一撃離脱戦法 

xDSC02593.jpg


一撃離脱戦法は、技量、物量などで上回る戦力に対して、被害を抑えるために正面からの戦闘を避けて攻撃後すぐに退避する、累積的な効果を期待する戦術。

古くから騎馬の戦法として利用されていた。ゲリラにも広く利用された。また第2次世界大戦において戦闘機の攻撃方法として広く利用された。

戦闘機による一撃離脱戦法は、目標となる敵機を見つけたら上空から一気に襲いかかって射撃を浴びせ、敵の前に出るより先に、急降下のまま逃げていく方法であった。

重戦闘機の得意な戦闘法である。一撃離脱戦法は、格闘戦で勝てない相手にも対等に戦える可能性を持つが、格闘戦を得意とする敵に必ずしも有利というわけではない。零戦とF4F、スピットファイアとMe109のように格闘戦と一撃離脱のどちらが有利な空戦に持ち込むかが勝敗に関係した


ミサイルやレーダーが発達したジェット機の時代になると一撃離脱は使われなくなった。 ミサイルやコンピューターが発達で遠方からの見えない位置で空対空ミサイル攻撃による戦闘が行われ、決着がつかずお互いに生き残ると近接戦になり格闘戦(ドッグファイト)が展開される。



というわけで一撃離脱戦法



ゲームでも使っている人多いんじゃないかと思います。

単調な思考しか持ってないCPU相手には非常に有効ですが・・・


対人戦ではなかなかうまくいかない人も経験あると思います。


そういう場合はかのウィリー・メッサーシュミット博士の「戦闘機は速度、上昇力、急降下性能に優れていれば相手を攻撃することもいったん不利となれば振り切って逃げることもできる」という考え

無駄のない小型機に最高のエンジンを搭載するという設計思想で作られたBf109を参考に

武装とか機体を見直してみるとうまい具合にいったりします。


我が家にも一撃離脱をコンセプトとした機体がたくさんあって、それなりの結果を出していますw
スポンサーサイト
[ 2013/07/08 23:58 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(6)

尻追い合戦(ドッグファイト)武者の恥
猪合戦(ブルファイト)こそ武者の誉


ラ「一撃離脱だと報償でないしね。ヤーヤーワレコソー」

一撃離脱しちゃったら敵も味方も覚えてくれないからな。
ちゃんと名乗りを上げてから刃を交えないと。
双輪懸もしないとかそんなものは御堂の戦いにあらず。
[ 2013/07/09 04:10 ] [ 編集 ]

あれ?Bf109ってほぼロベルト・ルッサーの設計だった様な……。

ただ目視戦闘のみとレギュレーションで縛られてるならいざ知らず。
センサー類が発達した神姫同士の戦闘だと、それこそ超高速で突っ込んでいく他無くなっちゃうんじゃないでしょうか。
加えて単調な直線機動が主になるので、あんまりお勧めできる戦術じゃ無いですよねと。

あ、対地攻撃なら一撃離脱は有効。
むしろウチみたいに、反復攻撃で徹底的に叩く方が異常(笑
ワイルドウィーゼルで対空兵器封じた後、爆弾テン盛り搭載したMk-Ⅱでボコボコに叩くのが基本とかドンダケー。
[ 2013/07/09 22:52 ] [ 編集 ]

 一撃離脱と言えば、
『F6Fが強かったんじゃない。急降下時の速度が勝っていたから零戦に勝てた』
 と言っていた、私のお爺様の言葉を思い出しました。
 そんなお爺様が本当に強いと認めるアメリカの戦闘機はP-51だそうで。

 それは兎に角、一撃離脱戦法は未熟なパイロットにでも出来るという点では評価できますが、問題はカッコいい戦い方ではないところ。そりゃ、戦いにカッコよさを求める時点で大間違いでありますが、格闘戦で相手の腹の探りあいも出来るようにならなければ一人前とは言えないのです。

