MMS-零  ミッション 18  「槿花郷-A」 

MMS-零  ミッション 18  「槿花郷-A」



*前回、分岐点でカタリナ社側を選んだ人はこちらです。



カタリナ社コリア局を支援すべく我がカタリナ社極東支部は、太平洋に展開するカタリナ社USA局の所属する第7機動MMS艦隊を出動させ、2041年 8月12日 第7機動MMS艦隊が仁川近海に到着した。

これより我が第7艦隊は、共和国軍が集結中の開城基地に対してコリア局と共に大規模な攻勢を行う。

この大規模攻勢により、共和国軍のMS部隊を撃滅し平壌への道を開き、1世紀近く分断されていた半島を統一する。


ちなみに、共和国軍の開城基地には旧式のMS部隊および骨董品に近い旧式機動兵器群、連邦軍払い下げの軽巡洋艦、公国軍から派遣されてきた艦隊も確認されている他、傭兵MMSの姿も確認されている。

激戦が予想されるが、我が艦隊と諸君ら傭兵MMSの力さえあれば必ず共和国軍主力部隊を打ち破れるものと予想される。

では、よろしく頼む。



・依頼主:カタリナ社極東支部
 
・作戦領域 開城基地

・目標 :

60分間生き残る。

・報酬 :



・エネミー



・制限時間

60分

・参加可能機体数

アバター×1体

MMS×3体

・友軍戦力

DSC00655.jpg


・カタリナ社USA局 『第7機動MMS艦隊』

所属主要艦艇群

航空母艦型MMS  「エンブリオ」 SSクラス 二つ名「メガキャリア」
重装甲戦艦型MMS 「シュタインズ」Sクラス
重航空戦艦型MMS 「ヴァンガード」Sクラス
装甲戦艦型MMS  「リベリオン」Aクラス
装甲戦艦型MMS  「フリージング」Aクラス
巡洋戦艦型MMS  「インフェニット」Sクラス
巡洋戦艦型MMS  「ニードレス」Sクラス
巡洋戦艦型MMS  「エクシリア」Aクラス
巡洋戦艦型MMS  「インデックス」Aクラス
潜水艦型MMS   「アビス」Aクラス
潜水艦型MMS   「エコー」Aクラス
輸送艦型MMS   「ロマンツェ」Cクラス

「エンブリオ」艦載機

艦上戦闘攻撃機型MMS 「シー・グリフォン」Aクラス×8機
多目的戦闘機型MMS  「ベルン・ライザー」Aクラス×8機
戦闘ヘリ型MMS    「ウェル・コブラ」 Aクラス×4機

・カタリナ社コリア局 第2統合方面軍

「空軍」
戦闘爆撃機型MMS 「ドラッケン/K型」Aクラス×8機
多目的戦闘機型MMS「ウェル・ライザー」Aクラス×8機
邀撃戦闘機型MMS 「レアン・ガーリオン」Aクラス×8機
「陸軍」
戦車型MMS「ムルメル・ティア/K1型」Bクラス×12両
砲台型MMS「フォートブラッグ/K型」 Bクラス×24台
火器型MMS「ゼルノグラード」Bクラス×24機
天使コマンド型MMS「ウェルクストラ」Bクラス×48機
「海軍」
コルベット艦型MMS「バッカニア」Sクラス×3隻
重装甲戦艦型MMS「リュ・ソンリョン」SSクラス二つ名「成竜」




