東カタロス社 キャサリン・ステュアート提督 

カタリナ社キャサリン提督設

東カタロス社はカタリナ社の子飼いの勅許会社。カタリナ社から勅許、特別許可状をもらい設立された貿易を主とする総合貿易会社で、特にカタリナ社グループの保有する植民地獲得への貿易、植民地の経済軍事支配の目的で作られ、そうした総合経済活動はリスクが大きかったので、会社設立の見返りとして経済貿易に関する独占権を与えられたもの。

カタリナ社の西欧諸国局はこのような形態の子会社を数万社ほど設立し、宇宙全体の総合経済管理を行なおうと、強引な国家組織支配やカタリナ社に対する敵対勢力の排除、銀河単位でのジェノサイドなど、圧倒的な経済と技術、軍事力で宇宙を拝金主義の名の下に侵略を行なっている。

キャサリン提督は東カタロス社ブリテン軍の総司令官であり、主にイギリス局の子飼いである。カタリナ社の代行として権限が強大であるが故に、その業務・範囲は非常に広範囲に渡っている。

義理事での総督の名代、代行、他組織との外交、紛争、抗争事件の陣頭指揮等を行うなど、荒事専門として彼女は行動している。他のカタリナ社の子飼いの関連会社や地域惑星国家、カタリナ社の植民地国家、属国の領主とも交易、外交、軍事指導も行なっており、愚かにも彼女に逆らう反抗する勢力に対しては同じカタリナ社グループであろうと容赦なく攻撃を行なう。
強大な力を持つ彼女に周辺群雄諸国は畏怖していたが、同時に東カタロス社の横暴に我慢がならず、密かに大規模な反抗を企ているとの情報がある。


というわけでなんか東インド会社ぽい感じの組織を作っていろいろやります。カタリナ社は多くの植民地や属国、関連会社や関連組織を有しているので、そういう勢力間での派閥争いとかいざこざ、小競り合い、複雑な政治事情があるので、そこら辺をオリジナルのメカとかキャラからめ手てだらだらと紹介していきます。カタリナ社という宗主国があってその下に属国や植民地、子会社、従属国、保護国などなど二次、三次勢力があって、それら横のつながりって微妙な関係だったりするんですが、カタリナ社はピラミッド構造でもありフラット構造でもあるので上下関係があるけど対等という矛盾です。

他にもたくさんのオリジナルのメカとか艦艇、キャラや世界観、漫画などを描いているので、暇があったらボチボチ紹介していきます。
スポンサーサイト
[ 2013/10/15 00:01 ] カタリナ社製兵器 | TB(0) | CM(4)

SFはあまり得意でなく、生粋の歩兵主義な為このシリーズはあまり興味を持っていませんでしたが、東インド貿易会社という単語でピクンと反応。
戦列艦やレッドコート…ロマンですよねえ。

出来れば地上軍の歩兵とかどうなってるか知りたいです。
[ 2013/10/16 04:52 ] [ 編集 ]

もう絵は飽いたわ
[ 2013/10/16 18:23 ] [ 編集 ]

東インド会社


帆船による西欧の世界進出(侵略)時代と西欧近代戦史に、前々から興味があったので、このシチュエーションはいいですね。
ネーデルランドの80年独立戦争や、ドイツの30年戦争、英蘭戦争、オーストリア継承戦争、七年戦争、アメリカ独立戦争、ナポレオン戦争などなど、本土と植民地を舞台とした大戦争には事欠きません。

モデルとしているのは、おそらくイギリスの東インド会社だと思いますが、初の「株式会社」となったオランダ東インド会社や、あまりぱっとしなかったフランス東インド会社(インド会社ともいうそうな)もありますので、これらもよろしくです。
[ 2013/10/17 00:09 ] [ 編集 ]

コメント返し

>ST-202Cさま

生粋の歩兵主義な為このシリーズはあまり興味を持っていませんでしたが、東インド貿易会社という単語でピクンと反応。
戦列艦やレッドコート…ロマンですよねえ。


たくさんの戦闘艦艇や機動兵器をいっぱい描いていますので、お楽しみにw

出来れば地上軍の歩兵とかどうなってるか知りたいです。

地上戦は巨大な人型機動兵器やメカが歩兵の代わりやっています。

そのうち紹介しますので、お楽しみに


>MOJOンさま


模型やフィギュアもいっぱいあるんですが、私の描いた絵もいっぱいあるので、随時紹介していきますのでお楽しみに

>madriax74さま

本土と植民地を舞台とした大戦争には事欠きません。


今の歴史があるのも東インド会社の果たした役割は大きいですよね。良くも悪くもwww

モデルとしているのは、おそらくイギリスの東インド会社だと思いますが、初の「株式会社」となったオランダ東インド会社や、あまりぱっとしなかったフランス東インド会社(インド会社ともいうそうな)もありますので、これらもよろしくです。


もちろん、フランス資本の西カタロス社、スペイン資本の南カタロス社やドイツ資本の北カタロス社など、いろいろありますのでお楽しみに!!
[ 2013/10/20 23:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/1602-3e5c8b74