スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

MMS-零  新章「purgatorium」 

ハイスピードメカアクション・オンラインロボットゲーム

MMS-零(エムエムエス ゼロ)



:ストーリー


西暦2340年代初頭・・・・

地球連邦政府が統治能力を徐々に失い、それに伴い各地で武装神姫によるテロ行為や暴動が頻発していた。それらを鎮圧し、秩序の回復を図るため、MMSはより強力かつ高度に機械化され、軍やテロリストに様々な兵器を供給するMMS企業もまた、数社のMMS企業から成る強固な軍産複合体を形成し、その影響力を強めていった。

zDSC09797.jpg

加速するMMS社会の破綻により、ついには既存のMMSシステムが存亡の危機に陥るに至り、新たな統治体制の確立を目指し、実質的最高権力組織となっていたカタリナ社率いる企業組織『MMS企業連合』が、地球連邦政府および群集コロニー国家連盟に対し全面戦争、「MMS戦争」を開始した。

org15223_0_90742.jpg

xDSC04149.jpg

xDSC04123.jpg


MMS戦争は、カタリナ社率いる企業側『MMS連合』が投入した最新鋭MMS部隊、特に、素粒子技術などの最新技術を盛り込んだわずか数百機にも満たないSSS級ランカーMMSの投入によって、数多くの諸国家はなすすべもなく壊滅し、勃発からわずか一ヶ月程度で、カタリナ社率いる企業側『MMS企業連合体』の圧倒的勝利で終結。これにより、カタリナ社率いる企業による統治が開始された。

xDSC04796.jpg


後にMMS戦争と呼ばれた凄惨な一方的な殺戮劇は終わった。

人類はようやく平和を取り戻したかに見えた。

鬼鋼モノクロ

カタリナ社戦艦1-のコピーBO


カタリナ社はかつての旧列強国の経済圏を中心とした大企業にたいして強固な経済同盟を結び、圧倒的な経済力と軍事力で世界の3分の1を支配した。

USA局、イギリス局、日本局、ロシア局、フランス局、ドイツ局、カナダ局、オーストラリア局、イタリア局、サウジアラビア局、イスラエル局、コリア局などの先進国、経済、技術、資源、軍事大国は、お互いの利権を守るために独自に自治権を有し、互いに補完しあっていた。

月面に数多くの月面都市や軍事基地を建設し、宇宙にも数百を超えるスペースコロニー、宇宙ステーションを建造し、多くの人々を殖民し、自分たちに都合のいい世界を作っていく。

人種、宗教、言語、民族、主義の違いをこえたカタリナ社の結束した理由はひとえに「金」だった。

「金」のためならカタリナ社は容赦ない行動、非人道的、常識から激しく逸脱するような奇行をとった。

zDSC07625.jpg

xDSC03158.jpg

xDSC03217.jpg


カタリナ社は地球圏の支配者として君臨した、だが、その支配体制も自らが招いた傲慢な行動により、旧地球圏を支配していた地球連邦および地球連合、国際連合などの旧支配勢力から大きな反感を買うのは、必然であり、さらなる結束を促してしまう。

xDSC04677.jpg

xDSC04723.jpg

xDSC05129.jpg


また、カタリナ社は自分たち以外の各独立コロニー・サイドを「敵国」扱いし、圧倒的な経済力を通じてありとあらゆる関税を課す、経済封鎖、などの多くの搾取、嫌がらせを行うようになった。

xDSC01705.jpg


数多くの独立したスペースコロニー国家群雄諸国は弱り果てた。

ジオン公国は「全体主義」の地球連邦とも「拝金主義」のカタリナ社ともどちらとも相容れないと割り切った。

xDSC06097.jpg

コーディネイターが中心となって作り上げた砂時計型をした新世代コロニー、プラント政府もジオン公国と同じ思想で、「差別排他主義」である地球連合も「拝金主義」の金の亡者であるカタリナ社もどちらも思想的に相容れることはなく、他のコロニー国家群、火星に強制移住させられた火星移民の末裔「ヴェイガン」も、旧支配者であった連邦、連合共に信用できない、新支配者となったカタリナ社引きいる企業連合はもっと信用できないとして、宇宙に点在する独立コロニー国家で軍事同盟を結ぶ。

