武装神姫現実日記 2040年6月18日 




zDSC04580.jpg

犬型MMS 「スフィーダ」  Cクラス

オーナー名  「大谷 和仁」 ♂ 34歳 職業 中小企業商社勤務


負け犬っていう言葉がずーっと心を支配する。私はいつの間にかできない神姫になってしまったのだろうか・・・・・


zDSC04581.jpg


大谷「スフィーダ!!!なんだ!オマエ!!この成績は!!」

スフィーダ「・・・すみません、オーナー」


大谷「オマエ!!いっつもすみませんすみませんってそれしかいえないのか!!やる気あるのか?」


スフィーダ「・・・あります」


大谷「オマエっていつも本当口だけだな!!ありますとかあってなんでこの数字なんだよ!!」


大谷がバンバン机を叩く。


スフィーダ「・・・・すみません」


zDSC04583.jpg


大谷「説明せえ!!なんでオレの言ったノルマの勝利数字達成できていないんだ?納得のいくように説明しろよ!!」


スフィーダ「・・・それは・・・その・・・敵の神姫が私よりも強いから・・・」


大谷「ほーーーどんな風に?」


スフィーダ「・・・敵のほうが・・・私よりも強い武装もっているから・・・それで・・・」


zDSC04585.jpg



大谷「いいわけすんな!!おい!!オマエ!!この数字見てみろよ!!」

スフィーダ「はい・・・・・」

大谷「これ、オレが取ったデータな!!数字!!!オマエとの対戦相手な、オマエと同じCクラスの神姫ばっかりなんだな」

スフィーダ「はい・・・」


大谷「よく見ろよ!!この数字な、対戦相手はオマエと同じライトアーマーで同じような武装を持っているんだが、お前の戦闘勝利数が32パーセントしかないんだ!!どうかんがえてもおかしいやろが!!」


スフィーダ「はい・・・」


大谷「これ、前月の目標数字の70パーセントの数字を立てて計算してやっているのにお前はその数字も達成できてないのおかしいだろ?今まで何してんだよ!!」


スフィーダ「はい・・すみません」


zDSC04588.jpg

大谷が机を思いっきり叩く。


大谷「オマエ!!!MMSやって何年目なんだよ!!!2年目やろが!!!!!!!!!!なんでいつまでたってもこんな簡単なCクラスの相手にも勝てないんだよ!!!!!!!!やる気あんのか!!!!!!!」


