武御雷 【たけみかづち】00式戦術歩行戦闘機 (TSF-Type-00C) 

zDSC04046.jpg

武御雷 【たけみかづち】00式戦術歩行戦闘機 (TSF-TYPE00)

帝国軍のうち、将軍家直属である斯衛軍が、F-4J改 瑞鶴後継機として開発させた、純国産の第三世代戦術機。94式戦術歩行戦闘機 不知火の開発によって培われた技術を応用し、富嶽重工と遠田技術によって共同開発された。不知火よりもさらに進んだ第三世代戦術機である。通称“零式”。
ずば抜けた機動性と運動性能を持ち、桜花作戦を成功に導いたことから2001年の時点で世界最高クラスの戦術機として評価されている。性能を最優先にしているため年生産数が30機程度と非常に少なく、また整備性も良くない(陸軍が高性能機である00式の採用を諦めた理由はここにある)。
日本製戦術機の特徴として、長刀による攻撃を重視しているという点があるが、武御雷は特にその能力に秀でている。加えて固定兵装として、前腕外側部に隠し爪的な00式近接戦闘用短刀を手首側1、肘側2、左右合計6振装備し、前頭部大型センサーマスト・肩部装甲ブロック両端外縁部・前腕外側部外縁・前腰部稼働装甲外縁などの他、マニュピレータ指部先端、足部先端、踵部先端といった全身をスーパーカーボン製ブレードエッジ装甲により鎧っており、これらにより近接密集戦において圧倒的な攻撃力を誇り、究極の近接戦戦術機とも言える性能を獲得した。しかしながら、これらの採用は逆に生産・運用コストの増大とメンテナンス性の低下を招く一因ともなってしまった。なおこれまで不文律とされ帝国軍機では採用されていなかった固定兵装を多数採用したのは、城内省が欧州・ソ連軍機が採用する固定兵装の有効性を認めたためであったと言われる。
将軍家とそれを守護する斯衛が乗る機体であり、防衛任務だけではなく、「将軍家の人間は、自ら第一戦に立って臣民の模範となるべし」という思想から、帝国軍の攻撃的な作戦行動に加わることもある。
物語中盤に搬入されてくる紫色の武御雷は、冥夜のために用意された“特別な機体”となっている。
1991年瑞鶴の後継機選定を開始し、92年に斯衛軍次期主力機開発計画「飛鳥計画」がスタート。98年量産試作機が完成、その後、4機種の派生型の熟成に2年の歳月を費やして、2000年から配備が開始された。01年時点では斯衛軍の規模が小さいとはいえ配備数が足りず、最精鋭を誇る第16斯衛大隊の他、政威大将軍と五摂家直属の警護部隊として置かれる独立警護小隊、新兵器開発運用試験を行う中央評価試験中隊(通称:白い牙・ホワイトファングス)のみに集中配備されている。
カラーリングは搭乗する衛士の出自を表しており、冠位十二階と同じく濃淡6色の12色が存在する。地位の高い順から、紫(将軍)・青(五摂家)・赤(五摂家に近い有力武家)・山吹(譜代武家)・白(武家)・黒(武家以外の一般衛士)と色分けされている。また紫から山吹色まではグロス、白黒はマットに塗装されている。
戦場において機体の識別を高めている理由は、第一にBETAには迷彩効果が確認できないこと、第二に兵士及び衛士の士気を高めること、第三に衆人環視の状況によって、その衛士が担うべき責務に反するのを抑止するためである。
冠位十二階の流れと思われる機体カラーの中で、山吹色はオルタ本編では登場しなかったが、トータル・イクリプスにて篁唯依機として登場した。

zDSC04049.jpg

zDSC04050.jpg

zDSC04051.jpg

Type-00C

黒の機体は、武家以外の一般衛士に与えられる機体。白が高機動型に認定されたので、めでたく00型の標準機に。高機動型とのデータリンクを前提としているため、センサー類が簡略化された他、各関節強度も高機動型の7割に抑えられており、基本運用に於いて砲撃戦の比重を高めている。これによりコストバランスを抑えることに成功した。とはいえ、性能的には不知火と比べ主機が20%の出力強化、関節強度は60%増となっている。

紫・青の武御雷(Type-00R)は、メインカメラや複合センサーが配備されている頭部のスリットが異なる。この部分は、黒いスモークカバーに覆われており、その下にスリットに沿っていくつものセンサーが配置されている。Type-00Rは、赤外線センサーだけが浮かび上がって、目の様になっている。またヒサシ部分が窪んでいる。
他の武御雷(Type-00F/A)は、常時ゴーグル状のカバーが見えており、ヒサシ部分は膨らんでいる。
黒の武御雷(Type-00C)は、頭部センサーマストなどが簡略化されている。


というわけで我が家にいるのはこの一般機仕様の武御雷です。


ちなみに我が家には他にも戦術機がいます。暇があったらまた紹介します。

戦術機はカッコイイのですが、冷静に武装や運用方法を考えるとやっぱりしょぼいのが難点ですね。
我が家のMMS部隊の模擬戦の相手にと思って数は揃っているのですが、やっぱり打撃力不足な点はいなめません。


また暇があれば我が家の神姫部隊の訓練風景とか異種戦闘とかやらせてみたいですね。


スポンサーサイト
[ 2010/08/28 22:39 ] 模型 | TB(0) | CM(6)

