スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

MMS-零 ミッション 25   「プロバス要塞 攻略」  前情報 その5 


ニューロン機関攻略側に参加するプレイヤーと神姫さんたちがINしました。

【ニューロン機関攻略側参加MMS】

zDSC02938.jpg

□重装甲戦艦型MMS 「ドセットシャア」 SSクラス 二つ名「キャノン・ワールド」

□重装甲戦艦型MMS 「スーザン」 SSクラス 二つ名「アイアン」

□重装甲戦艦型MMS 「ウォース・パイト」 SSクラス 二つ名「オールド・レディ」


xDSC02591.jpg

□重邀撃機型MMS 「ベアトリス」 SSクラス 二つ名 「スピードランス」

xDSC01984.jpg

□対地攻撃機型MMMS 「パーシャ」 SSクラス 二つ名 「レッドスター」

DSC03028.jpg

□高機動装甲戦闘機型MMS  「エドナ」 SSクラス 二つ名 「リッパー(切り裂き魔)」

xDSC01115.jpg

□対地戦闘攻撃機型MMS 「サンドラ」 SSクラス 二つ名 「サラマンダー」

zDSC03910.jpg

□シーフ型MMS 「ノア」 SSクラス 二つ名 「パープル・デーモン」

zDSC02259.jpg

□メイド型MMS 「ルティ」 SSSクラス 二つ名「首狩り」

zDSC04803.jpg

□軽銃士型MMS「メアリー」 SSSランク 二つ名 「ガン=カタ」

xDSC01866.jpg

□天使型MMS 「ミシェル」 SSSクラス 二つ名「ジャスティス」



【チャットルーム】

パーシャ「皆さん、こんばんわ」
サンドラ「こんばんわ」
ノア「こん♪」
エドナ「・・・・・・」
ベアトリス「よろしくー」
スーザン「よろよろー」
ミシェル「ジャスティスッ!!!!!!!!」
メアリー「wwwwwww」
ルティ「ミシェルさん飛ばしていますね」
パイト「11人かーSSS級が3人とSS級が8人かー」
ドセット「まーたーいつもの面子か」
ベアトリス「このチャットルームなんか変?」
サンドラ「時間がもう深夜だから廃人神姫しか残っていないwww」
パーシャ「SS級以上の化け物神姫ばっかりーwwwこれは酷いwww」
エドナ「・・・・眠い・・・」
スーザン「てか自己紹介いらねーよな、コレ・・・みんな知ってる奴ばっかり」
メアリー「この時間だし、相手もどーせロクな奴がいないんだろなー」
エドナ「眠いから寝落ちするかも・・・・」
ミシェル「寝たら殺しますよッ!!!」
ルティ「というか殺される」
パイト「他のチャットルーム盛り上がっているなー」
ベアトリス「それでどーします?」
ドセット「俺たち3隻はとりあえず要塞に向けて艦砲射撃でもするわ」
スーザン「また艦砲射撃かよーこの間の天王寺公園でもやったし飽きるわ」
パイト「今回は敵の数多いから的には困らないな」
メアリー「お前ら三隻、最近よく見かけるな暇なの?」
パイト「暇だからいろんな所でちょっかいかけてる」
ドセット「なんでもするおwwww」
エドナ「ポイント剥げる」
ミシェル「相手は悪い研究機関で皆殺しにすればいいんですね!分かりました!!」
ノア「作戦はどーするの?」
サンドラ「誰がリーダー?てかこの面子ってリーダーになりそうな奴いないよね?」
パーシャ「いないねー」
ベアトリス「とりあえず好き勝手に暴れる?私、戦闘房だしー」
ルティ「それぞれの個性を生かした暴れ方しない?どーせーならさー」
メアリー「例えば?」
サンドラ「ルティさんが今日は仕切るのかー」
エドナ「従うよー」
ノア「私も」
ミシェル「ルティーの作戦ッ!!!楽しみです!!!聞きたいッ!!!メイドの立てた冥土の作戦!!」
ドセット「・・・・・・」
ベアトリス「ミシェルさん怖いですよ」

ルティ「スーザンたち戦艦型3隻は艦砲射撃で要塞内部を攻撃して欲しい」

スーザン「おk」
パイト「了解」
ドセット「任せてくだしあ」

ルティ「敵はスーザンたちの艦砲射撃を邪魔しようと打って出てくる、その敵をサンドラとパーシャ、エドナが迎え撃つ」

サンドラ「はいはーい」
パーシャ「うんうん」
エドナ「了解した・・・」

ルティ「そんでもって、ベアトリスは遊撃ねー高速性能と飛行性能を生かして臨機応変に遊撃」

ベアトリス「ほいさー」

ルティ「そしてミシェルは大混乱の敵部隊に突入して大暴れ!!」

ミシェル「ジャスティス!!!!ジャスティス!!!!ジャスティス!!!!」

ルティ「そしてメアリーと私、ノアの3人は・・・混乱に乗じて要塞内部に侵入・・・後はもう言わなくても分かるよね?」

メアリー「うふふふ♪」
ノア「とても素敵な作戦ですね」


ルティ「それぞれが好きなように戦って殺しまくる。チームワークなんてものは私たちの間には存在しない、それぞれが良いスタンドプレーを決めれればいい・・・最も優秀なスタンドプレーを演じた神姫が、この戦いの勝敗を左右する」

エドナ「ヒュー♪」と口笛を吹くエドナ。スーザン、パイト、ドセットがうなずく。
サンドラ、ベアトリス、パーシャがニヤニヤと笑う。

メアリーがカチャリと2丁拳銃をクロスさせる。

ミシェルが不敵に笑う。

ノア「勉強させていただきます。ルティさん」

ルティ「ノアちゃんも戦い方はけっこういい線言っているんだけど、こーいう作戦とか考えってまだ持ってないでしょ?ノアちゃんもSSS目指すなら、自分だけじゃなくて周りのことも考えた殺しを考えないと・・・」

ノア「はい、今後の戦いの参考にさせていただきます」

メアリー「技術というか経験というか・・・やっぱり戦いとか殺しのうまい奴を見て真似して勉強したら自然と強くなっていくさ・・・」


スポンサーサイト
[ 2011/12/15 22:40 ] ミッション | TB(0) | CM(33)

よろしくお願いいたします。

応援の皆様方、どうぞよろしくお願いいたします。

よし、今度こそ早とちりしなかったぞ。
[ 2011/12/15 22:54 ] [ 編集 ]

繭「終わった…色々と…。」

シーフ型MMSノア がインしました。

繭「!?来て、来てくれた!?」

倖成「どうしたんや繭?お前らしくないやんか、戦意喪失か?」
繭「兄さん!お身体は!?」
倖成「大丈夫や、それより、終わったって確かにニューロンは、やばそうやけど、定期便とかもインして来とるやないか、何とかなりそうやで。」
繭「そうですね。ノアさんも来てくれましたし何とかなるかもしれません。」

