武装神姫 フィギュア劇場 76 

武装神姫 「真零」     第7章 ナデシコさん かんべんしてくださいよ

DSC06770.jpg

忍者型神姫の姉妹と種型神姫が相談する。

イザヨイ「イズミ姉さま、なんだかわくわくしてきますね」

イズミ「そうですね、これだけの人数でバトルをするのは初めてです」

ジュプス「ねえねえ私も一緒のチームでいい?」

イズミ「いいですよー」

DSC06771.jpg

ソード「集団バトルロンドだってさ!へへっへ、戦闘経験豊富な俺たちの独壇場だな!」

キャノン「まったくだ!見た感じこの部屋にいる神姫の中で集団バトルロンドの経験ある奴がそんなにいるとは思えない」

ソード「俺たち、ソードとキャノンのコンビネーションを見せ付けて名を刻んでやろう!!」

キャノン「おう!俺たちのコンビネーションについていける神姫はいないってことを見せてやる」

DSC06774.jpg

ランシャ「ねえねえーメッサー、ほら見てよ・・・あのドラッケンの装備・・・・・」

メッサー「・・・・あああなるほどね・・・私たちと同じ装備ね」

ランシャ「弾幕を張るキャノン・ドラッケンに接近戦闘特化タイプのソード・ドラッケンか・・・」

メッサー「向こうも僕らと同じランクで集団バトルロンドの経験者みたいだねーー」

ランシャ「ドラッケンのコンビネーションと私たちのコンビネーション・・・どっちが優れているのか・・・試したくない?」

メッサー「チームはドラッケンとは別チームで・・・」

DSC06772.jpg

バチコ「お姉ちゃん、一緒のチームでいい?」

ユフィー「いいわよ、でも私・・・そんなにバトル得意じゃないけどいい?」

バチコ「うん!!!お姉ちゃんと一緒に戦いたい」

DSC06773.jpg

ルプス「ポモンにフォリア!!一緒のチームで戦うよ!!」

ポモン「了解なのだーーー」

フォリア「ちょっとドキドキしてますー」

ルプス「乱戦になると思うけど・・・みんながんばろう!!」

フォリア「おおおーー」

ポモン「燃えるっすー!!」

DSC06776.jpg

ナデシコ「おおーし!チームわけが決まったな・・・まあ、こんな感じかな?」

シオン「ふっ・・・・いい感じにチームわけできたんじゃねーか?」

リアン「8対9か・・・私らのチームがBチーム、ナデシコらのチームがAチームやな」

DSC06777.jpg

ソード「へへへ!!このチームなら勝てそうな気がするぜ」

キャノン「まあ、俺たちがいるチームは大抵勝つけどな!!」

DSC06779.jpg

シオン「・・・・おい、リアン!!!あのナデシコって女はなんだ?ランクはただのAランク神姫だろ?」

リアン「ナデシコか・・・あいつはそのーなんや・・・・まあ、見れてればわかるわー・・・」

シオン「ふん、戦ってみないとわからないってか?上等!!」

リアン「怪我せんようにな・・・」


DSC06783.jpg

セイヴァー「集団戦ですか・・・私はやったことないのですが、何かコツとかあるのですか?カノーネ」

カノーネ「あのね、セイヴァー・・・私は高射砲型神姫・・・あなたは何?」

セイヴァー「私は騎士型神姫だけど・・・」

カノーネ「私は後ろでバカスカ大砲撃つのが仕事!あなたは前で剣振り回してればいいの!」

DSC06791.jpg

ナデシコ「おーい!集団バトルロンド用の大型筐体を借りたぞー!!全員フル装備で移動だー!」

DSC06794.jpg

神姫センターの真ん中にある10体以上の神姫が同時対戦可能なバトルステージにフル装備で集合する神姫たち。

神姫センターのオーナーや神姫たちが何事かと目を丸くして集団を見つめる。

「なんだ?あの神姫集団・・・」 「マスターがみんないないぞ?」 「神姫だけで貸切バトルロンド?おもしろそう」
「すげえ数・・・あれみんな預かり新規なんだぜ?」 「2チームに分かれての戦闘かー」

ナデシコ「ふふふ・・・神姫センターのみんなが見てるぞ。今日の主役は俺たちだぜ!!」



つづく
スポンサーサイト
[ 2009/04/19 13:24 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/355-9fd0fc15