・ 傭兵MMS

オンラインで現在、このミッションに参加する神姫です。

org8087_8_48234.jpg

DSC06135.jpg

xDSC00929.jpg

zDSC09444.jpg

zDSC09439.jpg

zDSC09721.jpg

zDSC08307.jpg

zDSC08313.jpg

zDSC02897.jpg

DSC03028.jpg


DSC08237.jpg


□超音速ステルス戦闘機型MMS 「クリスティ」 SSSクラス 二つ名「超音速の死神」
□戦闘爆撃機型MMS「グレース」 SSSランク 二つ名 「シーソー」
□堕天使型MMS「ミュウ」 SSSランク 二つ名「黒剣」
□戦闘攻撃機型MMS 「チェルシー」 SSクラス 二つ名「シルフィード」
□重剣士型MMS 「ラヴィニス」 SSクラス 二つ名「ブラックネイル」
□強襲戦闘艦型MMS 「アマルテマ」 SSランク 二つ名「タイフーン」
□重装甲戦艦型MMS 「ドセットシャア」 SSクラス 二つ名「キャノン・ワールド」
□重装甲戦艦型MMS 「スーザン」 SSクラス 二つ名「アイアン」
□重装甲戦艦型MMS 「ウォース・パイト」 SSクラス 二つ名「オールド・レディ」
□高機動装甲戦闘機型MMS  「エドナ」 SSクラス 二つ名 「リッパー(切り裂き魔)」
□装甲戦艦型神姫  「マルチナ」 SSクラス 二つ名「浮沈艦」

□邀撃戦闘機型MMS 「アラキナ」 Sクラス 
□邀撃戦闘機型MMS 「デボラ」 Sクラス 
□邀撃戦闘機型MMS 「ジャネット」 Sクラス
□駆逐コマンド型MMS 「シャーロット」 Sクラス 
□天使型MMS  「ミサカ」 Sクラス



参加中の神姫の掲示板です。

グレース「敵の傭兵MMSにSSS級を確認しました。SSS級は私が引き受けします」
ミュウ「ひゃはっははははは!!気持ちいいですね!!こういう派手なバトルは大好きですよ!!楽しみましょう!!」
チェルシー「ラヴィニス、組もうよ」
ラヴィニス「もちろん♪」
アマルテマ「・・・・・」
クリスティ「うひゃああーーーー今日もスピード上げていくよ!」
ドセットシャア「とりあえずUSA局の艦隊の中に紛れとくわ」
マルチナ「わ、うわああ・・・・ああああああああ」
スーザン「こっちは勝ち組かな?それとも負け組みかな?」
エドナ「思ったよりも悪くない面子、これならいけるか」
ミサカ「うわ・・・みんな、私よりも強い人ばっかりだ・・・」
ウォース・パイト「ようは生き残ればいいんだろ!艦砲射撃でぶっ飛ばしてやる」
アラキナ「うおおおう・・・こっちのメンバーごついな、どっかで見たことある奴ばっかだ、てか定期便おるし」
ウォース・パイト「デボラたちかよ・・・まあ、信頼できるからいいけどさー」
スーザン「またオマエラか」
デボラ「いつもどおり突っ込むぜ、よろしく頼むぜ」
ウォース・パイト「お前らと組むといっつも俺、撃沈されるんだけど?」
デボラ「気のせいだwwwww」
ジャネット「今日は勝とうぜ、ウォース・パイトの姉さん」
スーザン「マジ、ろくなことないんだけどさーー」
ジャネット「60分間生き残る自信がないわwww」
デボラ「おい、そこのオマエはどーすんだよ」
シャーロット「私は好き勝手やらせてもらうよ、だからオマエらも好き勝手しろ」
ウォース・パイト「だよなー」
グレース「じゃあ、みんな独自の判断で行動ってことで」
チェルシー「おkおk」
ラヴィニス「ミュウさん、こんばんは、以前組ませていただきましたね。今回もよろしくお願いしますね♪」
ミュウ「ラヴィニスちゃんだっけ?覚えてるよー、今日も暴れる?」
ラヴィニス「暴れちゃいます♪」
スーザン「マルチナァ・・・てめえ・・・何こそこそ隠れてるんだ?テメーなにシカトこいてんだ?ああ?」
マルチナ「か、カンベンしてください、あああ・・・」
ウォース・パイト「超いいこと思いついた、オマエ俺の盾になれ」
マルチナ「えええ・・だって、ウォース・パイトさんたちの方が装甲厚いじゃないですか・・・」
ドセットシャア「おまえさー普段、弱い物イジメばっかりしてさ、いきがってるのにさ、こーいうときだけ大人しくなるから、むかつくんだよ、殺すぞコラ、知らないと思ってんのか?」
スーザン「このチキン野郎が、ぶっ殺すぞ、舐めた態度しやがって」
マルチナ「ご、ごめんなさい、許してくださいお願いします、申し訳ございません。すみませんすみません」
ドセットシャア「殴るぞ」
スーザン「逃げたら殺す、脅しじゃねえの分かるな?クソヤロウが・・・」
マルチナ「・・・・ハイ」
デボラ「うわァ・・・おっかねえ、コエエエエエwwww」
チェルシー「ちょっと、やめなよ」
ラヴィニス「味方だと思うな、敵じゃないだけって奴ですね♪」
ミュウ「ラヴィニス分かってるね」
エドナ「血の気の多い連中だぜ、先が思いやられるな」
クリスティ「うっはああーーーーー相手のINしてる神姫が気になりますねーーーーー」
シャーロット「そろそろ始まる」
ジャネット「デボラ、アラキナ!準備はいい?」
アラキナ「いつでも」
デボラ「おk」
スーザン「マルチナ、殺すぞ、マジで舐めんなよ」
ドセットシャア「なんだァ?その目は?反抗的だな」
マルチナ「ごめんなさい、ごめんなさい」
ウォース・パイト「まあ、いい変なことしたら即八つ裂きにしてやるからな、しっかりと覚えとけ」
マルチナ「ハイ、わかりました」

