特殊部隊「ノーネイム」紹介!!!の巻き 10 

DSC00153.jpg

ヒュ パン

ゼロの強化アームがアームスーツの頭をがっしと掴む。

クラウス「へ?」

一瞬で距離を詰めてアームスーツに急接近するゼロの動きは誰にも予測できずまたあまりにも動きが速すぎて目が追いつかない

DSC00154.jpg

ゼロはアームスーツの頭をぐいと掴み顎を上げさせると、装甲と装甲のつなぎ目、一番装甲が薄くさらに弱点の首の根元にカロッテの弾丸を
フルオートで叩き込んだ。

ダアアアアアアアアアーーー

DSC00155.jpg

アームスーツは悲鳴のように声に鳴らない声で叫んだと同時に腕を振るう

AS「ッーーーーーー!!!!」

しかし、ゼロの姿はそこになく思いっきり空振りしてしまいバランスを崩して転倒する。

DSC00156.jpg

クラウス「な、なんだ?何が起きた!?」

整備兵「ま、まったく動きが見えなかった・・・」 歩兵B「ゼロ隊長、今アームスーツの首の間接部分を狙って攻撃したような・・・」

クラウス「ええい!!だが、もう奴のマシンガンは弾切れだ!!!」

ゼロはすっとカロッテを持ち上げると

DSC00157.jpg

わざとらしく ぽいっと投げ捨てる。

ゼロ「・・・・・・・・・・・」

クラウス「ハッハアーーーー!!!やっぱり弾切れだろう!!装甲のつなぎ目狙って攻撃したはいいが!!
もう今度こそお前に打つ手はない!!」

DSC00159.jpg

ゼロ「・・・・・・・」

クラウス「よーし、もういいだろう!!きょ今日はこのくらいでカンベンしてやろう!!さっきの流れるようなコンビネーションはさすがにすばらしかった!!
賞賛に値する、お前のことは殺したいほど嫌いだが認めようおまえはつよ・・・・」

ゼロ「・・・・・・・・まだ、終わってない・・・」

DSC00160.jpg

アームスーツはまだ起き上がりゼロに攻撃を仕掛けようとアームを可動させる

クラウス「・な・・・何を言っている!!ちょっとまてもういいだろ!!これ以上の戦闘は無意味だ!!」

DSC00161.jpg

ゼロ「まだ、終わっていない」

ゼロはすっと背中に装備していたナイフを手に取る。

DSC00163.jpg

シャリン


DSC00164.jpg

ゼロ「戦いに意味などない すべてはゼロだ 私もゼロ オマエもゼロ この世もゼロ 存在しない

存在しないものに意味があるのか?」

クラウス「な・・・何を言っている!? 意味が分からない!!」

ゼロ「理解する必要はない 意味が分からなくてもいい 意味などないし 意味がないので理解する必要もない

すべては  「ゼロ」   オマエは自分がこの世に 存在 していることを証明できるのか?」

DSC00165.jpg

クラウスも歩兵たちもあんぐりと口をあけている。

クラウス「はあー!?」

歩兵A「あーあーースイッチ入っちゃた」 歩兵B「俺、シラネー」 歩兵F「ゼロ隊長、完全に切れたときはいつもこうだよな」

クラウス「どういうことだ!」

歩兵C「言葉の通りッスよ ゼロ隊長は名前の通り ゼロ 存在しない 何もない 自分が存在しないから相手も存在しないって考えてるんですよ」

クラウス「えーつまり・・・」 歩兵D「相手の存在を消すまでゼロ隊長は戦い続けますよ つまり一度喰いついたら、相手が死ぬまで絶対に放さない 」

クラウス「く、狂ってる!!あったまおかしんじゃねえの!?コイツッーーーー!!」

歩兵D(オマエが言うなよ)




つづく



スポンサーサイト
[ 2009/10/29 22:29 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/556-c706acb7