武装神姫 フィギュア劇場 100 

武装神姫 「真零」  第8章 「信じる気持ち」

DSC08331.jpg

メリッサは両肩のバインダーをたくみに操り攻撃を回避する。

DSC08332.jpg

マーベル「今だ!!!みんな一斉射撃!!!」

ヒカリ「ほう・・・」

メリッサを取り囲むようにマーベルとニュートン、ファルトが動く。

ニュートン「逃がさない!!!!」

ファルト「えええと、撃っていいんですよね?」

DSC08334.jpg

マーベル「気合を込めたこの技を、あんたは受け止められるか?スキル発動!!必殺!!ハウリングサンダー!!!!!」

マーベルの大砲から雷を伴った砲弾が発射される。

DSC08335.jpg

ファルト「インフェルノキャノン!!!発射ですう!!!」

ファルトのリアパーツから灼熱の砲弾が放たれる。

DSC08336.jpg

ニュートン「どこへ逃げても無駄無駄無駄! いっくよー、ホーリィナイト・ミサ!!!」

ニュートンのライフルからビームが何発も連射される。

DSC08342.jpg

ヒカリ「ははは!!!おもしろいね!!そんなへっぼい攻撃スキルで倒せると思っているんだ!!」

メリッサ「回避します」

DSC08343.jpg

ヒカリ「いや、エンジン出力全開!!電磁シールドフル出力で可変!!!」

メリッサ「了解」

DSC08344.jpg

ガシャンと一瞬で巡航モードに変形すると、三人の放った攻撃に向かってまっすぐ一直線に突っ込むメリッサ


観客から驚きの声があがる。

「特攻!?」 「バカな!!!自殺行為だ」 「いくら重装甲のドラッケンでも3人まとめてのフル攻撃を受けきれるわけない」

DSC08345.jpg

直撃コースにまっしぐらに突っ込むメリッサ、弾が命中する瞬間を狙ってメリッサの周りにバチバチと肉眼でもはっきりと確認できる強力なシールドが形成されると
三機の攻撃をはじき弾道を空間ごと捻じ曲げはずす。

マーベル「なあッ!!!」 ニュートン「うそぉ!?」 ファルト「えええーーー」

DSC08346.jpg

三機の攻撃をすべてはじき返したメリッサはシールドを解除し、三機めがけて全砲門を開き撃ちまくった。

ヒカリ「ふふ、メリッサはドラッケン初期型!!初期型には強力な戦艦クラスの電磁シールドが搭載されている!
まあ、もっとも長時間使えないしシールド張ってる間はこっちも攻撃できなけどね」

メリッサ「コンテナミサイル1番基、発射、2番基発射・・・ビーム・ブラスターキャノン4門レーザーキャノン4門機関砲、鉄鋼弾装填、正射」


まるで戦艦のように一斉に放たれるミサイルとレーザー、ビーム、機関砲。

DSC08347.jpg

マーベル「うわああああ!!!回避回避!!」

ニュートン「きゃあ!!」 ファルト「そんなあ」


つづく
スポンサーサイト
[ 2009/06/14 14:17 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/413-fba8f41f