武装神姫 フィギュア劇場 22 

武装神姫 「真零」     第3章 蒼の騎士と紅の武士

DSC04888.jpg

ヒュンヒュンと風を切り裂き、荒々しくローター音を轟かせながらセイヴァーの目の前にグレーの戦闘ヘリ型MMSが躍り出た

可変戦闘ヘリ型MMS 「ヘル・ウルフ」
重装備・重装甲から空飛ぶ戦車と評されることもある強力な戦闘の特化した武装神姫

ヘル「おやおや、なんとまあーぺっぴんさんな騎士型神姫さんだこと!!
その腰にぶらさげてる剣はお飾りかい?」

DSC04889.jpg

セイヴァーはきっとヘリ型神姫に臆することなく剣を抜き身構えた
セイヴァー「なんだ!?貴様は?この剣が飾りかどうか試してみるか?」

セイヴァーは涙をぬぐうと剣をきらりと光らせた
セイヴァー「そうだ・・・私は誇り高い騎士型神姫だ!ぐずぐず泣いている場合じゃない!!」

DSC04890.jpg

ヘル・ウルフはガトリング砲をセイヴァーに向けて言った
ヘル「ほほほほッッ!!騎士型さん、突然で悪いんだけど・・・私と戦ってもらうわよー
いやいやーしかしそれにしてもねー妙な組み合わせだねー騎士といったらファンタジーとかゲームの世界とかじゃー
ドラゴン退治とか魔物退治、世界の平和を守るために戦うってのがよくあるシュチュエーションだけど・・・
重武装の戦闘ヘリと戦うのっては初めてじゃないかしらん?んんん?どうよ?」

ヘル・ウルフはカメラをぎょろぎょろと目玉のように動かしペラペラと喋りながらいきなりガトリング砲を放った

DSC04891.jpg

ブウウウウウウウウウウ 低い重点音が鳴り響くとセイヴァーに銃弾が殺到する
セイヴァーはひらりとかわすと言った

セイヴァー「ヘリコプター型神姫!?初めて戦うタイプの相手だけど、私は負けないッッ!!
接近戦に持ち込めば!!!」

セイヴァーはぐんと大きく羽ばたくとヘリ型に急接近した

DSC04892.jpg

ヘル・ウルフもセイヴァーに突っ込む セイヴァーはぎょっとする

ヘル「ほほほほほほほッッ!!!愚かねッッ接近戦は私の超得意分野よッッ!!
弾幕のシャワーを喰らいなさい!!ショットガンにガトリング砲!!ロケット弾にミサイルの特盛りよーーー」

ヘルはもてる火器全てを一斉射撃を行った。厚く幅広い面の重攻撃 
いくら回避力と機動力に溢れるセイヴァーでも面の攻撃はかわせない

DSC04893.jpg

セイヴァー「くっ!!オオオオオオッツーーー」
セイヴァーは二本の剣をたくみに操り弾丸を裁いたり弾いたりしていたが、限度があった

セイヴァー「くっううううう、さば、さばききれない!!」

DSC04894.jpg

ヘル「ほれほれほれほれほれッッーーーーーまだまだまだぁよーたっぷり弾丸のシャワーを浴びなさいィッッーーーー」
休むことなくとめどめなく放たれるガトリング砲

DSC04895.jpg

セイヴァーの全身にドカドカと音を立てて弾丸が突き刺さり装甲をくだき、羽を折り剣を弾き飛ばす
セイヴァー「きゃあああああ!!」

セイヴァーに容赦なく降りかかる弾丸のシャワー

DSC04896.jpg

ヘル・ウルフはぴたりと撃つのを止めて満足そうに弾丸のシャワーを受けて倒れうずくまるセイヴァーを眺める

セイヴァー「かはっごほ・・こほ・・・ううう・・・あぐゥ・・・はあはぁはぁ・・・」

ヘル「あらあら・・・案外、騎士型ってのは柔らかいのねーまあ、戦車型や砲台型とかと一緒にしちゃーかわいそうよねー」

DSC04898.jpg

ヘルは碗部に装備したショットガンをセイヴァーに向ける

ヘル「っほほほほほーまだまだぁーゆっくりと削って溶かしてあげるからーいい声出してねー騎士型さーん」
ばんばんばんと散弾を連射して発射しセイヴァーの全身に浴びせる

DSC04899.jpg

セイヴァー「きゃああ!!あああああっーーぐあああああああああッッーー」
ショットガンの攻撃を全身に浴びてもだえ苦しむセイヴァー、びしびしと装甲が削れ、柔らかい素体に食い込む銃弾