xDSC02060.jpg


だが、一部の経済コロニー群であったサイド6や多くの企業が集まる月面都市国家群、木星輸送船団、コロニー公社は中立を保ち、どの勢力にも組しないと公言した。

またある宇宙都市国家群は、長引く地球圏の戦乱にあいそを尽かし、巨大な居住艦を中心に大規模移民船団が結成され、人の住める惑星を探して太陽系から脱出する集団まで現れた。

さまざまな主義主張、思想、宗教が入り乱れ、人類は地球圏は混沌の渦に巻き込まれ、多くの人命が失われていく。

xDSC02362.jpg


ほんの一握りの一部の傲慢な者たちによる私利私欲による利権争いによる戦乱は地球だけでなく月、広大であったはずの宇宙空間まで汚し破壊しつくしていく。圧倒的な「金」と「暴力」による時代が始まった。

MMS.jpg









:ゲームシステム

このゲームはオンラインで架空のゲーム地球上の各地を転戦しながらあなたの所有する神姫と共にミッションを進めていくというスタイルを採っています。

各都市・地域、陣営で個別に依頼が発生するようになっています。あなたのアバターと所有する神姫と共にミッションを行えるステージも組み込まれています。

明確なストーリー展開がなく、いわゆるラスボスも存在しませんが、多種多様なミッションが組み込まれています。

あなたの自慢の神姫で、さまざまなミッションに参加し、貴方の武装神姫の戦闘経験地を高めましょう。

新章「purgatorium」が始まります。

お楽しみに!

スポンサーサイト
[ 2012/04/28 02:03 ] ミッション | TB(0) | CM(11)

(@社長室。エクセレンは回収成功)
レイキャスト「MMS戦争、か・・・。今じゃその惨状を知ってるのは、俺とルカ達ベテランと、フィガロ女史、それから技術部のおやっさんだけになってしまったな」(遠い目)
ルカ「今でこそ一個中隊まで規模を戻せましたが、それでもメンバーの過半数は戦後の入隊です。致し方がないかと」
クリス「ところでさ~、この会社ってマスターのパパが作ったんだっけ?」
レイキャスト「ああ。あの時の任務で、MS、PT、KMF合わせて60機近い部隊がMMS10機に壊滅させられた。親父はヒヨッコだった俺の乗ってたゲルググを庇って、撃墜された。それからだ。『MMSが全てじゃない』って、俺の目標ができたのは。あの時は機体もパイロットもロクなのがなかった。だが、今は違う。親父を落としたあの赤いMMSをこの手で倒すまで、立ち止まれるかよ・・・!」
ルカ「了解しました。私たちは、マスターを全力でお守りします」
キャサリン「すでに忠義の杯を交わした仲だ。いまさら、逃げる気などない」
クリス「バックアップは、任せてちょ~だい♪」
レイキャスト「お前ら・・・。ありがとう・・・」(目頭にこみ上げてきた熱いものを手で拭う)
[ 2012/04/28 13:41 ] [ 編集 ]

-俺には似合いの戦場だ-
火種は宇宙にまで広がっていたか。国連に地球連合、ジオン残党、ザフトにコロニー国家群…カタリナ社の敵は多い様だな。
あんな真似をしていれば当たり前か。

ラス「でぇマスター私達はどうするのさぁ?」
恒久紛争維持…我々の戦いはその為だけにある。
限定戦争に戦争法人。アレこそ人が辿り着くべきステージさね。
人間と言う種族は天敵が居ない。だから際限なく増える。故に自身を天敵として間引きをしなければならないのさ…

