ガンダムUC6巻を見て 

DSC05886.jpg

今日は4月1日ですが、嘘付く元気もないので、この間の土日に見たガンダムUC6巻の感想でも


ネタバレになるかも知れないので、まだ見てない人は見ないほうがいいかも?


やることなすことすべて裏目に出てマジでろくな目にあってないバナージ君。

ミネバさまはいつもながらきっついこといいはるしw

いつも『でも・・・』『それでも・・・』と思って足掻いてき事がいつも裏目に出てしまうと苦悩するバナージをマリーダは、優しく抱き寄せるシーンがががが・・・


マリーダさん、マジイケメン。バナージ君ウラヤマシス!ちゃっかりデートの約束してんじゃねえwwww


まーーーガンダムUCですが、実は私、最初、バナージ君があんまり好きじゃなかったです。

ですが、話数重ねるごとに青臭い理想論いいながらも、なんだかんだと自分たちの都合しか考えてない大人とか、どうしようもない状況に対して立ち向かっていく姿はちょっと好印象持っています。

まあ、それもガンダムって力があってこそだと思いますが・・・


まあ、なんでもそうなんですが、いろんなアニメやマンガ、ゲーム、映画の主人公と自分を比べて考えることが多いです。

架空の世界で架空の人物で自分とはまったく関係ないキャラなんですが、置かれてる状況とかたまーにそっくりなときとか、自分だったらどうしただろうとか、あのキャラが俺の状況だったらどういう行動とるのかとか、いろいろ妄想します。

とりあえず、自分に出来る最大限のことをして失敗したときとか、もうどうしようもないくらいへこみますね。
良かれと思ってやったことが失敗したときとか、成功したと思ったときが爪が甘くて失敗していたときとか



いろいろ、私は変に考えすぎかも知れませんね・・・


とりあえず、バナージ君みたいに私もマリーダお姉さんに甘えたいです。

あれ?マリーダさんってたしか19歳だっけ?2、29歳くらいと思ってました(汗)



スポンサーサイト
[ 2013/04/01 23:28 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(5)

自分見てませんが、CMで流れてたバナージとフロンタルの会話で。
「いずれ私と同じ絶望に突き当たる」ってフロンタルの台詞がありましたが。

聞いた瞬間に吹き出しました。

多分自分がバナージなら、その言葉に大爆笑した後こう返すでしょう。
『お前。人類に希望を抱いてたのか?
 絶望ってのは希望が有るから産まれるもんだ。
 ハナから人類に絶望したヒトモドキに、これ以上何に絶望するんだね?言ってみな』

自分性格がネジくれてるので、こう言う受け答えになるでしょうね。
M零で永崎を信用するか否かの時も、こんな事言ってた様な……。

まぁ、歳の割りに考えが無さ過ぎるのも問題ですが。
[ 2013/04/02 00:02 ] [ 編集 ]

マリーダさんはたしか18だったような………高3相当!?

6巻はまだ見てないのでさておき、バナージくんは正統派主人公として非常にいいキャラしてますよね。主人公はこうでないと。

>いろんなアニメやマンガ、ゲーム、映画の主人公と自分を比べて考える
やりますね。
「自分だったらこうは出来ないな」と主人公や登場人物の勇気やら大胆さやらに驚愕することもあれば、「なんでそうなるんだよ」と素人目で見てもずっこけることもあります。
「自分がキャラの立場だったら」を考えてるうちに、自分の思考がやたら悪役じみていることに気づいたりとか、なかなか面白いものです。

あと、自分だったらフロンタルさんの例の台詞には、

「人間ってやつに希望を持ちすぎじゃないか?地球上での差別やら何やらが表面だけ解決したら、今度は地球と宇宙で同じ事を始める。あんた達ジオンが『人類の革新』だなんだといって担ぎだしてるニュータイプ様だって結局は超兵器が使えるだけのパイロットになってるだけじゃないか。そんなの相手に希望なんか持てないね。自分自身含めて」

と答えることになりましょうか………
やっぱ厨二病抜けてないなあ、自分。
[ 2013/04/02 02:39 ] [ 編集 ]

コメント

>ゴタローさま

「いずれ私と同じ絶望に突き当たる」


あんまりコメントするとネタバレになっちゃいそうなんでアレなんですが

人類に希望を抱くってどうなんでしょうね?

どんな人であれ、ささやかな希望っていうか喜びってあるじゃないですか?