天使型MMS ミシェル がインしました。

倖成「!?」
繭「どうしました?」
倖成「誰がインしたやと?」
繭「はい?」
倖成「テ、ンンシ型ァ…ミシェルヤトォ!!!!!!」

病院の個室で張り裂けんばかりの絶叫を上げる。

倖成「気が変わった、繭!今回!お前は出るな!悪役プレイとか!萌えとか!どうでモイイ!タシカニアノヒトハワタシノ事なんかキニモカケトラヘン!シカしこいつをぶっこわしたらぁ、少しは見直してくれるかもしれへんやんけぇ!!!!!」
繭「はぁ?」
倖成「ミシェルは私がぶち壊したる!!!!」
繭「待ってください、同朋レイキャスト様との同盟は!?」
倖成「レイキャスト氏への天使型クレア、ロクサーヌ、アンナ他軽天使、ゴタロー氏への天使型ルシエラ、フローラ、シンシア、ソフィア他軽天使15機はそのまま貸して置け、シカし同じニューロン攻撃側では戦えヘン、コィツヲみつけてもうたからにはなぁ!!!!みぃシェル!!!ようやく見つけたデェ!!!アノPVを見ていらい、ずっとお前をさがしとったんじゃあぁあ!」

覚悟完了、これが最後のバトルロンド、倖成は自身の神姫を完全に破壊される自覚を持つもどうしても挑むしかなかった。
己の事など存在の知覚すらしていないであろう想い人への愚かな慕情。

真杉倖成 ニューロン機関 要塞防衛側へインしました。

レイキャスト様、ゾックス様、ゴタロー様、皆様申し訳ありません、勝手な事情で私はニューロン側へ移ります。
打倒ミシェル、ただそれだけの為に…。
本当に本当に申し訳ありません。
ここはニューロンヘ行くことをお許しください!
[ 2011/12/15 23:18 ] [ 編集 ]

VLSチェック…地対空ミサイル…いや汎用型のデュアルミサイルを装填。
ハイパー・メガカノンチェック

ラス「あー珍しく真面目にアバター整備してるマスタァー味方の増援連絡来たよー」

ほお…大型戦艦型三隻か…開戦直後に敵艦は沈められそうだな他のシーフ型とかは良く分からないが…
まーSランカーだ強いんだろう。

ロイド「しかし兵力差は以前此方が不利だチーフ」

ついでに言えばミシェルとかってSランカー…後ろから撃たれそうで怖いな。

ペドロサ「正義の味方気取りの奴か?先にやっちまったらどうだ大将?」

そういうのはティーンチ神染みててYESじゃない。
それより…

ラス「メアリーさん目当てでしょマスタァー…ほんっとにもー胸ばっかなんだからー」

と思ったんだが顔見たら現代美術のryだったので冷めた
どうでも良くなったから整備と訓練に戻るぞ。

ラス「な.なんかものすごーく失礼な事言ってない?ま.まぁ集中してくれるなら良いんだけどさ」
ロイド「理由はどうあれ訓練には賛成だチーフ」
ステ「予行演習は大事ですからねー」

>応援に来たランカーの皆様
一応よろしくお願いします。背中を撃たないでいただければそれだけで有り難い(爆)
[ 2011/12/15 23:20 ] [ 編集 ]

>□シーフ型MMS 「ノア」 SSクラス 二つ名 「パープル・デーモン」

『っ!?』(殺気立つ龍牙兵一同)

 ……どうして中々、奇縁だねぇ?

 ホリィ「…どうするんだい? "一応"味方らしいけど」

 ……どうもしないよ。確かに、奴さんには借りがある。
 だが、今の俺たちは冴嬢に雇われた傭兵だ。手抜きは勿論、
 裏切りや味方殺しなんぞ、プロの誇りが許さん
 こちらに与えられた仕事を全うするだけだ。

ホリィ「了解。君がそう決めたのなら、僕は何も言わないさ」

 まぁ、せいぜいあちらから顔を覚えられないよう気をつけるぐらいさね。
 
[ 2011/12/15 23:54 ] [ 編集 ]

へ?

アルマ「そんなに気の抜けた声を出してどうしたマスター。」

いや、こっちチームやばくね?
SSとSSS、しかもどいつも全国クラスの有名人じゃないか……

アルマ「私自身は光栄だ。なにせ目標としている『ガン=カタ』のメアリー女史がいるのだからな。」

ああ、そういやそうでしたね……
貴女もガン=カタ神姫ですものね……

アルマ「メアリー女史、私は貴女にまだ、遠く及ばない。だが、あなたを敬愛するとともに、いつか戦ってみたい、勝ちたいと思っている…………」

あかん、こいつ自分語り始めやがった……

エルファ「マスター!ミシェルさんですよ!」

おお、彼女の戦い方はお前の参考になるかもしれないな。

エルファ「はい!純正装備だけであんなに強いなんてあこがれます!でも……あの人なんか怖いです……」

言うな、それ以上言うとレーザーが飛んでくるぞ………
[ 2011/12/15 23:59 ] [ 編集 ]

倖成「私について来る奴だけ残れや。」
マスターの勝手な路線変更、わがまま、同朋への裏切り、この場に残っている神姫、実家へ逃げ帰った神姫、誰一人、倖成ヘ視線を向ける者はいない。

奈緒「とりあえず、本気で、死ぬ。無理だ、ニューロン打倒はゲームとしての無理、しかしあんたがやろうとしているのは現実問題として無理不可能…しかもあんたは、同盟相手まで裏切った、はっきり言ってやるよ、お前はもう集団バトルロンドに出る資格はない、それでも尚、現実的にあらゆる面で無意味な事を本気でするのか?」
倖成「ああ。」
奈緒「…。」

一歩奈緒が進む。
奈緒「あんたのために死んでやるよ、あんたの神姫なんだよ、いくら言ってもいつまで経っても、あたしはな。」

サンジュ「新型天使型のSSS、あんな最新型が早くもSSSになっているの興味ある、それだけだ。」
エリカ「私はマスターなどどうでもいい、ただ、サンジュあなたと生きたい、ソシテ死にたい。」

奈緒「他には居るか?」

アンナ「ここにいます。」
奈緒「お前はキャサリン達の援護だ。」
アンナ「ソフィアと変わってもらいました、私は、マスターについていきますよ、それがどんなわがままなものでも、ね。」

マスター「ラスト一人は未定、しかし、この為に呼び戻してもええな、神戸の従姉妹に預けているあいつを。」

重種型ジュノー「侑香」
奈緒の重種型武装の実質的な師匠である。

奈緒「まあ、めぐ姉ならすぐに届けてくれるだろな。」

倖成「いくで、狙うはミシェルのみ、他は気にすんな、そして、生きて帰れると思うな!」
奈緒「ああ、マスターのくだらない理由でも神姫は戦う、そうさ、あんたはあたしのマスター、あんたが言うなら戦って、死ぬまでさ。」

花型ジルダリア「奈緒」二つ名「ハエトリグサ」 Sランク
駆逐天使型アーンヴァルエプシェル「サンジュ」 Sランク
駆逐天使型アーンヴァルエプシェル「エリカ」 Aランク
天使型アーンヴァル「アンナ」 Bランク
重種型ジュノー「侑香」二つ名「彼岸花」 SSランク
アバター 宇宙恐竜ゼットン
[ 2011/12/16 00:04 ] [ 編集 ]