スポンサーサイト
[ 2011/09/10 21:32 ] ミッション | TB(0) | CM(6)

プレスト「困ったことにマスターは酷い熱を出してしまったみたいだ。お陰で作戦や方針が定まっていない」
ファティマ「どうする? 適当にうろうろしても足引っ張るだけかもしれないし、後方で控えとく?」
プレスト「それは死亡フラグだね。そういうのに限って油断したところを衝かれて殺られる」
ファティマ「じゃあどうしろっていうのよ」


アバター:無し
MMS-1:対物火器型改良試作MMS『エルルーン』
装備:短波式突撃小銃 高出力光学剣
   挟撃式垂直ミサイル 携行榴弾砲

MMS-2:セイレーン型MMS管制仕様『プレスト』
装備:ボレアス:自動榴弾砲仕様
   ダブルフォールディングナイフ
   AIM-7M スパロー III
   BLU-107 デュランダル

MMS-3:戦乙女型MMS機動戦仕様『ファティマ』
装備:ジークフリート(光学双頭剣)
   ロッターシュテルン(光学小剣)
   ランドグリーズ(小銃)

方針:エルルーンとファティマは前線のMMS達と共に戦い、主に援護を重視する。エルルーンはBランク以下のMMS神姫を用途に応じた武装で対処しつつ可能な限り守り、ファティマはS~Aランクの神姫を防御支援する形でサポートする。SSS及びSSランクが多いのでうまくぶつかり合ってくれると助かるが、敵にもSSSがいる以上用心するに越したことは無い。特に、低ランク神姫を優先的に狙う卑劣な敵神姫は最優先で損傷を与え、退ける。
 プレストは早期警戒を行いながら敵空軍を主に攻撃。上空から敵神姫の情報を仲間達に常時送信する。航空戦力が減り、敵戦艦を捕捉する事が出来た場合、BLU-107の投下を試みる。本来は滑走路を破壊する為の誘導爆弾だが、それだけに戦艦に与える損壊は大きい筈。ミサイルと爆弾を使い切った後は、早期警戒支援を最優先し仲間達に随時情報を与える。