スフィーダ「す、すみませんオーナー」


大谷「オレは謝ってほしいなんていってないんだよ!!なんでちゃんとできないんだっていってんだよ!!!!!」


バンバンバンと机を叩く大谷。


スフィーダ「す、すみませ・・・次はちゃんと・・・」


大谷「あのな、オマエのかわりなんていくらでもいるんだよ!!!たっくよーーーーー本当に・・・毎回毎回、同じこといわせやがって!!」


スフィーダ「・・・・・・・・すみません」


大谷「・・・・・・はあ・・・オレはオマエに普通にーーー普通の武装神姫になって欲しいだけなんだよ・・・分かるか?」


スフィーダ「・・・・・・・・・・はい・・・」


zDSC04591.jpg

大谷「もういやか?」


スフィーダ「・・・は?」


大谷「もうやめたいか?って聞いてるんだよ」

スフィーダ「は、はい」

大谷「はいじゃねーだろ!!いいんだぜ!!いつでもやめても」


スフィーダ「い、いえ頑張ります!!」

大谷「頑張るのは当たり前や!!アホかオマエは!!」


スフィーダ「次は必ず・・・・」


大谷「もうええって・・・そういうセリフは!!聞き飽きたわ」


スフィーダ「すみません・・・・」


大谷「嫌になったらいつでもいえよ、リセットして欲しいんだったらさ・・・やらしてあげるよ。
決めるのはお前やで!!オレじゃないぞ!!分かってんのか?」


スフィーダ「は、はい!!」


大谷「次はどーすんだよ」


スフィーダ「がんば・・・いえ、やります!!」


大谷「何をやるんだよ!!」


スフィーダ「オーナーの申告したノルマを達成します」


大谷「目標数字か?それとも自己申告か?」


スフィーダ「自己申告で、勝率55パーセントを目指します」

大谷「低いわ!!なんで55パーセントなんだよ!!アホか!!オマエは!!」

スフィーダ「すみません・・・・・・」


大谷「なんで55って中途半端な数字なんだよ!!なんだよ!!その数字は!!!その数字の根拠言ってみろよ!!」


スフィーダ「ええと・・・あの・・・そのーー」


大谷「65や!!65パーセントいけ!!こいつ・・・ほんまにやる気あんのか?」


スフィーダ「あります!!」

大谷「もうええわ・・・疲れたわ・・・とりにかく、お前言った数字は絶対いけよ!!オマエがいったんだからな!!」


スフィーダ「・・・はい・・・」


大谷「声が小さい!!もっと大きな声ではっきり答えんかい!!」


スフィーダ「はい!!!!!!!!」



大谷「よし、もういいわ・・・」




スフィーダ「・・・・・・・・・・・・」



大谷「・・・・おーい、もういいって・・・」


スフィーダ「あ・・・は、はい・・・」




終わり
スポンサーサイト
[ 2010/06/18 00:13 ] 武装神姫現実日記 | TB(0) | CM(10)

や、やめてくれぇ・・・
[ 2010/06/18 00:31 ] [ 編集 ]

だから貴様は飼い犬なのさ
[ 2010/06/18 01:13 ] [ 編集 ]

閉鎖された上下関係の中で「自分は(どこへ行っても)力があるのだ」と錯覚したタイプのようですね。

根っことしては、手を出すか出さないかは別としても、無能力の学習、「人間(マスター)は神姫に対して絶対の存在である」というのを恐怖を伴うやり方ですり込むやり口が卑劣で本当に見てられません。

きっとこういう手合いは犬を飼わせたらストレスで死なせるタチなんでしょうな。
バケツの水を1ガロンばかりぶっかけてやりたいところです。幸い、神姫オーナー同士は彼が権力を振るえる会社とは違って対等な立場ですから……。

にしてもいかばかしか疑問なのが、こういう手合いが何を目的に神姫を買って試合に出すのか、ってコトなわけですよね。
まさか『威張り散らしたいからさ!』なんて居直るとも思えませんし……。
一昔前のチワワブームよろしく、俗悪メディアが俗悪な形で「神姫バトルが若い女性に大人気!」なんてもてはやしたりしたんでしょうかね?
それなら、なんだかとてもすんなりと了解できるのですが。

にしても救いがないのは、会社組織はある意味で「開けた」関係で、代償として給料は出るし、正規の手続きを踏めば(リスクは大きいけれど)辞めることだってできなくもないドライな関係なのに対して、神姫-オーナーは家族に近い代替不可能な関係で、神姫には憂さを晴らす場所や相談相手も代償もないというのが苦々しい限りです。
[ 2010/06/18 02:23 ] [ 編集 ]

コメント返し

>さま

すみません。かなりリアルで欝な話でwww


>飛竜さま

飼い犬は飼い犬らしく・・・ですね


>黒江さま
「人間(マスター)は神姫に対して絶対の存在である」というのを恐怖を伴うやり方ですり込むやり口


まあ、「しつけ」といってしまえばそれまでです。それがいいか悪いかは正直難しい判断だと思います。
今でも親でもこういうタイプの親は多いと思いますよ。古典的ですが・・・


神姫オーナー同士は彼が権力を振るえる会社とは違って対等な立場ですから……


どうでしょうか?やはり優秀な神姫を所有しているオーナーは立場が平等ではないと私は考えています。

SSSクラスの最強クラスの高級神姫を持っているオーナーとCクラスの最弱クラスのヘボ神姫を持っているオーナーでは天と地ほどの差があると思います。

たとえが悪いかもしれませんが・・・
フェラーリ ランボルギーニ ポルシェ ベンツをたくさん所有しているドライバーと中古の廃車寸前の軽トラを所有しているドライバーが「対等」だと思いますか?