皆さん、こん○○は。

■■公開された「ニューロン機関攻略側参加MMS」を読んだうえでロールプレイ■■

PCの前にて。
黒水「……」
真紅「……」
幸「……」
ジャスティン「……」
モンスーン「……」
リリアナ「……」
全員「……じゅぜっぺ氏の勇気を俺たちは忘れないぜ!(全員、爽やかな笑顔でサムアップ!)」

コホン…気を取り直して、「ニューロン機関攻略側参加MMS」の各神姫の情報を見てみる。

真紅「すごいメンバーですわ」
ジャスティン「要塞を戦艦が3隻で艦砲射撃とか、自分らいらねぇじゃん!」
モンスーン「要塞自体は私たちの攻撃対象ではなかったということでは?」
幸「要塞内部への突入組3名以外は外で暴れ回るようだな、巻き添えは御免だぞ」
リリアナ「目が合う瞬間~♪それは死相だと~♪気付~いた~♪ケラケラ」
ジャスティン「戦艦型SSとこのシーフ型SSって同ランクなのか?それって変じゃないか?」
真紅「ランクにはバトルロンドの勝率やミッションの戦果の大きさが影響しやすいのよ」
モンスーン「この小柄な神姫が、馬鹿げた打撃力の戦艦型と同じだけ戦果を挙げているのか…すごいな」

モニターを見つめている神姫たちを横目に物思いに耽ってみる。
見晴らしの良さそうな場所に陣取ってピクニック気分で観戦するか?見モノだぞこれは。
しかし、要塞周辺への不用意な接近は、死亡フラグ以外のなにものでもないな…。
取り敢えずゲームのIFF(敵味方識別装置)が機能してくれることを祈るか、でも味方殺しなんか平気で
やりそうで怖いなぁ…。
高高度偵察機を落とせる神姫がいない?作戦的に無視するつもりかな。
ああ、もうこうなったら腹いせに装甲列車型神姫を参加者全員でタコ殴りにするか!
そんな戯言をつらつらと考えていると、睡魔がやってきたのでPCの電源を落として寝ることにした。

神姫ランクのちょっとした疑問とか、味方?ランカーへの不信感、警戒心のようなものを入れてみました。
ランクについてはあくまでも黒水の想像なので、カタリナ様の設定と違う場合がありますご了承ください。
じゅぜっぺ様をネタにしてすみません、次回作予告風と迷ったんだw
でも、攻略側参加MMSを一読して真っ先に思ったことなので正直にやってみました。ガンバレ~(棒)。
自分はこの面子の中では、対地攻撃機型MMSのパーシャさんが好きです。
紹介記事じゃロートル扱いされてたのが可哀想だったけど、この彼女は別人なのでしょうか。
[ 2011/12/16 01:46 ] [ 編集 ]

神姫センター MMS-零 「ミッション25・プロバス要塞攻略」会場 電光掲示板 より

「私の名は真杉倖成、花型、駆逐天使型2機、天使型、重種型を率い、プロバス要塞にて貴様を待つ。池田宗助、貴様の神姫、天使型ミシェルをこの私がぶち壊してやる!理由?そんなものはどうでも良い、この私が抱く悪の花の思い、貴様等にぶつけてやる!貴様等の正義とやらを、踏みにじってやるわ!!」

繭「…この様な挑発行為、褒められたものではありませんよ?」
倖成「繭、今回お前の援護は要らん、負けてもええ、てもな、自分とこいつらだけでやらせてもらうで。」
繭「判りました、レイキャスト様へ、お詫びのメールを送っておきます。」
倖成「いや、これも私が送っておく、繭、お前はただ見ていてくれ、これが私とこいつらのラストバトルや…。」
繭「はい。」


レイキャスト様へ
「同盟を結ぶと約束いたしましたが、要塞攻略側に、どうしても破壊したい相手が参加しました。そのため私は大変失礼ながらニューロン機関ヘ味方致します。本当に申し訳ありません。また天使型4機、軽天使型15機はそのままご自由にお使い下さい。」

当家側(要塞防衛側)で無く、要塞攻略側のマスター様ヘお貸しする神姫。
レイキャスト様ヘ、天使型4機、軽天使型15機。
ゴタロー様へ、天使型4機、軽天使型15機。
ゾックス様の神姫であるビー様への護衛、サブアーム強化レッグ装備2コ1戦車型1両、6分の1スケール対戦車砲。この神姫はビー様の武装扱いとして登録しています。
[ 2011/12/16 14:08 ] [ 編集 ]

連投失礼します。
レイキャスト様とゴタロー様へ、お貸しした天使型は各3機の間違いです。
申し訳ありません。
[ 2011/12/16 14:13 ] [ 編集 ]

神姫センター MMS-零 「ミッション25・プロバス要塞攻略」会場 電光掲示板を見ている2体の神姫。
『ちょっとした粋なサプライズ』を用意していた彼女たちにとって、それはあまりに唐突かつショッキングだった・・・



アン&レミ「ちょwwwおまwwwwww」
ラー「どうしたんですか?草なんか生やし・・・ってウェウェwwwwwwwwwwww」
アン&レミ「裏wwwwww切wwwりwwwwwwww発wwwwwwwwwwwww生wwwwwwwwwwwwwwww」
クイス「・・・・・・・・・wwwwwww」
ビー「wwwwwwwww

~閑話休題~

レミ「そっかぁ、ミシェルとかいうヤツボコる為にかぁ」
アン「このままサプライズ不発ってーのも癪じゃん?アタイらも裏切っちまう?」
レミ「たしかに・・・そういうのもおもしろそうだね。けどそれはスマートじゃない
アン「たしかにスマートじゃあないけど、粋・・・・でもないか」
レミ「粋かどうかは微妙だよね・・・でも何かしらサプライズはしたいトコ」
ラー「もうサプライズとか考えるのやめて1兵卒としてやったら?」
レミ&アン「そんなつまんねーやり方はアタシ等のやりかたじゃあねぇッ!!!!!」
ラー「はいはい伝説(笑)コンビ乙」


そして、長い時が流れた。ただただ、流れて行った・・・


アン「そういやさ、アタシ等にも発言権あると思わね?仮にもSSじゃん?」
レミ「そういや確かにそうだよね!」
アン「乗り込むか・・・化け物揃いのチャットルームへ!」
レミ「よし、乗り込んじゃおう♪そしてルティさん辺りの指揮を受けてみよう!どーせあたいらのマスターは戦術指揮とかミリ知識とか最底辺レベルだろうからロクな作戦考えないよ」
アン「こないだやってた塹壕の提案なんてボロクソ言われてたしな!」
レミ「そうと決まれば素早く行動♪鉄は熱いうちに叩け♪叩け♪叩け~♪」
ラー「・・・無理矢理あしたのジョーネタねじ込むのはやめな?ね?」
アン「てめーは黙ってろ!ヒャッハァーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!」




【と、いうわけで以下は例のチャットルーム】
アン「ヘイこんばんわー!ヒャッハァーーー!!!」
レミ「関西神姫のみなさんこんばんわ♪湘南OSC神姫センターで活動してますアンとレミでぇ~す♪」
アン「しらねー奴ァもぐりだぜ!知っててシカトする奴ぁ訓練されたモグリだぜヒャッハァーーーー!!!」
レミ「ハイそこ失礼なこといわなーい!」
アン「サーセン」
レミ「まぁそういうワケですんでね、あたいらにも一枚かませてくれないかな~、なんて♪」