プレスト「まあ要するに、『自分は特別なんだ』とか慢心したりせず、自分の役目を理解して一人の兵員となって適切な行動をとれば問題は無いってことさね。逆に自分を特別扱いすれば、大活躍するどころか敵にとって格好の的になるだろうし更に仲間の足を引っ張って孤立して、やれる筈のことさえまともに出来なくなってしまうもんさ」
ファティマ「無難すぎる作戦だけど、今回の勝利条件は生存だから奇抜な作戦を立てるほうが危ないよね。地味に頑張るしかないか」
エルルーン「それにしても気がかりなことがあるのですが」
ファティマ「あんたがそんなことを言い出すなんて珍しいわね。どうしたの?」
エルルーン「いえ、嘗て妙な前例があったので気にかかっただけなのですが……ドラッケン/K型はマンホールに落ちたりしないでしょうか?」
ファティマ「……はい?」
プレスト「エル……それはない。幾らなんでもきっと無いから。まあでも、F-15Kの弱点には違いない」
ファティマ「そんなことより、もうすぐ始まるよ! 早く準備しないと!」
エルルーン「了解です。……果たして、このミッションは唯の大規模な総力戦で終わるのでしょうか。この戦いの末に笑うのは誰なのか………今は情報が少ないので終わってから考えましょう」
[ 2011/09/11 22:32 ] [ 編集 ]

MMS-零  ミッション 18  「槿花郷-A」

・・・共和国側の対応の早いこと早いこと・・・。

ウチは以下のように・・・。
アバター:VF-25F アーマード改
  個別名「メサイア・改」
  武装:APS-25A/MF-25アーマード・パック
     EGBU-28 バンカーバスター徹甲爆弾×2
     ハワードGU-17A 58mmガンポッド×1
MMS:天使型MMS アーンヴァルMk2 テンペスタ×3機 (MMS航空部隊を構成)
  個別名「SASHIBA-11改め タキリ」
     「SASHIBA-22改め イツキ」
     「SASHIBA-33改め タギツ」
  武装:モード・ペガサス改 +GEM LS7 Laser-sowrd  
    アルヴォPDR11改 + リリアーヌ×2 +ココレット×2
    GEM LC5 Laser Rifle + M8ライトセーバー×2 各共通

戦法
まず、カタリナ社USA局 『第7機動MMS艦隊』は仁川沿岸部の制海権の確保を確実にしてもらいます。
カタリナ社コリア局 第2統合方面軍・空軍は、強行偵察(嫌がらせともいう)を繰り返してください。
同陸軍は、板門店から仁川空港一体に、中隊を組んで展開、敵の侵入を許さないように威力攻撃を繰り返してください。
同海軍は、ミサイル攻撃による同陸軍の後方支援を行ってください。
この時点で、カタリナ社USA局 『第7機動MMS艦隊』の艦載機は出撃です。
傭兵MMSたちは、板門店付近に各自展開していて、一時待機です。
で、ここから、ウチらの仕事です。
南東方面より、開城基地を迂回し、山間部を縫うように、MMS航空部隊に護衛されたVF-25アーマードが低空侵入し、とある場所へと向かいます。場所は「ダム湖 A」。開城市北東部にあるダムで、それなりの水量及び発電施設があるものと見られます。ここへ、EGBU-28 バンカーバスター徹甲爆弾とアーマード搭載ミサイルをぶちかまし、ダム破壊・水力発電所破壊を行います。
これにより、下流にある開城基地は濁流にのまれ、不整地状態となると見込まれます。こうなると敵MS部隊や敵戦車部隊は行動を大幅に制限されるか、体制の立て直しを迫られます。(向こう側の傭兵MMSは、きっとうまく回避するでしょうが・・・)
この時点で、板門店付近で待機中の味方傭兵MMS部隊が敵傭兵MMS部隊へ攻撃開始。また、カタリナ社USA局 『第7機動MMS艦隊』の艦載機群は、敵MS部隊や敵戦車部隊、大型艦艇への波状攻撃を開始、一気に共和国軍を壊滅に追い込みます。
・・・え?ウチら?
ダム破壊の後、開城市内に強行突入し、敵追撃部隊を市街戦にて迎え撃ち、60分耐え忍びます。まあ、なんとか持つでしょう・・・。
味方が勝ち進んでいるなら、開城市から援護攻撃を掛けます。「あり得ないと思いますが」味方が負け越しているようなら、そのまま、撤退です。