誰かがふと考えた「地球の未来を守らねば」と…

ロイド「エレガント閣下と寄生獣と…混ぜ過ぎて良く分からないぞチーフ」
[ 2012/04/28 19:23 ] [ 編集 ]

タイトルが・・・

今回の副題が「purgatorium」。
ラテン語/ドイツ語だと”煉獄”の意味になるそうな。

ヴァカリネー「地獄、じゃないんだな。」

煉獄は、キリスト教・カトリック教会の教義で、地獄と似たり寄ったり。
違いは、救済の望みがある点、だそうだ。

ヴァカリネー「さっき、ググったら、”脱出ゲーム”の文字がでてきたぞ?」

結局、どんな手を使ってでも、逃げ切ったら勝ち、というところか。
逃げる手段は、既に用意してるけどな。

ヴァカリネー「?」

統合宇宙軍から、中古のフネを一隻譲ってもらった。ADEPT社経由でね。
問題は、その経費が馬鹿にならないということだ。
逃げるためにも、皆には頑張って稼いでもらわなければならない。

ヴァカリネー「うわぁ、まさに”煉獄”じゃあぁ!」

さて、まずは厚木基地に戻ろう。
今日は、日米親善基地祭だ。後片付けの仕事が待ってるぞ。

ヴァカリネー「・・・生まれ故郷のシアトルに返して・・・」
[ 2012/04/28 20:58 ] [ 編集 ]

――――  TOPOL傭兵団基地 中央広場  ――――


TOPOL「この前の戦争から5年、、、、、あっという間だな」
ローザ「この前は地球連邦、今度はカタリナ、、、、、。
次も犠牲を強いられる事になる」
TOPOL「地球連邦は崩壊し、次はカタリナが潰しに来る。
まったく嫌われたもんだ。泣けてくるね」
ローザ「、、、、、それで、どうするんだ?」
TOPOL「火の粉が降りかからないようにするには、
火を消すのが一番効率的だろ?俺はそれをやろうと思う」

アナウンサー≪『平和の守りに』に合わせて演舞するアーンヴァル編隊は、
スヴェートカ少尉の率いる第1親衛航空小隊です。
見事な編隊宙返りをご覧ください!≫

KWAOOOOMM!

TOPOL「、、、、、ほう、編隊が乱れないな。通信長に良いトコ見せたいらしい」
アカーツィア「あ、こんな所にいた!隊長ォー!!」フリフリ
ローザ「、、、、、やれやれ、喧しいのに見つかったな」フッ
TOPOL「ま、せっかくの『建国記念日』だ。ゆっくり羽を伸ばすとしようや」



報告
『ノヴォシビルスク連邦 独立戦争戦勝5周年記念式典』
がTOPOL傭兵団基地で開催されました。
式典の様子は全世界に中継されます。
[ 2012/04/28 21:03 ] [ 編集 ]

海賊船弁天丸のプラモが欲しい

ジュノ「これって宇宙進出フラグ?」
リディ「さ・・・・・・さあ?」
ジュノ「どーすんのさwアタシ宇宙とか行ったことないんですけどwww」
昭和時代のギャオスには宇宙ギャオスって亜種がいたんだけどねぇ・・・・・・
宙間戦闘に対応できる子は幾らか保有してるから平気だよ。
グラナティスちゃんとか、リディちゃんもね。
けど宇宙で活動し始めるとなれば戦艦どうしようかなぁ・・・・・・
ホエールキングとドラグーンネストは地上限定だし・・・・・・
リディ「マクロスクォーターは使わないんですか?」
アレね、すっっっごくランニングコスト高く付くのよ。
商品原価も高かったし。
まぁ、何はともあれ今後僕達の活動としては今まで通り。
財団とAE社の駒使いになりつつフルサイコフレームMMSや半生体MMSの開発実験しつつイリーガルMMSの捕獲と研究、後は好き勝手にバトルして稼ぐ。
以上。
リディ「あの・・・・・・大将、以前から気になっていたんですがね、大将の目指しているものって一体なんなんですか?」