※そういうワケですんでカタリナさん、アンとレミが今回インした神姫さんたちのチャットに乱入しました←
あとユキナリさん、移籍及び艦載機提供の件は了解しました!悔いの残らぬよう、おもう存分暴れてください!また機会があれば共闘しましょうね!
[ 2011/12/16 16:35 ] [ 編集 ]

※連投失礼します

ゾックス「ん、何をしてるだ?」
レミ「チャットー、だってサプライズは不発確定だしマスターはロクな作戦考えないし」
ゾックス「正直スマン・・・にしても裏切りかぁ、もしやゴルゴムの仕業かッ!?(キリッ
レミ「全部乾巧って奴の仕業なんだ♪
アン「おのれディケイドー!
ラー「カオスな光景だ・・・」
クイス「・・・・・・・・全部時臣のせい(ボソッ
ラークイスよおまえもか

~閑話休題~

ゾックス「で、だ。とりあえずブログ開設しようとおもう
ラー「どうでもいいわ」
ゾックス「いやぁスイマセーン・・・なんてふざけはおいとくとして、だ。アバターは紅蓮流ドラグランザーでイこうと思う」
ラー「なんで「い」をカタカナにしたんですか?」
ゾックス「イグゥ♂ 的な意味だっ!」
ラー「少しは自重してください」








と、いうワケでメンバー決定稿です!


アバター

無双龍ドラグランザー


神姫

ラプティアス型『ラー』ランク:A
武装:純正装備一式、カメラガン

ヴァンパイア型『レミ』ランク:SS
二つ名:『暗黒騎士牙』
武装:コウモリ型純正装備一式、ウイングランサー、サタンサーベル 、神姫サイズAK47
※コウモリ型からヴァンパイア型に変わってるのは、ちょっとしたテコ入れです。見た目はコウモリ型とそう変わりません。

エレキギター型『アン』ランク:SS
二つ名:『伝説の神姫』
武装:純正装備一式、84mm無反動砲

サソリ型『クイス』 ランク:S
武装:純正装備一式、RPG-7×4

輸送艇型『ビー』 ランク:B
武装:無し
搭載:各種神姫用武装(AT-4、RPG-7、軽機関銃、手榴弾、M16、グレンードランチャー等々及びそれらの弾薬をかなりたくさん)、神姫用小型簡易充電装置、プチマスィーン『武装換装リペア君』×5、各種修理道具、繭さんから送られてきた護衛神姫と装備
[ 2011/12/16 17:13 ] [ 編集 ]

>ゾックス様
せっかく、サプライズイベントを用意してくださっていたのに、本当に申し訳ありません。
次にこういったミッションがあれば、宜しくお願い致します。

私がミシェルさんを恨む理由は一方的な逆恨みですらない馬鹿げたものですw
フィギュア劇場20章、冥王強襲に登場した朝倉愛莉さんの神姫を破壊したのがこのミシェルさんで、私がロールプレイする真杉倖成も私自身も朝倉愛莉さんのファンでして、そうした理由でミシェルさんを探し続けており、こんな機会を待っていたわけですw
そしてありがたい事に、ミシェルさんに挑める機会が巡って来たというわけですw

私はニューロン側ですが、空母に必要な艦載機があれば、要塞攻略側、要塞防衛側問わず提供致します。
飛鳥4機、ウェル・ライザー5機、エウクランテ2機が残っていますので、ご入り用の方は、繭に申しつけて下さればいつでも無償でお貸し致します。

私の目的は、ミシェル撃破だけです…。
[ 2011/12/16 18:49 ] [ 編集 ]

ナタリヤ「SSSとSSのオンパレード…ようやく、役者が揃いましたね。このチャットの内容からすると、細かい作戦は不要かもしれません。しかし、肝心の隊長が戻らない今、どうすれば良いのでしょう…。」

ガチャッ

隊長「………疑心と裏切りの夜。悪の遠心分離機が狂気の渦を巻き、死の魂を吸い込む。」

ナタリヤ「隊長!?どうしたんです、全身血だらけじゃないですか!」

隊長「苦痛が空から舞い降り、牙を剥き出しながら笑う。魂は腐り落ち、風に吹かれて消えていく。漆黒の納骨堂で冷たく横たわる、醜悪なげっ歯類の女王。その虚ろな瞳に映るは終焉。」

ナタリヤ「どこで喧嘩してきたんです!?ああ…傷口から骨が出てますよ!」

隊長「医療キットを取って来てくれ。自分で治せる。」

ナタリヤ「わ、わかりました!ここに座って、待っててください!」

ガチャ…バタン!

隊長「…俺にはイエス・キリストの手首が必要だ。俺の骨は泣いている。不毛の地、戦場、生き方。スピード、半径、転落。慈悲深い殺し。」
[ 2011/12/16 21:16 ] [ 編集 ]

冬の戦場 その2

MMS母艦・マディミ 通信室にて

航空自衛隊・小松基地の1ハンガーにいるマスターとの映像通信を行っている巫女型が一人。

ユキ「マスター、現時点でのプロバス要塞攻略戦力情報を収集完了。
   その分析結果を報告いたします。

   単純に数と性能だけで換算すると以下の通りです。

   戦艦MMS戦力
    重装甲戦艦:3機

   航空MMS戦力
    制空戦闘/攻撃機:24機
    電子戦機:0機
    哨戒機:1機
    攻撃機:47機

   地上MMS戦力
    電子戦機:1機
    戦車:5機
    機動歩兵:41機
    砲台:4機

   MMS母艦/後方支援機
    空母:1隻
    特装艦:1隻
    後方支援艦:1隻

   アバター戦力
    航空機:2機
    戦車:1両
    MS:7機
    ヘリ:1機
    怪獣系:1機
    モンスター系:1機
    トランスフォーマー系:1機

   航空戦力は、おおよそ拮抗している、
   地上戦力は、地上戦に於いては拮抗しているとものと考えます。
   MMS戦艦については、地上攻略部隊の援護射撃が最適と考えます。
   問題は、要塞守備部隊まで、どれだけの戦力が辿りつけるかですが、
   指揮官不在なので、とても不明瞭です。
   また、MS等に対するアバター戦力は、個々の戦闘力がどれだけ発揮できるかにかかっています。

   プロバス要塞側の指揮系統が不明なので、なんとも言えないところですが、
   まともにぶつかれば、単なる消耗戦に陥る可能性があります。
   まさに、一世紀前の"旅順要塞攻略戦"の再現となります。

   やはり、指揮系統が一本化されていないのは痛いところです。」

昔、とある退役軍人がこう曰わった。
"戦争で最も計算できないのは、戦意である"
今回は、戦意をもって当たろう。
ラクシュミを救えるのは俺達だけだ。

ユキ「・・・そうですね。・・・"皆は一人のために、一人は皆のために"ですね。」
[ 2011/12/17 00:47 ] [ 編集 ]