 またまた余談ですが、私が前にやっていたある空戦ネトゲでは、バレルロールボタン(注:本当にボタン一つで自動的にバレルロールを敢行します)を押してバレルロールしながら加速すると、マッハを超えた速度で移動することができました。しかもバレルロール中は無敵と言う反則ぶり。当然、それを利用した一撃離脱戦法が常識になってました。明らかなバグなのに正式スタートからずっと直さない運営の怠慢振りには呆れましたよ、本当に……。
[ 2013/07/12 00:18 ] [ 編集 ]

コメント返し

>ST-202Cさま

一撃離脱しちゃったら敵も味方も覚えてくれないからな。
ちゃんと名乗りを上げてから刃を交えないと。


古き良き時代はもう二度とこないのだよ・・・

>ゴタローさま


センサー類が発達した神姫同士の戦闘だと、それこそ超高速で突っ込んでいく他無くなっちゃうんじゃないでしょうか。
加えて単調な直線機動が主になるので、あんまりお勧めできる戦術じゃ無いですよねと。


我が家では一撃離脱で戦艦型神姫で構成された艦隊を一航戦で屠ったSSS級の化け物神姫とかいるので、確立した運用スタイルと武装ならOkじゃない?



ウチみたいに、反復攻撃で徹底的に叩く方が異常


それもありですよね。うちのヘリ型神姫とかも反復攻撃で徹底的に叩くスタイルw

戦車型とか歩兵型の神姫は蜂の巣にww

>Qualさま

『F6Fが強かったんじゃない。急降下時の速度が勝っていたから零戦に勝てた』
 と言っていた、私のお爺様の言葉を思い出しました。


グラマンは重いですからねー、後、エンジンも設計も零戦とはぜんぜん違いますしw

戦いにカッコよさを求める時点で大間違い


F-32とF-35という戦闘機があってF-32の方が性能良かったけど、ブサイックな飛行機だったので、戦意、士気に関わるといってイケメンのF-35が採用されたって話もあるので・・・

戦いにカッコヨサはいつの時代でも必要w


そしてブサイクはいつの時代でもいらない子・・・エレガントな戦いの場にブサイクは必要ねーってことです


格闘戦で相手の腹の探りあいも出来るようにならなければ一人前とは言えないのです。


あーそれはわかるような気がしますww


空戦ネトゲでは、バレルロールボタン(注:本当にボタン一つで自動的にバレルロールを敢行します)を押してバレルロールしながら加速すると、マッハを超えた速度で移動することができました。


めちゃくちゃwww


[ 2013/07/14 12:40 ] [ 編集 ]

F-104 vs F-15


一撃離脱戦法というと、真っ先に思い浮かんだのが、F-104(JASDF)vsF-15(USAF)の模擬空戦(だったと思います・・・)

この時、F-104が最新鋭機のF-15に勝利判定を出しました。その時の戦術がF-104の特性を活かした一撃離脱戦法だったと記憶しています。(一部では有名な話らしいです。詳細は判りませんが・・・)
今までの模擬空戦などでは、F-104 vs F-15ではF-15の圧勝だったというのに。

現在では、ミサイルと電装機器の発達によって、ドッグファイト自体避けるようになってきていますから、実戦での戦闘機による一撃離脱戦法なんて見る事は無いんでしょうね。
[ 2013/07/20 23:03 ] [ 編集 ]

コメント返し

>madriax74 さま

F-104は最後の有人戦闘機とまで言われた名機ですからね・・・F-15とは運用思想がぜんぜん違いますよw


ミサイルと電装機器の発達によって、ドッグファイト自体避けるようになってきていますから、実戦での戦闘機による一撃離脱戦法なんて見る事は無いんでしょうね。


ステルス機とか無人機とか出てきているので、また思いもよらない運用思想で一撃離脱が復活するかも知れません
[ 2013/07/21 00:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/1586-3280dc26