こういう手合いが何を目的に神姫を買って試合に出すのか

この2040年の世界観では神姫の数はすでに日本の人口を超えています。
一家に1神姫ではなく、一人に1神姫といった復旧率で・・・携帯電話や車、パソコンに近い復旧率で・・・

それぞれ、自分の神姫を所有することでその人の会話のコミュケーションとかにもなっています。

ですので、学校や職場でのお互いの神姫の何気ない世間話やコミュニケーションツールのような感じになっています。

たとえば・・・会社とかで

「***課長の悪魔型神姫さん、この間の業界連の接待MMSバトルロンドでいい成績だしましたね。***部長さんも会社の誇りだとおっしゃてましたよ」

とか

学校の朝礼で
「2年B組の***さん、県立地区大会で準優勝おめでとうございます
バトルロンドスタジアムのピッチに立った神姫の姿は、ほんとにたくましくかっこよかったです。
これからもなおいっそうがんばってください」
みたいな感じで一種のステイタス的な感じになっています。




[ 2010/06/19 01:41 ] [ 編集 ]

>中古の廃車寸前の軽トラを所有しているドライバー
ソレは初年度登録平成2年の軽貨物に乗ってる自分の事なのか!?

>Cクラスの最弱クラスのヘボ神姫を持っているオーナー
ソレは真面目にCからExに転落しかした事が無い自分の事なのかっ!?

いや、例え話なのはわかってますけどね。
個人的にその条件ならば、「対等ではあるが、事により対等ではない」と言うでしょうね。

例え話を前提に進める形で恐縮ですが。
それらは買う時点で価格が違い、なおかつ各種税金も相当額違いますよね。
けど道交法上は両者も同じ「乗用車」として扱われますし、そう言った意味では『対等』と思いますが。

どうでもいいんですが、カタリナ流バトルロンドマッチングって、どんな風になってるんでしょう?
自分の場合、神姫ランク(CBASって奴)は重視されず。
オーナーランクと武器数。そして重量・機体サイズでマッチが組まれる形を想定しています。
具体的にはミニ4駆の公認競技規則のような形で。
それとも、そうした細かい設定は無しなんでしょうか?
[ 2010/06/19 14:03 ] [ 編集 ]

コメント返し

>ゴタローさま

「対等ではあるが、事により対等ではない」
うーん、そうですねーwwなかなかうまい例え話ができなくてすみません。
ただ、この人間社会ってのはどうしても序列とか格差とかそういうのができてしまうような形になっていると思います。