~空母型MMS『エリア88』・格納庫~

「脱走兵?」

「ええ……。例の護衛機を貸し出してくれた方達が」

ファントムが呆れ顔で報告してくる。

「ほむ……」

調整中のシートの上で思わず呟く。脱走兵ねぇ……。

「……永崎側から何か言ってきてるか?」

「いいえ。今の所まったく……」

なるほど、と言う事は砲火を交えようが、付け狙おうが構わない代わりに、賞金やその他も無しか……。

「判った。暫定的だが、脱走兵は捕縛対象に指定。略式裁判の後、全員銃 殺 刑だな」

「『脱走兵は捕縛指定。捕縛後、略式裁判』ですね。了解しました。みんなにも知らせてきます」

機外に掛けられたタラップを器用に滑り降りると、待機室に駆けていく。

「大きく出たね……」

「マグか。どうした?」

今度顔を出したのはマグヌスルクスだった。翼のLEX上に腰掛けると、コクピットで作業する俺に背を向けて話し出す。

「指示が出てないならほっといたら?」

「俺が言ってるのは規律の問題なんだよ……」

傭兵と言うのは、元来金を貰って命を張る。だが命よりも賃金が安いと感じたら、容易に脱走へと結びつく事が多い。
徴兵制が浸透したのも、故郷の防衛を余所者の雇われ兵に任せる事を良しとしなかった一般人と。
脱走問題に有効な手段を打ち出せなかった領主側との、利害の一致による物だとする歴史家も居る。

「規律で全て縛るのが良いとは俺も言わない。だが傭兵とは言え軍隊では、規律を守らない者にペナルティを与えるのは当たり前だろう?」

「でも銃 殺は言いすぎ……」

「ファントムはそこの所復唱しなかったろ?つまり銃 殺するか否かはファントムの判断だ。まぁ違約金も無しじゃ締まらねぇしなぁ」

『裏切られるのが傭兵の常とは言え』、それなりのペナルティを負うのが必然だ。

「なら護衛機は?」

「可哀想だが到着と同時に独房行きか、下艦してもらうしかないな」

内通されてたら大変だしと付け加える。
しかし戦力として護衛機18機減は痛いな。

「そこまでやっちゃうんだ……」

そこまでやるんです。それにだ、今回参加したランカーMMS見ても、少し規律を重んじないと溜まらんぞ」

地上兵力や航空戦力は……まだ良い。

「戦艦型3隻でどうなるモンでもないだろ……」

「?」

『よく判らない』と言った顰め面で振り向き、マグヌスルクスが首を傾げる。

「擂鉢山って知ってるか?」

「……たしか、硫黄島?」

知ってるじゃん。

「硫黄島守備隊約2万はトンネル陣地で兵力を温存し、襲来した米軍に対しほぼ同数の戦死者を強いているし。
第1次大戦でも塹壕陣地で準備砲撃で大損害を与えた“と思って”突撃敢行したらピンピンしてて、戦死・負傷併せて8万近い大損害を出したソンムの例もある。
正直要塞がどんなタイプなのか判らない以上、俺達は烏合の衆でしかないよ」

遠回しに戦力を調べる事に忙殺され、地形・布陣・陣地構造を調べる事を疎かにしている永崎を馬鹿にする。

「それにしてもなぁ……一度合同演習でもやった方が良いかもなぁ」

>to ユキナリ氏 繭氏
大変申し訳ありませんが、自分はあなた方と神姫達を捕縛対象とさせていただきます。
理由は……お解りですね。
あなた方の行動はPMSCs(傭兵)の信頼を貶める行為です。それなりの報いは受けて頂きましょう。

とまぁ、そんなロールも打って見ます。
一応護衛機に関しては返納か拘束後に返納と言う形でお願いします。

>to TOPOL氏
要望ですが、当方チーム指揮権を放棄し、そちらの隷下へ組み込んで頂きたいと思いますが、如何でしょう?
船頭多くしてなんとやらより、鯛の尾になった方が動き易そうなので、どうぞよろしくお願いします。
[ 2011/12/17 01:51 ] [ 編集 ]

ラス「マスタァーマスタァー!大変だよー!」

…知っているここに来て離反部隊が出たんだろう?

ロイド「流石に知っていたかチーフ」

理由が理由だ…ティーンチ神染みては居るが嫌いじゃない。己の仇討ち…それも一騎打ちを御所望とは。
しかも貸し出した部隊はそのまま使えというじゃないか

ロイド「…しかし」

要塞攻略の勝算がますます減ったか?
之だけの規模の傭兵を更に雇い入れたんだ。
必要なら更に増援が来るだろう。

ペドロサ「…来なかったら?」

つまり我々は必要ないと言う事だな。だが之だけのSランカーを雇い入れて今更そんな事あるまい。

ラス「まぁ…確かにそういえばそうだよねぇ」

最も成功は確実でも被害の度合いは雇い主の計算に入ってないだろうがな。それは此方の働き次第だ。

G-COMMANDER
RX-93のH・W・Sを更に発展させたL.A.S(ランド・アーマー・システム)…ドムの様に地上を高速でホヴァー移動する地上用デンドロビウムと呼べる代物。

主武装
右腕部大型ハイパー・メガ・ライフル
左腕部大型ハイ・メガ・シールド
二連装ビームキャノンの副砲が前後合計六門
更に20連装以上のVLSを内蔵。

本来ジェガンタイプを乗せる予定の後部ラッチには神姫用急速充填機・推進剤・リペアキットetcを積載。
お客様も一人お乗せする予定だからその分のスペースは開けてあるが、他は補給物資がミッチリだ。
火力は並のMSの五倍はある。装甲自体も厚い上にI・フィールドを標準装備。コイツの周りに居ればOZ部隊のビームキャノン等恐るるに足りん。
必要ならハンドグレネードで妨害煙幕等も張る。

こいつがお前達の援護に回る何も心配は要らん。
ギレンじゃ無いがMS一個師団分は働いて見せよう。
ついでにVLSに二発ほどAMSFAE(対MS用燃料気化弾)を入れておいたし火力不足って事だけにはならない筈…だ

ラス「でもマスタァーGコマンダーってNTか強化人間が乗る予定だったんでしょ?マスターに扱いきれるか心配だなー後戦いは数だよアニキ」

原作だってどうみたってアレ普通のパイロットだったろうが!後その数を投入出来ないんだ妹よ。
その為にはジオンの如く機体の質で何とかせにゃーならん。

ロイド「ラスへズワァースの推進器やオーラ・コンバータを搭載したのもその為と?」

擬似AB化が狙いだ出来ればハイパー化とかしてくれれば…

ロイド「…神姫にオーラ力ってあるのか?」(汗)

…心があるんなら大丈夫だろそれにあれは気性が激しいからな。ABに相性が良いんじゃないかなァー。

ラス「そーそー!Sランカーも揃った!マスターもチートMS!そして私はオールバトラーならぬオーラバトラー聖戦乙女神姫!なーんにも怖がる事無いよねー!」

ロイド「…あれってただ単に増長してるだけじゃないかチーフ?

…そうかもね(爆)
[ 2011/12/17 02:12 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/12/17 08:00 ] [ 編集 ]

>ゴタロー様

ミッション25の開始記事がまだ出ていないので、最終的な参加陣営の発表前と言う事で鞍替えはまだ自由だと思っていたのですが不味かったでしょうか?
とりあえずGMに、この記事時点あるいは以前で参加陣営が決まっているのか、本戦開始時の記事で改めて参加陣営を決め、互いに発表するのかどうかをお聞きしたいと思います。
[ 2011/12/17 09:07 ] [ 編集 ]

(@ドミニオンのBFルーム)

ラナ「マスター!諜報班より電文・・・」
レイキャスト「オンドゥレラウラギッタンディスカー!?」
クリス「はっきり喋らんかい!!」(閃光魔術
レイキャスト「う・わ・ら・ば・!」(KO!!

