MMS-零  ミッション 18  「槿花郷-A」ミッション情報 

MMS-零  ミッション 18  「槿花郷-A」


MMS.jpg


ミッション概要。

A側はカタリナ社側陣営で、主に第7艦隊を中心に共和国軍の開城基地を攻撃することになる。

まず、ミッション開始と同時に戦艦型MMS及び潜水艦型MMSが遠距離から艦砲射撃、ミサイルによる空爆が開始される。

もちろん敵も黙っているわけではないので、航空基地から爆弾やミサイルを搭載した爆撃機や傭兵MMSの攻撃部隊が攻めてくる。

ここで一番に注意することは。傭兵MMSの存在。B側の傭兵MMSには強力なSSS級が多数いるので注意すること。

出来れば遭遇せずに、やり過ごすのが一番いいが、もし出会ってしまった場合の対処方法を簡単に説明する。


□装甲列車型MMS「シミャウィ」 SSSクラス 二つ名 「アイアン・メイデン」
内陸部の開城基地の飛行場に陣取っており、その巨体は遠くからでもはっきり視認できる。
沿岸部にいる第7艦隊に向けて主砲やミサイルで攻撃し、艦隊を狙ってくるので、艦隊の中心にいると直撃を喰らって一撃でゲームオーバーになってしまうことがあるので、開始直前にはすぐに艦隊から離れないと大変なことになる。

内陸から侵攻して近づくと、すぐにこちらをレーダーで察知して全身に装備されている砲台から撃ってきたり、貨物車両部分にMSや戦車を乗せて撃ってくるので注意。
無視するのが一番だが、腕に覚えがあるなら急接近して車体に乗り移ってみよう。シャミウィは近接戦闘にはまったく対応していないので攻撃し放題だが、護衛のMSや戦車には注意。

放置すると、開城基地がいつまでたっても落ちないので注意。

□急降下爆撃天使型MMS 「リーデル」  SSSクラス 二つ名 「サイレーン」
ミッション開始時からしばらくすると、高高度から第7艦隊目掛けて猛スピードで突っ込んでくる。
リーデルは一撃離脱の急降下爆撃を得意とし、レーザー誘導爆弾やライフル砲で、どんどん艦船型神姫を落としていく、邪魔しようとすると、強力なヒートブレードですれ違いざまに攻撃したり、ガトリング砲を撃ってくるので厄介。アーンヴァルの強化型なので機動性も高いので注意。

放置しておくと艦隊が全滅し、護衛の航空MMSも全滅してしまう。

□駆逐天使型MMS 「アンジェリカ」 SSSランク 二つ名 「クレイジーエンジェル」
内陸側で侵攻すると開城基地の上空で出現する。
LC3レーザーライフルのハイパーブラストを遠距離から連射してくるので回避能力に劣る神姫は一瞬で溶かされる。機動性の高い神姫でも、速射性能の高いレールキャノンやマシンガンを撃って来るので、もし相手にする場合は回避を重要視しないと一瞬でやられてしまう。放置しておくと侵攻部隊が全滅してしまう。


□戦闘爆撃機型MMS 「ヴェロキラ」 SSSクラス 二つ名「ファックサイン」
□戦闘爆撃機型MMS 「アマンダ」 SSSクラス 二つ名「ワイバーン」
両者共に、第7艦隊を狙って出現する。遠中近距離、どの距離からでも得意とし常に2人1組のコンビネーションで攻撃してくるので隙がない。また両者共に、かなり装甲が厚いので倒すのは困難。放置しておくと艦隊が全滅してしまうので注意すること。


