武装神姫 フィギュア劇場 80 

武装神姫 「真零」     第7章 ナデシコさん かんべんしてくださいよ


DSC06870.jpg

???「観客の皆様、それから今回バトルするマスターに置いてけぼりくらった・・・
預かり神姫共ッツ!!!!!!長い間お待たせしましたー
こ・れ・よ・り・・・大規模集団バトルロンドをおっぱじめるぞー!!野郎共!!

私が今回、審判を勤めるバックベアード型MMSのベア子さまだ!!

さあ、!!!ワルキューレを演じてみろ!!準備はいいかー!!」

観客から歓声が聞こえる。

「バッチコイー!!」 「さっさとハジメロー」 「ベア子ちゃんかっわいいーーー」
「ねっとりとペッテイングキスしたい・・・」 「はやくやろうよー」 「観客席準備おk」

DSC06867.jpg

ナデシコ「ベア子ちゃんキターーー!!!」
ソード「イヤッハーーーー!!」
キャノン「ロックンロールッツーー!!!」
セイヴァー「な、なになに?」
カノーネ「・・・今回の試合のレフィリーだ」
ルプス「僕は負けない僕は勝つ僕はすごい僕は偉い僕はマスターにほめてもらう・・・」
ポモン「ちょっとルプスさん!!試合もうすぐ始まりますよーー」
フォリア「うっわああい」

DSC06868.jpg

シオン「能書きはいいからさっさとやろうぜ」
リアン「まあまあ、こういうノリもええがな」
メッサー「観客のみんなを楽しませないとね」
ランシャ「だねーーメッサーー」
イズミ「すっごい数の観戦者数!!」
イザヨイ「みんな暇なんだね」
ジュプス「ちょっと怖いよー熱狂しすぎだよー」
バチコ「まちゅあた・・・いるかな?」
ユフィー「が、がんばりますよー」


DSC06871.jpg

ベア子「ルールを説明するよ!!!耳の中かっぽじってよく聞いてね!!!

AチームとBチームに分かれてバトルするよ!!

今回はSランクからCランクまでごちゃまぜになったバトルだよ!
どんな戦い方でもOKだよ!武器は何使っても自由!!乱戦になるから味方の流れ弾とかに注意だよ!!
後、今回参加する神姫はみんなマスターが不在だよ!マスターの指示ないし、チームのリーダーもいないからスタンドアローンだよ!
日々の戦いの教訓や経験を生かして自分で考えて戦ってね!!!
勝敗は1時間たって最後まで生き残っていた神姫の数が多いほうが勝ちだよ!

ルールわかったかな?」


DSC06872.jpg

ベア子「というわけでAチーム!準備よろしいか?」

ポモン「いつでもできるっす!!」

DSC06873.jpg

ベア子「Bチーム!準備よろしいか?」

バチコ「うえ・・・う?」

シオン「準備OKだっ!!さっさとはじめろ」

ベア子「了解!」

DSC06874.jpg

ベア子「ではではーーーーーーー!!!!!!

神姫センター 大阪日本橋店 大規模バトルロンド用筐体!!

ステージ 「民家」 17体の武装神姫 バトルロンド・・・・

スタートォーーーーーーーー!!!!!!!!!!」


カーーーンとゴングの音が鳴り響く

ウオオオオオオオオオオと観客席と神姫たちが叫ぶ


DSC06875.jpg

シオン「ゴング!!!」
リアン「ゴング!!」
メッサーランシャー「鳴らせッツーーーーーーーーー」

ユフィー「イキマス!」

ジュプス「やああああ」
イザヨイ「姉さま!!」
イズミ「イザヨイ!!」

バチコ「ううう!!バチコ!がんばる」

DSC06876.jpg

ナデシコ「カノーネ!!!セイヴァー!!!ジェットストリームアタックをかけるぞ!!」
カノーネ「了解!!!」
セイヴァー「え?えええ?ナニソレーーー」
ナデシコ「し、知らんのかい!!!」

ルプス「うわああああああああ!!!僕は絶対最強!!!」

ポモン「きゃにゃああ!!いくにゃあー」
フォリア「ポモン!!リスーはにゃあーと鳴かない!!」
ポモン「リスの鳴き声ってなにさ!」

ソード「キャノン!!!突っ込むぞ!!」
キャノン「掻き回すぞ!!ソード!!」

DSC06877.jpg

ずっどおお と何も考えずに両チームともがいっせいに突っ込む。
こういう狭い空間の乱戦では下手に考えて動きを止めたものがやられる本能的にお互いが同じような行動にでる。


観客席は熱狂しどっちのチームが勝つのか野次馬たちが騒ぎ出す。

「Aチームだ!!ドラッケン姉妹がいるんだぞ!」 「馬鹿!Bチームだよ。なんていってもガーリオンタイプがいるんだぜ?」
「カタリナ社の戦闘神姫はお互いに2機ずついるのか・・・こりゃすげー」 「重装備のカブト型とクワガタ型も眼がはなせないよ」 「ナデシコは?」
「うううーマスター!!私も戦いたいよう!!」 「血がさわぐ・・・ざわざわ・・」 「この勝負、記録しとこう」 「集団戦闘半端ねー」
「マスターの指示なくてもやれるのかよ」 「烏合の衆と寄せ集めの神姫でよくやるよ」 「ああー楽しそう!!俺の神姫もやらせたいなー」

神姫センターのオーナーと神姫は大画面に釘付けになった。

つづく
スポンサーサイト
[ 2009/04/25 20:07 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/361-67ae6574