武装神姫 フィギュア劇場 188 

武装神姫「真零」  第13章 「異種格闘技戦」

zDSC01026.jpg

犬屋「ではではー皆さんお待たせしました!!これより

武装神姫 VS ジオン公国軍 MMS VS MS の異種格闘技戦を行いたいと思います!!!


こたつ山を制するのは誰だ!!! 人間が操るMSが強いのか?百戦錬磨の武装神姫が勝つのか?

我が家の歴史の中で一番激しい激戦が繰り広げられマッス!!!!」


えうえうさん 19歳 鹿児島県民 「いえーーい!!」
パプア級輸送艦さん ソロモン勤務 「ジークジン!!」

zDSC01027.jpg


カーン!!!

ゴングが鳴りジオン側のMS部隊がいっせいにこたつ山に向かって走り出す。

ドムを操るスコルピイが仲間に叫ぶ。

スコルピイ「よっしゃ!!BGMスタート!!」

いさましい軍歌のようなBGMが流れる。

スコルピイ「BGMは昔のゲームですまんが、『ジオニックフロント』でいくぞ!!!」

わあああ!!とネットのジオン側のネラーが書き込みを行う。

ズダさん ヨーツンヘイム勤務 「ジオニックフロントキター!!!!!」
オッゴさん カスペン戦闘大隊勤務 「いいね!!渋い選択だ」
ゲルググ後期型 サイド3勤務 「名曲だ、ジオンゲーの中では最高だね」
グワジン級大型戦艦さん ア・バオア・クー勤務 「また懐かしいィゲームを・・・」

zDSC01028.jpg

ドムトローペンを操縦するバンピーロがスコルピイにしゃべりかける。

バンピーロ「よーし、スコルピイ!!俺たちドム部隊はこたつ山の側面に回りこんで主力部隊の援護を行おう!」

スコルピイ「そうだな、ドムは平面移動に長けている。みんなお互いに有利な地形と戦闘方法で戦ったほうが効率がいい!」

トロージャン「相手の神姫のデータを見たが、俺たちの高速ホバー移動についていける神姫はいるのか?」

zDSC01030.jpg

スコルピイがパソコンのデータにナデシコとパピューアのデータをUPする。

スコルピイ「飛行能力を有したこの2体の神姫をチェックだ」

バンピーロ「戦闘機型か・・・機動力に優れたタイプだな」

トロージャン「装甲はこちらのほうが上だな、火力はどっこいどっこい、機動性はあちらの方がいいな・・・」

スコルピイ「スペック上は対して変わりはない、技量の上だった奴が勝つ!!」

バンピーロ「もし、そいつらが現れたらどうする?」

スコルピイ「古典的な戦闘フォーメションだが・・・・・・・・・ドムが3機もいるんだ・・・

ジェットストリームアタックをやるぞぉ!!!!」

バンピーロ「よし、任せろ!!」

トロージャン「ホバー走行によって陸上で優れた機動性を生かした一撃離脱戦法!!
ジェットストリームアタックと呼ばれる三位一体の攻撃フォーメーション・・・武装神姫に通用するかな?」


ホバー走行で埃を立てながら畳を失踪するドム一個小隊


zDSC01032.jpg

ズシンズシン・・・

真っ赤な一つ目を爛々と燃やして前進するザク部隊

ザク?と呼ばれるこのMSは、一年戦争時のジオン公国軍の主力MSだ。
数多くあるザクの中でも最もスタンダートな機体で、汎用性や拡張性に優れ兵装もオプションも豊富で、操縦性も扱いやすく初心者からベテランまで幅広く使用されている名機だ。

小型の小さなサイズのロボットになってもそのすばらしい設計思想と機動歩兵としての運用コンセプトは他のロボットをまったく寄せ付けない。

リアルロボットに革命を起こした老兵は初めてテレビ放映された1979年から60年たった2039年現在でもまったく色あせることなく、活躍していた。

zDSC01033.jpg

クレスト「武装神姫か・・・・この旧式のザク相手には少々つらいかもしれんな・・・」

ホクシン「何、弱気になっているホクシン」

ヴィーパー 「相手は女の子だぜ?びびることないぜ」

リッパー 「それにこっちは相手の数倍の兵力だ。負けるなんてありえない」

レーヴェ  「俺たちは今までに何度も一緒にゲームで連邦軍相手に戦って勝っているじゃないか!
サラミス級やジムの大部隊、小山のようなビックトレー級陸上戦艦 そして白い悪魔ガンダム!!」

ヘルツ「そうだ、俺たちはよくがんばってきた!いまさら女の子なんかに負けると思うか?」

クレスト「・・・・・・・・・実は俺、以前、公園で武装神姫の試合を見たことがあったんだ。
あいつらは可愛い女の子の皮をかぶったディアブロ、悪魔だ

武装神姫にもいろんなタイプがあると思うが・・・俺が見た神姫は、サラミス級巡洋艦の何倍も巨大なバカデカイ重装甲戦艦型神姫だった

そのバカデカイ戦艦が一発で轟沈したんだ。たった一機の神姫の攻撃によって・・・・」

ヘルツ「うそだ!!そんな話俺は信じないぞ」

レーヴェ「戦艦型神姫ってなんだよwwwそんなのが神姫にいるのか?」

カマレオンテ「たしかに武装神姫でも強い奴はいると思うが、そんなに神経質になるものかね?」

zDSC01034.jpg

クレイブがギャロップの上に乗って指示を出す。

クレイブ「こら、無駄話をするな!作戦行動中だぞ」

ザクスナイパーのブラオクラッペが呆れる。

ブラオクラッペ「クレイブ、すっかり上官気取りか、それで作戦ってなんだよ!」

クレイブ「今から説明するよ!!
とりあえず、前進!!!!」

ブラオクラッペ「とりあえず、前進ってwwwそんな適当な命令があるかよwww」

クレイブ「うるさいなあ、俺は軍人じゃないから軍隊用語なんてわからないよ」

ブラオクラッペ「それで作戦立てるなんて・・めちゃくちゃだよーー」

zDSC01035.jpg


犬屋「早くもジオン側はグダグダな予感・・・まあ、ネットでのパーティーってだいたいこういう烏合の衆だよね」

クレイブ「うるさいぞ、お前は黙ってギャロップを指揮してろ」

犬屋「はいはい、指揮官どの」

クレイブ「よーし、みんなよく聞け!!!作戦を説明する!!!」

ザク部隊とゲルググ部隊はコタツ山に向かって前進!!ドム部隊は彼らの側面援護だ!!
ギャロップとヒルドルブは遠距離から支援砲撃!!コタツ山に向けて砲撃して前進する援護を行うよ!!
ザクスナイパーと俺はギャロップに固定、彼らの護衛につく」

 スコルピイ「了解」 トロージャン 「バカの俺でもわかりやすい作戦だ」

ガビアル「了解した」 ヴィーパー「しっかり支援砲撃してくれよ」 ホクシン「支援砲撃だけで勝てるんじゃね?」

ドスドスと前進するMS部隊


犬屋「あんまり俺は口やかましく言わないけど、武装神姫を舐めないほうがいいよ・・・・・・・
連中はたぶん、こっちの手の内を知り尽くしている。数が多いからってあてにしないほうがいいよ。
奴らは乱戦とか集団戦闘を何百回と経験している超ベテランだ」


タルボ「へッ・・・それがどーした!こっちもゲームで何回も戦ってきていているんだぜ?」
ラルク「こっちもそれなりに場数は踏んでいる。負ける要素が見つからないぜ」

つづく
スポンサーサイト
[ 2009/12/23 23:31 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/614-5a042ca6