重戦闘攻撃機型MMS 「シュペル・グリフォン」 1 

xDSC04804.jpg

xDSC04806.jpg

重戦闘攻撃機型MMS 「シュペル・グリフォン」 
カタリナ社第2軍事開発局が設計、開発した重戦闘航空神姫。

ヤマネコ型とワシ型の9割のパーツの共有性を持つ強化改良機「グリフォン」の運用実績をもとに強化発展させた上位機。航続距離や兵器搭載能力の向上を図り、機体の大型化や電子戦を考慮した改修がなされている。

「グリフォン」の改良・大型化したものであるが、多岐に渡る改修の結果、共通部品はごく僅かとなっており、実際には別物と言っても過言ではない程の再設計がなされている。
大きな特徴として情報戦能力を大幅に向上している。また、レーダーをサイズや重量を殆ど増加することなしに性能を向上させた新型に換装している上、より高性能なミサイルも搭載可能としている。アクティブ・レーダーで同時処理が可能な目標数が「グリフォン」のおよそ倍となっており、限定的な電子妨害戦にも使用可能とされている。その他、各種ミサイルの携行能力や運用可能な兵装の種類が増えている。また大型防弾タンク装備等による航続距離延伸も図られている。

強力な4mmスナイパーライフルは重い大口径弾のすぐれた弾道直進性を活かして、一般の小銃弾を使用する狙撃銃をはるかに上回る距離で狙撃を行え、大口径弾の貫通力を生かして重目標への攻撃にも使われ、障害物に隠れる敵を殺傷することもできる。超遠距離狙撃以外では対MMS用途としては威力過大(オーバキル)であると非難されることが多い。長い射程と正確な照準で絶大な威力を発揮し、ほとんどのMMSは命中すると上半身と下半身が両断して吹き飛ぶ程の威力がある。

愛称は「グリフォン」を超越しているという意味を込めて「シュペル・グリフォン」と名づけられた。

xDSC04812.jpg

xDSC04814.jpg

xDSC04818.jpg

xDSC04848.jpg


主兵装
1.2mm機関銃×1挺 4mmスナイパーキャノン×1門
スナイパーショットライフル×1挺 3.2mmハンドカノン×1門 SAM×1 チャフフレア×1 大型ミサイル×2発 多目的ミサイル×8発 リヒトメッサー×1本 ECM発生装置等

xDSC04831.jpg

:スナイパーショットライフル

遠距離から散弾を放つ強力なショットライフル。光学式のスコープが据付けられており狙撃戦にも対応している。
このタイプは加速、偏向装置がつけられ射程距離と精度が上がっている。

xDSC04821.jpg

xDSC04819.jpg

xDSC04823.jpg

:4mmスナイパーキャノン

重い大口径弾のすぐれた弾道直進性を活かして、一般の小銃弾を使用する狙撃銃をはるかに上回る距離で狙撃を行える強力な火器。
また、大口径弾の貫通力を生かして重目標への攻撃にも使われ、土嚢や壁などの障害物に隠れる敵を殺傷することもできる。種類によっては、完全装備のMMSを撃って上半身と下半身とが両断して吹き飛ぶ程の威力がある。
本体と弾薬が大型で取り回しが悪く、反動が強いため、命中精度を高めるには高度な技術が要求される。
携行性を向上させるため、15秒で組み立てが行えるように設計されて、分解することで簡単に運搬が可能。機関部右側面の排莢口ボルト・ハンドルを後方に引くことで薬室への弾薬装填を行うアナログスタイルであるが、確実性を重視している。
超遠距離狙撃以外では対MMS用途としては威力過大(オーバキル)であると非難されることが多い。

高威力、高精度、そして凶悪なまでの貫通力を有し、ほとんどの武装神姫を一撃で撃破できるその高性能に、多くの神姫は震え上がった。

欠点として、重量がかさむ、弾薬代、維持費が高コスト過ぎるとの理由で普及はしておらず、ごく小数のみが量産された。

xDSC04825.jpg

xDSC04826.jpg

:1.2mm機関銃

同軸固定されている機関銃、携行弾数を重視しており長期戦闘に優れる反面、瞬間火力で劣り、また収束率が悪く、中距離以降の命中率と攻撃効率が低下するため、どちらかというと弾幕を張り、牽制用や相手を近づけさせないようにするために多用された。

