撃震 【げきしん】77式戦術歩行戦闘機 (TSF-TYPE77/F-4J) 

zDSC04042.jpg


撃震 【げきしん】77式戦術歩行戦闘機 (TSF-TYPE77/F-4J)

人類初の戦術機F-4ファントムの帝国軍仕様機。
旧式化して久しいが、運用性や信頼性は新型機より格段に安定しているため、長きにわたって人類戦力の中核を担っており、2001年時点でも拠点防衛などの任務で使用されている。

第一世代戦術機の設計思想は重装甲による防御を根底にしているが、戦車級に装甲を食われている例を見ると、後の第二・三世代戦術機の開発コンセプトの変更が頷ける。
メカ本によると名前の由来は"震電"の"震"に"攻撃"の"撃"を加えたもの。これは攻撃や砲撃による衝撃波をキーコー的に雅に言い換えた造語。帝国陸軍の戦術機名称は旧軍機っぽい響きにしたかったため、何れも空中現象や気象に関係する名が付けられている。しかし旧海軍駆逐艦の命名基準も気象天象で、更に"吹雪"、"陽炎"、"不知火"と同名の艦が実在していたため、こちらが由来であると誤解が広まった。
2003年4月、甲20号目標攻略「錬鉄作戦」にてハイヴ突入部隊の補給大隊に参加。
2004年4月、次期戦術機選定で後継機が未だ決まらず。

zDSC04044.jpg

スポンサーサイト
[ 2010/08/28 22:29 ] 模型 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/876-bd345280