MMS-零  ミッション 14  「ソウル侵攻計画 千里馬作戦」 事後 

ハイスピードメカアクション・オンラインロボットゲーム

MMS-零(エムエムエス ゼロ)

MMS.jpg


2041年7月23日14時00分ごろ(日本時間同)

朝鮮戦争とは、1950年6月25日に、朝鮮半島の主権を巡って、共和国が軍事境界線を越えて南朝鮮に侵攻したことによって勃発した国際戦争のことである。開戦から足掛け三年あまり、共和国は中国共産党やソヴィエトの支援を受け、南朝鮮はアメリカの支援を受けて戦ったが、結局、1953年7月27日に休戦という形で終結し、未だに講和条約も結ばれないまま、東アジアの紛争の火種として、現在、2041年に到っている。約1世紀近くにわたった紛争についに動きがあった。

2041年の3月26日に黄海上で沈没したコリア局軍の哨戒艦型MMS(コルベット艦型MMS)「チョンアン」が、共和国の魚雷攻撃により撃沈されたことが、後日、コリア局の軍民調査団の報告でほぼ確定し、テロではない本格的な軍事攻撃を受けた被害とあってコリア局も反発を強め、共和国の制裁強化を働きかけようとするなど、両国間の緊張は、久しぶりに高まっている。


昨年のウォン安による通貨危機を カタリナ社内との通貨スワップで何とか乗り切ったコリア局だが、ここに来て再び通貨がウォン安へ大きく動き始めており、外資が共和国との戦争を見越してコリア局内から逃げ出しているという推測もある。奇しくも今月2日に、カタリナ社USA局の著名な投資家であるゴールド・キングリーマン氏が手持ちのカタリナ社コリア局株を全て売却したことが明らかになったばかりである。

さらに緊張は続き、

2041年7月4日14時34分ごろ(日本時間同)、旧共和国軍が北方限界線(NLL)を越えた大延坪島に向けて突然、砲弾約170発を発射、90発が海上に落下し、80発が同島に着弾した。これに対しカタリナ社コリア局軍は島に配備していた砲台型MMS「フォートブラッグ」6機のうち当初正常に作動した3機、後に1機を加えた4機で旧共和国軍の砲戦MSを目標に80発の対抗射撃を行った。またドラッケン戦闘爆撃機型MMSとウェルライザー戦闘機4機ずつを島に向け非常出撃させた。

この事件でカタリナ社コリア局の砲台型MMS「フォートブラッグ」4機が撃破され、山火事や家屋の火災が発生した。

カタリナ社コリア局の高官は、砲撃はカタリナ社コリア局軍の訓練に対する反発との見解を示している。事件発生時にカタリナ社コリア局軍は黄海付近で実弾を使った軍事訓練を実施していた。旧共和国軍はこれに先立って「我が国の領海に向けて砲撃が行われた場合、直ちに物理的な措置を取る」とファックスで通告していたが、カタリナ社コリア局軍側はこれを無視して訓練をしていた。

また、この事件の直後、

2041年7月12日12時00分ごろ(日本時間同)

MMS企業戦争間の停戦を監視する「中立国監視委員会」と「軍事停戦委員会」の本会議場が設置され、停戦協定遵守の監視を行っている「板門店」が所属不明のMSとMMSによる攻撃を受けた。

2041年7月12日16時25分ごろ(日本時間同)


カタリナ社コリア局が極秘裏に傭兵MMSにテロリストの排除を依頼し、激しい戦闘が行われた後、襲撃したテロリストは排除された。
後に調査したところ襲撃したテロリストは国籍不明、製造番号も削り落とされた完全なアンノウン機だった。
この事件を受けて旧共和国は以下の声明を発表し、テロリスト襲撃の調査結果について、「政治、軍事目的の捏造(ねつぞう)劇だ」と批判。

「即時に全面戦争を含む各種の強硬措置で応じる」と警告した。


これを受けてカタリナ社コリア局は、非常事態を宣言。コリア局内の有するMMS部隊の再編を行った。


旧共和国軍に対して中国に展開する地球連邦軍は支援を表明、ロシア地区に展開するジオン公国軍も旧共和国軍を支援するとの声明を発表。またカタリナ社コリア局を支援すべくカタリナ社極東支部は、太平洋に展開するカタリナ社USA局を動員。


この動きを共和国軍は、先手を狙った攻撃行動と認識、ついに2041/07/23 14:22

共和国軍は北漢山に展開する砲戦MMS部隊を、ジオン公国の支援を受けたMS部隊および傭兵MMSによる強襲砲撃戦を展開。
先手を先に撃たれた北漢山に展開する砲戦MMS部隊は潰滅し、ソウル市街近郊でついに本格的な戦闘が始まった。



