突撃宇宙駆逐艦「磯風級」 

国連宇宙軍磯風級設定

突撃宇宙駆逐艦「磯風級」は『宇宙戦艦ヤマト2199』』に登場する架空の宇宙駆逐艦です。

今日は宇宙戦艦ヤマトに登場する古代守の乗艦「ユキカゼ」の同級を紹介します。
アニメの第1話では、第一艦隊所属の磯風型突撃宇宙駆逐艦が合計12隻登場しており、ユキカゼ以外の艦名および識別番号はネームシップの「いそかぜ (DDS-101)」、「かげろう (DDS-164)」、「しまかぜ (DDS-172)」、「ふゆづき (DDS-147)」、「あやなみ (DDS-103)」、「しらぬい (DDS-144)」、「はつしま (DDS-149)」、「たちかぜ (DDS-216)」、「あやせ (DDS-119)」、「しきなみ (DDS-106)」、「みなづき (DDS-148)」が登場しています。

いつもはガンダムとか他のロボットアニメに登場する戦艦やオリジナルのカタリナ社製の戦艦ばっかり描いているんですが、決して私は宇宙戦艦ヤマトが嫌いなわけではありません。
むしろ大好きです。
なぜ今まで描かなかったというとせっかく宇宙戦艦ヤマト2199が始まるので、どうせなら合わせて紹介していきたいないーと思いましてwww
ちなみにこの紹介イラストですが、自分なりにアレンジくわえています。
私の頭の中ではガンダムもスパロボOGも宇宙戦艦ヤマトも同じ地球を舞台とした作品で、いわゆる一種の次元軸が違う並行世界だと考えていますので、私なりにそれぞれのメカデザインやアクセントをアレンジして共通した部分やデザインを微妙に加えていますので、 過去に描いたスパロボ絵やガンダム艦艇イラスト、私のオリジナルのカタリナ社製の艦艇と合わせて楽しんでくだされば幸いです。

いろいろ見比べて見ると運用や設計コンセプト、系統の違いが分かると思います。ではではー

次回は宇宙巡洋艦「村雨級」を紹介します。

スポンサーサイト
[ 2013/03/19 00:37 ] イラスト | TB(0) | CM(2)

時代の差?


艦名は、間違いなく旧帝国海軍の陽炎型駆逐艦の艦名を意識してますよね。
でもネームシップは「いそかぜ」。
なにか、当時艦名を設定していたスタッフに思い入れでもあったんでしょうかね。
ネームバリューならば、「奇跡の駆逐艦」と言われた雪風の方が大きいと思うの
ですが。

兵装は、やはり当時の護衛艦を参考にしているのか、現代の護衛艦(駆逐艦)と
比較して、種類が貧相になのでは。(2世紀も経っているのに)
38年前では、これほどミサイル運用や電子戦が発達して来るとは思いもよらなかった、
と言う所でしょうか。

これらの設定に時代の差を感じます・・・。
[ 2013/03/21 20:16 ] [ 編集 ]

コメント返し

>madriax74 さま

私もそこんところ調べていて?となりましたww

まあ、大正時代に磯風型駆逐艦っていたから別にアレってわけでもないんですがねw

38年前とは大きく兵器が変わりましたね。

ちょうど今も最新鋭のロボット兵器やステルス機、ステルス艦、10式戦車などの次世代型兵器が次々と現れているので、今から40年たつと兵器もまた様変わりしているのか、はたまた第3次世界大戦が起きて人類死滅しているのかはてさて


個人的には平和な世の中が続いて武装神姫がリアルでいてほしいです。

イヤマジで!
[ 2013/03/22 00:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/1554-98951010