(小一時間後)
ラナ「以上が、諜報班の調査結果です。まだ、不確定ですが」
ルカ「マスター、艦載機のほうはどうしますか?」
レイキャスト「引き続き、ドミニオンの直掩に当たってもらう。今回の裏切りも、あくまで、個人的な理由のようだし」
ルカ「そうやって味方を信頼しきっていると、いずれ痛い目を見ますよ?」


(@ドミニオンのブリッジの上&RP風味)

「・・・そうか・・・」

黒い天使のブリッジ上、そこで白い悪魔型は瞑想していた。
後輩のスプーン型の通信とBFルームのゴタゴタは、彼女も聞いていた。だが、そんなことは関係ない。

「『万全の状態で戦おう』と言っていたが、よりにもよってこのような形で迎えることになろうとはな・・・・・・」

武士道を重んじる彼女にとって、裏切りの罪は重い。しかし、一度刃を交えたあの花型の気持ちも、わからないわけではなかった。

「これもまた天命。ならば、私は、修羅となろう・・・!!」

ならばこそ、彼女は己の刃に誓った。
真剣勝負を・・・・・・。


ユキナリさま>
離脱(?)の件、了解しました。
艦載機は引き続き使わせていただきます。
また、ウチのキャサリンも覚悟は決まったようですので、戦場で会いましょう。
[ 2011/12/17 10:35 ] [ 編集 ]

差し出がましいですが

僭越ながら雲行きがあやしくなりそうなので、今回の事象に対して個人的な考察をしてみましたので、御参考にどうぞ、
まず、問題点が何だったのか?

前情報1~4の時点で攻略側及び共闘状態だった事

戦術を練るうえで突然共闘状態が解除されると大幅に考えが変わったりします、今回のミッションは皆が一丸となって取り組む形だと思いますので、変更の時は皆様に御連絡をしてからが宜しいかと存じ上げます、少々御面倒かも知れませんが確認の後にRPをしたほうが良いときがございますのでぜひ御一考宜しくお願い致します、

新参者が差し出がましい事を申し上げて誠に申し訳ありません、不穏当になる前に申し上げたい一心でコメントさせていただきました。
[ 2011/12/17 15:32 ] [ 編集 ]

戦で裏切り挟撃は当たり前…之もまた戦争の華だ。
個人的には好意を持つが…まぁ指揮官不在の上烏合の衆が更に分裂するのを危惧するのも当然か。

ラス「ゴタロー様は艦載機にも銃殺命令出したってぇー」

空母を預かる指揮官としては妥当な判断だろう。
がまぁ先述したとおり必要なら雇い主が補充要員を送ってくるさ。

ロイド「裏切りには随分と肯定的なんだなチーフ」

ニュートラルを自称するとはいえ属性はカオス寄りだからなケイオスではこんな事日常茶飯事。
副官が現地で突然裏切るのに比べたら可愛いものさね。
しかしTOPOL様への指揮権委譲か…必然的に我々もそうなるのか?
個人的には地上部隊の指揮官には自分が成りたい。

ロイド「大きく出たなチーフ」

Gコマンダーの力を最大限発揮する為には随伴機を多く引き連れて行くのが必要だ。
元々指揮官機的な要素も強いから、通信機能とかは高いからなぁ。
まぁ蹴られたら蹴られたで別に良いが。与えられた仕事をするだけさね。

>Aグループ参加の皆様
当方地上攻撃部隊の指揮官として立候補致します。
・Gコマンダーは先述した通り移動砲台の為、通信情報処理技能が高い
・随伴し陣形を組んで頂く事で、補給等も迅速に可能である
・火力支援も出来、航空隊との連携もし易い。

反対意見があれば辞退致します。ぜひ一度御検討下さい。
[ 2011/12/17 18:19 ] [ 編集 ]

>レイキャスト様
申し訳ありません、そしてありがとうございます。
間違い無く、この戦場で奈緒はキャサリン様と再会出来ない(前にミシェルに破壊される)と思いますが、再会出来たその時は、再びお相手宜しくお願いいたします。

>じゅぜっぺ・ぱるさも様
正直、実際にダイスを振って勝ち負けを決めるゲームでは無いため、ごっこ遊びの延長のような緩さで考えておりコメントしていましたが、一つ一つの作戦を深く考えておられる方がいるとまで頭が回らなかったのが不味かったです。
ミシェルの事は、リアルの私自身が嫌いなので普通にあんな感じだったので、陣営変更を他プレイヤーに伝え確認を取るとまで思いつかずそのまま書き込んでしまいました…。
お気を使わせてしまい申し訳ありません。


傭兵と言っても神姫ゲーマーが傭兵設定のミッションをプレイしているだけなので、陣営の変更も本戦記事が更新される前なら自由に陣営変更しても良いと思っていました。
神姫センターに電話して、○月×日にミッションを予約している者ですが、ニューロン側でプレイするんで変更お願いします。
の一言ですむ程度の物と言ったイメージだったので。
[ 2011/12/17 18:47 ] [ 編集 ]

アイリス「…ここに来て、まさかの裏切りか」
ホリィ「いや、僕もあの天使型は気に食わないけどね? …で、どーするの?」
あー、個人的にその心意気は買う。だが……一人の傭兵としちゃ絶対に許せん
戦場で補足次第、なんとしても捕縛しろ。この作戦が終わった後、
生き残った連中の前できっちり詫びを入れさせてやる。
ホリィ「他のところは、「見つけ次第銃殺」って話も出てるみたいだけど・・・?」
「まぁ、他所は他所、ウチはウチよ。だからと言って、他のチームの邪魔をする心算もねーけどな」

「まぁ、アレだ。…"華々しく戦場で散る”だなんて、楽な真似はさせねぇよ」

>ユキナリ様
 個人的にあの天使型は気に食わないのは激しく同意。なのですが、
こちらもゴタロー様と同じく、そちらを捕縛対象として扱わせて頂きます。
 理由は上記のやり取り通りですね。個人的には理解出来ますが、一組織の長として、
今回の行動を看過する事も出来ず。悪しからず、ご了承くださいませ。
[ 2011/12/17 21:51 ] [ 編集 ]

まさかここまでド顰蹙買うとは正直思ってませんでしたね。
実際、本戦始まっていなく現状は、神姫マスター同士がチャットか何かでだべりつつ作戦練っていて、予約していた本戦当日か数日前に陣営決めるイメージだったので…。
同盟と言いつつも、(2041年では)あくまでもゲーム上の同盟なのでそれ程拘束力や義務があると考えてませんでしたしね…。
後私は軍事的な作戦なんてたてられないのでノリや会話でプレイするくらいしか方法無いのと、ちょうどどこかで会えたら攻撃仕掛けたいと思い続けていたミシェルの登場に、これは好奇と陣営変更しただけで、重い裏切り行為とかは考えてなかったです。

