きんせつ☆ 

xDSC04253.jpg

近接戦闘を仕掛けてくる相手を撃退するコツがなんとなく分かってきたwww


軽量で剣持って突っ込んでくる相手に対して後ろに下がって相手の前進する予測地点に弾丸を撃ち込んで
弾幕に相手を突っ込ませるのが一番確実でひるませるのに有効でした。


軽量で剣持って突っ込んでくる奴は装甲を犠牲に機動性あげているので、タイミングあわせてずらして攻撃するのが有効ですね。

スポンサーサイト
[ 2013/09/23 23:06 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(3)

重装備よりは機動性


発想としては、相手の得意技に引っかからない様にするという事でしょうか。
軽量化して突撃して来るというのは、戦国時代の「足軽」を連想させます。また、最近の軍用艦艇は、重装甲よりも機動性で身を守るという思想が主流。MBTもその流れになりつつ有り。
ギリシャ/ローマ時代の重装歩兵から騎兵へ、中世ヨーロッパの重装騎兵から軽装騎兵へ、平安時代の大脅鎧から戦国時代の軽装甲冑へ等など、歴史的にも重装備よりは機動性が重要ということで。

まあ、一言で言えば「当たらなければどうという事は無いっ!」と宣うた某大佐の台詞が全てを物語ってますね。
[ 2013/10/04 00:00 ] [ 編集 ]

「点」じゃねえ!☆「面」だ!「面」で殺れ!☆

武田騎馬隊は、信長の足軽鉄砲隊の前に破れた。敵の動きや考えを先読みして仕掛ける。先々の見、とか言うんだったっけ。
弾幕か・・・・やりましたな!
[ 2013/10/05 02:16 ] [ 編集 ]

コメント返し

>大鎌マニア さま


武田騎馬隊は、信長の足軽鉄砲隊の前に破れた。

あれって、史実はいろいろと違ったみたいですよねー

なんにせよ、騎馬隊が活躍することは今後の歴史ではなさそうなのが残念ですね


> madriax74 さま

相手の得意技に引っかからない様にするという事でしょうか。
軽量化して突撃して来るというのは、戦国時代の「足軽」を連想させます。また、最近の軍用艦艇は、重装甲よりも機動性で身を守るという思想が主流。MBTもその流れになりつつ有り。



装甲を取るか、機動力を取るかは、けっこう歴史の中で何回も逆転現象が起きて、いたちごっこが続いていますねw

歴史的にも重装備よりは機動性が重要ということで。


戦術的にみるとアンブッシュや待ち伏せ、地形を生かした戦いでは重装備が圧倒的に有利です。


重装甲よりも機動性で身を守るという思想が主流。


現在ではもうひとつの要素、ステルス性能が重視されてきて、機動性能より、隠密性能が重要になってきています。

まあ、兵器に関しては幅広い汎用性と運用方法が確立されていればどのような兵器でもそれなりに使えそうな気がしないでも・・・
[ 2013/10/06 01:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/1599-bf9c85e7