ガンダム艦艇イラスト その6 

ムサイデラーズフリート

軽巡洋艦 ムサイ級後期型

【武装】

連装メガ粒子砲 連装120mm機関砲 ミサイルランチャー

【搭載】
最大搭載機数  6機まで

【特殊兵装備】
ミノフスキー粒子散布可能

【サイズ】
全長 250m

モビルスーツ (MS) の運用を前提に開発されたジオン公国の軽巡洋艦。多数の同型艦が建造された。艦の形状は主艦体後上方に支柱が伸び、その最上部に艦橋を備え、そこから左右下に伸びた板状の支柱の先にそれぞれ1基ずつの熱核融合ロケットエンジンを備える。艦橋の直下にはMSデッキが備えられ、艦後方に向けてMSを射出できる。またその側面には左右3か所ずつの補給ハッチがあり、パプア級補給艦からコンベアパイプによる物資の直接搬入が可能である。艦首下部にはコムサイと呼ばれる宇宙往還機を搭載している。

この型は改装強化された後期型ムサイに属する。火力が他のムサイに比べ優れている。

グワジン

戦艦 「グワジン級」

【武装】

連装メガ粒子砲 連装メガ粒子副砲 155mm連装機関砲 ミサイルランチャー

【搭載】
最大搭載機数  20機まで

【特殊兵装備】
ミノフスキー粒子散布可能

【サイズ】
全長 450m

艦隊の旗艦となるべく建造された艦で、完成と同時にもともと戦艦であったチベ級は重巡洋艦に艦種変更されたとされる。ジオン公国軍の艦艇の中でも特に強力であるとされ、モビルスーツを数十機以上搭載可能な他、連装メガ粒子主砲×3基、連装メガ粒子副砲×10基、その他ミサイルランチャーと個艦火力も充実している。外見的な特徴でもある球形の大型燃料タンクを持ち、無補給で火星と木星の間にあるアステロイドベルトまで辿り着ける長大な航続力を持っている。

ムサイ改ジオン本国

軽巡洋艦 ムサイ改級

【武装】

連装メガ粒子砲 連装機関砲 ミサイルランチャー

【搭載】
最大搭載機数  6機まで

【特殊兵装備】
ミノフスキー粒子散布可能

【サイズ】
全長 250m

モビルスーツ (MS) の運用を前提に開発されたジオン公国の軽巡洋艦。MS運用艦としては最初期に開発運用された巡洋艦であるが、優れたその設計コンセプトは連邦、ジオン問わずに大きな影響力を与えている。優れた性能を有していたため多数の同型艦が建造された。艦の形状は主艦体後上方に支柱が伸び、その最上部に艦橋を備え、そこから左右下に伸びた板状の支柱の先にそれぞれ1基ずつの熱核融合ロケットエンジンを備える。艦橋の直下にはMSデッキが備えられ、艦後方に向けてMSを射出できる。またその側面には左右3か所ずつの補給ハッチがあり、パプア級補給艦からコンベアパイプによる物資の直接搬入が可能である。艦首下部にはコムサイと呼ばれる宇宙往還機を搭載している。

本級は主力艦艇としてムサイ級に近代化改修を施した物で、基本構造は大差は無く、単装対空砲が2基追加された他は、熱核反応炉や放熱機構に改良が成されている程度となっている。

チベ改

重巡洋艦「チベ改級」

【武装】

3連装メガ粒子砲 連装機関砲 ミサイル発射管

【搭載】
最大搭載機数  18機まで

【特殊兵装備】
ミノフスキー粒子散布可能

【サイズ】
全長 350m


メガ粒子砲が開発されるより前から存在したジオン公国の化学燃料とプラズマロケット併用推進艦で、当時は実体弾を発射する3連装砲を装備していた、そのため戦艦扱いで運用されていたが、後にチベ級を上回るグワジン級などが登場すると、旧式化したため重巡洋艦に艦種変更された経緯がある。しかし後にその火力と厚い装甲が評価され、一年戦争前に近代化改装を受け、突撃艇格納庫を転用してMS(モビルスーツ)搭載能力も追加される。MS発進口は艦首にあり、艦内には短いながらMSカタパルトも装備されている。
ムサイと比較すると火力とMS搭載能力に優れ、防御力や機動性にも富むため、小艦隊の旗艦として用いられることが多かった。

本級はチベ級をさらに改良したタイプであり、ムサイ改級軽巡洋艦とは違い大幅な改修がなされており、MS専用のカタパルトを艦首に備えている。火力の増強も図られ、艦体後部と艦中央に単装砲塔が副砲として装備された。前級同様に艦隊旗艦として運用されることを想定されており、指揮通信設備や艦隊司令部の要員が詰めるスペースなどが充実している。

グワンバン

戦艦 「グワンバン級」

【武装】

大型メガ粒子砲 単装副砲 連装機関砲 ミサイル発射管

【搭載】
最大搭載機数  20機まで

【特殊兵装備】
ミノフスキー粒子散布可能

【サイズ】
全長 450m

アクシズ製の大型戦艦である。旧ジオン公国のグワジン級戦艦の発展型に当たり、アクシズ独自の高度な技術が投入されており、性能的には次世代に位置する艦となっている。戦艦としての火力、搭載能力は後のアクシズ艦隊旗艦のグワダンやサダラーンには劣る。しかしモビルスーツデッキには大型モビルアーマーを収納や整備できるスペースがあり、40メートルクラスのMAを搭載することが可能。



というわけで、ジオン公国およびアクシズ製の諸艦艇です。一部の艦はガンダムUCにも登場しています。
上記のイラストはいろいろデザインをアレンジして描いていたり設定を自分なりに解釈しているので、一部本家とは違う部分もあるのであしからず。

今後のミッションで敵もしくは味方ユニットとして登場するかも?
スポンサーサイト
[ 2012/08/19 19:38 ] イラスト | TB(0) | CM(2)

カタリナさん、グワジン級の名前がムサイになってます!

それはそうと、ムサイ級にしろ、それの流れをくむエンドラ級にしろ、エンジンブロックと船体の間に入り込まれたらほぼ何もできないってのはどんな設計なんでしょうかね………基本設計が連邦軍MS対策を考慮してないムサイ級はまだしも、MS万能論が猛威を振るっていた時代のエンドラ級はなぜ………
[ 2012/08/19 21:26 ] [ 編集 ]

コメント返し

>クルセさま

どうもありがとうございます。間違えていましたw訂正しましたよー

エンジンブロックと船体の間に入り込まれたらほぼ何もできないってのはどんな設計なんでしょうかね

それはムサイが元々はとある有名なSF作品の宇宙船をひっくり返したからですよww

エンドラ級は実は機関砲がエンジンブロックと船体の間にあったりw

[ 2012/08/19 21:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/1491-e7b842e3