スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新しい仲間は廃棄神姫の巻き!!! 12 

zDSC04371.jpg

ナデシコ「はあーーー負けた負けたー」


ノア「ぐーーーああつつつー手が痺れたーもう後一太刀喰らっていたら・・・」


マスタ「あれれ?終わったの?」

ナデシコ「終わった終わった!!オレの負けだよ!!」

ナデシコがポリポリと頭を掻く

zDSC04377.jpg

カノーネ「なんだーナデシコ負けたのか?」

ナデシコ「一本忘れていた」

ノア「うふふ、実はねー手が痺れてあれ以上攻撃できなかったのーハッタリが効いて良かった」

ナデシコ「ふん・・・・うまいな」

ノア「?」

zDSC04378.jpg

ナデシコ「オレの名は武士型MMSナデシコ、よろしくなノア!」


ナデシコはノアを向き名乗る。

zDSC04379.jpg

ノア「よろしく、ナデシコさん」

ノアはにこっり笑う。

zDSC04380.jpg

カノーネ「やっぱり強かったのかナデシコ」

ナデシコ「ああ・・・なんかオレの渾身の攻撃が全て受け流された、オレもまだまだだってことだ」

ノア「いえいえー受け流すのに必死で攻撃なんてほとんどできなかったですよー」


zDSC04381.jpg

マスタ「そうかよかった、二人共満足してくれて」

ナデシコ「今度は神姫センターのバトルロンドでオマエが戦っているところが見たいな」

カノーネ「そうだなー気になる」

ノア「ええーそんなー私の戦いなんて地味ですよ」

zDSC04382.jpg

ノアはすっかりナデシコたちと受けとけたようでいろいろと物騒なバトルロンドの話に花?を咲かせる。


ナデシコ「戦艦型神姫とかとバトルになったときそんな武装でどうーすんだよ」

ノア「甲板に乗り移って首を掻ききります」

シャロン「うへえ」

セイヴァー「あの主砲の砲撃はどーすんの?」

ノア「物陰にこっそり隠れて油断したところを飛びのって一発でやるので大丈夫です」

カノーネ「空母型神姫の場合は?」

ノア「定期的に補給にくる輸送船型神姫のコンテナの中に紛れ込んで内部に進入して暴れます」

シャロン「ひえええーー」

zDSC04384.jpg

ナデシコ「重武装の神姫とかどーすんだよ」

ノア「真正面からは戦いませんね、基本は物陰に隠れて背後から仕留めます」

ナデシコ「そ、それは極論すぎるだろ・・・」

ノア「ナイフ一本あれば十分です。ミサイルとか大砲とかでっかい剣とかスナイパーライフルは『甘え』ですね」

カノーネ「言い切ったよ」

zDSC04387.jpg


ノア「私の戦い方は普通の神姫とはちょっと違うかも知れませんが・・・バトルロンドで十分通用しますよー」


ノアは優しく笑うが、目が笑っていない。

zDSC04390.jpg

シャロン「ま、マスターこの子怖い」

セイヴァー「シャロン、失礼でしょ」

カノーネ「うん、気に入った!そういうストイックな所、大好きだぜ」

ナデシコ「とんでもねえ神姫をまたつれてきたな!!マスター」


ノア「でへへへ」


マスタ「お前らもたいがいだろが!!」



終わり
スポンサーサイト
[ 2010/11/21 14:54 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/967-2f67c3cd






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。