重忍者型MMS「ドブキ」 

xDSC03807.jpg

xDSC03810.jpg

xDSC03805.jpg

重忍者型MMS「ドブキ」

カタリナ社第3軍事開発局が開発した次世代型忍者神姫。

忍者型MMS「フブキ」は軽量高機動の典型的な軽神姫であったが、バトルロンドではその装甲の薄さや火力の低さが仇となり、重武装の重MMSの力任せの強引な強攻撃にまったく対抗できなかった。

xDSC03813.jpg


そこでカタリナ社はいかなる状況にもフレキシブルに変化して対応できる忍者の特性を、神姫の機能として取り込むデザインコンセプトを行い、フブキ型の持つ機動性を損なうことなく重装甲と重武装を盛り込んだ次世代型の忍者型MMSを再設計されたのが本機である。フブキ型の運用思想に基づいた新兵装を設定されながらも、武装自体は規格統合され堅牢な装甲、過分ともいえる出力と推力を持ち合わせ、重量級の機体だが、脚部に内蔵されたホバーエンジンにより地表を高速で滑走することが可能。同クラスの次世代型MMSにひけを取らぬ基本性能の高い重装MMSとして完成された。

武装面では白兵戦用のビームナギナタを主武装とし、両副腕部に固定火器として3連装ビームキャノンを搭載、更にバーニア付きの斬撃質量兵器であるトライブレードなど、近距離、格闘戦向きの装備がなされている他、大口径の実体弾砲であるジャイアント・バズなど遠距離火砲も搭載し、強行偵察や戦術偵察などを想定した実戦的な武装で構成されている。

ホバー走行による高い機動性と重装甲と重武装は実戦で高い信頼性を得ており、一定の戦価を残している。

xDSC03811.jpg

xDSC03815.jpg


主兵装

ビームナギナタ ジャイアント・バズ 3連装ビーム・キャノン トライ・ブレード 等


xDSC03835.jpg

多種多様な遠中近距離と対応する武装を備える。

xDSC03816.jpg

xDSC03817.jpg

xDSC03818.jpg

xDSC03819.jpg

xDSC03820.jpg

:ジャイアント・バズ

大口径の実体弾砲。強烈な威力を誇り一撃で相手を沈め黙らせる。

xDSC03821.jpg

xDSC03834.jpg


:3連装ビームキャノン

副腕部に内臓されたリアジェネレータ直結式のビーム兵装、近距離では高速連射による圧倒的な制圧力を誇る。

xDSC03824.jpg

xDSC03822.jpg

:トライブレード

近接誘導斬撃兵器。収納状態から展開しトリッキーな軌道で攻撃を行う。

xDSC03825.jpg

xDSC03830.jpg

xDSC03826.jpg

xDSC03849.jpg

:ビームナギナタ

ビーム状の刃を出力し斬撃、刺突用に使用された。


xDSC03840.jpg

xDSC03842.jpg


装甲は不要な際や邪魔なときはパージ可能。

xDSC03838.jpg

xDSC03836.jpg

フブキ弐型に明確に対抗した我が家のフブキ改良型です。モチーフはドライセンとかの重MS。カラーリングはZZのグレミー反乱軍仕様のドライセンカラーを参考にしています。
あえて袖付きにしたのはかっこよかったから!!

スカート付きのドム系MMSですが、いかかでしょうw武装もシンプルにまとめてみました。

xDSC03844.jpg


というわけで!!オリジナル改造神姫でした!!次回も武装神姫フィギュア改造お楽しみに!!!


ではではー
スポンサーサイト
[ 2012/02/07 23:27 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(5)

袖付きだ!
いつかの要塞でお世話になった時はセンサーパーツから見て新白子が本体だと思っていましたがなるほど、ふぶっほでしたか
一見ドライセン自体は女の子に似つかわしくないどすこい体型ですが、いざ武装に組み込んでしまうと違和感がどこかへ行ってしまいますね
宇宙世紀に武装神姫が存在したら一部のネオ○オン兵はこの子をパートナーとするのでしょうかw
[ 2012/02/08 13:07 ] [ 編集 ]

