重戦闘攻撃機型MMS 「シュペル・グリフォン」 2 運用考察 

xDSC04866.jpg


戦闘攻撃機型MMS 「グリフォン」

メーカー A/CUT DYNAMIX / KATARINA 
型番 F/A-224

近接航空支援能力に優れた戦闘攻撃機。

カタリナ社第2開発局が開発したこの武装神姫は制空戦闘、対地攻撃が可能なマルチロールMMSである。
Fは戦闘機、Aは攻撃機の意味。つまり戦闘攻撃両用機として主眼を置いている。


似たようなコンセプトの機種として第1開発局の戦闘爆撃機型MMS「ドラッケン」や第6開発局の多目的戦闘機型MMS「ライザー」シリーズがあるが、それらを差し置いて「グリフォン」シリーズは多種多様なニッチェを獲得するに至った。


xDSC04870.jpg


xDSC04871.jpg

まずグリフォンシリーズの大きな特徴として瞬間火力の高さが上げられる。


瞬間火力とは

攻撃性能を測る指標の一つであり単位時間当たりに与えるダメージ量及び攻撃力とリロード時間から算出される。瞬間火力が高いほど、短時間に多くのダメージを与えられる。


グリフォンシリーズはほとんど全ての武装を前面投射可能で、強襲に向いている。強襲とは陣地や要塞で防御を固めた重目標に対する圧倒的な火力を用いた攻撃手段であり、ドラッケンやライザーも強襲を得意とするが、グリフォンはより強襲に向いた機体である。


xDSC04875.jpg


強襲用という目的のため、大推力のスラスター及び姿勢制御用バーニアを全身に装備し、前傾姿勢での高速飛行が可能。高速で目標に辿り着く事が可能である。

また武器はビーム系のような素体のジェネレーター出力を割く兵装を避け、実体弾系兵装を装備する。これにより連続した攻撃を行っても機動用出力には支障が出ないよう意図された設計がなされている。また装備武器は、弾薬を全弾射耗した後はジョイントパーツごと排除・破棄可能で、デッドウェイトにならないように設計考慮されている。
装甲も、正面から見える部分のみに留める等、軽量化が施されており、高い機動性に貢献している。また、野戦での使用を想定して開発され、分解した状態で搬送し、容易に組み立てられ整備も容易なようにブロック構造化されているように設計されている。この構造の目的はメンテナンスの円滑化にあったともいわれている。

局地戦や厳しい環境下にでも耐えるように、艦上機仕様や熱砂熱帯仕様などのバリエーション、亜種が開発されているのも特徴である。


xDSC04884.jpg

戦闘攻撃機型MMS 「グリフォン」

メーカー A/CUT DYNAMIX / KATARINA 
型番 F/A-224-A

グリフォンの先行量産型、後の仕様のものとは頭部ガード周りと肩部のアーマー等の形状、脚部アーマーのセンサーレーダー有無などの違いがある

極めて優秀な機体であり、徹底した強襲戦特化により爆発的な攻撃力を持つ。その戦闘力は最新鋭の重MMSにも引けをとらない程である。一方で軽量化による高速性・高機動性追求のため装甲は薄くなっており、胸部など一部装甲に至っては廃されて露出してしまっている。

xDSC04888.jpg

艦上戦闘攻撃機型MMS 「シー・グリフォン」

メーカー A/CUT DYNAMIX / KATARINA 
型番 F/A-224-F

グリフォンの艦上機仕様、艦上戦闘攻撃機を考慮した改修がなされている。レドームも追加、頭部センサーマストの強化など電子戦装備も充実し航続距離の延長、運動性の向上等を実現している一方で、機体の重武装化等による空気抵抗増加の影響により速度、加速性能は前型と比べ低下しているともされる。またレーダーを性能を向上させた新型に換装している上、より高性能なミサイルも搭載可能とし、脚部に吊り下げ式パイロンを増設することにより、各種オプション、ミサイルや爆弾などを搭載し爆装できるようになっている。
またブロック化構造を考慮されている他、多機種(ウェル・ライザー)などの武装、弾薬や脚部の共通ユニット化など量産性、整備性もある。

xDSC04883.jpg

対地戦闘攻撃機型MMS 「デザート・グリフォン」

メーカー A/CUT DYNAMIX / KATARINA 
型番 F/A-224-D

近接航空支援能力に優れた対地攻撃機。兵装備搭載能力、攻撃力に主眼が置かれ、圧倒的な重火力を有する。
砂漠・熱帯用の機体。腕部に防塵フィルターが装備されており防塵処理を施し、頭部にはセンサーを増設し通信能力が強化されている。エンジン部分には航続距離延伸のための加速性及び作戦行動時間の向上が図られている。
だが兵器搭載能力の向上を実現している一方で、機体の重武装化等による空気抵抗増加の影響により速度、加速性能は前型と比べ低下しているともされる。また吊り下げ式パイロンを増設することにより、各種オプション、ミサイルや爆弾などを搭載し爆装できるようになっている。多数のハードポイントとグリフォン譲りの充分な余剰推力により発揮される兵装搭載量の大きさをそのまま受け継いだ対空戦闘能力が大きな特徴といえる機体である。様々な外部武装を装備できるが、強力な3.5mmガトリングキャノンを搭載し、多くの神姫を震え上がらせた。