DSC04900.jpg

ヘル「ほほほほほーいい声で鳴くわねー、さすが可愛い神姫さんの鳴き声は一味違うわー
もっと泣き喚いてオーナーや仲間の名前を泣き叫んでもいいのよー、どうせ一人で来たんじゃないでしょ?」

セイヴァー「はあハアはあはぁ・・・黙れ!!私は一人だ!!誰も助けなど呼ばないし!!仲間などいないッッ!!!
あんな奴に助けてもらわなくても私は、お前みたいな化け物神姫になんか負けないッッ!!」

ヘル「あんな奴?なんのことか分からないけど・・・私のことを化け物なんだなんてひどいこといってくれるじゃないー」

DSC04901.jpg

セイヴァーは息を荒らしく苦しそうに吐きながらも剣を握り立ち上がる

セイヴァー「はあはあはぁ・・・・うぐ・・・はぁはぁ・・・私は騎士型なんだ、接近戦で負けるわけにはいかないんだ・・・この剣が折れないように私も折れないッッ!!!」

DSC04902.jpg

ぎゅっ噛み締め、痛みに耐え、ヘリ型神姫を睨むセイヴァー すうと息を吐くと言った

セイヴァー「私の体は剣で出来ている 血潮は鉄で 心はガラス 幾たびの戦場を超えて不敗
ただの一度も敗走はなく ただの一度も理解されない 
彼の者は常に独り 剣の丘で勝利に酔う ゆえに生涯に意味はなく

その体は きっと 鉄で出来ていた 

はぁはぁはぁ・・・負けない!お前みたいな神姫に絶対負けないんだから!!」

DSC04903.jpg

ヘル「ほっ!!!!気に入らないねッッ!!!誇り高い騎士さまってのはさ!まるで私らのような
戦闘に特化した神姫を馬鹿にしてるように聞こえてさっ!!!!消えろッッ!!!」

ヘル・ウルフはまたセイヴァーに向けて一斉射撃を行う

ヘル「重火力で磨り潰してあげるわっーー!!!騎士型ぁッッ!!!!!!!!」

つづく
スポンサーサイト
[ 2009/01/14 00:07 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(2)

どうも、はじめまして。
日頃フィギュア劇場、楽しみにしつつも時々「これはちょっと……;」と思いながら読ませていただいてます。
具体的に言うと言葉が綺麗じゃないなぁとか(上から目線失敬!)、戦闘ヘリ型神姫とかもうヘリだけでいいじゃん!とか色々ありますが。

今回のお話はカタリナさんにしては珍しく(失礼!)、なんだか穏やかな感じのお話になってきてるみたいなので、安心して楽しみにさせていただいてます。

ではでは失礼しましたー。


それと。
文末に句点を打たないのは何かコダワリでもおありなのでしょうか?
個人的にはあったほうが落ち着くのですが……
[ 2009/01/14 02:57 ] [ 編集 ]

コメント返し

>黒江さま
はじめましてーコメント、アドバイスありがとうです

いろいろ突っ込み所が多すぎるブログですがよろしくです。
言葉が綺麗じゃないのは私の心が穢れているからです。
戦闘ヘリ型神姫とかもうヘリだけでいいじゃん!
だって変形するヘリ型神姫って今まで見たことなかったんだもん!!作りたくなるじゃない!!

今回の話は騎士型と武士型のお話です。
いつも殺伐と激しくバトルするお話にほんの少し優しさと絆をスパイスにつけました。
まあツンデレ同士の神姫がタッグを組んだらどうなるのかな?という素朴な疑問があったので検証してみた感じです。

文末に句点を打たないのは何かコダワリでもおありなのでしょうか?
単に忘れてるだけです、すみませんwwww

ではではー武装神姫 フュギュア劇場 これからもお楽しみにー


[ 2009/01/14 21:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/265-66e5df9a