他にも注意すべき神姫。

□重巡洋戦艦型MMS 「マキシマ」   SSクラス 二つ名「ワルキューレ」
□重巡洋戦艦型MMS 「ヴィクトリア」 SSクラス 二つ名「砲女神」

2隻とも内陸側に向かって侵攻する地上、航空部隊に向かって立ちふさがってくる。
戦艦型だけに全身に強力な武装を備えており、艦砲射撃の一斉射は非常に危険、モタモタしていると集中砲火を浴びて一瞬にて撃破されてしまう。また見かけによらず速度が速いので、不利になるとスモークを炊いて逃げられてしまうこともあるが、装甲は限定的にしか配備していないので隙をついて接近戦を挑んで一気に倒してしまうのも一つの手だ。

□シーフ型MMS「ノア」 SSクラス 二つ名「パープルデーモン」
ミッションの中盤にいきなり第7艦隊の航空母艦型の甲板に出現する、放っておくと艦載機を全滅させて、空母型を撃沈してしまうので、見つけたら即効で倒さないと大変なことになる。
最軽量の武装と装甲しか持っていないので機動性は脅威、回避性能が鬼レベルなのでまず攻撃が当たらないのと、絶対にやってはいけないのが接近戦。近づくと回り込まれて急所を一撃で攻撃されて終わる。

□九尾の狐型MMS「チヅル」 SSクラス 二つ名「九十九」

ミッションの中盤にいきなり侵攻部隊のど真ん中に出現して、手当たりしだいに暴れまわる。見つけたら即効で倒さないと大変なことになる。
最軽量の武装と装甲しか持っていないので機動性は脅威、回避性能が鬼レベルなのでまず攻撃が当たらないのと、絶対にやってはいけないのが接近戦。近づくと回り込まれて急所を一撃で攻撃されて終わる。



これらの神姫は放置してしまうと、ミッションのパワーバランスが一気に崩れてしまうので、見つけ次第周りの傭兵MMSに声をかけて倒さないと大変なことになる。

どの神姫も一癖も二癖もある厄介な神姫ばかりであるが、こちらも対抗してSSS級やSS級をぶつけるといい。

残りの傭兵MMSは、要所要所で出てくるがたいした腕を持っていないので撃破は容易なはず。



他のNPC敵について。

主力MS部隊

MS-07B  グフ   ×8機
MS-06J ザク2/J ×48機
MS-05L ザクI・スナイパータイプ ×4機

内陸側に向かって侵攻する地上、航空部隊に向かって立ちふさがってくるが、ザクIスナイパー以外はさして脅威ではないが、数が多いので注意。

砲戦MS部隊

ガンタンク強化型 ×4両
ガンタンクA型 ×4両
ガンタンク量産型 ×4両
ヒルドルブ×2両
ザメル×2機

侵攻すると遠距離から猛砲撃を加えてくる。威力の高い大砲で攻撃してくるが、基本接近すると弱いので積極的に近接戦闘を繰り返して撃破しよう。


機甲部隊

マゼラアタック主力戦車 ×24台
61式主力戦車 ×12両
T-34/85 ×24両
T-54/T-55 ×36両
T-62 ×36両
T-72 ×12両
62式軽戦車 ×36両
BMP-1 ×24両
BTR-40×96両
BTR-80A×12両
ZSU-57-2×12両
BM-24×24両

マゼラアタック主力戦車と61式主力戦車以外はほとんど博物館レベルの旧式の骨董品。
攻撃力、機動力共にまったく問題にならないレベルだが、数が多くまとまって攻撃してくるのでその点だけは注意。


空軍

Su-7BMK×36機
MiG-15/bis×36機
MiG-17/F/P×36機
MiG-19S/P×36機
MiG-21F-13/PF/PFM/bis×62機
MiG-23MS/MLA ×12機
MiG-29 ×12機
Il-10×24機
Il-28×36機
Mi-24×24機

