ミッション 「新型神姫調査任務」 

レイさまからミッションの提案を頂きました。

「新型神姫調査任務」

バトルロンドレギュレーション委員会からの依頼です。
現在、カタリナ社が試作中という多脚戦車型、並びに機動要塞型神姫が某所で目撃されました。
どちらも火力と機動力、装甲に優れた非常に高性能なモデルです。
ただでさえカタリナ社の神姫はあまりの高性能故に、一部の上位ランカーに到っては「公式バトルへの出場」を禁止せねばならないのが現状です。
そこで、神戸にあるカタリナ社のファクトリー兼テスト場へ潜入し、これら新型神姫並びに現行の軍用神姫の詳細なデータを集めてきて下さい。
可能であれば、部品等の奪取、生産ラインの破壊をしても構いませんが、これはあくまで潜入任務です。派手な行動は慎んだ方が無難でしょう。

作戦エリア:工業ブロック並びに模擬演習場
作戦目的:機密文書の奪取

敵機情報
対空砲台型MMS×3 火器型MMS×3 重戦闘機型MMS×6 巡洋艦型MMS×2 戦闘ヘリ型MMS×3

予想される増援
多脚戦車型MMS×2 機動要塞型MMS×1 戦艦型MMS×1



なかなかハードな内容のミッションですが・・・私なりの攻略内容を紹介します。


ミッション参加神姫


高高度偵察機型MMS「レヴォン・ジーン」×1機

zDSC02803.jpg

夜間重戦闘機型MMS「ブラック・セイヴァー」×1機

org26293_0_164398.jpg

ステルス爆撃機型MMS「ドス・タリカ」×1機

zzzzDSC02486.jpg


超音速ステルス戦闘機型MMS 「ブラック・ウィドー」×1機

DSC03217.jpg

機動戦闘機型MMS「ラドガ・ティポーン」×2機

org9935_2_58394.jpg

機動戦闘機型MMS「シュペル・ティポーン」×1機

org22864_0_141536.jpg

機動歩兵型MMS「ヴァッフェ・デルタ」×3機

org27534_0_173121.jpg


まず作戦の最初に高高度偵察機型MMS「レヴォン・ジーン」が夜間に高高度を敵の工業ブロック並びに模擬演習場ギリギリのレーダー索敵範囲の届かないところで偵察します。


敵の配置をしっかりと把握し情報を入手。その警備情報を参加神姫全体に教えます。

次に部隊を2チームに振り分けます。

夜間重戦闘機型MMS「ブラック・セイヴァー」ステルス爆撃機型MMS「ドス・タリカ」超音速ステルス戦闘機型MMS 「ブラック・ウィドー」

これら3機からなる『夜間ステルス爆撃部隊』


機動戦闘機型MMS「ラドガ・ティポーン」×2機 機動戦闘機型MMS「シュペル・ティポーン」×1機 機動歩兵型MMS「ヴァッフェ・デルタ」×3機

これら6機で編成される『特殊潜入工作部隊』



作戦開始時刻は午前 12:00ジャスト 夜中に一気に強襲します。




12:00 作戦開始

まず、最初に高高度偵察機型MMS「レヴォン・ジーン」が夜間に高高度を飛行し強力な電磁ノイズ、ジャミング電波を出して相手のレーダーおよびセンサーを全て封じます。

12:01

次に『高いステルス能力と爆撃能力を有する『夜間ステルス爆撃部隊』が事前に得た敵の工業ブロック並びに模擬演習場に配置されている敵戦力をピンポイントで正確無比なレーザー誘導爆弾と巡航ミサイルで一気に殲滅します。

第一目標は駐留している巡洋艦型MMSを夜間重戦闘機型MMS「ブラック・セイヴァー」の巡航対艦ミサイルで沈黙させると同時に滑走路に待機中の航空兵力重戦闘機型MMS×6戦闘ヘリ型MMS×3に対してステルス爆撃機型MMS「ドス・タリカ」の満載したクラスター爆弾で焼き払います。

超音速ステルス戦闘機型MMS「ブラック・ウィドー」は高高度で警戒。

12:05

突然の襲撃に対空砲台型MMS×3火器型MMS×3は上空を飛ぶステルス航空神姫を打ち落とそうと対空射撃をしますが、こっそりとステルス迷彩で接近する『特殊潜入工作部隊』に襲撃され、全滅。

12:07

敵部隊を一瞬で手早く殲滅すると、部品等の奪取、生産ラインの破壊を行いつつ作戦目的:機密文書の奪取に成功。

12:10

超音速ステルス戦闘機型MMS「ブラック・ウィドー」に機密文書を搭載し、全速力で離脱。


予想される増援
多脚戦車型MMS×2 機動要塞型MMS×1 戦艦型MMS×1が基地の襲撃に気が付き接近しますが・・・・

高高度で警戒中の高高度偵察機型MMS「レヴォン・ジーン」に早々に捕捉されます。

12:12

目的を果たした『夜間ステルス爆撃部隊』『特殊潜入工作部隊』は退却。

高高度偵察機型MMS「レヴォン・ジーン」は高高度を飛行し強力な電磁ノイズ、ジャミング電波を出して相手のレーダーおよびセンサーを全て封じ撤退を援護。

12:30

増援部隊が駆けつくとそこには徹底的に破壊しつくされた施設のみ、機密文書は持ち去られ、追撃しようにもレーダーは使えずどこにいったのかもさだかではない。


こちらの損害は0

パーフェクトゲーム


という感じですが・・・


やっぱりステルスは卑怯すぎますかね?