黒江きよ@戦術機は実は好きじゃない

まあ、所詮はエロ(グロ?)ゲーロボ……ゲホゲホ失礼。
BETAがどんなもんかはようわかりませんが(ジャムとは違うのかい?)、実在の戦闘機の名を使っちゃった時点で『飛べない(歩く)戦闘機』でしかなくなってしまったからしゃあないっちゃしゃあないとは思うんですけどね。

同じ異星体ならBETAよりジャムのほうが好きです(関係ねえ
[ 2010/08/29 01:52 ] [ 編集 ]

コメント返し

>黒江さま

まあ、エロゲーロボの中では一番デザインとかマシなほうだと思いますが・・・

BETAはまあ・・・キモイグロイイッパイの三拍子揃った宇宙生物です。

あんまし強くないのですが、いっぱいいるので厄介です。初めてみたときは・・・
Vガンダムに出てきたアドラステア級バイク型戦艦とかでおもいっきり地ならししたい気分になりました。

同じ異星体ならBETAよりジャムのほうが・・・

うーむ異星体といえば「エイリアン」とか「レギオン」のような生物が一番厄介だと思います。
特にエイリアンとか寄生するのでマジタチ悪いですねw
レギオンは自分が住みやすい環境に星を変えるのでこれもタチ悪いですねw

[ 2010/08/29 22:53 ] [ 編集 ]

横から失礼しますがBETAの脅威は何と言っても数!
上位体(母体や特に知能が高い物)だけで、計算上約10澗(1000000000000000000000000兆)存在し、小型クラスを併せると更に7~9乗繰り上がる計算になります。
さらに地球襲来後人民解放軍がナントカの一つ覚えで航空機による爆撃を繰り返した為、
3m程の小型種でありながら380㎞離れた高度1万mの飛翔体を的確に捕捉し、天候に左右されない高出力レーザーで撃ち落すという絶対防空存在まで現れます。

JAMは人間とのゼロサムゲームを好む底の知れない存在ですが、BETAは真正面からドーンとぶつかって来るタイプの直接的な怖さがありますよ。
まぁ個人的に一番怖いエイリアンはバイドですがww
[ 2010/08/30 06:12 ] [ 編集 ]

>ST-202さま

そうですよねーやっぱり数が半端ないですよねー

とりあえずどの異性体も人間にとっては脅威ですよね。

「宇宙戦争」「インデペンデンスデイ」とかあの辺りの宇宙人が侵略してくる映画はどれもワクワクしますが、ガチで実際に起きたら非常に怖いだろうなーと思います。

宇宙人といえばガンダムのスペースノイドも怖いですねwコロニー落としと最初の一週間戦争で総人口の半分が死ぬとかあっちの方が半端ないですが・・・

ザクが核バズーカ持ってバカスカ撃ちまくったらそりゃ総人口の半分くらい死ぬかな?と思いますね。

[ 2010/08/30 22:50 ] [ 編集 ]

異星人侵略モノはなんか『やったぞ人類は勝ちました!音頭をとったアメリカ万歳!帝国主義万歳!みんなもアメリカに「黙れ」』的なスメルが漂うモノが多いのがナニでありますね。
その点、円谷エイリアンの侵略方法は実に多種多様で面白い。迂遠なようでも、その侵略を感知することができないというのがミソでした。

BETAの場合、並行世界設定によって『70年代から人外との生存抗争が常態化している』という設定がユニークではありますが、そんなに数と時間があるなら滅んどけよ人類というような設定上の陥穽というか、所詮グロシーンの道具か……というような諦観を感じます。
や、未プレイであんま悪口言っちゃいけませんけどね。

でも実機の名前を使うのはパラレルワールドでもなんだかなあ、です。
F-16がそんなどっさりかくかくしたロボであるものかぁ!F-16ってのはもっとちんまりしゅるしゅる(?)したヒコーキなんだよ!

>総人口の1/2
逃げ場のないコロニーにガスとか核とか使いましたからねー……
そういえば9月の劇場版ダブルオーにも異星人(?)が出ますね。

>バイド
アレハエイリアンニフクマレルノデショウカ
ソレナノニチキュウノヒトビトハコチラニイシヲナゲル
アッ イタイ イシヲナゲナイデ イタイイタイ
[ 2010/08/30 23:35 ] [ 編集 ]

コメント返し

>黒江さま

異星人侵略モノ、USA!USA!!なあ展開もある意味リアルでそんなに嫌いじゃないですねーw

日本の特撮映画の侵略もなんかアジア特有のじめっとした感じが好きですねw

BETAの場合、並行世界設定によって『70年代から人外との生存抗争が常態化している』という設定。

そこら辺の設定がガンパレと似ているなーと思いつつ、重度の中二入っているなーと思います。

授業中に厨房が考えそうなネタww

実機の名前を使うのはパラレルワールドでもなんだかなあ、です。
F-16がそんなどっさりかくかくしたロボであるものかぁ!F-16ってのはもっとちんまりしゅるしゅる(?)したヒコーキなんだよ!


いいたいことは非常に分かる自分が怖いです。F-16はたしかにしゅるしゅるしていますねーF-15はガチムチって感じです。


[ 2010/09/01 00:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/878-2464d09c