武装神姫 フィギュア劇場 157 

武装神姫 「真零」   第11章   「最強の武装神姫」

DSC01036.jpg

寅型神姫のマーズが後部の巨大なスラスターユニットを全開に吹かして、ヴァイオラの背後に急接近する。

総務担当「マーズ!正面は物凄い対空砲火だ!後部の対空砲は一番低い!そこを攻めろ!」

マーズ「任せてや!!ケツにぴったり突いてやる!!」

DSC01037.jpg

ドンドオドドオン!!!

大山「敵MMS群、接近してくるぞ!全砲門開け!!全能力を使い敵を向かえ撃て!!!戦艦型神姫を化け物呼ばわりした罪は砲弾で裁け!!!」


ヴァイオラ「了解。全砲門一斉射撃。対空砲、副砲すべて砲撃」

ドゴゴイゴンドンドンドン!!

まるで火山が噴火したかのようなすさまじい砲撃。単機の神姫としては想像を絶する火力を有する戦艦型神姫の姿がそこにあった。

部長「くそ、なんて火力だ・・・・化け物め!!」

DSC01038.jpg

マーズ「はあああ!!!もらったあァーーー!!」

ヴァイオラの対空砲火をくぐりぬけたマーズが剣を高らかに振り上げて突進する。

ヴァイオラ「!!」


DSC01039.jpg

マーズ「でやあああ!!!」

カキイイイインッーーーー

マーズの振り上げた剣はヴァイオラの装甲を切り裂くどころかかすり傷もつかない、むなしくはじかれる音が響く

総務担当「畜生!!硬すぎる!!なんて装甲だ・・・こんなのありえない!!」

DSC01040.jpg

マーズは衝撃で飛ばされしりもちを突く

マーズ「がは!!くそう・・・わいは絶対負けへんで!!お前みたいな化け物なんかに絶対に絶対に負けへんで!!」

DSC01042.jpg

大山「黙らせれろ!ヴァイオラ」

ヴァイオラ「了解、1番2番3番対空レーザー機関砲正射」

ドドドドドン

至近距離からレーザー砲の雨がマーズにビシバシ命中する。

マーズは必死に剣でガードするが、次々に連射されるレーザー砲に貫かれる。

マーズ「うあああああ!!!」

DSC01043.jpg

総務担当「マーズ!!!後退しろ!接近戦しすぎると危険だ!!!」

マーズ「りょ、了解!!」

大山「逃がすな!!!ヴァイオラ叩き潰せ」

ヴァイオラ「了解」

DSC01044.jpg

ヴァイオラはぐんと巨体のエンジンを一気に吹かし、船体の横に突き出たウイングでマーズの体に思いっきりぶつけた。

ゴキャアアン!!!ベキボキバキ

マーズ「ぎゃあああああああああああ!!!!」

総務担当「ま、マーーズゥ!!!!」

DSC01045.jpg

ヴァイオラ「つぶれろ」

ボキゴキベキン・・・ボゴン

マーズの体からショートした炎が吹き上がり真っ赤に包まれるマーズ

マーズ「ぐああ・・・ま・・・ますたー・・・・」

マーズの脳裏にマスターと楽しくすごした日々、喧嘩したり泣いたり怒った笑ったりした日々が走馬灯のようにぐるぐると駆け巡る

総務担当「やめろオオオオオ!!!マーーズ!!!」

DSC01046.jpg

ヴァイオラに衝突され全身の間接を砕かれてぼろぼろに跳ね飛ばされるマーズ。
どしゃりと力なく地面に崩れ、ぴくりとも動かない。

総務担当「あああ・・・そんな、たった一撃でボクのマーズがやられるなんて・・・」

マーズのステータスのLPが0になり、体のあちこちがスパークし火花を散らす。

大山「そんな細い爪楊枝みたいな剣でうちの重装甲戦艦型神姫に通用すうとでも思ってんのか?ヴァイオラを剣で倒したかったら斬艦刀でも持ってこんかい!!!!」

ヴァイオラ「まあ、斬艦刀といえども私の重装甲の前には無意味ですがね・・・・」




つづく

スポンサーサイト
[ 2009/10/04 20:57 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/529-d9635006