特殊部隊「ノーネイム」紹介!!!の巻き 12 

DSC00174.jpg

ゼロはアームスーツの首にゆっくりとしかし確実にナイフをずっくりと刺していく

AS「!!!!!ッーーーー!!!ギユーーキュウーーーーーーーーーーキイイイイイイイイイイイー」

ブチ ギチュ ギギチギチギチ ミチ ブチブチ コキ ギュチ ブチン

ゼロはアームスーツの首の回線や油圧、電気系統を一つ一つ切断していく

ブチン

DSC00175.jpg

ゴボリ・・・・

ブシューーーーーーー!!!

ついにゼロはアームスーツの首のマッスルシリンダーを切断した

DSC00176.jpg

クラウス「ひいい!!!」

まるで首を掻き斬られたかのようにドバドバと音を立てて吹き出るアームスーツの体液

アームスーツの首をぐりぐりとえぐりながら丁寧に切断していくゼロの表情は恐ろしく冷酷で突き刺すような視線だった。

爛々と獲物を生きたまま喰いちぎる猛獣のような黄金の瞳

DSC00177.jpg

ブシュウー ドバドバ ボタボタァ・・・・グチュグチュン

歩兵たちは恐怖で歯をかちかちと鳴らす 歩兵の中には気分を悪くして嘔吐する者も
いた。

クラウス「げえ・・・お、おい!!しょ勝負はもうついた!!!やめろゼロ!!何もそこまでする必要は・・・」

DSC00179.jpg

クラウスの言葉を無視して何度もナイフを使ってアームスーツの首をえぐり斬るゼロ。

クラウス「おい!!おまえら!何をボケーとしている!!!あの狂犬を止めろ!!!」

歩兵たちは目をそらしたり下を向いて押し黙る。

狙撃兵「て、テメーが止めろ!!!いやだ!!俺たちは死にたくない!!!」

歩兵F「ゼロ隊長だけは本当に怒らせたらオッカナイすんよ!!!マジでしゃれにならないっす!!!」

歩兵B「ああ・・・ゼロ隊長だけはマジで味方でよかったです」

歩兵D「おお、神よあのモノの敵でないことを感謝します」

DSC00180.jpg

クラウス「クッソ!!!!キサマラ!!あ!!あのその!!見学者の皆様!!どうぞ興奮せずに落ち着いてください!!!大丈夫です!!皆様に危害は加えません!!!」

歩兵D「俺たち、ゼロ隊長が暴走しても止めれないよ」

クラウス「黙れ!!!そのときは死んでも止めろ!!!」

DSC00181.jpg

クラウス「クソオッタレ!!!イカレポンチの狂犬神姫め!!!あいつがなんであんなに戦闘能力があってもこんな存在しない部隊、独立愚連隊の特殊部隊にいるのかやっと分かったぜ!!」

クラウスはわなわなと体を振るわせる。

DSC00182.jpg

ドタっと倒れるアームスーツの上でゼロはナイフにこびり付いた体液をジュルチュルと舐め取る。

ゼロ「・・・・・・・・」

クラウス「うご・・・敵と判断した相手には死ぬまで攻撃を行い完全に排除処理する・・・情け容赦ない血に飢えた狂犬!!
ゼロ!!! オマエみたいなイレギュラー神姫には名の通り存在しない部隊にいたほうが都合がいい・・・・」

つづく
スポンサーサイト
[ 2009/10/30 22:20 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/558-72d6acef