武装神姫 フィギュア劇場 192 

武装神姫「真零」  第13章 「異種格闘技戦」

zDSC01065.jpg

ガビアルのゲルググキャノンがギョロギョロとモノアイを動かして捜索する。

ガビアル「タルボ、センサーに反応なし、敵はいねえぞ。どこいったんだ?」

タルボ「何か様子がおかしいぞ、作戦が始まってから敵の姿がどこにも見当たらない、一発の銃声も聞いていないぞ
いったい何がどうなっている」

zDSC01067.jpg

ガビアル「どうする?こたつ山の裏側を探索してみるか?」

タルボ「まて、ガビアル!ザク部隊が来るまで待機だ」

ガビアル「連中がいるとしたらそこしか考えられないな」

タルボ「うむ」

zDSC01066.jpg

ラルク「ザク部隊なんて待たずに俺たちだけでやっちまいましょうぜ、そのほうが手っ取り早い」

タルボ「駄目だ、これは何かの罠だ。奴らは絶対何かたくらんでいる!ギャロップからのデータとドム部隊の連絡を待つ」

ラルク「そんな悠長な戦争していたらいつまでたっても終わらないぜ」

zDSC01069.jpg

お菓子の箱とティッシュ箱と筆箱の裏に隠れている神姫たち。

zDSC01070.jpg


シャロンは杖に仕込んである隠しカメラで様子を探る。

zDSC01068.jpg

カノーネ「シャロン、敵の様子は?」


zDSC01072.jpg


シャロン「前方に敵MS斥候部隊。数は3
機種はゲルググタイプ」

zDSC01073.jpg


アリサ「仕掛けるか?」

カノーネ「・・・・」

シャーリー「カノーネ、どうする?やつら、もう勝ったつもりでいるぜ」
カノーネ「そうらしいな、では教育してやるか」

zDSC01074.jpg

カノーネ「先手必勝・・・これよりジオン公国軍1個MS師団と交戦状態に入る。
全神姫部隊、戦闘態勢に入れ!

シャーリ!前方にいるゲルググを砲撃しろ。アリサ!グレネード弾で煙幕を張れ!
シャロン!!お前はジャミングおよび突撃部隊の突入のタイミングの指示、および弾着観測だ」

シャーリー「了解」 アリサ「任せろ」 シャロン「わかった」

カノーネ「シャロン、一番眺めのいい特等席用意してやってんだ!!弾着観測ぬかるなよ」

シャロン「はいはい」


つづく
スポンサーサイト
[ 2009/12/30 00:35 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/620-9bec06ab