こちらもほとんどが骨董品扱いの旧式兵器の寄せ集め。
ただ、MiG-29だけは侮れない飛行性能を持っているので注意。

海軍

サラミス級軽巡洋艦×8隻
ムサイ級軽巡洋艦×3隻
ザンジバル改級機動巡洋艦×1隻


この艦隊は、なぜかミッションが始めると同時に一斉に北に向かって遁走する。邪魔すると向きを変えて反撃してくるので、無視しても問題はない。
ザンジバル級のみが一隻だけ内陸部の開城基地の飛行場のシャトル打ち上げ施設で、打ち上げの準備をしようとする。ミッション開始から30分経過するとザンジバル級は打ちあがって逃げてしまう。撃破すると隠しミッション発生。
問題点はザンジバル級のすぐ横に装甲列車型MMS「シミャウィ」 SSSクラスがいるので、撃沈するのは困難。



このミッションで大事なことは味方の第7艦隊と侵攻部隊の両方をいかにうまく守るかが問題となってくる。敵勢力で一番の脅威はSSS級。ミッションで遭遇したことの対処方法を考えておかないと一瞬でゲームオーバーになってしまうので、非常にシビアだ。
スポンサーサイト
[ 2011/09/19 19:51 ] ミッション | TB(0) | CM(5)

MMS-零  ミッション 18  「槿花郷-A」ミッション情報

厳しいミッションですねー。
やっぱり敵主力は、傭兵MMSですね。
こちらも、当てるとすれば傭兵MMSなのでしょうが。

大軍同士の戦いなので、陣形がどうなっているかが勝負の決め手だと思います。
こちらの想定では、敵部隊が、開城基地を守備する形を取っているものとして、水攻めという奇襲作戦を取りました。地上が抜かるんでしまうと、陸上部隊には少なからず影響がでて機動力が落ちるはず、という理由です。

味方攻撃陣は、開城基地を包囲する形を取ればいい訳で、またある程度距離も取れるため、相手の行動が早期に探知し易い、と考えられます。あとは、火力・攻撃力を一斉に開城基地に集中させれば、十字砲火体制の完成で、相手は不利な状況下に置かれると予測できます。開城基地から出て来た部隊等は、砲火の一部をそちらに向けることで牽制できるでしょう。

問題は、その味方包囲網を突破して陣形崩しに掛かるであろう敵傭兵MMSですが、こういっては何ですが敵1機あたりに味方傭兵MMSを3~5機で組ませて「タコ殴り」をかければ、確実に1機ずつ減らして行けるでしょう。一対一同士の決闘なんかは時間の無駄です。

あと、最後の逃亡するザンジバルですが、打ち上げ準備には相当の電力が必要で、先の水力発電所破壊により電力ストップ! 攻撃はされなくても逃亡もできないのでタイムアップ!

という理屈付けでどうでしょう?
[ 2011/09/19 22:05 ] [ 編集 ]

エルルーン「マスターより通達です。幾らかの方針変更が決まったようです」
プレスト「やっぱあたし達だけで考えた作戦じゃ穴があったかぁ。あの時のマスターはほんとに40度近い熱でやばかったもんねぇ」
ファティマ「それで、どんな風になったの?」
エルルーン「はい、私とファティマは大きな変化はありませんが、私は全体的にランクの低いMMS陸軍の護衛、ファティマは第7艦隊の戦艦型MMSの支援を行います。SS以上の敵MMSは味方の傭兵達にうまくぶつかるといいのですが、いざとなれば私達が戦うしかないようです。特にファティマは、シーフ型MMS『ノア』に十分気をつけて下さい、との事です」
プレスト「成る程ねぇ、適材適所ってわけかい」
ファティマ「よりにもよって激戦区なんて、想像以上にきつくなりそう。敵の傭兵がわんさか現れるのも第7だもんね」
プレスト「何、あんただけで戦うわけじゃないんだから少しは気を楽にしなって」

