武装神姫 フィギュア劇場 315 


武装神姫 「真零」 第18章 「小競り合い」


zDSC00739.jpg

デボラ「はあああ!!」

ぶんとデボラがヒートナギナタを振るうがむなしく空振りする。

マリオン「ヘタクソ」

zDSC00740.jpg


フラヴィ「カリーヌ!追い込んで」

カリーヌ「ちょ、ちょっとまって」

zDSC00741.jpg

ユーリ「あれれ?」

フラヴィとカリーヌの間をすり抜けてしまったユーリ。

フラヴィ「カリーヌ!!!後ろ後ろ」

カリーヌ「あっ?うん?後ろ?」

zDSC00742.jpg

ジャネット「ウワッ!!あぶねえ!!クソッタレ」

ベダノアが機関銃を発砲するがベダノアは間一髪で回避する。

ベダノア「ッ!はずれ!!」

zDSC00743.jpg

ぐるぐると不規則に廻る神姫たち。

神姫センターの大画面に映像が照らしだされ幾人かのオーナーと神姫がぼーーと眺める。

オーナー1「また今日もダラダラとなんかやっているな」
神姫A「なんかやってるって、マスター」
神姫B「お互いまだ一発も被弾してない!すげー」
オーナー2「すごいのかすごくないのか分からん」
神姫C「これ決着つかないんじゃないのーーー」
神姫D「乱戦ですね」
神姫E「こいつらの言葉使いの下品差はなんとかならないのですか?ケツとかクソッタレとか・・・・」
神姫F「オマエも戦闘中にファックとか叫んでるだろ」
神姫G「神姫は普段は可愛いフリしているけどガチ戦闘になったら本音でるよね」
オーナー3「頼むから猫かぶるのヤメテクレ」
神姫H「猫かぶってない女とか信用できないわ」
神姫C「同感ーーーーーー」
神姫E「またクソッタレって言ってるし」
神姫I「神姫は基本ビッチ」
神姫A「う・そ・を・つ・く・な」
神姫B「おおおーーブーストキャンセルした!」
神姫C「タイミングウメーーー」
神姫F「引き撃ちすんなよ、クソッタレ」
神姫I「それも技術だろ」
オーナー「みんなかっこいいなあ」
神姫A「そうかあ?」
神姫C「確かに回避うますぎコイツラ!かっちょええーー」
神姫E「まあ、このランクですし」
神姫J「ガーリオンとライザーか・・・どっちもそこそこやるしなあ」

zDSC00744.jpg

オーナー4「なんかいまいちしまりのない退屈な試合だなあ」
神姫H「やれやれ、こいつらけっこう強いよ?分からないの?」
オーナー4「どこが?だってまだお互い一発も敵の攻撃当てってないんだぜ?命中率悪すぎるだろ」
神姫H「はいはい、分かった分かった。うちのマスターは世間知らずだね」
オーナー5「よくわからない」
神姫I「おおおーあそこでひねりこみかけるか」
神姫N「これはよい神姫バトル」
神姫M「久々の良バトルだね」
神姫U「でもなーー決め手がないなー」

zDSC00745.jpg

観戦している神姫たちは口々にあーでもないこーでもないとおしゃべりをする。

神姫A「分かる人には分かる。分からない人にはわからない」
神姫B「でもこいつら何したいのかよく分からない」
神姫C「同じことやれといわれてもできないなー」
神姫D「ぐちゃぐちゃすぎる」
神姫E「勝つとか負けるとかそういう次元ではないですね。この戦いは」
神姫F「うーーん・・・よく分からない」



つづく
スポンサーサイト
[ 2010/10/31 20:55 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/940-a8eab05b