【モノクロ戦記】ヴィンター連邦 主力艦艇紹介  

今日はヴィンター連邦の艦艇群を紹介します。

我が家、オリジナルの宇宙戦艦でとりあえず共通点としては、あまり戦場で約に立ちそうも無い
触角があるという感じで、損害とか無視して猪突猛進で敵軍に突っ込んで攻撃するようなイメージ

連邦、ドキュウ戦艦、アスタ

連邦、主力戦艦、ガングート

連邦、重巡洋艦スクファルス

連邦、ティブローン級設定


他にもいろいろオリジナルのメカとか艦艇、キャラとか世界観とか戦闘シーンを書いているので、
ボチボチと紹介していきます。

スポンサーサイト
[ 2013/09/16 12:43 ] カタリナ社製兵器 | TB(0) | CM(2)

宇宙空間の戦闘は未知の領域


どんな兵器技術/移動技術/運用を行うかにも依りますが、広大な宇宙空間での戦闘は、どういう方法が最善か見当がつきません。
惑星間戦闘を例にとっても、相手の惑星まで出張ってのアウェイ戦闘が良いのか、それとも途中の空間においての会戦形式が良いのか。
実際の戦闘でも視認はほぼ無理でしょうから、センサ類のフル活用になるでしょう。そうなると、機器故障で、意外に敵艦が傍にいても気が付かないなんて事態もあり得そう。

ちなみに”触角”ではなくて”衝角”が正しいです。古代フェニキアやギリシャ諸都市国家、古代ローマで良く使ってました。

あと、イプシロンは、H2Aロケットの補助ブースターの拡張版みたいなものです。日本が有人宇宙飛行を行わないのは、ただ単に資金が無いのと、単独有人飛行を行っても国威発揚以外メリットが無いからです。(だからISSプロジェクトに参加しているともいえます。)
有人宇宙飛行をするなら、10トンの積載量を持ち、安定した打ち上げ能力をもつH2Aシリーズの方でしょう。
また、有人宇宙飛行ともなると、人工衛星を打ち上げる以上の技術と訓練、資金が必要です。通常の人工衛星で使用する部品が、有人となるともっと厳しい条件で選定される(とくに火災関連)事になり、予算は半端ない額になります。
使い回しが出来るという触れ込みで建造したスペースシャトルが打ち切りになったのは、実際人を乗せて飛ばしたら予想以上に金がかかってしまったから、経済性メリットが失われてしまったためと言われています。
要は、お金です。技術なら確立されているし実績もあるので、あとはどれだけ有人飛行に本気になれるか、ですよ。
[ 2013/09/16 23:34 ] [ 編集 ]

コメント返し

>madriax74 さま

広大な宇宙空間での戦闘は、どういう方法が最善か見当がつきません。

とりあえず、光が現在、確認されている最速の存在ですから、メインは光学兵器で遠距離から強力なレーザー、ビームで砲撃して、ある程度の距離に近づいたら魚雷やミサイル攻撃、艦載機からの空襲が有効そうですね。

もちろん、電子妨害や光学兵器を減衰させる兵器とかありますから、地形や状況を有効活用した感じになると思いますw

機器故障で、意外に敵艦が傍にいても気が付かないなんて事態もあり得そう。

実際に第二次大戦中では敵に接近してぶつかったりしていますしw

有人宇宙飛行をするなら、10トンの積載量を持ち、安定した打ち上げ能力をもつH2Aシリーズの方でしょう。

なるほどなるほど、もうちょっとロケットとか知識増やしたいですねw

[ 2013/09/23 22:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/1598-d96f85b9