ミッション「護送車を護衛せよ」 

[ 2010/07/18 13:40 ] レイ様から頂いたミッションです。



「護送車を護衛せよ」

ロシアの最高裁判所からの依頼です。
先の防衛戦ではみなさんに見事な活躍をしていただいた事を見込んでの依頼です。
昨年壊滅した武装過激派・コロブチカの幹部、通称『アジン』がモスクワで逮捕され、死刑判決を受けました。
それをカムチャッカの刑場まで護送することになったのですが、コロブチカの残党が彼を取り返そうと動いているとのことです。
護送車両を護衛して下さい。
相手は十分な装備がないとは言え、決死の思いで向かってくるので注意して下さい。
なお、国民感情に配慮して、護送は極秘裏に行われます。そのため、戦力は中量級MMS、公式で言うならアーンヴァル相当の物を三体、一個小隊までに限らせていただきます。

作戦エリア:針葉樹林
作戦目標:護送用装甲車両の護衛

敵機情報
戦車型MMS寒冷地仕様×2 機関砲台型MMS寒冷地仕様×2 火器型MMS寒冷地仕様×1




というわけでミッション開始させていただきます。


DSC03124.jpg


戦力は中量級MMS、公式で言うならアーンヴァル相当の物を三体、一個小隊までに限らせていただきます。とのことで・・・

我が家の中量級に相当する戦闘爆撃機型MMS「ドラッケン」さんを選択させていただきました。

なぜこの神姫を選んだかというと、まず護送車両を護衛というミッションなのである程度の機動力が必要なのと、敵がどのような装備であろうとある程度対処できる合理的な武装。
そして少々の被弾や故障があろうとも安定して行動できる頑丈さ、総合的なバランスを考えて本神姫が選抜されました。

重装甲、重武装、高機動の贅沢な神姫ですが、意外とコンパクトで輸送トレーラに載せて運べるというのも利点の一つです。


DSC03118.jpg

武装過激派・コロブチカの幹部を護衛する輸送部隊が編成されました。

カムチャッカの刑場まで護送するということでドラッケン部隊を乗せた輸送車両も共に出発。

部隊編成は以下の通り


第22戦闘爆撃MMS部隊

戦闘爆撃型MMS「ドラッケン」

「ナターリャ」コード FB?1

「アルメ」  コード FB?2

「ノヴァ」  コード FB?3



DSC03120.jpg


14:24

針葉樹林の林道を走る輸送車両部隊

一般的に森林を通過する場合、きわめて困難で危険な事態をあらかじめ想定しておく。
森林の中は薄暗く少し離れた場所から確認しても静まり返っているだけで、よく儀装された陣地や敵は発見するのが困難である。

待ち伏せに十二分に注意する必要があるのだ。


DSC03128.jpg

こうした森林地帯を進む場合、指揮官はある程度まで開けた見渡せる位置において、休憩を取りつつ警戒する。
油断してうっかり光や火を出したりして見えるかもしれないし何か異常を見つけることが出来るかもしれない。
足跡であったり戦車型神姫ならキャタピラーの跡や重量があるので踏み込んだ跡、砲台型神姫ならアンカーが見つけるかもしれない。

このとき指揮官は休憩の意味を部下にただちに説明し彼らの眼の数を利用する。


基本ではあるが、偵察行動に関しては複数の眼が重要なのである。


DSC03129.jpg


先行していた斥候の歩兵からあきらかに敵が潜んでいそうな疑わしい場所を発見した。
ここから先のルートでこれ以上待ち伏せして攻撃するにはない絶好のポイントである。

直感的にいるな、と思った。そこで旧世紀のエルヴィン・ロンメル将軍の用いた古典的な戦法を参考に予備攻撃を行うことに決めた。


DSC03094.jpg


疑わしい場所への予備攻撃、これは前方の森林や林、峠の角などの危険と思われる地点へ、敵を発見したと想定して銃撃を加えるのである。

敵が実際に潜んでいたなら発見されたと錯覚してしまい、直ちに反撃を始めてくるのが常だった。
こちらの意図を見破られたことなどまったくなく、あっさりとひっかかるのだ。

この戦法は全ての作戦行動、戦闘行動に通用することで、疑わしい地点には銃撃を一連連射加えて、それで反応がなければロケットかミサイルを一発ぶち込んでやればいい。

弾薬やミサイルの弾数に自信がなければ、実際には発射せずに攻撃準備に入るフリや姿勢を見せるだけで、敵が勝手に攻撃するときもある。

敵もまた待ち伏せ攻撃をすることで疑心暗鬼になって過剰攻撃し反応してしまうのだ。

DSC03096.jpg


というわけでさっそく予備攻撃として敵が潜んでいそうなところに、機銃で銃撃を加えた。

リアパーツに固定して搭載されている同軸機銃が軽い音を立ててタタッタと打ち込まれる。

すると、すぐに反応があった。

機関砲台型MMSが負け時と撃ち返してきたのだ。

DSC03098.jpg

敵の射撃位置から逆算してすぐドラッケン部隊は編隊を組みなおし、機関砲台型MMSが構築している射撃陣地に対して空爆を行った。


注意してすばやく迎撃計画を立てる。
各機に攻撃すべき目標を定め、全火力を最初の1分くらいに集めるつもりで銃砲火を集中していく。

DSC03113.jpg

機関砲台型MMS、2機がミサイルと機銃掃射で沈黙する。

FB?3が戦車型MMSを発見する。

戦車型MMSのような装甲を施したMMSは真っ先に潰さねばならない。なにはともあれ戦車は優先順位の第1位だ。
主砲の真下や脚部などを狙い戦闘能力を奪う。

DSC03114.jpg

重装甲の戦車型MMSに対しては大口径の武装で攻撃するのが望ましい。
戦車型MMSの主砲は強力だが、森林の内部に入ると樹木が邪魔して自慢の主砲が使えないことが多い。発射角度を誤り幹や枝葉に触れてしまうからだ。


だが、戦闘爆撃機型のドラッケン部隊は低空を飛び回り戦車型MMSの一番の弱点である上部の装甲のもっとも薄い部分をトップダウンで機関砲でぶち抜けるのだ。

そうこうしているうちに戦車型MMS寒冷地仕様×2 機関砲台型MMS寒冷地仕様×2 火器型MMS寒冷地仕様×1はドラッケン戦闘爆撃部隊に散々に蹴散らされて武装を捨てて遁走してしまった。


ドラッケン戦闘部隊は敵の深追いをせずに輸送車両部隊の護衛に徹し、無事護送を終えた。

翌日、武装過激派・コロブチカの幹部、通称『アジン』は予定通りカムチャッカの刑場で処理された。




とまあ・・・こんな感じです。


よく覚えておいてほしいのが・・・自分が待ち伏せしていると思っているのが実は逆に待ち伏せされていて返り討ちにあってしまうというパターンです。

最初から敵を待ち伏せする計画の場合、先に敵を発見してそれを罠にはめる場合は、いずれにしても伏兵の配置がキーワードになります。

あせらずに冷静に、敵が何を考えているのか?敵の意図は?攻撃されたからといって早計に動くと一歩間違えば大損害をこうむることになる。


一発の銃弾が生死を分かつ、運命を決めるのが戦場です。


今回のミッションは現実に私がオンラインの多人数ゲームでプレイしたときの常套手段です。

たいていの馬鹿はこの戦法でよくひっかかります。

みんなもいろいろ考えて試してみようね♪


スポンサーサイト
[ 2010/08/01 15:23 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/844-c3e7f205