科学の発展!人類の幸福!!!!!!!(迫真)

結論:超合金マクロスクォーター買うならGNアームズ4つ買った方がマシ(割とマジで)
[ 2012/04/28 21:19 ] [ 編集 ]

…ジオン残党にZAFTにヴェイガンに地球連邦/連合だぁ?
よくもまぁこんだけ外敵ばっかり作ったモンだ。
カタリナ・グループの上層部は"外交"なる言葉を知らんと見える。
建前を取り繕うだけアズテクやミツハマがまともに見えてくるな、実際五十歩百歩だけど。

ホリィ「それで、僕たちはこれからどうするんだい?」
そんなに変わらんよ。"人助け"さ。
依頼者は助けられてハッピー、俺は安っぽいヒーローごっこができてハッピー。
ほら、皆幸せ。まぁ、ST-202C氏も俺らの事こう言ったじゃん?
『偽善きわまる君達』ってさ。……まぁ、やらない善人よかやる偽善者って、どこぞの
偉大なシスターさんも言ってたじゃないの。
アイリス「…ここまで悪ぶるのが似合わない傭兵も珍しいな。まぁ、マイスターはお前だ。
私たちはソレに従うだけだよ、マイン・ヘルシャー(我が支配者よ)?」
へいへい、褒め言葉と受け取って置くよ。さぁて、さし辺り……宇宙で仕事請けるための母船が
欲しいなぁ。前回と前々回の報酬で足りるかしら?
デルフィーヌ「型落ちのものならなんとか、でしょうかねぇ・・・? かと言って、あまり古すぎても問題ですしぃ」
フェニックス「ある程度汎用性高いのは大前提よね。…あぁ、二人の愛の巣はいつになるやら(よよよ)」
ミスト「冗談は顔だけにしておけ、二クス☆ ぶっちゃけ、あんまり大きなお船はコスト掛かりすぎるかも~」
ジブリル「み、ミストさん(^^;) …天使型としては、AA級に憧れますけど」
イブリス「下らん、最低限の機能だけあれば良いだろう。…AA級は他所と被るな」
ミィ「こ、根性があれば生身でもなんとかなりますよっきっと!」
レージャ「流石にそれには無理が有りましてよ(苦笑)。…落とし所としては、ザンジバル級辺り、かしら」
瑛花「欲を言えばアルビオン…はクルセ隊と被るのよね。アーガマはちょっと厳しいわね」
リオン「……と、会議(?)が紛糾するのは私の予想どおり(くすっ)」
まぁ、おいおい必要になったら考えていきましょ。地上オンリーならフリーデン一択なんだがな。

そして最後にメタっぽい疑問が一つ。
一同「?」

…自社配信のオンラインゲームで、自社を悪役にするってどんだけエッジなんだよカタリナ社(ぁ
[ 2012/04/28 21:59 ] [ 編集 ]

太平洋上某所 ペガサス級強襲揚陸艦「キャリエッジホース」艦内にて

「宇宙に上がる可能性もあるか………G.G社にこいつを注文しておいたかいがあったってもんだ」

男が一人、格納庫内でシートを掛けられた、鏃型の「何か」を見てつぶやく。

「珍しいよね。マスターがGMやそれに準ずるMSとゲシュペンスト以外の機動兵器使うなんてさ。気でも変わった?」

いつの間にか男の横には「エウクランテ」型の神姫が立っていた。
彼女の視線もまた、「何か」に向けられている。

「たまには地面から離れてみたくなっただけだ。なんたってジオン野郎ですら重力に魂を惹かれちまってる。
 狼も死んだ。獅子も死んだ。心に牙を持つものは、すべて逝ってしまった、ってとこかね……今ならマクロス船団の連中の気持ちが少しは分かるよ……」

