武装神姫 フィギュア劇場 281 

武装神姫「真零」 第16章 「とある天使の超電磁砲」

zDSC03371.jpg


ミサカ「相手がナニ考えているか分からないけど、とりあえず突っ込むッ!!」

ドカドカとレールガンを連射するミサカ。

上條「お、おいおいいいのかよ、そんな適当で・・・」


ミサカ「まあ、なんとかなるでしょう!」

zDSC03372.jpg


キュン!!

アユのすぐそばをミサカの放ったレールガンが火花を散らして通り過ぎる。

高橋「あ、アユちゃん!危ない」

アユ「大丈夫だよ、おばあちゃん・・・こんな牽制のあぶれ弾なんか当たらないよ」


アユはじーとミサカの挙動を見据える。

zDSC03373.jpg


アユ「ッ!?そこおお!!」


アユは叫ぶとぐんと体をしなやかに伸ばして箸をまるで古代のジャベリンのように槍のように投げた。

アユ「必殺!!ジャベリックスロー!!!!!」



zDSC03374.jpg

キュンッツ!!

ミサカの顔面に向かってまっすぐにかっ飛んでくる真っ赤な箸、いや真っ赤な槍。


ミサカ「なっ!!は、はやッ!!」


上條「ミサカッ!!よけろ!!」

zDSC03375.jpg

ミサカはぐんと首をひねって回避するが間に合わない。


ミサカ「んくうう!?」

ガキッツ!!

ミサカのバイザーゴーグルに命中するアユの放った箸。

zDSC03376.jpg

ミサカ「きゃああ!!」


ドンガラガッシャーン!!

ミサカは衝撃で地面に叩きつけられ、もんどり撃つ。

上條「ああ・・・なんてこった」

zDSC03377.jpg


ミサカ「いつう・・・・イテテ」

ミサカはクラクラしながら体を起こす。

上條「おい、ミサカ・・・大丈夫か!?」

ミサカ「リアパーツ破損、頭部ガードバイザー破損・・・・くううう。あのチビ神姫!なんてことを」

zDSC03378.jpg

アユ「トドメです」


キュイイイイイン・・・・

アユはリアパーツに搭載されているキャノン砲を構えるとミサカに照準をつける。


高橋「アユちゃんは強いねえ」

アユ「うん、任せてよ!おばあちゃん!!」


つづく
スポンサーサイト
[ 2010/08/08 12:21 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/851-fc5e191b