で決まる。
最大の特徴である飛行甲板は航空神姫を離艦・着艦させると同時に、航空神姫に対する整備能力とバッテリー燃料や武器類の補給能力を有し、単独で航空戦を継続する能力を有する。重厚長大の巨体には桁外れの積載力、豊富な火力、重厚な装甲を持ち、また相当数の完全武装の神姫を搭載し移動拠点基地として運用可能。
相当な数が量産されており、運用方法によって若干の儀装の違う亜種が多々存在する。


DSC00506.jpg

zDSC02901.jpg

ヴィクター級重装甲戦艦型MMS

インペリアル級装甲戦艦型神姫を拡大・発展させさらに攻撃、防御、センサー、巡航性能、すべてを強化した上位艦。重装甲戦艦の名に恥じない強力な外装甲と高出力エンジンが生み出す電磁シールドによって防御能力は非常に高く、巨大な巨体は耐久力も高く生半可な攻撃ではびくともしない。高出力エンジンが生み出す莫大なエネルギーは相当なスピードを誇り、アーンヴァルのASにもを追跡することもできた。
全身に多数のレーザーキャノンを搭載した光学兵器を中心としたヴィクター?級とMKS40・2mm砲とミサイルを中心とした実弾兵器を中心としたヴィクター?級の亜種が存在する。
武装神姫の搭載も可能であり、センサー、レーダー類も優秀で高い捕捉率を持ち、戦艦、簡易空母、艦隊旗艦・司令部としての機能をも併せ持ち砲撃戦から、単艦での威力偵察、フィールド占領など数多くの運用が可能であった。

DSC09094.jpg

チョール・ヌイ級大型潜水艦型MMS

リーヴィ・エニ級潜水艦型神姫を一回り以上超える巨体を持ち全長は500mmを越える巨大な神姫だが、水中では非常に静粛性に富み水中に潜んだ本神姫を探知するのは困難である。また武装神姫の中では最も深いところまで潜水可能な神姫である。本級は超長距離攻撃用の大型巡航ミサイルを多数搭載し水中から巡航ミサイルを発射しはるか遠くの目標をピンポイントで撃破できる恐るべき打撃能力を有している。センサーやレーダー類もリーヴィ・エニ級よりもより強化され特に艦首に強力な超音波発信装置を持ち音響攻撃も可能。

zDSC03845.jpg

ネプチューン級重巡洋艦型MMS

メネシス級巡洋戦艦型神姫を拡大・発展させさらに攻撃、防御、センサー、巡航性能、すべてを強化した上位艦である。全長550mmを超え武装神姫の中でも最大級の巨体であった。防御力を速力で補うというコンセプトで設計された最大最強にして究極の巡洋戦艦と呼ばれた大型戦艦型神姫であったが、本級は敵戦艦からの砲撃に耐えうる防御を、限定的に配していため同じ戦艦型神姫との砲撃戦では充分な防御能力を持っていないなどの問題点があった。それでも数多くいる武装神姫の中でも最大級の火力と高速度を有しており高い戦闘能力を誇る武装神姫である。

zDSC07174.jpg

ジャンヌ級大型航空母艦型MMS

本級の形態は、それまでのカタリナ社製空母型MMSの集大成となっており、ヘリポートやレーダー・システム、情報ネットワークを含む新技術の実装が施されており、大きさも過去最大級の巨体を誇り、世界最大、最新にして最強の武装神姫となった。バトルロンドでは数ダースもの大量の武装神姫を満載し対地・対空・対潜・対水上に十分の火力を備えた本神姫を洋上においてこれらを攻撃することはきわめて難しい。特に、艦上に空中早期警戒機型MMSが登場した2040年代以降、カタリナ社の大型航空母艦型神姫を撃沈する手段は皆無に等しく。
移動可能であるという艦船の特性に基づく機動力。上記の要件を備えた戦闘システムが移動し、任意の場所に展開可能というのが大きな特徴で最大の武器である。

