武装神姫 フィギュア劇場 72 

武装神姫 「真零」     第7章 ナデシコさん かんべんしてくださいよ

DSC06716.jpg

ランシャ「しかし、暇だねーメッサー」

メッサー「そうだよねーマスターは買い物に行ったきり戻ってこないし・・・・・」

ランシャ「バトルロンドをやろうと思っても筐体は大規模バトル用の奴しかあいていないし・・・
というかーいまこの部屋にいる神姫はなんかいろいろみんな忙しそうだね」

メッサー「たしかにみんな忙しそうだね・・・」

ランシャ「僕らみたいにのんびりしたらいいのにー」

DSC06717.jpg

シオン「量産型神姫が何を言い出すかと思えば・・・」

ソード「量産型のどこが悪い?オラ!!言ってみろよ!!」

キャノン「海外製の特注受注神姫だからって調子に乗るなよ!!」

イザヨイ「ヘーーあなたの武装って海外製の特注品なんだーどおりで見たことない武装だと思った」

シオン「俺の武装がどうだろうと関係ないだろ!!問題は中身だ」

ソード「てめえーさっきといってること矛盾してるぞ」

リアン「もう喧嘩はやめえって!!みっともないで!ほら、仲良くしい」

キャノン「うるせーさっきから!!いつもオマエ真っ先に喧嘩しかけ取る癖に何抜かしてんだよ!!」

シオン「?そうなの?」

リアン「う・・・あーーそれは・・・」

DSC06718.jpg


キャノン「リアン!!てめえはマスターの前だと変にいきがったりテンション高くなるからな!!
どうせ、マスターがいないから無駄な喧嘩はしたくないって腹だろ?」

リアン「ううう」

シオン「カッーーーなんだ?なんだ?結局、リアン!!!!オマエはいいとこのお嬢様かよ」

キャノン「こいつはそういう女なんだよ。裏表のあるコスッカライ女だよ」

リアン「うう・・うちはそんなちゃうわ!!マスターのこと好きなの、一体何があかんのよ!!」

ソード「だからーーーそのへたくそなベッタベタな関西弁をしゃべるな!!うざいんじゃ!!」

シオン「オマエの言ってる言葉とリアンのしゃべってる言葉は一緒に聞こえるのは俺の気のせい?」

キャノン「関西弁にもいろいろ種類があるの!・・・・なんか話ズレテネ?」

ソード「何の話だっけ?」

DSC06719.jpg


バチコ「ううええーーえええーーーん」

ユフィー「それであなたのマスターの名前は?どんな人なの?」

バチコ「うう・・・まちゅたはマチュアーなの・・・・なまえは・・・ユウトっていうの」

ユフィー「苗字は?名前だけじゃわからないわ」

バチコ「みょずい?なにそれ・・・わかんないの」

ユフィー「ええっとー・・・ううううむ」

DSC06721.jpg

イズミ「テンプラ神姫だよ。揚げ物の話」

シオン「違う!!!テンプラ神姫っては中身がない衣だけ立派な神姫のこと!!」

キャノン「てめえーのような神姫を指すんだよ」

ソード「自虐ネタか・・・痛いな」

シオン「なんだと!?」

イザヨイ「姉さん、たきつけるなよ・・・それと話がループしてる」

DSC06722.jpg

ルプスがスキルをためて必殺技を繰り出す

ルプス「はああああああああ!!!これが必殺ッスキルぅーーーー!!!!!

