重邀撃戦闘機型MMS 「パトリシア」 

zDSC00124.jpg


カタリナ社製 重邀撃戦闘機型MMS 「パトリシア」 SSSランク 二つ名 「黒き稲妻」

オーナー名「藤原 舞」♀ 22歳 職業 神姫アイドル

主兵装 

マシンキャノン2門 大型エネルギーランサー1本
素粒子砲2基 ミサイルランチャー2基


カタリナ社が設計、開発した戦闘神姫「ガーリオン」シリーズの上位機種。
高高度へ短時間で到達するための強力なエンジン、頑丈な重装甲MMSを撃ち落すための大きな打撃力が求められた強化設計が施され、両脇に設置された2基の素粒子エンジンによって卓越した高運動性能を誇り、加速力、急降下性能、上昇能力に優れたハイ・スペック神姫。

その実力は折り紙付きで関西でも5本の指に入る強神姫の一つに数えられている。

パトリシアの性格は豪快でおおざっぱ。
攻撃もちまちまとした攻撃よりも一撃一撃が派手で威力の高い攻撃を好み、速度と武装の威力、落下速度などを混ぜまわせた一撃離脱の強力な攻撃で大抵の相手を一撃で豪快に叩き伏せる戦闘スタイルは、まるで黒い稲妻が走ったかのように見えるので二つ名は「黒い稲妻」と呼ばれている。


zDSC00109.jpg

バトルロンドでは、大型の武装神姫、戦艦型神姫の重装甲でさえも容易に叩き割り、一撃で轟沈させるほどの馬鹿げた破壊力を持つので、普通の神姫が彼女の攻撃を喰らった場合、バッラバラに粉砕されるので非常に恐れられていた。いきなり上空から稲妻のように襲いかかる彼女は恐怖以外何者でもなかった。

主力武装の大型エネルギーランサーは強力なエネルギー出力を誇り、かすっただけでも並の神姫の装甲ではドロドロに溶解するほどで、彼女に近接戦闘を挑むのは自殺行為に等しかった。
また遠距離戦闘も得意で、速射性の高い素粒子砲を搭載し的確に砲撃してくるので、彼女と戦うには相当の覚悟が必要であった。

zDSC00114.jpg


大雑把で豪快な彼女は三国志や戦国時代の武将が大好きで、よく伝記ものを読んでは昔の武将になりきってバトルロンドでも時代錯誤のような名乗りや一騎撃ちといった行動や台詞に出ることもある。
面倒見がよく、自分よりも弱い神姫や若い神姫に戦い方や練習のコーチになってあげたりすることが多いので恐れられてこそいるが、嫌われてはいない。


「うははっははは!!我の名はパトリシア!!推して参り候ッ!!!!!!」
「我と勝負しようてか!!力の差を思い知るがいい!!!」「相手にとって不足無し!!腕が鳴るぞ!我が主!!」
「いざ、尋常に勝負!!我が武の見せどころよォ!!」「死に逝く者共!このパトリシアの勇姿、目ぇに焼き付けよ!」「バトルロンドを駆ける黒い稲妻!そう、我がパトリシアだ!」
「黒い稲妻の名 CSCに刻みこんでおくんだな!」「この一撃ッ!!貴様に耐えられるか!!」
「正々堂々、貴様と我、一対一の勝負だッ!!いざ!尋常に勝負ッ!!!!!!!」


黒歴史 1

オーナー名「藤原 舞」♀ 22歳 職業 神姫アイドル

大手芸能プロダクションに所属している若手アイドル、元々はとあるファッション雑誌の人気モデルだったが、スラリとした抜群のスタイルと関西でも指折りのMMSランカーオーナーだったので、即座にスカウトされ、テレビなどの神姫番組で人気になった。

舞は豪快なパトリシアとは違って控えめでおとなしい性格で、いつも大暴れしているパトリシアを見てはニコニコとしているが、バトルロンドでは豪快でおおざっぱなパトリシアを制するかのように優れた指示を出し勝利に導く。パトリシアもそんな優しく聡明な彼女を我が主と呼び慕っている。

しかし、最近、テレビや雑誌で人気が出てきた藤原に対していろいろと「枕営業」をしているなどの根も葉もない噂やゴシップが出てきていることに悩んでいる。





スポンサーサイト
[ 2010/11/19 00:26 ] ランカーMMS | TB(0) | CM(4)

一撃一撃が派手で尚かつ一撃必殺を好む。つまり、ゼンガー親分の台詞も似合いそうですね。(^^)
[ 2011/01/25 17:36 ] [ 編集 ]

コメント返し

>レイキャストさま

ありがとうございます。
そうですね、イメージ的にはそんな感じです。
どっちかというと呂布とか?そっち系かも知れませんww


[ 2011/01/25 22:27 ] [ 編集 ]

コメント返し

>>どっちかと言うと呂布
つまり、強いけどアホな子ですねwww
わかります。
[ 2011/01/26 12:06 ] [ 編集 ]

コメント返し

>レイキャストさま

そうですねwwそんな感じですww
[ 2011/01/26 22:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/960-ab2ffc3d