護衛空母 軽空母 強襲揚陸艦 てきな運用を試験検討中 2 

DSC08610.jpg

アメリカ海軍には遠征打撃群(Expeditionary Strike Group, ESG)と呼ばれる任務艦隊の構成があります。
遠征打撃群(ESG)は、地上戦対応の海兵隊と、海空戦対応の海軍部隊を統合することで多任務対応能力を獲得するという、新しいアプローチによる任務群レベルの軍事システムです。

我が家には支援揚陸艦型神姫や潜水艦型神姫が存在するので簡易的ではあるがこれを模した小規模艦隊を編成してみました。

DSC08611.jpg

揚陸型神姫を中心として航空神姫を搭載し、その火力のおよぶ限りの空間を制圧・支配できるように即行動性のある機動神姫艦隊を編成。

攻撃潜水艦型神姫という複数の水上・水中システムが組み込まれ、これらが提供する多数の搭載ミサイルによって対地攻撃能力と対空・対水上・対潜水艦迎撃能力が強化されている。

ちなみに上図の写真に写っている潜水艦型神姫はリーヴィ・エニ級潜水艦型神姫

随伴している潜水艦型マシーンは遠隔操作の支援AI攻撃潜水艦

DSC08612.jpg

潜水艦型神姫搭載の巡航ミサイル武器システム(TWS)および揚陸艦搭載の艦載機による対地精密集中攻撃能力、広域戦闘空間支配能力、揚陸艦搭載攻撃機による縦深防御能力を達成した。その要件は、おおむね下記のようなものである。

1 対地火力投射
2 広域戦闘空間支配+縦深防御
3 情報収集、総合および処理
4 残存性
5 機動力
6 戦闘継続能力

DSC08619.jpg

巡航ミサイル武器システムは、敵の反撃による損害のリスク無しに精密火力投射を行なうことが出来る。また、ミサイル本体は小型ゆえに被探知性が低く、
また、事前に飛翔経路を入力することにより、敵の対空砲火を回避することができる。従って、開戦初日における敵の重要施設に対する精密集中攻撃に適しており、
航空戦力における「槍の穂先」としての役割を有する。その一方、敵が十分な対空火力システムを有していた場合には比較的容易に撃墜されてしまう。
そういった場合は火力の大量投射による飽和攻撃を行い完膚なきまでに敵目標を殲滅する。

火力量は、その他の兵装の搭載量によって左右される。リーヴィ・エニ級潜水艦型神姫の搭載のセル数は、全体で約100セルほど

上写真図はリーヴィ・エニ級潜水艦型神姫の巡航ミサイル攻撃の記録画像である。射程距離、破壊力などのスペックは機密上公開されていない。

DSC08618.jpg

というわけで、今回の試験検討を終了します。

小規模艦隊なので、正規の空母打撃艦隊にはあらゆる点で見劣りするが、機動性に富み気軽に使いやすい組み合わせではないかと思われる。

現在はまだ模擬演習、試験中ではあるが、近いうちにバトルロンドに実戦投入しその効力を確認してみようと思います。

補助艦艇に戦艦型神姫を護衛につけてもいいかもしれませんね。

DSC08620.jpg

ちなみに大きさ比較

DSC08621.jpg

支援揚陸艦型神姫 巡洋戦艦型神姫 潜水艦型神姫 を並べてみました。



DSC08624.jpg

支援揚陸艦型MMS   オラージュ級


DSC08625.jpg

大型潜水艦型MMS    リーヴィ・エニ級


DSC08626.jpg

巡洋戦艦型MMS  インペリアル級



・・・というわけで、我が家の主力艦艇神姫群の紹介でした!!

我が家には他にも艦艇タイプの大型神姫がたくさんいますので紹介していきますね!!!

こういう軍艦とか艦艇をモチーフにした武装神姫は数多くいる神姫の中でも我が家だけしかいない、かなり特殊なカテゴリーに属する武装神姫ですが、うまく使いこなせば非常に強力な神姫たちです。

どの神姫も巨体のペイロードを生かした武装の搭載量、防御力、耐久力、稼動時間、航続距離に優れ、他の神姫にはマネできないような運用が可能ですが・・・
その分、運用法や維持費用、コストなどなど多くの問題も抱えています。

では、次回の武装神姫紹介もお楽しみに!!
スポンサーサイト
[ 2009/07/14 21:32 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/444-85283cd7