ミシェルに攻撃仕掛ける機会なんてミッションで会うくらいしか無いですし。
ネタとしては本戦開始、ミシェルに攻撃仕掛けるセリフ、行動だけ書き込んでそれっきりミッション25にはコメント書き込まず、いつの間にか負けていたとして、ミッション26で全神姫総入れ替え、結局ミシェルに負けたんかい!と気付く人には苦笑してもらうネタにしたかっただけなんですよね。

正直萌え豚の私は、好きなキャラの神姫を倒したミシェルが嫌いで、mk2FAすら買う気が起こらなくなったほどで…ミシェルと戦えるこの機会を逃したくないと思ったわけですが、陣営変更をかなり不快に思う方が多かったわけでして、正直どうするか困ってますね。

本来はミシェルに攻撃仕掛けて負けるつもりでしたから、とりあえずミシェルと池田を挑発して戦闘行動の宣言が出来たら銃殺でも捕縛でもしてもらって構いません。
[ 2011/12/17 22:30 ] [ 編集 ]

まぁ皆様言う程重く受け止めては居ないと思いますがねぇ。リアクションもあくまでロールプレイの範疇でしょう。
裏切りそれに反応して怒ると言う小話が出来上がったのですから寧ろ私は盛り上がって来たと受け止めていますが。

しかし軍事うんぬん関係なく、「裏切り」と言う行為自体が人の信頼を無くす物であるというのをお忘れなく。
そう!既に貴方はケイオスに足を突っ込んだのです!もう戻れません!言い訳など不要です!
後はあらゆる不浄と悪徳に塗れし混沌の道を突きすすむのみ!(爆)

まぁ何が言いたいかと言うと、拙宅やったんですからそのままひた走って貰いたいのが私個人の感想です。
無論カタリナ様の采配次第ではありますが。
[ 2011/12/17 23:13 ] [ 編集 ]

>ST-202C様
ありがとうございます。
そう言っていただけるとありがたいです。
これが、裏切りと判定されるか、陣営決定前として裏切りでは無いと判定されるかGMであるカタリナ様の采配を待ちます。
そして裏切りと判定されたならそのまま裏切り者の名を受けて戦います。
[ 2011/12/17 23:22 ] [ 編集 ]

まず初めに、この発言はプレイヤーサイドからの発言となる事を宣言します。

>to ユキナリ氏
えーと、顰蹙と言いますか、今回こういった発言にいたったのは以下の理由が有りまして。

1.部隊の一部を貸し出した状態で陣営を変更された事。
2.このまま放置した場合、攻略側が劣勢になった際に土壇場での寝返り・裏切りが多発しかねないと言う危惧。
3.上に書いたように、傭兵組織の信頼に関わる事態との判断。

いや、個人的に寝返りプレイと言うのは面白いと思いますので、『ならウチの所は追跡者やるぜ』的なノリだったのですが……。
そう言えばGMであるカタリナ氏から、陣営発表がまったくないのをころっと忘れていました。
とりあえず、陣営変更に対してプレイヤーとして『戻れ』と言う訳ではなく、ロール(ゲームキャラ)として『脱走兵は銃 殺 刑』とコメントしたまでです。

あとまぁ、感覚として『前情報もロールプレイ』と考えていたので、その辺りの齟齬も有ったかもしれません。
ともかく『ユキナリ氏を付け狙う偏執的な奴』としてのロールプレイも出来そうなので、あまりお気になさらずに。
[ 2011/12/18 00:08 ] [ 編集 ]

>ユキナリ様
 まぁ、ぶっちゃけると『PL視点』では、動機と行動は理解できるし応援もしたいんですけどね(^^;
 こっちもあの「パープルデーモン」をどっかでサクっと殺れないかなー。なんて考えてたりも
してたりするので。作戦内容考えると実行するのは自重しましたが(^^;
 ちょっとその辺りの書き分けが出来ず、不快に感じられたかも知れませんね。真に申し訳なく。

 もし「ミシェル襲撃」を実行される&龍牙兵がミシェルと同エリア担当だった場合・・・
そうですね、「ミシェルを狙うプロバス側の神姫を引き付けて、ユキナリ様陣営vsミシェル」
の舞台を整えておきましょうか。
 手助けは出来ませんが、邪魔は致しませんよ。捕縛は……そんな余裕が有ったらで
※そしてその頃にはこちらも多分消耗しきってると思われ(ぁ
[ 2011/12/18 00:14 ] [ 編集 ]

冬の戦場 その3

航空自衛隊・小松基地にて

もうすぐ冷たい雨が降り出しそうな寒空の中、1隻のイージスシステム搭載型MMS母艦・マディミが着陸、
タクシーウェイを延々と走って、基地の片隅にあるハンガーに入っていった。

ハンガーの中では、VF-25FとVF-0S、VF-27γ整備を行なっていたMMS達が大手を振って出迎えた。

マディミのエンジンが停止し、車止めが付けられると、小さなタラップが地面に降りてきた。
海兵隊員6名の天使コマンド型が先に降り、整列・捧げ銃をすると、独特な笛の音と共に、
巫女型MMSと天使型MMSが下艦してきた。

ご苦労様、ユキ、ウィニフレッド艦長。そしてマディミの皆。

ユキ「直接会うのは1週間ぶりでしょうか。小松基地は寒いですね。
   それに、マスターのロボコップぶりが板についてきたようですね。」
ウィニフレッド「MMS母艦・マディミ。只今合流しました。以下、作戦行動に着任いたします。
        ・・・にしても、本当だったんですね、"ロボコップ"。・・・クククッ」

まあ、対高機動運動用と、・・・寒さ対策だな。

ユキ「艦内で、要塞側の取りうる戦略を予測してみました。
   結果は以下の通りです。

   プロバス要塞側としての戦略
    条件:将校型MMS(キンメル/カトリーヌ)が1名いる(戦闘人員には加わらない)
    戦略:上空に護衛付き哨戒機を飛ばし、敵の動きを早期に把握。
       MMSは、要塞守備隊と、待ち伏せ部隊に分割。
       MS/AC混合部隊は、一時要塞外周部で待機。待ち伏せ部隊の敵情報を待つ。
       哨戒機の連絡を受けて、待ち伏せ部隊は、侵攻部隊の要塞への進行ルートを予測し、
       身を隠せるような場所で侵攻部隊を待ち、攻撃を行う。
       MS/AC混合部隊は、待ち伏せ部隊の援軍として行動する。
       要塞守備部隊は、護りに徹底する。(要塞外周部に打って出ない)
       戦闘自体は、性急に事を進めなくとも良い。(バルチック艦隊支援があるため)
    戦術:
     Case1:侵攻部隊が一つの部隊として進撃してきた場合
         哨戒機による正確な敵情報の把握と、待ち伏せ部隊の攻撃チーム編成を行い、
         各チームの砲火クロスポイントを決めておく。
         必要なら、数チームで陽動、クロスポイントまで侵攻部隊を誘導する。
         待ち伏せ領域に入った時点で攻撃開始。
         侵攻部隊が待ち伏せ領域に入った、もしくは入るのが確実となったところで、
         MS/AC混合部隊は移動開始、待ち伏せ部隊と合流、攻撃に加わる。
         ここで、待ち伏せ部隊は、侵攻部隊の殲滅を図らずともよく、
         一部を要塞に向かわせる事も可としておく。(敵分断)
         要塞に向かった分だけ侵攻部隊の戦力が減るので、残りを叩き潰す。
         その後、待ち伏せ部隊は、侵攻部隊を追撃、要塞守備部隊と共に侵攻部隊を挟み撃ちにし、
         殲滅を図る。
     Case2:侵攻部隊が複数の部隊に分割して進撃してきた場合
         哨戒機による正確な敵情報の把握と、待ち伏せ部隊の攻撃チーム編成を行い、
         各個撃破(作戦行動不可にする)を図る。
         各チームの砲火クロスポイントを決めておき、確実に侵攻分割部隊に大打撃を
         与えることを図る。
         必要なら、数チームで陽動、クロスポイントまで侵攻部隊を誘導する。
         詰として、MS/AC混合部隊を投入し、侵攻部隊殲滅(作戦行動不可にする)を図る。
         次に、別の最も近い侵攻部隊を目標に定め、追撃する。
         もし、要塞外周部に取り付いていたら、要塞守備部隊を挟み撃ちにし、敵殲滅を図る。