タキリ「相変わらずウチらは、護衛ばっかりだよね。素早く小さい的を見つけて当てる技は上がるけど」
イツキ「世の中、航空戦力が一番威力を発揮するからね。でも詰められない・・・」
タギツ「もう少し、使用できるMMSの数が多けりゃ、陸戦もできるんだけど。折角GPS兼軍事通信衛星も用意したんだし、各神姫同士の情報共有はバッチリさね。宝の持ち腐れだー。
タキリ「でも、ウチら、かの猛者・ランカーMMS相手に勝てると思う?」
イツキ、タギツ「・・・(泣)」

うまくいくといいなー。
[ 2011/09/11 23:12 ] [ 編集 ]

ヴラド「バラライカ、ヒルダ、アマンダ、朝鮮と言う汚物を消毒しに行くぞ。準備しろ!」

アバター:エピオン

局地殲滅型MMS「バラライカ」
イリーガル『殲滅の女帝』
武装
高出力ブラスター
3連式榴弾砲
炸裂徹甲弾(アヴァランチクレイモア)×2
6連式ガトリング
拡散型ミサイル4基
テールウィップ高圧噴射ノズル(先端から硫酸を噴射する)

サソリ型MMS「ヒルダ」
イリーガル『ニッパー』
武装
シザーアーム×2
GNソード×2
テールウィップ

コウモリ型MMS「アマンダ」
イリーガル『吸血鬼』
武装
攻盾システム「トリケロス」
ビアサーロック「グレイブニール」
マガノイクタチ
マガノシラホコ

バラライカ「相変わらず品のない傭兵MMSしかいませんのね」
ヒルダ「それは仕方ないと思います」
アマンダ「私達も大概だと思いますけど・・・」
ヴラド「作戦だが、基本は防衛が最優先だ。敵の出方次第反撃に移る。間違いなく敵、傭兵MMSとの戦闘が予想されるがSSランク相手ならタイプにもよるが、問題なかろう。SSSランクのMMSと戦闘になった場合バラライカ以外は必ず逃げろ。いいな?」
アマンダ「私達もSSランク相手なら問題なく戦えますけど、確かに相手しない事に越した事ないですね」
バラライカ「まぁ、あなた達が相手する必要はないわよ。どうせカタリナ社の雇った傭兵MMSが相手するから。私達がやる事は防衛と敵の殲滅、あとの事は私達がする必要はないわよ」
ヴラド「多少ものたりない戦闘になると思うが、生き残る事を最優先にしろ。いいな?」
「「「了解!!!」」」

ランスロット「主はどこに行ったんでしょうか」
ツォーネ「コンビニに行ったんじゃない?書き置きに『俺を行かせてくれ!コンビニに』って書いてあったし・・・」
ランスロット「私達も連れて行けばいいのに」
ツォーネ「まっ、直ぐ戻って来るでしょう」
[ 2011/09/12 06:46 ] [ 編集 ]

椿「・・・結構味方が多いな・・・。」
リング「そうね。結構簡単・・・とはいかないかもね。意外と。」
椿「そうだな。」
ジョーイ「その事でなんだけどさ、」
椿「何だ?」
ジョーイ「・・・さっき見えたんだけどさ・・・敵もかなり多いよ。」
椿「どんな具合だ?」
ジョーイ「戦力はこっちが高い・・かもしれないけど、あっちの方が兵の数が多かった・・・気がする。」
椿「そぉーかぁー。なるほど。で、どんな具合?」
ジョーイ「まず、AとSのランクの神姫はいなかったよ。あと、SSクラスの神姫は・・・意外と性格が悪いのが多かったよ。なんかランクが下の神姫を盾にしそう。」
椿「うんうん、よかった、共和国側に行かなくて(苦笑)。」