男の言葉にエウクランテはクスリと笑う。

「それガンダムじゃないよね……でも安心した。なんだかんだ言っても、いつも通りのマスターだもん」

「さいでっか。まあそういうわけだ。俺も慣熟訓練が必要なんでな。手伝ってもらうぞ?」

「当然。マスターと一緒に飛べるなんて夢みたいだしね!先に行ってるよ!」

男に笑顔を向けて、エウクランテは一足早くカタパルトに向かっていく。
その様子を見て男は微笑み、続いて視線を先ほどの「何か」に戻す。

「そういうわけだ!調整はもう済ませてんだろうな!」

「当然であります!今すぐ実戦投入も可能であります!!」

黒いフォートブラッグ型がハキハキとした声で返事を返すと、彼女の操作する巨大なメカアームがシートを外していく。
シートの下から姿を表したのは、白く彩られた航空機。
F-117を思わせる形状が特徴的である。
男はベルトのバックルを操作、「ライオトルーパー」スーツを着用するとラダーを上がり、操縦席に乗り込む。
「ライオトルーパー」スーツを「EXギアシステム」が包み込み、機体のエンジンに火が入る。
エレベーターがせり上がり、純白の機体を白日の下に晒す。
眼前に映るカウントダウン。
0と同時に男は叫ぶ。

「さて、早速テストだ!ナイトメアプラスEX,出るぞ!!」

白い翼が、大空に駆け上がった。








その様子をブリッジから眺めていたラプティアス型とアルトレーネ型が「歌うべきだろうか」と艦長代理を務めるストラーフ型に尋ねたのは、また別の話である。

クルセ隊 VF-171EX 慣熟飛行訓練開始
[ 2012/04/28 22:11 ] [ 編集 ]

《銀の車輪》妖精の騎士団side
プレスト「宇宙、ねぇ。当然とは言えカタリナ社、嫌われすぎだねぇ」
ファティマ「理念も理想もなくひたすらに邪欲に塗れた拝金主義だもんね。好かれる要素がないって」
ラナン「すると、これからは宇宙で戦うの? 困った、宇宙用の楽器を用意してもらわないと」
エルルーン「ですが、ゲームの説明には“架空のゲーム地球上の各地を転戦”とあります。確かに、宇宙での戦いは無いとは言い切れませんが」
プレスト「やれやれ、また面倒なことになりそうだねぇ」

(そう思っていた時、外でエンジンの爆音が迫ってきたと思ったら急停車した)

エルルーン「暴走族……?」
ファティマ「違う、あの威勢のいいエンジン音は!!」

(ファティマがそう言うと同時に、大きな荷物を持ってきた白と黒のマーブルカラーの神姫が入ってきた)

???「よっ、久しいじゃねぇかおめぇら!!」
ラナン「あら、久々に帰ってきたの。レースの方は如何?」
???「おぅ、ラナ姐さんお久! その答えは、この土産の中に入ってるぜ。イタリア産の珍しいヂェリとか沢山買ってきたから勝手に空けてもいいぜ」
プレスト「あはは、アリアやるじゃないかい。優勝トロフィーじゃヂェリを注げないねぇ」
アリア「へへっ、エダ、今回はメイヴの奴に目にもの見せてやったぜ。ラスト30分での追い込みは奴も予測できなかったらしくてな。メイヴの驚く顔は久々に傑作だったぜ……おっといけねえ、ファティマもエルも久しぶりだな。特にファティマは凄い戦いっぷりだったらしいねぇか。大したもんだぜ本当によ(※ルシフェのこと)」
ファティマ「う、うん。ありがとう」
プレスト「それより、これからの戦いはちょいと面倒なことになるかもしれなくてねぇ。アリア、手伝ってくれるかい?」
アリア「おうよ、その為に超特急で帰ってきたぜ。楽しいレースをぶち壊しにする奴等は、片っ端からとっ捕まえて反省させてやるぜ」
プレスト「さっすが! それでこそ、あたしの相方だねぇ」
エルルーン「あんなに喜んでいるプレストを見るのは初めてです」
ラナン「アリアとプレストは同期。だからライバルでありパートナーなの」
ファティマ「う~ん、宇宙が戦場になるかもしれないってことは……今は言わない方がいいかなぁ」


《瑠璃色の鷺》記述する乙女達side
(一方で“記述する乙女達”も、宇宙が戦場になる事を警戒しているのかも思ったら……?)