デモニッシュ・グラン・インパクトォーー!!!!!!!!」

ポモン「うひゃああ!!」

フォリア「きゃああーー!!」

DSC06723.jpg

しゅうううとポモンとフォリアの体から湯気がでる。

ルプス「これが僕の力だー!!この必殺攻撃はものすごいんだんぞー!!今まで僕のこの技を喰らって生き延びた神姫は・・・ふふふ・・・いないのだ!!」

ポモン「おおお・・・おみそれしました」


DSC06725.jpg

メッサー「ふううん・・・・さっきの悪魔型のスキル・・・見た?」

ランシャ「見てない、Aクラスの雑魚神姫のスキルなんかいちいち見ていられないよー」

メッサー「まあ、それもそうね・・・」

ランシャー「それより、向こう側のカタリナ社の神姫ともを見ろよーなんか喧嘩してるぜ」

メッサー「かかわっちゃダメよ。あんたが出るとややこしいんだから」

ランシャー「ええー」

DSC06726.jpg

ソード「誰が脳タリンのから揚げ神姫だって?舐めんなよ!!」

シオン「から揚げ神姫なんていってねー!!コノ!!ヴォケ神姫!!」

イザヨイ「やめなさい!!私も混ぜて♪」

イズミ「コチョコチョーーーわきの下をこしょばす!!」

シオン「ひゃん!!きゃっははははっははあははっははっは!!

ヤメロ!!何しやがる!!ぎゃあああああああ」

キャノン「ちょっと、どこ触ってるんだよ!ひゃ!!うひゃっは」

イザヨイ「・・・・姉さん、ドラッケンの胸ってぺったん子だね」

ソード「うひゃくぁー!!なんだーーー!!この忍者型神姫はーーー胸をもむなー!!!!!!!!!」

イザヨイ「イズミ姉さまは変態くのいち忍者なのですです」

DSC06727.jpg

キャノン「いったったたたった!!この馬鹿犬!!噛み付いた!!」

シオン「ううううううううう!!」

ソード「ちょっと、やめ!!そこ!!さわるなーーー」

イズミ「ふむふむ、どらっけんのここの装甲はどうなってるのかな?」

リアン「あわわわわ・・・うちは知らん!知らんでーー」

DSC06729.jpg

神姫センターの神姫預かり部屋は阿鼻叫喚のめちゃくちゃな空間になっていた。


ソード「うひゃひゃひゃひゃはは!いってーーー噛み付くなって痛い!!そこ噛むな!!ルプス「僕がやっぱりこの部屋で最強かーーー」ポモン「すごいっす!!かっこいいです」
メッサー「うるさいなあ・・・この部屋・・・」ユフィー「ああーダメよ泣かないでイイコイイコ」イザヨイ「ひゃーヤーラカイナー」キャノン「ちょっとやめて!!揉むな!!」ジュプト「揉むほどナイくせに」リアン「あかんて喧嘩はあかんて」イズミ「これ、喧嘩してるように見える?」
ランシャ「それでねーメッサー、この間ねー」フォリア「やっぱりルプスさんはスゴイッス!!」シオン「がるうるる」


ナデシコ「カノーネ、俺さー今、すっごく楽しいこと考えちゃった♪」

カノーネ「・・・・どうせ、くだらないことなんだろう?」

ナデシコ「にひひひ♪・・・この部屋にいる連中の悩みが全て一発で解決する方法」

カノーネ「・・・・気になる教えろ」

ナデシコ「よーし、じゃあまずは一発デッカイ空砲を天井に向けて撃って」

DSC06730.jpg


カノーネの巨大な砲身が天井に向けて動く

カノーネ「お安い御用で・・」

ナデシコ「一発景気よくでっかいの頼むぜ」

DSC06731.jpg

ずどおおん と豪快な空砲が部屋に響き渡る。

ナデシコ「ひゃははーーありがとうカノーネ!」

DSC06732.jpg

泣き叫んでいたバチコもドラッケン姉妹と絡み合っていた忍者型も噛みついていたシオンも強化アームを振り回していた悪魔型もだべっていたカブト型とクワガタ型も一様にナデシコを見て驚愕する。

DSC06733.jpg

ナデシコ「全員!!!注目ッツーーーー俺の話を黙って聞けェ!!!!!!!!」


シーンと静まりかえる部屋。

ナデシコはにやりと笑う。

ナデシコ「悩める神姫共よ!!俺が全部、イパッツで問題を解決してやる!!!ありがたく思え!!!!」


つづく
スポンサーサイト
[ 2009/04/12 22:18 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(2)

何するんすかナデシコさん?
[ 2009/04/13 15:31 ] [ 編集 ]

コメント返し

>ネームレスさま
まあ・・・・ろくでもないことはたしかですw
[ 2009/04/13 22:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/348-6feb707f