参加アバター:豪獣神


リング「・・・あれ?」
椿「どうした?リング。」
リング「何で豪獣神?」
椿「あぁ、実はいつもならホワイトグリントRを出すんだが、『もしかすると俺ってWGRさえ出せば勝てると思ってるんじゃないのか?』って思えて。それであえて豪獣神(ミニプラサイズ)を出した。」
リング「はぁ・・。」
椿「本当は『LBXオーディーン』を出そうと思ったんだが(マスター代理だし)、実は可動域が狭いからさ、それで可動域が広くてかつ変形が1パターン多い豪獣神(ミニプラサイズ)にした。」
リング「・・・なるほどね・・・。」


・参加MMS:ドックファイター戦闘機型MMS「リング」(武装:ゼロプレーン)
      アムドライバー型MMS「ロシェ」(武装:アルトアイズアイネスドラゴン)
      女神型MMS「マナ」(武装:大戦鬼)

椿「なぁ、マナ。」
マナ「何なの?」
椿「今回のミッション、出るのか?」
マナ「そうよ!」
椿「念のため聞くが・・・大丈夫か?
マナ「大丈夫だ、問題無い。
だって、武装がパワーアップしたんだもん!!」
椿「・・・そうか。まぁ、メンバーはすぐには決まった訳じゃないからな・・・。
もう一度『ミッション詳細』を読んどけよ。」



リング「どうだった?」
椿「やべーよアイツ。
以前『狂犬』って言って『覚悟しとけ』って言われたエドナサンの事を忘れてるよ。



・作戦



椿「・・・何だ?もしかして他のコリア側を選んだ人も一緒にミッションを行うのか?」
リング「多分ね。」
椿「じゃあいい事思いついた。

まず、SSSクラスとSSクラスとSクラスのチームαと、AクラスとBクラスとCクラスのチームβを作る。
チームβを先に行動させて(おとりに使われるであろう)B・Cランクの神姫達を撃退し続けろ。
そんでαチームは、βチームのすぐ後ろについて(偶然会うかもしれない)S・SS・SSSランクの神姫達に苦戦してるβチームの神姫達を援護しとけ。
もしも会ったのがMMS以外だったらそこは豪獣神の出番だ。
多分『敵に囲まれてフルボッコ』という状況にならない限りは大丈夫。



作戦の裏ワザに『戦わない』というのもあるが・・・このメンツじゃ絶対に無理かもな(笑)。」


・最後に


椿「・・・マナ、本当に行くのか?」
マナ「うん!」
椿「そうか・・・。」
マナ「あっ!お兄ちゃん!」
椿「何だ?」
マナ「・・・この戦いが終わったら・・・新しい武装が欲しいな!」
椿「・・・。」
マナ「・・・ダメ?」
椿「・・・あぁ・・・いいぞ・・・。」
マナ「やった!!」


椿「・・・アレだな。・・・死亡フラグが立ったな。」
[ 2011/09/12 22:17 ] [ 編集 ]

アバター:
猫(キジトラ)

MMS:
SWAT型「ニコル」
剣士型「ナタリヤ」
忍者型「ハルミ」


作戦:
ナタリヤは前線で遊撃。
ニコルとハルミは報道関係者、猫は猫として敵陣地に潜入。
敵の主要基地の爆破、及び補給路の遮断を行う。
目標達成後は速やかに退却し、山間部に隠しておいた武装を回収。
そして、対物ライフルによる狙撃で支援する。



