武装神姫 フィギュア劇場 290 

武装神姫「真零」 第16章 「とある天使の超電磁砲」


zDSC03467.jpg

ミサカ「私が・・・マスターを悲しませているですって・・・」

パピューア「キミのマスター、勝ち負けよりもきっとキミの体のことを心配していると思うんだ」

ミサカ「・・・・・・」

パピューア「どうする?まだ続ける?」

zDSC03468.jpg

ミサカ「・・・サレンダーします・・・」

ミサカがうつむく。


パピューア「うん・・・分かった」

天使型MMS 「ミサカ」 Sクラス 二つ名「超電磁砲」 サレンダー


バトルロンド終了


zDSC03469.jpg



ミサカ「うう・・・負けた・・・」

ミサカはがっくりとうなだれる。


パピューア「・・・勝ったボクがこんなこというとタダの嫌味にしかならないかと思うけど・・・大丈夫だよ・・・ボクもまだまだ弱いよ」

zDSC03470.jpg


ミサカ「え?」

zDSC03472.jpg


パピューア「世の中ってなんていうか狭いようで広くて、広いようで狭くてさ・・・強い神姫ってごろごろいるんだよ・・・さっきの必殺技、ボクが一方的にライバルって決め付けているある神姫用の対策の技なんだ」

パピューアは遠い目をして目を細める。

zDSC03473.jpg

パピューア「なあ、マスター」

伊藤「ん?ああーナデシコのことか?」

パピューア「あうあうあうあーナ、ナデシコにこの技って効くのかな?」


伊藤「しらんがな」


zDSC03474.jpg

ミサカ「ナデシコ?」

ミサカが首をかしげる。

パピューア「あーー・・・そういう名前の神姫がいるの」

zDSC03476.jpg


ミサカ「そいつって強いの?あんたより?」


パピューア「・・・・うん、なんか何百回と戦ったけどまだ一回も勝ててない・・・」


ミサカ「どんな神姫なの?」

パピューア「あうわー・・・そうだなあ・・・一回戦ってみたら分かるよ」


zDSC03475.jpg


パピューア「ちょっと離れているけど鶴見区のゲーセンとか神姫センターに行ったら大抵いるよー」

ミサカ「そう、分かった!じゃあ今度そいつ倒してみるね」

パピューア「ぷっ・・・あはっははは!!面白いねキミ・・・」

そういうとパピューアはデータカードを渡した。

パピューア「気が向いたらまたバトルしよう。じゃあねー」


zDSC03477.jpg


そういうとパピューアは去っていった。


ミサカ「・・・ふう・・・・負けちゃったな・・・」



つづく
スポンサーサイト
[ 2010/08/14 23:50 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/862-f0e50a00