スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オリジナル人型機動兵器  BT-101/F  「ゾルダート」 

ゾルダート 1

BT-101/F  「ゾルダート」

製造: カタリナ・リナ社
生産形態: 量産機
全高: 17.5m

武装:

アサルトライフル
大型ロケットバズーカ
スナイパーライフル
スペツナズナイフ
30mm機関砲

等など

乗員人数: 1


堅実な設計で量産性に優れ、稼働率の高さや使い勝手の良さ等からパイロットやメカニックからの信頼も厚くさまざまな地形、任務、状況、戦術に柔軟に対応し、圧倒的な物量と汎用性であらゆる敵を駆逐するために設計されている。

機動力、火力、防御力、量産性とも非常に優秀であり。諸勢力はいわゆる「ゾルダートショック」と呼ばれる大きな衝撃を受けた。
特に防御力が高く、生半可な火器では分厚い装甲で防御されたゾルダートを一撃で撃破することは困難であり、ダース単位で重火器を抱えて味方の損害を無視し物量に物を言わせての突撃は多くの敵将兵に精神的なショックを与え、戦場が恐慌状態になることもしばしばあった。


主な特徴として

当時としては強力な武装。
避弾経始により高い防御力を誇る曲装甲
被弾したときに炎上しにくい(とされる)、燃費の上でも有利な高性能素粒子エンジンの使用。
長時間走行に適した高性能サスペンションを用いた頑丈な脚部。
悪路での戦闘に適していた、幅広で接地圧の低い幅広の足底
設計が徹底的に簡略化(初期の型に比べ、後の型ほど簡略化が顕著)された結果としての生産性の高さ。

この兵器の大量生産性は、他の機動兵器とは比べ物にならず、損害を上回る数が次々に戦場に投入された。ゾルダートは大戦中だけで数万機あまりが生産され、当時世界最多の生産数を誇った。

戦後、カタリナ社以外の諸勢力でもライセンス生産され、宇宙用のコロニー国家群や月面都市、火星や木星、などの他惑星国家等に輸出された。これら諸勢力製は製造ラインを受け継いで作られたが、表面仕上げや工作精度が大戦中のカタリナ製より良く、また装甲の形状などに微妙な違い(鋳型の変更)が見られる。

ゾルダートはその生産工場の違いと改良により、細部の異なる数多くのバリエーションがある。装甲の形状によりに大別され、さらに主な生産年、製造工場名で細分される。

旧式で目新しい技術も武装もないが、枯れた既存の技術を丁寧に研鑽し、量産性と整備製と堅牢製、稼働率を重視し、頑丈で強力な量産機であることを目指して設計されたその運用コンセプトは色あせることがない。

スポンサーサイト
[ 2012/01/31 00:21 ] イラスト | TB(0) | CM(2)

初めて拝見させて頂いた時から気になっておりましたがなるほど、実にTHE量産機ですね
個人的にこの機体はかなり好きですw
やはり勝手にカラーリングを変更して○○専用機とかやってるパイロットも居るんでしょうか

ところでプラモ化はまだですか社長!
[ 2012/01/31 00:28 ] [ 編集 ]

コメント返し

>白餡さま

ありがとうございます。ザクとかかなり意識していますw

やはり勝手にカラーリングを変更して○○専用機とかやってるパイロットも居るんでしょうか

真っ赤にしたり青色に塗ったりピンク色にしたり・・・


模型化wwwHGで出してほしいですね。価格は1000円くらいで

まあ、こういう頑丈そうな量産機ってけっこう怖いよねってことで!

[ 2012/01/31 23:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/1335-49ed6210






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。