平等だけど平等じゃない、そういう矛盾が孕んでいるからこそ世界はうまく回っているような気がします。

それを認めるか認めないかは個人の価値観しだいで、正しいかどうかはまた場合により変化するので曖昧な回答しか出せないのが、現状です。

道交法上は両者も同じ「乗用車」として扱われますし、そう言った意味では『対等』と思いますが。

まあ信号が赤なら、たとえフェラーリに乗っていようが軽トラに乗っていようが止まらないといけないので・・・
「対等」といえば対等ですwwwww

極論ですが、平等ですが、平等じゃないのがこの世の中です。



我が家のバトルロンドマッチングですが・・・

いろいろなバトルロンドの形態があるので決まったルールはありませんが・・・

大きく分けると、だいたいこんな感じです。


① スタンダートバトルロンド :オンラインのバトルロンドと似たような神姫ランクでクラスわけされて近いレベル同士でバトル。一番オードソックスなバトルロンド

② ランダムバトルロンド :まったくのランダムでバトルフィールドに登録した時点でランダムに対戦相手が決まる。

③ フィールドバトルロンド :一つのフィールドに複数の神姫が入りバトルする。ランク設定がされている場合もあれば、どの神姫も参加OKのルールがあるなど多種多様。

④ アリーナバトルロンド :神姫センターで登録し、対戦相手の指名をしてバトルする。対戦相手の挑戦を受けるか受けないかは別途打ち合わせ。

⑤ フリーダムバトルロンド :なんでもありのバトルロンド。フィールド内では全ての行為が許可され、どのような神姫でも参加可能。


どの形式のバトルロンドを選ぶのかはオーナーしだい。
大勢の神姫が参加するバトルロンドでは神姫クラスが低い神姫でも、チームを組むことで自分よりも強い神姫を倒せたり戦略や戦術の幅が広がるので、自分の神姫にあった形式のバトルロンドを選ぶ人が多いです。


[ 2010/06/19 14:31 ] [ 編集 ]

>カウンタックオーナーと軽トラあんちゃんは「対等」か否か

どの面を取り出して考えるかによって変化すると思いますが、『ドライバー』としては対等だし、対等でなければならないでしょう。
たとえカウンタックに乗っていようと、歩行者相手にクラクション鳴らして怒鳴り散らしながらスピード違反でセンターライン割りまくって追い抜き追い越ししてくヤツは軽蔑されるべきですし、『俺はカウンタックなんだぞ!』と言いだしてこれを正当化しようものならバケツばしゃーされるべきでしょう。いや実行に移すかどうかは別として。

これが『資産家』としての側面で考えると、「このカウンタックが目に入らぬかぁ~っ」(ででーん)みたいなことになっちゃうわけですね。ははぁ~っ……。いやカウンタックに全財産使い果たしたとかそういうのは別ですが!


てわけでこれを、SランクオーナーとCランクオーナーにあてはめて考えてみますと、『指揮能力』とかそういう点ではSさん(何)には一定の敬意を払うべきですが、『人格』という面では別!
「Sランクオーナー様のお通りだ、席をあけやがれ!」
とか威張りくさって周りを不愉快にさせるようなら、Cさん(何)にバケツばしゃーされてしかるべきでしょう。




……まぁ、だいたいの場合はカウンタックさんみたいのは他にもいろいろ悪いことしてそうだし(偏見)、Sさんみたいなのにはたいていタチの悪い取り巻きがいそうなもので、対等というのは理念上のものでしかなかったりしちゃうのが困りものですが。

でもそんな状況だからこそ、バケツばしゃーできるCさんはヒーロー視され、Sさんなんかよりずっと『人格』の面において評価されるに値するのではないでしょうか。
[ 2010/06/19 21:13 ] [ 編集 ]

コメント返し

>黒江きよさま

どの面を取り出して考えるかによって変化すると思いますが、『ドライバー』としては対等だし、対等でなければならないでしょう。

でないと普通に道路交通法違反で捕まりますねw

理想としては同じドライバーとして対等でなければいけないのですが・・・現実はなかなかそうはうまくいかないのが・・・現実だったり


さて、実際に神姫オーナーがいたら高級で強い神姫を所有していたら多分、物凄い威張りまくってオレさまはエライんだぞとそういう態度を取るオーナーが多いと思いますよ。

自分の神姫が優秀で強いことを鼻にかけて、他のオーナーさんの神姫をバカにしたり、下に見たりとか・・・

まあ、このあたりはどこにいってもありそうなよくあることのような気がしますが・・・
[ 2010/06/19 21:56 ] [ 編集 ]

ただ、神姫は車と違い「自我」をもった存在ですからね…
オーナーのステータスのために買われる神姫が居るとしたら、何だか可哀想な気もします。
[ 2010/06/19 22:28 ] [ 編集 ]

コメント返し

>しゅんけさま


オーナーのステータスのために買われる神姫。

まあ、その神姫もオーナー同様に偉そうな性格になりそうな感じにww

[ 2010/06/20 00:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/792-5350dfce