以前fgの方でも拝見しましたが、あいかわらずインパクトありますねぇ。

そもそも、重忍者という発想がなかなか出ないと思います。

手裏剣に見立てたトライブレードなど、ベースにドライセンを使用したのも
いいチョイスなのではと。
脚部のみ装備の状態だと、水遁の術とかいって、そのまま水面を
ホバリングしそうですしね(笑)。

[ 2012/02/08 21:30 ] [ 編集 ]

これはこれで纏まった感じはありますね。

唯どうしても気になる事は、名前の語感が悪すぎる事でしょうかね。(笑)
[ 2012/02/08 21:40 ] [ 編集 ]

今は大雪だし・・・

野外でバトルロンドして、雪に突っ込んで、”ドブッホ”と呼ばれる”悲劇”は避けたいですね。

ホバリング性能は、やはり水蜘蛛を連想させます・・・。
[ 2012/02/08 23:43 ] [ 編集 ]

コメント返し

> madriax74 さま

野外でバトルロンドして、雪に突っ込んで、”ドブッホ”と呼ばれる”悲劇”は避けたいですね。

ホバーで雪の上も高機動だぜ!!

>Qual さま

名前は・・・特に深い意味はありません!!

>シロさま

そもそも、重忍者という発想がなかなか出ないと思います。


重忍者というのは、自分が昔描いていたマンガに出てくるオリジナルの忍者です。

忍者というと一般的には

隠密性の高い素早い動きを得意とし多彩な武器や忍術を使うといった軽量ですばやいイメージだと思います。

でも基本的に軽武装なので、直接戦闘には向かない、決定打を与えれないという弱点があります。

現実の兵器で言うと

アメリカ合衆国のキャデラック・ゲージ社が設計した、4輪式の水陸両用軽装甲車「コマンドー」とか?旧ソ連の水陸両用戦車の「T-40」とか?

上記は偵察や斥候に使われ、水陸両用能力を有し、小型軽量で隠密性に優れています。

ただ、これらの車両は忍者同様、軽装甲で武装も貧弱だったので直接戦闘には向いていません。


そこで私が考えたのが「重忍者」というカテゴリーです。

忍者特有のすばやさと機動性をある程度考慮し、重武装、重装甲を施し、威力偵察や強行偵察を念頭においています。

ちなみにある程度の情報を得た後にさらに詳細な情報を欲する場合で「敵がそこにいる」ことが分かっても、あえて偵察行動を取る場合のことを強行偵察と呼びます。さらに詳細な情報を得る場合には威力偵察と呼びます。

「敵がそこにいる」ことが分かっても、練度、士気、弾薬の欠乏の有無など、そして何よりどういう命令を受けているかは分からない。これを探るために無視できない程度の攻撃を行い、対応を探るのか威力偵察である。平たく言えば、試しに射たれてみるのが威力偵察である。ただし現代戦では先に見つかった方がタコ殴りにされることが多いので、アメリカのように自軍の死傷者数に神経質な国は、こうした行動は取りづらい。

現実にあった兵器でいうと・・・

旧ナチスドイツ軍のSd Kfz 234「プーマ」がこれにあたりますね。


忍者に隠密性を無視して、重武装、重装甲を施し、先制攻撃を仕掛けて、相手の戦力や情報を探るという感じです。

まあ、相手が自分よりも貧弱だった場合はそのまんま直接戦闘を行い、殲滅する。

思ったよりも攻撃が激しく戦力が自分より優れている場合はある程度攻撃を加えた後、離脱とかそんなノリです。



威力偵察は自分もオンラインゲームとかでよくやります。

ある程度の機動力を有し、そこそこの武装と装甲を施した機体で敵に攻撃を仕掛けて、攻撃の弱い部分や脆い部分を見つけて、一旦退散し、改めて本武装で攻めて確実に叩き潰すといった感じです。


まあ、戦術の基本ですね。


>白餡 さま

一見ドライセン自体は女の子に似つかわしくないどすこい体型です


リアルでもドムみたいな女子はいますよね。ゴッグみたいな奴もいますし・・・・

宇宙世紀に武装神姫が存在したら一部のネオ○オン兵はこの子をパートナーとするのでしょうかw

ザク娘を作らないと・・・

[ 2012/02/09 23:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/1341-786aac76