エルルーン「そしてプレストは、成層圏限界の高高度を維持しながら敵上空を強行突破して下さい。必要とあらば反撃も許可しますが、最低でも作戦開始から10分以内に敵巡洋艦隊を視認してください」
プレスト「そりゃまた何とも、無茶苦茶言うねえ」
エルルーン「最も厄介な敵傭兵MMSの殆どが意外と上空に気を向けていないので可能だと判断されたそうです。突破後、メインブースターを切って滑空しながら、ザンジバル改級機動巡洋艦のメインエンジンを狙って、デュランダルを投下して誘導してください。勿論、装甲列車型MMS『シミャウィ』には十分気をつけてください」
プレスト「ブースターを切るのは熱探知から見つかりにくくする為かい。しっかし高高度からの投下とは、針の穴にほつれた糸を通すようなもんだねぇ。それに懸念すべきはSSS級の装甲列車型とはねぇ」
エルルーン「この戦争の黒幕が逃亡する巡洋艦にあると仮定すれば、この爆撃は確実に意味があるとオーナーが仰っていました。そもそも、MMS艦隊に対抗するにしては今一つ力不足な巡洋艦隊が出ている時点で疑うべきでした」
プレスト「そういう“まつりごと”っぽい意味もあるのかい。やれやれ、えらい無茶振りだけど何とかやってみるよ。それからあたしはどうするんだい?」
エルルーン「その後、『シミャウィ』本体とレール上に残りのデュランダルを投下して撒いて下さい。これは逃亡を少しでも容易にする為の手段です。それからは第7艦隊と合流して戦闘及び早期警戒活動に専念し、味方艦隊に適切な情報を送って砲撃のサポートを行ってください」
プレスト「やれやれ、思っていたより忙しくなりそうだねぇ……でも、覚悟を決めるとしますかねっと」
ファティマ「エルはBクラスMMSのお守り、あたしは激戦区のど真ん中、プレストは重要任務、ね。あぁもう、終わったらマスターに休暇をねだるわ」
プレスト「そんな暇があるといいんだけどねぇ」
エルルーン「私は……あの、“だいしゅきホールド”をお願いしようかと……」
ファティマ「あ……あんた、アレにはまっちゃったの?」
エルルーン「はい。マスターも喜んで下さっているのですが、ああやってマスターの指にしがみついていると私自身が何か心地よいもので満たされていくのです」
ファティマ「あちゃ……これは、病み付きになっちゃったパターンだ。これ以上、変なことを覚えさせないようにしないと」
プレスト「ぷぷ、くくくっ、やっぱりエルは可愛らしいねぇ。まさかアレが自分への御褒美になるとは思わなかった」

エルルーン「それと追加情報なのですが……ノルンと言う名のMMSを知っていますか?」
ファティマ「聞いたこと無いわ?」
プレスト「何! おいエル、それはどういう意味だい? まさか奴があっち側にいるってことかい!?」
エルルーン「コリア局が向こう側の軍のコンピューターに侵入した際に発見した、傭兵MMSの名簿にその名前がありました。私のデータベースには無いMMSです」
ファティマ「プレスト、このMMSを知ってるの?」
プレスト「ああ……よく知っているさ。将校型MMSっていうのがいるだろう。アレが空を飛び、自らも相応の戦闘能力を持つ高性能MMS……と言うコンセプトで開発されたAWACS型MMSだ」
ファティマ「へぇ~、そんなのがいるなんて初耳ね」
プレスト「ランクはSSS、“蒼穹の女神”とまで呼ばれた奴で……バトルではあたしとパートナーを組んでいたこともある。だが……あいつはあたしを裏切ったんだよ! 自分の愉しみの為にね!」
ファティマ「な、何か募る話が色々ありそうね。でも、その怒りは戦場で直接出会ってから向けたほうがいいと思う」
エルルーン「万が一遭遇したとしても、作戦の完遂が第一です。決して失念しないで下さい」
プレスト「分かってる。分かっているつもりだ……でも、もし見つけてしまったら、一発くらい顔面にお見舞いしてやるさ」
[ 2011/09/20 01:32 ] [ 編集 ]

・・・

・・・・

・・・・・


椿「やべぇ!!もう状況分からなくなってきた!!