主に第3軍事開発局の高級ステルス神姫を贅沢に投入した米軍式のパーフェクトゲームにしたつもりです。


この作戦で一番重要なユニットは高高度偵察機型MMS「レヴォン・ジーン」です。

たった1機で最初から最後まで役に立ちます。
この神姫自体にはまったく武装が施されておらず戦闘をすること自体想定していませんが、『情報戦』に関しては最強クラスの能力を持ちます。


潜入任務ではなく強襲潜入殲滅任務になりました。派手すぎてすみません。



ミッション失敗!?

スポンサーサイト
[ 2010/06/20 19:00 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(5)

ここまで過激だと敵に気づかれるんじゃ?

爆撃してる時点で警報鳴りますしwww

あくまでもミッションの第一目標情は報収集なんでできるだけ戦闘を避け隠密に行動するべきかと?
[ 2010/06/20 20:46 ] [ 編集 ]

※返し&ミッション提案・その2

またしてもオレ、参上!・・・・なレイです。

カタリナさま>
攻略法提示、ありがとうございます。
確かに、こちらの損害は最低限度に抑えられますが、ソレイユさまのおっしゃるとおり、爆撃した段階で航空部隊にスクランブルがかけられる可能性があります。
ヴァッフェシリーズやウェルクストラはこういう任務で重宝するのではないのでしょうか?

では、ここでもう一つミッションを提案。

「後方支援基地奇襲任務」

カサハラ・インダスリー社からの依頼です。
現在、アームズインポケット社を筆頭にフロントライン社、マジックマーケット社ら複数の企業の一大反攻作戦「オペレーション・サジタリウス」の実行が決定されました。
最終目標は三重県にあるカタリナ社の鈴鹿工業プラントですが、ギリギリまでそれを悟られるのは避けたいのが実情です。
そこで、全国にあるカタリナ社の生産拠点を攻撃する陽動作戦の一環として、宝塚の後方支援基地を攻撃して下さい。
基地には、防衛戦力だけでなく、整備中の神姫も中にはいます。それらを無力化できれば、今後の展開に有利になるでしょう。
頃合いをみてこちらから撤収指示を出します。それまで力の続く限り、戦って下さい。
なお、偵察隊の報告によれば敵部隊の中にスナイパーが確認されたとのことです。
死角からの狙撃に注意して下さい。
今回は潜入ではなく、破壊工作です。真正面から挑んでくれて構いませんよ。

作戦エリア:敵後方支援基地
作戦目的:陽動作戦

敵機情報
天使型MMS×4 悪魔型MMS×3 狙撃猟兵型MMS×2 対戦車狙撃型MMS×2 
局地戦闘機型MMS×7

予想される増援
不明につき、警戒されたし。
[ 2010/06/21 08:48 ] [ 編集 ]

コメント返し

>ソレイユさま

情報収集が任務ですが、敵を全滅させた後にするという掟やぶりの作戦でやりましたが・・・・


隠密に情報するなら高高度偵察機型MMS「レヴォン・ジーン」が夜間に高高度を飛行し偵察するだけで十分な気が・・・・



>レイさま
爆撃した段階で航空部隊にスクランブルがかけられる可能性が・・・

一応、護衛に夜間重戦闘機型神姫や超音速戦闘機型がいるので、空中戦になってもあっさりやられるようなことはないはず・・・下手すると返り討ちにあうかも?

ミッション提案、ありがとうございます。

アームズインポケット社を筆頭にフロントライン社、マジックマーケット社ら複数の企業の一大反攻作戦「オペレーション・サジタリウス」の実行が決定されました・・・・・・


こ、公式のミリタリー系の企業が連盟組んでカタリナ社に反抗作戦ってこれまた物凄い問題のような気がww

やっぱりカタリナ社はどうやっても悪役の親玉になってしまいますねw


「後方支援基地奇襲任務」

こちらもまた後日、改めてゆっくりと攻略作戦を練らしてもらいますよw




[ 2010/06/21 23:27 ] [ 編集 ]

カタリナさま>
でもそれだと作戦目的の「機密文書の奪取」が不可能なきも・・・・。(^^;)
まあ、「こんなのがあるだろう」って発想で作っているのでww

攻略法、楽しみにしています。
[ 2010/06/22 12:32 ] [ 編集 ]

コメント返し

>レイさま

あっwww本当だww高みの見物だけですねw

攻略法、お楽しみに!!
[ 2010/06/22 23:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/801-b3f7ed83