猫「以上が作戦の大まかな概要だ。何か質問は?」

ハルミ「その猫、何者なの?」

猫「私は秘密結社〝MYO〟のエージェントだ。」

ハルミ「〝MYO〟って?」

猫「〝みんなの(M) 優しい(Y) お友達(O)〟の略だ。」

ニコル「こんなに爆弾が必要でしょうか?いくらなんでも量が多すぎかと。」

猫「ああ、ついでに民間施設もふっ飛ばしてやるのだ。花火は派手な方が盛り上がるだろう。奴らの文明を焼き尽くして灰にしてやれ。」

ナタリヤ「ちょっと待ってください!それでは民間人への被害が」

猫「黙れ!猫を食べる奴らは皆殺しだ!…君は前線で敵を相手に踊っていればいいのだ。」

ニコル「…こいつ、隊長のアバターなんだよな?ちょっと、おかしくないか?」

ハルミ「うん…何か、違うよね。」

ナタリヤ「私は偽者だと思います。あれは隊長ではありません。」

ニコル「でも、今はそれを確かめる時間が無い。とりあえず、民間人には被害を出さないように上手くやろう。」

ハルミ「御意。」

ナタリヤ「分かりました。」

猫「猫最高!猫最高!猫最高!わはははははは!!!」



隊長「あいつらどこいったんだ?これから作戦会議だってのに。まったく…。」
[ 2011/09/13 00:08 ] [ 編集 ]

コメント返し

>Qualさま

手堅く支援に徹する攻略方法ですね。幅広い状況に対応できるように武装に汎用性を与えていますねー

敵は旧式の兵器群ですが、かなりの数です。質的にはこちらが有利ですが、B側の方がSSS級の数が多いのでいきなり戦況がひっくり返されてしまうことがあるので注意を・・・

>ドラッケン/K型はマンホールに落ちたりしないでしょうか?

多分大丈夫だと思いますwwキムチイーグルェ・・・

果たして、このミッションは唯の大規模な総力戦で終わるのでしょうか。この戦いの末に笑うのは誰なのか…

この戦いの仕掛け人がいます。誰が得をするんでしょうねー

ミッション頑張ってください。

>madriax74さま

南東方面より、開城基地を迂回し、山間部を縫うように、MMS航空部隊に護衛されたVF-25アーマードが低空侵入し、とある場所へと向かいます。場所は「ダム湖 A」。開城市北東部にあるダムで、それなりの水量及び発電施設があるものと見られます。ここへ、EGBU-28 バンカーバスター徹甲爆弾とアーマード搭載ミサイルをぶちかまし、ダム破壊・水力発電所破壊を行います。


いきなりぶっ飛んだ作戦を行いますねwww

上記のQualさまとは対照的ですね。

うまく行けば大戦果ですが、失敗して自軍の侵攻部隊が濁流に飲み込まれて全滅とかwww

かなり一発勝負な危険ですが、魅力的な作戦ですね。相手の傭兵MMSに感ずかれないようにしなければ・・・

>籠 ハジメさま

SSS級を投入ですね。激戦が予想されます。相手もSSS級がいるので、戦闘になりそうですね。ただ、相手の方がSSS級の数が多いので1対2とかになった場合非常に不利です。その点は気をつけたほうがいいですね。

>宮藤椿さま

どのように戦況が推移するかは分かりませんが、マナさんならうまく立ち回れそうですね。状況によっては積極的に行動してもいいような感じ。

マナ「・・・この戦いが終わったら・・・新しい武装が欲しいな!」

完全に死亡フラグですねwww

>Mr.Potatoさま

なんだか精神をだいぶ病んでいますねww

猫食べるのですか・・・猫とか犬とか肉食系の動物はマズイって聞きますけど・・・

参加する神姫さんはどれも軽量級の神姫さんですね。機動性を生かして臨機応変な戦闘をするのでしょうか?

対物ライフルによる狙撃で支援する。

対物ライフルですか・・・私も家に何丁かありますけど、狙撃ポイントが重要ですね。
[ 2011/09/19 19:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/1235-13905769