・・・えっと、作戦追加した方がいいかな?

・・・おい、豪獣神!聞こえるか!?」

豪獣神「はい!こちら豪獣神です。」
椿『豪獣神、作戦を追加する。
とりあえず視界に入った敵は全て潰せ。

以上だ。
{プツ、}』


豪獣神「・・・えぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!?
そんな!!大雑把すぎるよ椿君!」


椿「・・・さて、何故僕が豪獣神に敵の殲滅を言い渡したかと言うと、
彼はドリルを持っている。もちろん、ドリル戦艦・レックス・ロボ、どの状態でもドリルを持っている。
つまりは硬い装甲を破れると言う事だ!!!

まぁ、ミニプラクオリティだからいささか不安が残るが。」


―――その頃

マナ「たすけてぇェェェぇ!!!!!!!
エドナ3「逃がすか貴様ァァァぁぁ!!!!!!!!!!!!
[ 2011/09/21 17:15 ] [ 編集 ]

ハジメ「ミッション間違えちまって参加出来なかったぜ」
ランスロット「?なんの話しですか?」
ハジメ「いや、なんでもない」
ランスロット「今回の作戦は参加するんですか?」
ハジメ「したいが無理だ。相手が悪過ぎる。それに1機足りない」
ツォーネ「武装はどうなんですか?」
ハジメ「ランスロットはデスティニー装備、ツォーネはレーバテイン最終決戦仕様なんだが、もう1機足りないから」
ランスロット「モルドレットがいるじゃないですか」
ハジメ「蜂の巣確定。ダイゼンガーじゃ話しにならん」
ツォーネ「じゃあ、これはどうですか」
ハジメ「・・・どっから拾って来た、その神姫?」
ツォーネ「玄関です大佐」
ハジメ「んじゃ、そいつ修理して参加すっか」
ランスロット「・・・大丈夫か、こいつら」


ハジメ「よし、今回は強襲メインで作戦を進めて行こうと思う」
ハジメ アバター:穴 手足、水没 頭胴、追加ブースター、強化アサルトアーマー
武装 なし

ランスロット:デスティニー装備
ツォーネ:レーバテイン最終決戦仕様
名無し:ネオアムジャケットZEAM 、V.O.B

ランスロット「主、戦う気あるんですか!?」
ツォーネ「アサルトアーマーがあるだろう?それが武器だ」
名無し「コジマ汚染・・・」
ハジメ「気にすんな。汚染と汚物で相殺しあって、案外イイかもしれないぜ」
ランスロット「ないない」
ハジメ「SSSランクの神姫は無視出来んしなー。ま、ヴェロキラーコンビはミウさんにまかせて、SSランクのノア達はリッパーがなんとかするだろう。とりあえず、雑魚を片付けるのが先だな」
ツォーネ「私が装甲列車に強襲をかければーー」
名無し「私が行く。マスター、その為のV.O.Bでしょ?」
ハジメ「あはは、悪いな頼んだぞ。ツォーネは艦隊の撃破を頼む。ランスロットは・・・適当に頼む」
名無し「ん、了解」
ツォーネ「サー、イェッサー」
ランスロット「適当って・・・はぁ、生きて帰れるかな?この戦い」
ツォーネ「それが任務だ」
名無し「一番いい装備だから。大丈夫、問題ない」
ハジメ「よし!みんな、出撃するぞ!!」
「「「了解っ!!!」」」


ハジメ「ごめん、間に合わなかった」
ツォーネ「命拾いしたな」
ランスロット「こう言うオチなんですね、主」
名無し「・・・・・・?」
[ 2011/09/22 07:10 ] [ 編集 ]

コメント返し

>madriax74さま

やっぱり敵主力は、傭兵MMSですね。
こちらも、当てるとすれば傭兵MMSなのでしょうが。

敵の傭兵MMSは強烈ですよー数は少ないですが、ぼけーとしているとあっという間に狩られます(汗)

