武装神姫 フィギュア劇場 143 

武装神姫 「真零」  第10章 「ここはどこでしょう?」

DSC00385.jpg

ナデシコ「あっーーーーーー!!!しまった!!ペルシャてんめーー!!」

ナデシコはぐむっとアリサの顔を踏みつけペルシャに向かってダッシュした。

アリサ「ピギャ!」

DSC00386.jpg


ナデシコ「はあああああああ!!!ゆ・る・さ・ね・えッツー!!!!!!!」

DSC00387.jpg

勢いよく振り下ろされるナデシコの斬撃をクローで受け流すペルシャ

ペルシャ「きっかないよ?そんなの! へへ?ん!へなちょこー」

三人も倒して絶好調のペルシャは調子に乗ってナデシコを挑発する。

ブチィ


何かが切れる音がした・・・・・


ペルシャ「・・・・・ブチィ?」

DSC00388.jpg


ナデシコはすっと一歩後ろに下がり、尻尾のエンジンを暴走族のバイクのように唸らせる。

グオオオオンブルウウングオオオオン

ナデシコ「・・・ちょっと、調子に乗りすぎたな、ペルシャ・・・・」

ペルシャ「あ・・・やばいにゃ・・・」

タラリとペルシャの額に冷や汗が流れる。

DSC00389.jpg

ひゅんと風が鳴ると同時にペルシャのバイザーがパッカーーーンと派手な音を立てて割れる。

ペルシャ「にゃう!!!」

ナデシコ「我流・・・・・・兜割り・・・・」

DSC00391.jpg

目にとまらぬ速さで打ち込まれたナデシコの斬撃をモロに喰らってペルシャは地面にしたたかに腰を打つ。

ペルシャ「いったーーい!!」

DSC00392.jpg

ガスン  とペルシャの顔の横にナデシコの刀が突き刺さる。

ペルシャ「ひう!!」

ナデシコはペルシャの肩を踏みつけ動きを封じた。

DSC00393.jpg

すうと短く息を吐くとナデシコは叫んだ。

ナデシコ「へなちょこ?へなちょことはいったい誰のことだ?んーーー?まさかとは思うが・・・・俺のことか?ペルシャ!!!」

ペルシャ「あう・・あああうう・・・・」

ナデシコ「サレンダーしろっ!!!!お前の負けだ!!!!!!!!」

DSC00394.jpg

ペルシャ「うぐうううう・・・ぐす、負けてなんかないもんね!!今日、私・・・3人も倒したもんね!!」

ナデシコ「はっ!!だが、お前は俺に負けた!!!俺の勝ちだ!!!!ばーかー♪三人くらい倒しただけでえばるな!!!そーいうセリフは100機くらいぶった押した後でほざけ!!!」

ペルシャ「ううううううううううう!!!くやしいいにゃああ!!!!!」

ペルシャは悔し涙をポロポロ流す。

つづく
スポンサーサイト
[ 2009/09/13 12:38 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/502-3d92dfb1