武装神姫 フィギュア劇場 246 

武装神姫 「真零」   第15章   「ザ・ビッグ・バトルロンド」

zDSC01903.jpg


グオオオオオン・・・・

エレナ「へ?何この音?」
ルセット「うい?」
コルネリア「アソコアソコ見て!!」

ルイーズ「あーーーー」

オタリア「ドラッケン戦闘爆撃機だ」

zDSC01904.jpg

ベダノア「え?まじで?」

エレナ「あそこにいるよ」

ベダノア「なんで警報なってないの?え?ちょっと」

エレナ「知らない」


ヴィーーーーヴィーーー!!!

エレナ「あっ・・・・・鳴った」


ベダノア「!?あぶべ?ちょおま」


zDSC01906.jpg

リアス「対空戦闘用意!!!撃て!!」

ズドン、ゴンゴンゴンゴン!!!


リアスが右舷に設置されている単装砲で対空射撃を加える。


ユーリー「叩き落とせリアス!」

リアス「右舷に敵機接近!!作業員は退避!!」

zDSC01907.jpg

南雲「墜とせ、近づけるな!!」

リアス「くううう・・・まさかこの私が直接戦闘を行うなんてェ・・・」


リアスは航空母艦型神姫である。直接戦闘ははっきりいって得意ではない。

全身に対空砲やミサイルを搭載しているが、あくまで敵を追い払ったり牽制したりするのが目的なのだ。
メインは艦載機を発艦させて遠距離から指揮し敵を攻撃するので、こういった襲撃には困る。

巨大で鈍重な巨体は格好の的で回避することも防御することも出来ない。

こういう状況ははっきりいって最悪である。

護衛の艦載機でさえ現在、上空援護すらないこの状況で出来ることといえばひたすら対空砲を撃って弾幕を張ることである。


リアス「うおおおおお!!!来るな来るなアあああ!!

zDSC01908.jpg

グオオオオオオオオンンン


メリッサが急降下で弾幕をもろともせずに突っ込んでくる。

メリッサ「すーーーはーーーーすーーーーはーーーー」


メリッサは大きく息を吐きそしてゆっくりと空気を吸い込む。

ひどくゆっくりとスローモーションに周りが動いていくような錯覚に陥る。


ドコン ドコン ドコン・・・

自分のCSCの鼓動の音と空母の放つ対空砲の音がシンクロする。


つづく
スポンサーサイト
[ 2010/05/05 21:32 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/745-1e6ffca5