武装神姫 フィギュア劇場 7 

武装神姫 「真零」     第1章 黒い神姫

DSC04116.jpg

中量歩兵型2「はあはあ・・・・・こ、この化け物め・・・・よくも・・・よくもみんなを・・・」

ロスト「ふっ」

ロストはヒュンと太刀を振るう。びちゃりと太刀に付着していたオイルが地面にかかる

DSC04117.jpg

中量歩兵型1「死ねッッ!!!!!!!!化け物ッッー!!!!」

歩兵型のマシンガンが火を噴く、その瞬間ロストは地面を勢いよく蹴り上げ間合いを詰める

中量歩兵型1「な、はや・・・い」

ロスト「動きが遅い、間合いの把握が出来ていない、弾のバラけ撃ちはやめろ、狙うならもっともっとひきつけてから・・・くす」

DSC04118.jpg

中量歩兵型1「おごッ!!ううう・・・アアアアアアアあっッー」

どちゅりと音を立てて胸部に突き刺さる太刀。ぶしりとオイルが飛び散る

ロスト「ひゃははっははっはッッーーー10人目ッッーー死ねッッ」

DSC04119.jpg

高射砲型「くそ!!撃て撃てッッー!!」

砲台型2「うああああッッ!!」

砲台型神姫が至近距離から砲撃を行うがロストは最小限の動きでそれらを交わす

DSC04121.jpg

中隊長「下手糞!!どこを狙ってる!!しっかりとよく狙って撃て!!」

砲台型2「アンタは黙ってろ!何が分かる!!」

高射砲台型「クソッタレ!!なんで、あたらねーンだよ!!!クソッッタレ!!」

戦車型「ううう・・・・」


DSC04122.jpg


ロスト「・・・・・・・・・さてと・・・あとはオマエラだけだね・・・後方でバカスカとよくも砲撃してくれたね?
どうしようかなー?一人ずつゆっくりと咀嚼するようにぐちゃぐちゃのとろとろになるまでねっちりとさ・・・
仕込み殺してあげようかな?」



DSC04123.jpg

戦車型がばちんと武装を放棄して叫んだ

戦車型「うあああああああああああッッーーーーーーーーい、嫌だッッ!!死にたくない!!!もう嫌だ」

DSC04124.jpg

戦車型「ひいいいいッッーー」

戦車型は一目散に駆け出した。遁走、見事なまでの敵前逃亡だった。

中隊長「あ!?こ、こらッッ待たんか!!逃げる奴は敵前逃亡で・・・」

DSC04126.jpg

ロスト「もちろん速・処刑だよね♪11人目・・・・・・死ね・・・・」

背後からいつの間にかすっと立っていたロストは戦車型のCSCを貫いた

戦車型「ッッーーーーー!?ギャアアッッぁああー」

ロストはゆっくりと嬲るように戦車型の胸部をえぐるように貫き笑い声を上げる

ロスト「きゃっはあはっはははーー私から逃げれるとで・・・」

DSC04128.jpg

その瞬間、高射砲の砲身が爆音とともに榴弾を放った

高射砲台型神姫の眼がきらりと光った。ロストが見せた一瞬の隙を突いたすばやい至近距離からの榴弾による砲撃

高射砲台型「おおおおおおおおッッ!!!!!そこだぁッッ!!ファイヤッッ!!」

高射砲台型は自分の勝利を確信した。広範囲による榴弾の破片と爆風の攻撃。
近接信管にセットし当たらなくても至近距離で爆発するようにセットされている砲弾

この距離で交わすことは物理的に不可能。ロストの軽装備、軽装甲では一撃でアナだらけになって完全な撃破が可能

しかも奴は一瞬だが、隙を見せた。自分はその隙を絶望的な状況からッ見逃さなかった。

高射砲台型「終わりだッッ!!!死神型MMS!!!ロストォー!!!!!!!!」


つづく
スポンサーサイト
[ 2008/12/20 20:46 ] 武装神姫 「真零」 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/243-102fb6ae