シャロンさんとおしゃべりしてみる!!の巻き 



マスター「今日は我が家の魔道士型神姫のシャロンさんといろいろおしゃべりしてみようと思います」

zDSC02515.jpg

魔道士型MMS 「シャロン」 Cクラス


シャロン「いろいろおしゃべりって困りますねーいきなり何かしゃべれって言われても」

マスター「まあまあ、普通に世間話でもいいからさー」

シャロン「だいたいなんで私なんですか?」

マスター「なんとなく近くにいたから」

シャロン「・・・・・・マスターって女の子にモテナイでしょう」

マスター「なんでいきなりwwwそんなことww」

シャロン「こういうときはですね、嘘でもシャロンが可愛いからだよとかさーーーいろいろ女の子をほめるようなことを言うでしょ?」

マスター「はいはい、そうですね悪かったですね」

zDSC02516.jpg

マスター「じゃあさ、シャロンはさ可愛いねとか綺麗だねって言われたら喜ぶの?」

シャロン「ううん、喜ばない」

マスター「はあー?」

シャロン「だって、私あんまりおしゃれとかそういうの興味ないもん」

マスター「ですよねー全身真っ黒な服着ててサービス精神のカケラもねんもんな、オマエ」

シャロン「他の神姫がおかしいんですよ。なんですか?へそだしたり短いスカートはいて足みせたり、ショートパンツ履いてオシリぷりぷりさせたりして・・・見せびらかすような服装ばっかりで・・」

マスター「オマエ意外とそういうところ硬派だな」

シャロン「はしたないですよ!!女の子が!!」

マスター「確かに言われてみれば、他の神姫ってけっこう露出高い服とか装備多いなあ・・・」

シャロン「私はそーいうのキライです」

マスター「ふーん・・・じゃあちょっと話変わるけどさーオマエって好きな異性のタイプとかあるの?」

シャロン「あー私、恋愛とかそーいうの興味ないですから」

マスター「へーなんで?」

シャロン「私、基本的に自分以外の他人って信じてないですから」

マスター「おおおーぶっちゃけ発言きたーーー」

シャロン「人を好きになるってことは、その人を信じるってことだと私は思うの」

マスター「ふむふむ」

シャロン「でね、家族に対する「好き」友だちに対する「好き」はあるんだけどね、恋愛に対する好きはまた違うの」

マスター「それは分かる」

シャロン「相手と話したい、一緒にいたい、一緒に遊びたい、良く思ってもらいたい、見たい、知りたいってのが恋愛のキモチだと思うんだけど

それって面倒くさいない?」

マスター「うわーーーぶっちゃけた」

シャロン「正直な話、私は現状の自分でなんか満足しているの、だから好きな人と一緒にいたいとか欲しいとか思わないの」

マスター「うんうん」

シャロン「ぶっちゃけると・・私、ずーと好きな人いなくてもいいと思ってる。別にさびしいって感じないしなんかどーでもいいやって」

マスター「分かったわ、お前がなんでおしゃれとか可愛い服を着たいとかそういう気持ちがないのか」

シャロン「つまりそういうことになるね」

zDSC02517.jpg

マスター「おまえってなんかあんまり女の子って感じがしないなあ・・・」

シャロン「そうだねーというかカノーネとかナデシコはけっこう女の子だと思うときがあるねー」

マスター「ううん、そうかな?」

シャロン「ナデシコなんかけっこう女の子だよー気の強い女の子って感じかな?」

マスター「ふんふん」

シャロン「セイヴァーはなんか子供だね・・・お菓子とかいっつもつまみ食いしてるし
カノーネは・・・やっぱり一番落ち着いているけどなんか行動とか考え方がおばさんくさい」

マスター「ひでええw」

シャロン「やっぱ、私が一番女の子らしくないかも・・・知れない?」

マスター「いいのかよwwそれで」

zDSC02520.jpg

シャロン「・・・・・いいんじゃないのかな?めんどくさいし、それに私のこと好きな人いないしー」

マスター「そんなことないよ、俺はけっこうオマエのこと好きだよ」

シャロン「どこが?」

マスター「その面倒くさがりなところとちょっと変わってるところ」

zDSC02526.jpg

シャロン「・・・本当に?」

マスター「おまえは俺のこと嫌いか?」

シャロン「い、いやあ別にキライじゃないけど、でも好きじゃない」

マスター「なあ、シャロン」

シャロン「なんですか?マスター」

マスター「俺も少し前はオマエと似たような感じの考え持っていたんだ。
確かにオマエのゆうとおり、誰かを好きになったりすることって面倒だしいろいろ大変だと思う
でも、なんか困ったときとかさ、つらいときとか悲しいときにあったときにそばに誰かいてくれると安心するじゃないか」

シャロン「・・・・・・それが私たちのような偽りの人形や存在でも?さびしくないですか?それって」

マスター「一番さびしいのは、やっぱり一人ぼっちでいることだと思うよ・・・」

シャロン「ふっ・・・マスターはーさびしがりやで甘えんぼさんですね、そーいうとこキライじゃないよ」

マスター「・・・ちょっとぶっちゃけすぎたかな?」

シャロン「うん・・・私もマスターもね」


おわり
スポンサーサイト
[ 2010/02/11 23:06 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/665-50f216fa