DSC01210.jpg

???型MMS


NO Data



カタリナ社の各開発局が競って作り上げた超大型の‘彼女‘たち。
どれも普通の神姫の数倍から数十倍のサイズを誇り、「一個人が圧倒的戦力に成り得る」ランカー神姫に対し「代替可能な強力な武装により制御・運用される戦力」として建造された屈強なハードウェア。


代替不能のランカー神姫に戦闘力を依存させる、という武装神姫の在り方に危機感を覚えたMMS研究者によって生み出されたもので、基本的にはカタログ上のスペックではランカーMMS以上の戦力として見られている。
しかし構造上の欠陥を抱えたまま建造されたものや、実際にはとっつきや近接白兵戦闘で刻むとあっさりと陥落するものが殆ど。上位ランカーの武装神姫達には「カタリナ社製の大型MMSを破壊できてこそ真の武装神姫を名乗ることを許される」とさえ見られている風潮がある。


とはいえ、一発当たりの火力が馬鹿げているのは事実で、真っ向から削り合いを挑んだりすると大抵の場合は消し炭にされる。

物量神話が生み出した、まるで古生代の恐竜のような進化をたどった大型の武装神姫の一群であったが、武装神姫界の進化の袋小路に入ってしまった。大型化することで汎用性やそもそも武装神姫の大きな利点であった小型で敏捷さが失われてしまい急激な環境の変化や戦い方についていけなくなっていったのだ。また長年の不況によって大型神姫を養えるほどの維持費が出せなくなったことにも追い討ちをかけていき、航空神姫の発達は鈍重な大型神姫の必要性が薄れた。

さまざまな要因が重なりカタリナ社の大型武装神姫の一群は2040年代初頭をピークに急激にその数を減らして2045年を境に一部の適応できた大型神姫を残してほとんどが全滅してしまう。

大型化はたしかに個体としては強力であったが、種としては非常にか弱いものだったのだ・・・・


スポンサーサイト
[ 2010/11/28 00:05 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(5)

どれもかなりの迫力がありますね。
自分もこれくらいのものを作ってみたいのですが、コスト的にどうしてもライトアーマー級になってしまいます。
[ 2010/11/28 22:01 ] [ 編集 ]

ホエールキングか懐かしいな・・・
[ 2010/11/28 22:25 ] [ 編集 ]

???型MMS…圧倒的な存在感ですね…。
存在していないはずなのに見る者に畏敬と畏怖、憧れを与える凄まじい存在感だと思います…。

私の中では彼女こそ最強であり、ナンバー1の神姫です。

実際に出会ったらそんな事言ってられないでしょうがw
[ 2010/11/29 18:34 ] [ 編集 ]

アームズフォート、ようやく完成ですか。
GNアームズ三機分からくる迫力は、(金額的にも)圧巻ですね。
それにしてもカタリナさん、というよりカタリナ社の創り上げる大型MMS達は、
他に類をみないほど特徴的で、毎回見ていて楽しくなります。

???型MMSも、随分と久しぶりにその姿を見ましたが、あいかわらずの迫力です。
私もいつか、彼女の纏うような大型の武装に挑戦してみたいですね。
[ 2010/11/29 22:01 ] [ 編集 ]

コメント返し

>しゅんけさま

写真で見ると小さく感じますが、実際に見てみるとけっこうな大きさがあります。
全長3メートルの装甲列車型神姫は全長が軽自動車くらいあります・・・

> zeroさま

ホエールキングまんまを流用しているのでゾイドの搭載も可能ですwww

>ユキナリさま

あの神姫は存在しないことになっています。ですので存在しないもの架空の存在の神姫についてあまり多くはお答えできませんのですみません・・・

>彼女こそ最強であり、ナンバー1の神姫

ありがとうございます。ですが、まだ4人しか公開していません。最後の一人がまだいます。

>シロさま

ありがとうございます。
うちの大型神姫たちは他ではあんまり見られないようなフォルムですので確かに特徴的かも知れませんねw

やっぱりオリジナル神姫を作るに当たって他のオーナーさんのオリジナル神姫さんとは一線を画したデザインにしたいですね。

???型MMSもかなり大型です、全長2000mmありますwww

[ 2010/11/29 23:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/973-d6dc4035