武装神姫 零 第203話?第204話 

尖閣諸島・・・東シナ海に浮かぶ小さな群島である。20世紀後半からこの尖閣諸島は中華人民共和国、台湾、日本が領有を主張していた・・・しかし、2036年12月1日ついに統一中国が尖閣諸島に対して軍事侵攻を開始。数隻の強襲揚陸艦と2千機を超える軍用神姫の一個大隊を尖閣諸島に派遣。統一中国軍は尖閣諸島を統一中国のものであると全世界に発表、豊富な地下資源を目当てに強引に占領したその統一中国軍の行動に対して台湾、日本は憤慨した。米国連合は統一中国軍の軍事侵攻であると批判。沖縄に駐留していた第七艦隊、及び日本海軍の東シナ海方面軍艦隊を出撃、世界中のデフコンレベルが一気に高まり、一瞬即発の非常に危険な状態になった
203wa.jpeg

この事態を受けて日本軍はただちに尖閣諸島を奪還するために爆装、雷撃装備を施した。重航空神姫1400機を緊急発進。日本政府は憲法9条を拡大解釈した新法案『国家防衛戦法案』を適用。統一中国に対して国家防衛のためになら防衛戦争もやむなしと言った。強行策を突きつけた。
日本の予想以上の迅速で強行な軍事アクションと国際世論の猛批判を受けて統一中国軍は尖閣諸島から直ちに軍を引き上げることを発表。スクランブル発進した日本軍の重航空神姫は引き返し。この尖閣諸島占領問題は収束に向かったが、この事件は日本が急速に軍事化を進めていることが露見し、統一朝鮮、欧州連合などから批判を受けた。日本は統一中国軍の挑発行動に乗ってしまったのである。この事件は世界中のメディアで報道された。しかし、日本政府は逆にこの状況を利用し、日本近隣諸国の侵攻脅威を煽りさらなる軍備拡張のために軍事法案を強行可決、この事件の後、急速に軍事化が進んだ。
204wa.jpeg
スポンサーサイト
[ 2008/06/01 01:39 ] 武装神姫 「零」 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/145-4f0c72c5