xDSC04828.jpg

xDSC04842.jpg


:ハンドカノン

近距離攻撃用の小火器だが、口径は3.5mmもあり、牽制用には十分すぎる火力を持つが、弾数に制限がある。

xDSC04834.jpg

xDSC04838.jpg

:リヒトメッサー

日本刀のような形状をした強力な実体剣、特殊な粒子が刃に収束し敵を斬る。

xDSC04827.jpg

:防弾タンク

燃料タンクを防漏用のゴムで覆い、被弾により破孔が開いても漏れた燃料によって溶けたゴムで破孔を塞ぐ装備を搭載している。戦闘可能時間と航続距離が伸ばす装備

:SAM

標準的な性能の小型ミサイルを発射するミサイルポッド。安価なため多く採用されている。

:フェニックス長距離ミサイル

ウェルライザーに搭載されているのとまったく同じ性能。長射程、命中率、、速度、威力ともに強力なミサイル。

xDSC04853.jpg

:軽装モード

オプションの装備をはずした状態、不要になった武装は簡単にパージできる。

xDSC04856.jpg

xDSC04859.jpg

作戦や戦術に応じて臨機応変に武装を変更し、あらゆる敵を撃破する。

xDSC04865.jpg

グリフォン上位機種

右から砂漠熱砂戦対応型の「デザート・グリフォン」中央が重戦闘攻撃用の「シュペル・グリフォン」左手が航空母艦などの運用に適した艦載機仕様。

運用思想や求められている条件が違うため、細部で仕様が異なっているが、どちらもほぼ共通の武装と兵装備を備え互換性がある。

グリフォンシリーズは高い汎用性と電子戦装備、火力、機動性に優れており、バトルロンドでは高い評価を得ているが、反面、装甲が薄く防御力が低い。

xDSC04096.jpg


それに対してドラッケンは高い汎用性と電子戦装備、火力、防御力に優れており、同じようなミッションでも
防御力を重視するマスターはドラッケンを使い、機動力を重視するマスターはグリフォンを使うなど、運用コンセプトは同じ戦闘攻撃、戦闘爆撃といった似たようなマルチロール機ではあるが、設計思想のわずかな違いからニッチェの住み分けが出来ている。


xDSC04829.jpg


贅沢にワシ型2個とヤマネコ型1個の武装パーツを組み合わせてます。

元ネタ分かるかな?

塗装はライラックでまとめてみました。
スポンサーサイト
[ 2012/01/26 00:04 ] 武装神姫フュギュア改造 | TB(0) | CM(3)

こん○○は。
やっぱり溜息出るほどカッコイイですね。
グリフォンシリーズは数あるカタリナ社製神姫の中でも、神姫武装のアセンブルだけで完成できる所が良いと
思います。正月休みにベリクからの黒神姫たちを使って、なんちゃってグリフォンを組んだりしました。
完成した姿はまさに黒いレイバーでしたけど、色的にコッチの方がカタリナ社っぽいかなとか。
でも散らかるので休み明けですぐ箱に戻したんですけどw
グリフォンにはモデルがあるようですが、自分は初めて見たときホワイトグリントなどの飛翔系のネクストを
イメージしました、と書くと水没したり逆流したりしそうですがw。
あと以外にもドラッケンのほうが重装甲な設定だったことでしょうか素体の装甲化が少ない分、グリフォンの
ほうが重装甲なのかなと…。
では。
[ 2012/01/26 22:20 ] [ 編集 ]

シュペル・グリフォンいよいよロールアウトですね
ラプティアスをベースにしている筈なのに全く別物の神姫に見えてしまいますw
強化された電子戦能力と4mmスナイパーキャノンを使いこなすことが運用のカギでしょうか?
シー・グリフォン等と比較すると玄人仕様といった印象を受けます
[ 2012/01/27 13:36 ] [ 編集 ]

コメント返し

>黒水さま

ありがとうございます。

グリフォンシリーズは組み替え+塗装+ブキヤで構成されていますw

だれでもお手軽に作れるのが長所ですが・・・コストが普通の神姫の2倍かかるのがネックです。

そうですねw武装の配置はACと似たような感じにww

ドラッケンは副腕がありますが、グリフォンは副腕はありませんが、その分、リアパーツの積載量に余裕があります。

あと以外にもドラッケンのほうが重装甲な設定だったことでしょうか素体の装甲化が少ない分、グリフォンの
ほうが重装甲なのかなと…

ドラッケンはリアパーツの装甲と副腕があるのでその分、装甲は厚いです。

可変モードに変形するとより硬くなります


>白餡さま

ラプティアスをベースにしている筈なのに全く別物の神姫に見えてしまいます

塗装変えて武器の配置変えるだけでもだいぶ印象変わります。

フォルムはなるべく合理的に使いやすそうな感じに・・・

シー・グリフォン等と比較すると玄人仕様といった印象を受けます

シー・グリフォンもあれはあれで玄人仕様というか、空母持っていないとあまり意味がない機体なのでw

スナイパーキャノンはAC4からヒントを得ましたw


[ 2012/01/27 22:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/1330-cb105980