ガトリング砲について 

xDSC01155.jpg

ガトリング砲(ガトリングほう)またはガトリングガンは、1861年にアメリカ合衆国の医師リチャード・ジョーダン・ガトリングによって製品化された最初期の機関砲。

複数の銃身を外部動力(モーターなど)で回転させながら給弾・装填・発射・排莢のサイクルを繰り返して連続射撃を行う。

武装神姫、MMSにもガトリング砲は広く使用されている。


上記の画像は、コトブキヤ製の3mmガトリング砲である。カタリナ社製の戦闘攻撃機型MMSデザート・グリフォン、戦闘爆撃機型MMSドラッケン等に搭載され、MMS用の航空機搭載機関砲のなかで最大、最重そして攻撃力の点で最強を誇る。主に対戦車攻撃に利用され、強力な3mm弾を高初速、高サイクルで発射する。

各砲身は非常にシンプルな構造であり、砲身と砲尾そして遊底からなっている。砲身の回転によるカムの動きで発射速度が変化する。(つまり、砲身の回転が速いほど発射レートも早くなり、遅いほど遅くなる。)砲身はモーターで駆動する。

本武装に関する都市伝説として「飛行速度の低下」が挙げられる。銃の反動が神姫の推進力に匹敵し、飛行速度が機関砲の発射によって落ち、撃ち続けると神姫が失速して墜落してしまうというものである。中には神姫が後方に進みだすといった滑稽な伝説もある。もちろん、これらの話はあくまで冗談の域に過ぎないが、3mmガトリング砲の反動がすさまじいものであることは事実である。


本ガトリング砲を搭載したデザート・グリフォンはバトルロンドにて猛威を古い、高い面制圧能力を有し

「Okay!Let's Parrrrrtttttyyyyyy!!!!」的にほとんどの神姫をアツアツのローストチキンにすることが出来た。



スポンサーサイト
[ 2013/03/16 23:26 ] 我が家の武装神姫紹介 | TB(0) | CM(8)

マイケル大統領専用のSHMAは大統領補正で何とかなってるが、ぜるのんもそうだけどあんな小さい弾倉だと2.3秒で弾が尽きそうだな。

ラス「必殺の無痛ガンの出番だー!」

ガンパレみたいに給水タンク並の弾倉背負うと動きが鈍くなりそうだし…
我が家では多分ホグのタレット以外で使わないだろうなぁ。

ステ「私も中隊支援砲持ってますしねー。でもロマンですよマスター!コマンドーしかりプレデターしかり、
ゲームの重装甲歩兵もたいてい持ってますし!
エヴァーズマンみたいにアチチとやるのが通ってもんですよ」

AOTと戦ヴァル3の重装甲歩兵はトラウマ(マテヤ)
[ 2013/03/17 00:22 ] [ 編集 ]

海保が使ってる20mmバルカンは、発射速度をM2重機並みに落としてるそうですけどねー。
あの不審船を銃撃してた奴。

ウチでもガトリングガン使ってるけど、アレは有るから使ってる程度だからなぁ……。
威力もミニガン程度の想定だし。そもそも携行弾数が少ないので、そんなにばら撒けないし。

一過航で目標物を薙ぎ倒すのに使われる程度だったりする。
[ 2013/03/17 00:53 ] [ 編集 ]

コイツは対地攻撃型神姫には持たせたい一品ですね。

ブキヤのバルカン砲はまさにA10のアヴェンジャーを髣髴とさせる
風格がありますね。

対地攻撃は地上掃射と爆撃が華よ。
爆撃と言っても急降下爆撃の方で、精密センサーで高空から投下して
ヒューボカンは作業っぽくて好きじゃないんですよね。
個人的にそういうことを神姫でやる意味あるのかな~と爆撃機でやれ。

爆弾はラファールの箱型クラスター爆弾とかデイジーカッターなどの
気化爆弾も好きなんですが…明らかにエースコンバットの影響です。

MSGといえば一発ネタっぽかったスパイラルクラッシャーは意外や
増加装甲や関節パーツとしても優秀ですね。

カブトとクワガタは家にもおりますが、他と比べると華がないのかな
と思う時があります。
デザインやギミックは悪くないですがナニカ足りない気がするのです
説明が難しいのでけど~。
騎士子武士子「ちょっとマスター、なんでこっち見てんのさ?」
[ 2013/03/17 00:53 ] [ 編集 ]

 後ろに進むのは冗談の域ですが、元ネタのあの機体はきわめて失速しにくいはずだったような。
 それよりも問題なのが、反動で機首が徐々に上がってしまうことらしいです。そのため微調整しながら撃っているとか。
[ 2013/03/17 10:18 ] [ 編集 ]

>ゴタロー様
詳しくは忘れましたが、海自は100~200発の指切りで撃ってますね。
んで誤って一発余らせて給弾する時暴発する事故がw
陸自は6発指切りはともかく、あんな早くて大きいブツを訓練次第で制御出来るんだから人間ってな凄いもんですな。
[ 2013/03/17 18:31 ] [ 編集 ]

多砲身、か、、、、、。
[ 2013/03/17 20:43 ] [ 編集 ]

銃身とっかえの手間を省いた良兵器!なんですが砂が詰まったりすると動かなくなるのが玉にキズ・・・・って感じでしょうかね?ガトリングって。
でもガリガリ撃ちまくるのは爽快の一言ですよね!
[ 2013/03/18 00:10 ] [ 編集 ]

コメント返し

>皆さま たくさんのコメントありがとうございます。


日付が変わる前になんとか会社から家に帰ってこれましたカタリナです。

この3,4月は年度末なんで一番忙しい時期ですが、仕事も趣味も頑張って行こうと思っております。


さて、ガトリング砲

映画やアニメ、マンガ、ゲームなどで比較的よく目にする武器で、一般人でも知らない人はいないんじゃないかと思う知名度の高い武器です。


なにより分かりやすいのが、砲身がグルグル廻って大量の弾を吐き出すというインパクトのある絵になる武器です。

バリバリと撃つのは爽快で、ゲームとかでも私はよく使うのですが・・・

やはり問題も多い武器だと使っていて思います。

まずは重量、重い、デカイ、これはかなり致命的で厄介です。


まあ、その重量感やゴツサが魅力といえば魅力なんですが、実戦でバリバリってやろうとすると取り回し悪かったり反動凄かったりでイマイチってことも



ちなみにボーダーブレイクというロボゲーでは自分は最初、ガトリング使ってましたが、単装機関砲に乗り換えました。

弾をばら撒くより、正確に一撃一撃を集中して撃ち込む方が効率がいいというか、役に立つことが多かったからです。

後はガトリング砲は空転時間があって、非常にシビアなんですが、その空転時間が勿体無いという部分もありました。

まあ、それでも高い面制圧能力は素敵で、ザコを蹴散らす場合にはガトリングの砲が有効です。

文字通り弾幕晴れますしw



[ 2013/03/19 00:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/1553-1c9f63eb