武装神姫 フィギュア劇場 311 

武装神姫 「真零」 第17章 「撃墜姫」

zDSC05222.jpg

後日・・・

ソニュア「ヘイ!サクラ!水泳は楽しかったかい?」

サクラ「うるせえよ、ソニュア」

キャディ「いやーそれにしても昨日のバトルロンドはやばかったですねー私、死にそうになったんですけどなんとか生き残れましたよーー」

ツクヨミ「オレオレ!オレのおかげだからな!」

セッカ「私、昨日の戦いで撃破されちゃってよく覚えてないんだけどどうだったの?」

ツクヨミ「楽しかったぜーなあアオイ!」

アオイ「ああ・・・」

zDSC05223.jpg

キャディ「あ、そういえばアオイさん、昨日の戦いで戦艦型MMS撃沈したんでしょ?撃沈マークつけなくていいんですか?」

アオイ「ああ、もうやめた」


サクラ「なんでだよ?もったいないじゃん」

zDSC05224.jpg

アオイ「戦艦型神姫の1隻や2隻程度で騒ぐほど小物にはなりたくないしな」

キャディ「それはまだ1隻も戦艦型神姫を落としたことのない私に対する嫌味っすかー」

サクラ「はははーなんならオレの対戦車砲使ってみるか?」

キャディ「い、いやあ・・・ちょっと無理っすよー」

ソニュア「反動がでかすぎて空中戦じゃ使い物にならねえよ」

アオイ「そうかな?」

zDSC05225.jpg

サクラ「アオイ、俺は見ての通りこのざまだ!飛行ユニットはしばらく修理にださないといけないから代わりにオマエがその大砲使ってくれ」

アオイ「いいのか?」

サクラ「使いこなせるかどうかはオマエしだいだがな」

アオイ「ふん、言ってろ」

zDSC05226.jpg

アオイは肩に担いで装備してみた。


アオイ「・・・・・・・・・なあ、サクラ」

サクラ「なんだ?アオイ」

アオイ「やっぱりこれ、返すわ・・・」

サクラ「なんだよ、遠慮なんかしなくていいんだぜ・・・」

アオイ「いや、これ重いわ、肩こるわ、これ・・・」

サクラ「そ、そうか・・・」



武装神姫 「真零」 第17章 「撃墜姫」


終わり
スポンサーサイト
[ 2010/10/17 17:33 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/925-003687b4