xDSC04890.jpg


重戦闘攻撃機型MMS 「シュペル・グリフォン」

メーカー A/CUT DYNAMIX / KATARINA 
型番 F/A-224-SP

「グリフォン」の改良・大型化した強化発展仕様、多岐に渡る改修の結果、共通部品はごく僅かとなっており、実際には別物と言っても過言ではない程の再設計がなされている。大きな特徴として情報戦能力を大幅に向上している。また、レーダーをサイズや重量を殆ど増加することなしに性能を向上させた新型に換装している上、より高性能なミサイルも搭載可能としている。アクティブ・レーダーで同時処理が可能な目標数が「グリフォン」のおよそ倍となっており、限定的な電子妨害戦にも使用可能とされている。その他、各種ミサイルの携行能力や運用可能な兵装の種類が増えている。また大型防弾タンク装備等による航続距離延伸も図られている。強力な4mmスナイパーライフルは重い大口径弾のすぐれた弾道直進性を活かして、一般の小銃弾を使用する狙撃銃をはるかに上回る距離で狙撃を行え、大口径弾の貫通力を生かして重目標への攻撃にも使われ、障害物に隠れる敵を殺傷することもできる。超遠距離狙撃以外では対MMS用途としては威力過大(オーバキル)であると非難されることが多い。長い射程と正確な照準で絶大な威力を発揮し、ほとんどのMMSは命中すると上半身と下半身が両断して吹き飛ぶ程の威力がある。

主に指揮官機や通常のMMSでは撃破が困難な重目標の攻略、排除に使用されることが多い。


xDSC04880.jpg

戦闘用MMSとしては非常に優秀な武装神姫であり、強襲用として重宝された。

反面、コストが高くつく安定性が悪いなどの理由からドラッケンやライザーなどに比べてそれほど普及はしていないが、現在、そういった問題点を丁寧に取り除いた量産タイプが開発中である。







というわけで今まで作ってきたグリフォンシリーズでした!!

モチーフとなった機体はF/A-18「ホーネット」とMS-18E 「ケンプファー」です。

後はA-10「サンダーボルト」とか「スーパーホーネット」なんかも混ぜています。


ようは瞬間火力で敵を強襲!!反撃する間を作らせずにぶち殺す!!!って思想です。その分、他に比べて装甲はペライ

ドラッケンは急降下爆撃や巡航モードによる一撃離脱!装甲厚いからちょっとやそっとじゃ落ちねえぜ!的なノリ、その分他に比べて機動性低い

ライザーは巡航モードでミサイルや爆弾を投下!可変して高い機動性を生かして白兵戦で斬り込む!!って運用方法。搭載力は他に比べて低い

火力的にはグリフォンが優れている、装甲はドラッケンが優れている、機動性がライザーが優れているってな感じ。

まあ、この辺りはミッションや武装神姫「真零」やSSでお話していきますー


エアドミナンスを数体ほど納入したので、新しいグリフォンシリーズを製作中です。お楽しみに!!



スポンサーサイト
[ 2012/01/27 23:41 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(3)

なるほど、グリフォンシリーズはF/A-18がモデルでしたか。
となるとやっぱり簡素なライザー系はF-16で、ドラッケンはさしずめトーネード系列ですかね。
しかしエアドミナンスベースの新型ですか……
自分だったらそのまま「サイレントグリフォン」とかやっちゃいかねませんが、どのようになるのか気になりますね。
[ 2012/01/28 00:38 ] [ 編集 ]

こんにちは、エグゼでしう。
わたしは『キメラがた』っていう型名を持っていましう。
『きめら型』ッていうのは『複数のセイブツ』を合成させた生物の事で、私の場合は『あーてぃる』と『らぷてぃあしう』をつかっているのもかかわらず『グリフォン』と名付けるには、2たいぶんののうりょくにしてはあまりにも能力がひくかったが、ぶそうを組み替える事によって様々なじょうたいに変化することから『キメラ型』と呼ばれました。




しかし、
キメラ型は、
精神の成長がいちじるしくひくく、
またごくまれにぼうそうが


がががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががががが








[ 2012/01/28 08:30 ] [ 編集 ]

コメント返し

>クルセさま

グリフォンシリーズはF/A-18がモデルでしたか。

まあそんな感じですねwホーネットかっこいいですよねw


しかしエアドミナンスベースの新型ですか……

名前は一応決まっていますので、そのうち紹介しますよー

>エグゼさま

ワシ型とヤマネコ型の組み換えはいろんなオーナーさまがやられていますね

いろいろ自分も試しているのですが、バランスよい感じにしるのがむずかしいですねー

[ 2012/01/28 13:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/1331-2cb32d7d