マリーダさんも好きな食べ物はアイスでバナージ君と食べに行きたいなーって言ってたんですよ。劇中で

好きな人と一緒に好きな食べ物を食べるってとても自然で素敵な行為だと思うんですよ。

そういう下らないささやかな行為のために明日を頑張るってそれが希望だと私は見て思ったんですよ。

大それた大義とか凝り固まったイデオロギーなんかよりも関係なくシンプルに


私もいろいろ絶望して、仕事とかで失敗したり疲れたりすることありますけど、家に帰ったら家族がいておいしいご飯が食べれて布団の中で安心して寝れる。

これだけでも十分、幸せで満足でささやかながら希望があるって思うんですよ。

世の中には、例えばジンネマンみたいに戦争で大切な家族を失ったり、マリーダさんみたいにひどい境遇で育った人も多いと考えると、まだまだ自分は甘えていて平和を享受していて、絶望とかそんなの語れないなって思うんですよ。

でも、そんな平和な日本とか社会でもやっぱり辛いことは辛いし、絶望することもある。

結局は、どんな状況であってもぐるぐると回って生きていくしかないと思うんですよ。


うまく自分の言葉に現そうとなかなかうまくいえないんですが、ずばり私が言いたいのは「諸行無常」、これにつきると思うんですよ。


私も歳の割りに考えが無さ過ぎるので、会社とかでもよく失敗しています。


もうちょっと大人にならないと・・・と思ってはいるんですがね・・・・


>クルセさま

6巻はまだ見てないのでさておき、

とても面白かったですよ!ぜひ見ましょうw

バナージくんは正統派主人公として非常にいいキャラしてますよね。主人公はこうでないと。


私は最初、小説から入ったんですが、正直微妙でした。

でもアニメみてバナージ君の評価変わりました。特に4巻の「撃てません」にはいろいろ来ました。

その甘さは正直嫌いじゃない!!

青臭い理想とかやったこととか裏目に出たりいろいろ悩んだりする姿も嫌いじゃないです。

非常に人間臭くて親近感沸きます。というか、今までのガンダムの主人公はエキセントリックすぎて感情移入できなかったのがあったりします。最近だとキラとか刹那とかヒイロとか!!


どっちかというとバナージ君はかなーり一般人に近くて超絶的な戦闘能力とか持ってないので非常にいいです。あくまでマシーンの力に飲まれて戦っているような感じですがwww


「自分だったらこうは出来ないな」と主人公や登場人物の勇気やら大胆さやらに驚愕することもあれば、「なんでそうなるんだよ」と素人目で見てもずっこけることもあります。
「自分がキャラの立場だったら」を考えてるうちに、自分の思考がやたら悪役じみていることに気づいたりとか、なかなか面白いものです。

分かりますよwww


フロンタルさんの例の台詞は一体誰の立場の台詞かによって大きく変わるような感じだと思います。



まあ、ステマじゃないですけど、ゴタローさま、クルセさま、6巻見ましょう!(ステマ)
[ 2013/04/03 22:25 ] [ 編集 ]

>人類に希望を抱く
自分としては、フロンタルの台詞を『旧人類への絶望』と捕らえたので、ああいう思考になったのですが。
好きな事して得られる幸せを『希望』と呼ぶのなら、それはそれで全然構わないと思うのですよ。
自分なんか、(エアガンとは言え)人間撃つ事に幸せ感じてるので救いようが無いですが。

ただ「出会いは別れの始まり」と言うように、何時か別離しなければならない。
人と人とは、完全に判り合う事はできない。
たとえ同じ環境に育ったとしても、それぞれが違う考え、違う感性を持つから。
ソレを指してフロンタルが『俺たち新人類の事なんか、旧人類は理解すらしてくれないんだぜへっへー♪』的な事を言ってるなら。

「だからどうした?俺たちには関係ない」

と、さも当然のように答えるのが自分です。
自分の事を理解して貰えない。当たり前です、他人だから。
だからちょっとでも理解してくれそうな君(バナージ)、付いてきてよ。甘えんなこのビチグソ野郎。
考えの立脚点が違い過ぎて、あそこで心揺れるバナージ君が理解できない俺が居る。

所でフロンタルさん見てると、昔の実写版(デブで超残念な)シャアしか思い浮かばず、笑えて困る(ぉぉ
[ 2013/04/05 23:24 ] [ 編集 ]

コメント返し

>ゴタローさま

人と人とは、完全に判り合う事はできない。
たとえ同じ環境に育ったとしても、それぞれが違う考え、違う感性を持つから。


それは思いますねwまあ、そういった分かりあうことができないと言うのは私は多様性の確保といった点でも必要なことかな?と思うので別に悪いこととは思いません。


もっと言ってしまうと、「分かり合うことができなくても共存は出来る」と思っていますし


フロンタルさん見てると、昔の実写版(デブで超残念な)シャアしか思い浮かばず、笑えて困る


実写版とかwww知ってますけど、あれはいろいろとひどいですよねw


ロボットアニメとか、そういうのは実写版にするとたいてい失敗するwww
[ 2013/04/07 19:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/1561-acb2e08f