   もし、指揮官不在なら、要塞攻略部隊総出で各個撃破していけば、早期攻略は可能です。」

うーん。敵指揮官の情報は無いからな。一応居るものとして考えておこう・・・って、おまえら全員なんだ?
その押し殺した笑い方をしやがって!
[ 2011/12/18 08:18 ] [ 編集 ]

>ゴタロー様
ありがとうございます。
私自身、陣営発表前とはいえ、攻略側で話を進めていた所もあり、急な陣営変更をした後ろめたさを抱いていたところの捕縛発言だった為に悩みました。
しかし、今後は当家を狙うチームがあるとしてのロールプレイも考えていこうと思います。
ロールプレイ発言と書いておられるのに勘違いをして勝手に悩んで…色々ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

>龍牙様
ありがとうございます。
龍牙様の発言を不快に思った事はありません。
エリアや捕縛についての件了解しました、当家としては、ニューロンに属しながらミシェル以外攻撃しないという宙ぶらりんな存在なので、当然龍牙様チームがミシェルと同エリアにいても攻撃しません。
当家の行動に関して色々考慮してくださって本当に感謝しております…申し訳ありませんでした。
2041年の倖成は龍牙様の陰ながらの協力は知る由もありませんが2011年のユキナリは理解しています、パープルデーモンともしどこかでやりあうことになったら、全力でバックアップをいたしたいと思います。(直接交戦に加わる勇気はありませんが…。)

カタリナ様、皆様、全レス状態でコメント欄を伸ばしたこと、場を乱した事、空気を悪くしたこと、様々な事に関してお詫びいたします。
申し訳ありませんでした。
[ 2011/12/18 10:48 ] [ 編集 ]

ゴタロー様へのメール

「当家が裏切り行為に及んだ事は、攻略陣営皆様に知ることとなっていると存じます。
兄の愚かな行動、妹として心からお詫びいたしたいと思います。
当家がお貸しした天使型、軽天使型の寝返りを危惧しておられるとおもいます。
しかし、兄はただミシェル打倒のみを考えており、要塞攻略陣営に敵対する意志も要塞防衛陣営に協力する意志もありません。
あの天使型達のマスター権限は私が持っており、私は今回のミッションには参加いたしません。
つまりあの天使型達が裏切り、寝返り、情報漏洩をする事は決して有りません。
裏切り者の妹の言うことは信じられないかもしれませんが、神姫達に協力するよう命令しております。
私自身、攻略側を裏切る意志は無く兄の行動には反対であると付け加えておきたいと思います。
出来ることならそのまま、攻略陣営の兵としてお使いいただけたら、と思っております。
とはいえ、あの天使型達の処遇はゴタロー様にお任せする以外にはありません。
重ねて兄の非礼、お詫びいたします。」


妄想の都合上二人のマスターを扱っていますが、繭のほうは今回のミッションに参加しません。
天使型達のマスター権限は繭にあるので今後このミッションで、これらの神姫を当家が利用し攻略陣営に被害を与えることは無いと、神姫をお貸ししたゴタロー様、レイキャスト様、ゾックス様にお約束いたします。
[ 2011/12/18 11:16 ] [ 編集 ]

Re: コメント返し

>たくさんのコメントありがとうございます。

とりあえず役者が揃いましたw


参加する面子に対していろいろ思うことはあると思いますが、まあネット対戦ゲームなんで気軽に楽しんでください。昨日の敵は今日の味方、今日の味方は明日の敵といった感じで、敵味方ってのは基本的にはないですねw

SSS級やSS級の強ランカー神姫も敵味方問わず多数出ていますが、発言からも分かるように遊びで楽しんでいるので、皆さんも勝ち負けとかこだわらずに戦いを楽しんでくださいw


最終的にニューロン機関側と永崎さん攻略側と参加者の有無を確認しますので、まあそれまでは皆さんでいろいろ作戦とか方向性を考えてみるといいかも?

[ 2011/12/18 18:48 ] [ 編集 ]

(寝返りが出たらしい)
ファティマ「ねえ、わたし達と協同する神姫と戦いたいから裏切ったと言う人が出たって本当!?」
ブエル「ええ、出ましたよ。しかも自ら堂々と名乗りを上げて相手のマスターの名前を晒してましたよ」
エルルーン「あのような行為は非礼に値します。誉められた行動ではありません」
ファティマ「こんな時に何を考えてるんだろ……恨めしい気持ちを抱えているのはわたしたちも同じなのに!
プレスト「全くだよしょうもない。あたし達だってあの紫色の盗賊には朝鮮の虐殺で煮え湯を飲まされたんだ。けど、今回の作戦ではあいつは味方で、あたし達を出し抜く抜け目なさが強みになると思っているから、一切干渉しないように心がけているんだよ」
ノルン「けれど、私達は私達で彼は彼。私達が不満や正論を論じたところで彼を止める事など出来なくてよ。寧ろ、そういう闘争心は生き物の本能に則っていて私は好きだわ
プレスト「おいおい……規律が乱れるのを一番嫌がる奴が何を応援してんだい」
ノルン「私が好むのは報酬の有無など関係なしの血なまぐさい殺し合いですもの。それはとにかく、仇敵を仕留めんと願って裏切ったのであらば、最低限蚊の一刺し程度でも見舞ってやりなさい。もしそれすら果たせないなら、死ぬまで嘲笑して差し上げますことよ
ファティマ「うわ……と、とにかく、もし彼等の神姫たちと遭遇した場合、どうする?」
エルルーン「敵となられたのですから、交戦するしかありません」
プレスト「戦場でそうそう都合よく、仇に会えるもんかね。せめて戦闘不能にしてやるよ」
ブエル「いえいえ、傍観するのがせめての情けと言うものでしょう。どうせミシェル様に勝てるとは思えませんし」
ノルン「そういうことね。下手に介入していらない傷を負う必要はありませんもの」
ファティマ「な、なんだか薄情ね……」


※ ロールプレイの一環としてはアリだと思います。勿論、私達の神姫もロールプレイによって主に反感の意を示しますが。
[ 2011/12/18 21:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/1309-538ea4e4






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。