ニュータイプ専用試作型MMS 「マリア」 

zDSC00531.jpg

ニュータイプ専用試作型MMS 「マリア」 SSSクラス 二つ名「サイコ・クイーン」

主兵装

ビームガン兼ビームサーベル×2 ファンネル×10

カタリナ社が開発したニュータイプ専用試作型MMS。サイコミュシステムを搭載し、遠隔誘導攻撃端末砲台「ファンネル」の本格的な運用を可能とした特殊なMMS。
高い機動性とファンネルによる圧倒的な戦闘力を誇りサイコミュを稼動させるためには高い演算能力が必要であったがバトルロンドでは随一の性能を発揮した。

他の神姫ではマネの出来ない三次元オールレンジ全方位/範囲攻撃攻撃は強烈な攻撃能力を誇り、この戦法は複数の敵を同時に攻撃、或いはひとつの標的に対して自機とは別の方向から攻撃を加えることが可能であり、死角が存在しない。敵にとっては予想外の方向からの攻撃なため、被弾する確率は高く、重装甲の神姫にたいしては一点集中攻撃によって撃破されたり、機動性の高い神姫も容易に捕捉し逃げ切ることは不可能であった。

バトルロンドではファンネル攻撃は非常に恐れられ、鈍重な戦艦型神姫はまったくこれに対抗することが出来ず数多くが撃沈されている。
主に本町の神姫センターを根城にしていることが多い。

zDSC00540.jpg


マリアの性格はいかなる者にも決して媚びない性格で非常に気難しい。マスターである赤井に対して傲慢な態度で接するが、実はたんなるツンデレらしいとのこと・・・
シャープな感覚を持っており、バトルロンド中では抜群の感で相手の居場所をあてたり簡易未来予測が出来るなど恐ろしいほどの研ぎ澄ました感度を持っているが、反面メンタル面は弱く、気に入らない日はすぐに戦いを放棄するなど気まぐれな部分も多い。そのためあんまり勝率は高くない。

名言(迷言?)も多い

「俗物共がッ!!」「我々の力をその目に焼き付けるがいい!」「奴らのペースに乗せられすぎだ、見てはおれん」「 なめたまねを、 よくもずけずけと人の中に入る。恥を知れ、俗物!」
「このキュベr・・・マリアをなめてもらっては困る!」「こんな所で朽ち果てる己の身を呪うがいい」
「行けッ!!!!ファンネルッ!!!!」「そこかッ!?」「私の攻撃からは逃れられんぞッ!!」
「どう言われようと、己の運命は自分で開くのが私だっ!」「ま、マスター!!私と共に来い!!/////」

zDSC00543.jpg

オーナー名「赤井 健」♂ 24歳 職業 準大手ゼネコン社員

マリアのオーナー。傲慢できまぐれ屋な彼女にいつもタジタジしているが、バトルロンドではてきぱきと的確な指示を出すのでマリアはそれなりに赤井のことを信頼しているようである。ガンダムヲラクでジオンスキー、ガンプラ製作が趣味でマリアの武装もかなりチューニングされているようである。
当のマリアもガンダム好きで、一番好きな話はZガンダムらしい。またゲームセンターのガンダムコーナーにもたびたび現れて神姫とのバトルだけでは飽き足らずMSとの異種戦闘なども大好きのようだ。

2人してガンダムの話になるとやたらと盛り上がる・・・が、周りの神姫からは若干引いた目で見られているようだ。




スポンサーサイト
[ 2010/10/18 23:26 ] ランカーMMS | TB(0) | CM(4)

以前から気になってたんですが、こんなにS2ランク超(=公式試合出場禁止)神姫が多いのでは、「公式」が有名無実化するんじゃないでしょうか。
それともここでは「公式=子供の遊び」くらいの認識で見たほうがいい?
[ 2010/10/18 23:46 ] [ 編集 ]

コメント返し

>黒江きよさま

武装神姫「真零」の世界では「公式」の神姫たちはいわゆる普通の神姫として扱われています。

現実に例えるとスポーツの公式と言った感じです。
ちゃんと「公式」の中で地区大会や県大会、全国大会やさらに国際大会など大規模なイベントもありますので決して名ばかりではありません。

ですが・・・あくまで公式、各企業のスポンサーや広告代理店や政治のパフォーマンス、テレビのタレント神姫の宣伝なんかに利用されたりして、実態は酷いモノですが・・・

SSクラス、SSSクラスの強ランカー神姫たちは一般にあまりにも規格外に強すぎるため出場不可能という扱いをされ、公にはこのクラスの神姫たちは強すぎて存在するのかどうか疑わしい都市伝説の類になっています。

また公式大会の主催者としても、SSクラス超の強ランカー神姫を大会出場OKにしていますと・・・・一般の神姫との戦力差が開きすぎて「戦闘」が行われないので参加できないようになっています。

過去にSSクラスの神姫を参加させたところ、大会に出場する神姫1000体がSSSクラスの神姫1体によってたった1時間で潰滅させられるという事態が発生したり、普通の神姫がSSSクラスの神姫にすっかり怯えてしまって逃げ出したり、戦いが始まる前に降参したり、恐怖で発狂したり失禁したり自害するなど・・・

「戦い」にすらならない事態になるからです。

公式はもちろん各、企業からスポンサーをつけて宣伝するのでそんな「戦い」にすらならないような試合を放映するわけにもいかないので、限度のある強さの神姫同士で一般向けに放映できる限度のレベルの強さの戦いで競うといった構図が出来ました。

ですのであまりにも度を越した強さを持つ強神姫は「公式試合出場禁止」という措置が取られています。

「公式=子供の遊び」というよりかは「公式=限度ある節度を保った商業用」といった感じです。

SS、SSSクラスの神姫たちは公式を毛嫌いしています。
[ 2010/10/19 22:58 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/10/19 23:45 ] [ 編集 ]

コメント返し

>さま

まあフィギュア劇場では頻繁に出てきますが、実際の神姫対数でいえば滅多に遭遇しません。

K社製神姫、特に艦船ベース改造型はほぼ全てSSないしSSSクラス

まあ、これも強い神姫ばっかりというわけではなく、老朽化が進んだ神姫はSSクラスとは名ばかりでまともにエンジンが動いたり耳が遠かったり目が悪かったりいろいろ齟齬があったりします・・・
また若い艦船ベースの低いクラスの神姫は強い先輩の艦船ベースの神姫に随伴して付いて廻っていろいろ複雑な運用をおしえてもらったりしている「練習艦」扱いで、図体ばかりでかくてもまともに戦えなかったり艦砲射撃を行っても命中率が悪かったり問題も多かったり・・・

また艦船ベースの神姫は一般的に一人前のランカー神姫になるまでに長い年月がかかったり、どうしても大きい神姫なので他の神姫に狙われやすかったり・・・カタログスペック上では強いのですが・・問題も多いです。

ベテランのランカー神姫でもその巨体の鈍重さゆえに懐に飛び込まれたり接近戦に持ち込まれて撃沈されるケースも多々あります。(第17章のような感じ)

特に2040年代になると航空神姫の対艦装備が充実してきて護衛の神姫無しでは鈍重な艦船タイプの神姫は被害が増大してきたりしている傾向があります。
2030年代はそれほど強力な対艦装備を持つ神姫がいなかったのですが、普通の神姫も過去の100年前のWWⅡの戦訓を元にいろいろ対策を練ってきたり運用法を変化させてきています。

[ 2010/10/20 22:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/927-0e194088