武装神姫 フィギュア劇場 195 

武装神姫「真零」  第13章 「異種格闘技戦」


zDSC01104.jpg


カノーネとシャーリーの2人の猛砲撃がMS部隊に向けて放たれる。

お菓子箱と筆箱で作った即席のお手軽トーチカだったが、効果は抜群だった。

zDSC01105.jpg

こたつ山の頂上では、2人の放った榴弾が踊り狂い灼熱の炎の渦が舞い上がる。

タルボ「ぐおおお!!!なんつー砲撃だ!!」

ガビアル「だが、連中の砲撃にはムラがある」

タルボ「ザク部隊!!!ザク部隊を呼べ!!!」

zDSC01106.jpg


わらわらとこたつ山の斜面を登ってくるザク部隊

ホクシン「こちらザク部隊、支援を行う」

ヴィーパー「トーチカだ!!!」

ガビアル「敵は少数だが、濃厚な砲撃を行ってくる!あのトーチカをつぶすぞ!!」

リッパー「物量で押しつぶしてやる」

zDSC01107.jpg

ズドドドド!!!ダンダンダンダン!!!

ザク部隊がマシンガンを構え、カノーネたちに向けて撃ちまくる。

手榴弾を投げるザクもおり、戦場は一気に加速する。

zDSC01108.jpg

キュイイン!!

アリサの横を銃弾がかすめる

アリサ「うは、主力が前に出てきたぞ!すざまじい攻撃だ」

カノーネ「あんまり頭を出すなよ、アリサ!!吹っ飛ぶぞ」

アリサ「了解了解ーー」

カノーネ「シャロン、そろそろ頃あいだ!!下にいる連中を呼んで来い」

zDSC01109.jpg

シャロンがこたつ山のふもとで待機している近接戦闘組を呼ぶ

シャロン「おーい、そろそろ出番だよー♪」

ペルシャ「まちくだびれたにゃー」

テレサ「敵の数は?」


シャロン「いっぱいいるよーー」

zDSC01110.jpg

テレサ「セシルいっぱいいるだってさ」

セシル「けっこうなことではないですか、敵は大きくて強ければ強いほどいい」

ペルシャ「これでドリドリ地獄だにゃー」

ペルシャがドリルを高速回転させる

セイヴァー「さあ、戦場に行きましょう」

テレサ「敵の銃弾が私たちを歓迎してくれるね」

セシル「けっこうなことではないですか」

ペルシャ「にゃッはっは♪」

zDSC01111.jpg

カマレオンテ 「前進!!!前進!!!」

ウオオオオオ

MS部隊がどしどしと数に物を言わせて突撃する。

zDSC01112.jpg

タルボ「なにが武装神姫だ!!!俺たちMSを舐めるな!!!」

ホクシン「バカスカ撃ちやがって、ゆるさねえ!!!」

zDSC01113.jpg

つづく
スポンサーサイト
[ 2010/01/11 13:01 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/634-0ef9f877