武装神姫 フィギュア劇場 149 

武装神姫 「真零」   第11章   「最強の武装神姫」

DSC00957.jpg

氷上の上に数機の神姫が集団でたむろしていた。この雪原ステージにチームで参加している神姫集団。

チーム名は「ナニワ工業高校神姫クラブ」

参加神姫

戦車型神姫        エリザ     Aクラス   遠距離砲撃戦型

犬型神姫         クラマ     Aクラス      近距離戦型

サンタ型神姫赤       ホリン     Bクラス     中距離支援型

サンタ型神姫青       クレア    Bクラス     中距離支援型

火器型神姫         ゼルス   Bクラス        狙撃戦型

忍者型神姫         ハヤテ   Cクラス      近接格闘型

寅型神姫          マーズ    Bクラス      近接格闘型

花型神姫          パメラ     Bクラス      近距離戦型



戦場にいるにもかからわずべちゃくちゃとおしゃべりに花を咲かす神姫たち。

エリザ「部長ー本当に戦艦型神姫なんているんですか?」

クラマ「さっきから見つかるのは普通の神姫ばかりですよ」

部長「いや、例の大型戦艦型神姫は必ずこのフィールドにいる間違いない!!」

DSC00958.jpg

エリザははあーとため息を付く

エリザ「まったく、やってらんないよー公式の地区大会に向けての強化練習で戦艦型神姫の討伐なんてさー」

部長「一年前から神戸や堺、南港近辺の神姫センターに突然現れた謎のカタリナ社製の大型戦艦型神姫!!」

DSC00959.jpg

副部長「クラマ、戦艦型神姫ってバトルしたことあるか?」

クラマ「そんなのあるわけないじゃないか!!そもそも戦艦ってなんだよ」

副部長「俺もミリタリーオタクじゃないから詳しくは知らないけど、今から100年前に実際に存在した軍艦らしいよ、でっかい大砲と厚い装甲を持っている」

DSC00960.jpg

エリザ「ま、簡単に言うとだな、俺の戦車が陸の王者とすれば、戦艦は海の王者だ!!!
もっとも戦艦は現在、どこの国の軍隊も持っていないけどな」

クラマ「なんで?」

エリザ「なんでって・・・そりゃーそのー弱かったんだよ!!戦艦よりも強い兵器とか出来たり次代遅れになったからいなくなったんだよ」

クラマ「なーんだ、戦艦って弱いのかーなら僕たちでもラクショーで倒せるね」

DSC00961.jpg

会計担当「ハヤテ、どうだ?戦艦型神姫はいるか?」

忍者型のハヤテはきょろきょろと辺りを見回す

ハヤテ「いいえご主人様、見えるのは一面真っ白な雪景色です」

会計担当「そうか・・・本当にいるのかな?」

DSC00962.jpg

パメラ「うっそーやだーそれ本当ー」

マーズ「ほんやって!この間な京橋の神姫センターで一回の試合で100機もの神姫を倒した神姫がおったんや」

パメラ「今探している戦艦型神姫とおんなじくらい強いんじゃない?」

マーズ「そうやなー他にも日本橋店の神姫もごっつい強い神姫ぎょーさんおるでー」

パメラ「大阪は人口多いから必然と強い神姫が多いんだね」

マーズ「うん、それに関西はもともと工場や機械団地とか多いから神姫のメーカーも多いんや
東大阪や寝屋川、堺市に南港。あそこ辺りは電器メーカーとか工場ばっかりで神姫の部品も作ってんねんでー」

DSC00963.jpg

クレア「ちょっとーマスター、どういうこと?全然見つからないじゃない!!」

同人担当「あれーおかしいなー昨日はこのフィールドにいたって情報があったんだけどな」

クレア「ていうーか、その戦艦型神姫って私たちだけで倒せるの?」

同人担当「全然余裕だよ、僕たちはみんな公式のバトルロンドで腕を鳴らしてきた神姫たちばかりだ
それに8人もいるんだよ、いくら戦艦型神姫が強いたってしょせんは一隻の神姫だよ」

DSC00964.jpg

総務担当「ゼルス、戦艦型神姫を発見したら艦橋を狙撃するんだ。一番装甲の薄いところをピンのピントで狙って倒すんだよ」

ゼルス「まかせてよ!マスター」

ハヤテ「本当にいるのかなー」

DSC00965.jpg

部長「こほん、「ナニワ工業高校神姫クラブ」諸君全員注目」


部長が神姫たちに指示を伝える。

部長「今日はこの南港神姫センター ATC店に集まったのは他でもない。ネットで噂になっているカタリナ社製の大型戦艦型神姫を撃沈することである!!!
我が「ナニワ工業高校神姫クラブ」は設立してまだ1年ちょっとで公式の大会にも数多く出場しなんらかの賞を貰っているが、いまいちインパクトがない!
そこで今日は、『最強の神姫』という傲慢極まりない二つ名を持つ戦艦型神姫を撃沈し、クラブの名声を高めようと思う!!!」

副部長「『最強』と呼ばれる戦艦型神姫を倒せば、生徒会からも我がクラブの資金提供や備品拡大などの公約を生徒会長から取り付けた!!」

会計担当「うへっへへ、、部費使い放題ー」

同人担当「同人代も助かります(泣)」

総務担当「今回、万全の用意でフル装備の神姫8機で戦艦型神姫を撃沈するぞ!!みんなには戦艦型神姫を見事撃沈した暁には新しいクレイドルの支給や新型武装を提供する」

マーズ「おおおー太っ腹」 パメラ「いえーーい」 ハヤテ「すっごいー」 ホリン「へへ、ドキドキしいてきた」 クレア「狸の皮算用・・・・」 
ゼルス「新しいクレイドルかー」 クラマ「そんなにうまくいくのかな?」 エリザ「戦艦型神姫討伐か・・・・」

つづく
スポンサーサイト
[ 2009/09/23 14:06 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(2)

おっといつの間にやら新ストーリーの方が始まっていたようでw
なにやら大山さんはちょっと変わったいきさつがあって神姫オーナーへとなったんですな
しかしいきなりヴィクターさんのような特殊な神姫とは…
主人公というよりも状況からしてボスキャラの様ですね(゚¬゚;

[ 2009/09/24 03:35 ] [ 編集 ]

コメント返し

>arahabakiさま

新ストーリはかなり過激な戦闘描写になります。閲覧には注意を・・・
返品神姫です、しかも戦艦型神姫が主人公です。確かにボスキャラです、でもこういうボスキャラみたいな神姫はどういう思いで戦っているのかマスターとの絆とかちょっと普通とは違った特殊な神姫の話を書いてみたかったりw
[ 2009/09/24 23:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/513-15e77670