敵部隊が、開城基地を守備する形を取っているものとして、水攻めという奇襲作戦を取りました。地上が抜かるんでしまうと、陸上部隊には少なからず影響がでて機動力が落ちるはず、という理由

水攻めはシャレにならないくらい甚大な被害を起こしますよーある意味禁じ手www

ですが、そういう恐ろしい発想は嫌いじゃないですよー、思いっきり採用して予想以上の被害が出るように・・・

味方攻撃陣は、開城基地を包囲する形を取ればいい訳で、またある程度距離も取れるため、相手の行動が早期に探知し易い、と考えられます。

問題は傭兵MMSの装甲列車型MMS「シャミウィ」です・・・彼女はそれ自体が移動要塞、移動戦線のようなものなので、遠距離から正確にこちらの動きを察知して車体の強力な主砲や列車砲、大型ミサイル等の大火力兵器で狙い撃ちしてきます。

一般的に攻撃側は相手の三倍以上の兵力で攻めるのがセオリーですが、彼女の存在がそれを許しません。

敵1機あたりに味方傭兵MMSを3~5機で組ませて「タコ殴り」をかければ、確実に1機ずつ減らして行けるでしょう。

SS級ならともかく、SSS級にそれが通用するかどうか・・・SSS級の恐ろしさや強さは、武装神姫「真零」で分かると思いますが彼女たちは文字通り、一騎当千のすさまじい戦闘能力を有しています。SSS級を倒すには複数のSS級かもしくは、同クラスのSSS級をぶつけないとはっきり言って倒せません。半端な物量でせめても蹴散らされるのが落ちです。

最後の逃亡するザンジバルですが、打ち上げ準備には相当の電力が必要で、先の水力発電所破壊により電力ストップ! 

すぐ近くに装甲列車型の「シャミウイ」さんが代わりに発電して電力補充するので難しいですね。ただ発射時間は伸ばせそうですw

頑張って撃沈してください!

>Qualさま

装甲列車型MMS『シミャウィ』は優秀なレーダーとペトリオット防空ミサイルを搭載しています。航空攻撃はうまくやらないと迎撃されちゃいます。
シミャウィさんは全身に対空火器やミサイルを装備しているので、非常に危険です。貨物車両には対空車両やMSなんかも載せている場合もあるので要注意です。

「この戦争の黒幕が逃亡する巡洋艦にあると仮定すれば、この爆撃は確実に意味があるとオーナーが仰っていました。

鋭いですねー誰が乗っているのかはあれですがww

“だいしゅきホールド”をお願いしようかと・・・はまっちゃった?


AWACS型MMS!?しかもSSS級とは・・・どんなフォルムの神姫さんなのか気になりますねー

>宮藤椿 さま

とりあえず視界に入った敵は全て潰せ

まるでロシア軍のような大雑把な指示www

ドリルは絶対正義!!ですね。私も海底軍艦のような艦首にドリル装備したドリル戦艦とか作ってみようかな?

ゼノギアスには艦首が剣で出来た戦艦とかいましたがww

ああいう強烈なフォルム持った戦艦は大好きです。

Vガンのバイク型戦艦とかww

エドナさんとマナさん仲がよさそうでよかったですねww


>籠 ハジメ さま

装甲列車型のシャミウィさん大人気ですねwやっぱでかいだけに狙われやすいか・・・いろんな傭兵MMSさんが狙っていますが、シャミウィさんは耐えれるのでしょうか?それだけでもなんか映画できそうです。

「装甲列車型MMSシャミウィ」みたいな感じでww

汚染と汚物で相殺しあって、案外イイかもしれないぜ


カッコイイですね。ちょっと名言ですねーそれはww

コジマ汚染・・・コジマはまずい・・・

[ 2011/09/23 00:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/1243-392ccc86