武装神姫現実日記 2040年9月8日 

zDSC05425.jpg


イヌ型MMS 「ロッキー」  Cクラス

オーナー名 「野上 節子」 ♀ 13歳 職業 中学生


ロッキー「わんわんお!!バナナ!!!わんわんお!!」


zDSC05427.jpg


野上「危ねえ!!コイツ、バナナ持ってるぞ!!!」

ロッキー「動くな!撃つぞ!」

野上「ま、待て!は、話せば分かる・・・」

ロッキー「うふふふふふふふ」

野上「くそう・・・バナナなんて凶悪な武器・・・どこで手に入れやがったんだ!?」

ロッキー「コンビニのレジの横にあるカゴの中に安売りで入っていた!!賞味期限が今日の夕方6時までだ!!」

野上「むううう」

zDSC05434.jpg

野上「ごきげんだね♪ロッキー」

ロッキー「わんわんお!わんわんお! わんわんお!」



野上「・・・・・・・・・・・・・・・」

ロッキー「?」

野上「・・・・うん・・・ちょっと心配だから、後で神姫センターに行って検査しようね」

ロッキー「ちょ!私はどこもおかしくないですよ!!」

野上「大丈夫、怖がらなくていいよ」

ロッキー「いやいや、私は普通だって!!ちょ、マスタァー!!」

野上が電話の受話器を取ってピポパとダイヤルを押す。





プルルウル プルルルウルン


職員「はい、こちら神姫センター京橋店です。」

野上「あのーすみません。神姫の検査を1体お願いしたいんですけど」

職員「はい、お名前をお伺いしてもいいですか?」

ロッキー「ちょ・・・」

野上「はい、えーと名前は・・・」

ロッキーががちゃんと電話を切る。

野上「あ・・・なんで電話をき」

ロッキー「うわああああああああああああああああああああ!!!!!!!私は!!!どこも壊れてなんかいない!!!!!!!!!!ああああああああああああああああああ!!」


野上「・・・・・・・・」

野上が電話の受話器を取ってピポパとダイヤルを押す。





プルルウル プルルルウルン


職員「はい、こちら神姫センター京橋店です。」

野上「あのーすみません。神姫の検査を1体お願いしたいんですけど」





ガチャン






終わり


スポンサーサイト
[ 2010/09/08 23:27 ] 武装神姫現実日記 | TB(0) | CM(3)

久々に笑った
[ 2010/09/09 06:22 ] [ 編集 ]

ほのぼの…?
と思ったらラストでぞっとしてしまいました…
[ 2010/09/09 14:38 ] [ 編集 ]

コメント返し

>さま

ありがとうございます。
次回もぜひお楽しみに!!

>しゅんけさま

まあ、半分実話なんですが・・・とある知人のリアル体験です・・・

ちなみにー武装神姫現実日記は実際に現実に起きたことやあったことを半分脚色したり風刺して神姫に例えて紹介していますので・・・・けっこうホラーだったりしますwww


まあ、現実は小説より奇なりといった感じでー





[ 2010/09/09 22:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/890-6095d21d