フーリー「………」(むすっとしてふて腐れている)
モリガン「う~ん、困ったなぁ。どうしたら機嫌直してくれる?」
ブエル「そうですねえ、ここは一つ、ケダモノのように荒々しく押し倒」(ノルンに口を塞がれる)
ノルン「やめなさい。大体それはもう“やった”でしょう」
ブエル「あぁ、やはり事後でございましたか。それは大変失礼致しました」

(それから、気まずい空気がずっと漂っておりモリガンは焦っていたが、暫くしてフーリーが口を開けた)

フーリー「……次に戦う時、モリィと一緒に戦わせてくれるなら考えてあげてもいいよぉ」
モリガン「ほんとっ!?」
フーリー「た・だ・し!! わたしの同意無しで他の子を押し倒すのはダメ!! それさえ約束してくれたらいいよぉ」
モリガン「ごめん、フーリー。君がそんなに嫉妬しているなんて知らなかったんだよ」(フーリーの頬にキッス)
フーリー「ひゃんっ、だからぁ、その分の埋め合わせはきちっとやってくれたら許してあげる♪」(モリガンに擦りつく)
モリガン「勿論、ちゃ~んとしてあげるから♪」(右手がフーリーの…―この文章は削除されました―
ブエル「いやぁ、フーリー様が帰ってきてから空気がすっかりピンク色になってしまいましたねえ」
ノルン「……痛いわ。深刻な頭痛がするわ。機能障害起こすレベルの。ちょっとブエル、頭脳部のメンテナンスを手伝って頂戴。この部屋に居ると致命的な障害を引き起こしそうなのよ……」
ブエル「畏まりました。ではお姫さん、僕の背中にお掴まり下さいませ」(四足になってスタンバイする)
ノルン「……毎度毎度、悪いわね」(そうして弱々しくもブエルの背中に乗った)
ブエル「いえいえ、お姫さんの事を思えば何一つ苦痛ではありませんから。さあ、行きましょう」
ノルン「……ふん、言ってなさいよ」

(ノルンを乗せたブエルが部屋を出て行った後、)

フーリー「あの二人もあんまり人の事言えないと思うけど~?」
モリガン「だよねぇ~」
[ 2012/04/28 22:48 ] [ 編集 ]

コメント返し

「purgatorium」

煉獄を知っているか?

天国と地獄の間にある場所だ。そこは、天国に入れず取り残された者が苦しむ場所

そう、この世界のことさ・・・


というわけで、新章です。

新章はよりいっそうの激しい戦いになっていきます。

あらゆる主義、主張、理念、宗教、人種、民族、国家が入り乱れた混沌の世界

皆様の神姫と共に戦場を駆け抜けましょう。

いろいろとゲームオリジナルのキャラとかユニットを用意していますのでお楽しみに!

[ 2012/04/30 00:20 ] [ 編集 ]

PSPから失礼します。

龍牙さま>
PL.母艦のコストでお悩みのようですね?
そんなあなたにはこれが一番!空にも宇宙にも行けて、主力艦艇だから数も多い!お買い得ですよ!

つ[エンドラ級巡洋艦]
[ 2012/04/30 00:23 ] [ 編集 ]

>レイキャストさま
アドバイス感謝です(礼)。ウチの運用方法も鑑み、ゆっくり考える事にしようかと(笑)。
[ 2012/04/30 07:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/1395-633b596c






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。