カタリナ社USA局は、緊急非常事態を宣言。

カタリナ社コリア局を支援すべくカタリナ社極東支部は、太平洋に展開するカタリナ社USA局の所属する第7機動MMS艦隊を出動。

カタリナ社日本局の管轄するオキナワ基地からも艦隊が出動したが、カタリナ社日本局は防衛体制を整えただけで、コリア局を支援することはしないと宣言。

コレに対してコリア局は大激怒したが、日本局は「コリア局とは安全保障条約を締結していないし、我が局は関係ない」との一点張り。

コリア局は「そもそもの原因を作ったのは日本局であり、日本局は全力で我が局に対して全力支援をしかるべきなのに、なにもしないのは、我が局に対する戦争行為である!!」と憤慨。


日本局は「コリア局は共和国と戦争状態になったら日本局を攻撃するのか?」と失笑。

コリア局は「この戦争は日本局が仕組んだ陰謀だ!!日本局が戦争の原因を作った!!!コルベット艦型MMSを撃沈したのも、「板門店」が所属不明のMSとMMSによる攻撃を受けたのも日本局が雇った傭兵MMSの仕業だッ!!!!!!」と発言。

日本局は「事実無言であり 誠に遺憾です」と発言。

その後、日本局はコリア局に対する一切の支援を行わない。といった発言を行った。


カタリナ社日本局 第二次朝鮮戦争に対する公式対応。



共和国の砲撃は、東アジアの安定を乱す行為であり、また民間人の死者も出るといった許し難い行為で、当然非難すべきだが、だからといってコリア局の立場を支持すべきではないと思う。理由は以下のとおり。

1.共和国もコリア局も日本局とは現在敵対状態にある

共和国とは旧拉致問題及び日本局における各種テロ、工作事件が解決していない。コリア局とは竹島問題がある。これまでにコリア局により、日本局の漁船758隻が拿捕され、44人が殺傷され、8,929人が抑留された。この事実はあまり知られていない。これらが解決しない限り、どちらに対しても日本局が支持する立場を表明するのは間違っている。つまり、共和国の攻撃に対して非難するのと同時に、韓国局に対しても竹島の返還と謝罪を要求すべきと考える。

2.共和国もコリア局も反日国家である

共和国とコリア局は、国家体制は違えど、国を挙げて反日教育を行っているという点では全く同じである。また、どちらも程度の違いはあるが全体主義である。このような国々と日本局は距離を置くべきであると考える。

3.朝鮮戦争は休戦中であり、終結していない

報道を見ていると、共和国の一方的な攻撃のように見えるが、よく調べてみると、共和国の砲撃は、コリア局軍が黄海の北方限界線南側で実施した軍事演習の終了直後に行われたというではないか。つまり、戦争が終結していない国同士のお互いに領海主張の異なる緊迫した海域で、挑発行為を先に行ったのはコリア局とも見てとれる。戦争というのは端的には領土(領海)問題であると思う。領土問題を抱える両国が、不安定な海域で行った行為であり、これはどちらかが一方的に悪いとは言いきれないのではないか。あえて言うなら、いつまでも戦争を終結していない国同士どっちも悪いと言ったところか。



もちろん共和国は非難すべきである。それと同時に日本局の領土である竹島を返還しないコリア局も非難すべきである。日本局はカタリナ社の1局として、だれに媚へつらうのでもなく、堂々とした態度で諸外国に対応するべきである。それによってはじめて諸外国からの尊敬と信頼と得られると日本局は確信している。



この発言に対してコリア局は


「今回の事件の発端は、そもそも100年前の旧大日本帝国軍が朝鮮半島を侵略しさせしなければ、朝鮮戦争は起きなかったのだ!!!日本局は、朝鮮戦争によって朝鮮人民が被った損害についても責任を負うべきだ。こんな小学生でもわかることについて異を唱えるとは、まったく不可解である!!!」


日本局は「コリア局も日本局も現在はカタリナ社の管理する極東支部の局の一つにすぎない。100年も前の日韓併合問題を持ち出してくるのは論外にすぎない。すでに過去の清算はカタリナ社によって両国が管理された際に終わっている。後、竹島は日本局の所有する領土であり、そっこく退去されたし」


との、発言によりコリア局は大いに憤慨。

コリア局は日本局を敵国と断言。「独島」にカタリナ社日本局が侵攻した場合には、核攻撃も辞さないとブチ切れた。



スポンサーサイト
[ 2011/07/24 20:24 ] ミッション | TB(0) | CM(7)

火病キター!www
ますます、キムチが焼ける臭いがしますねwwwww

これなら共和国に手を貸して、一発かましておくべきでした(^ω^;)
[ 2011/07/24 21:11 ] [ 編集 ]

椿「・・・ついに・・・ついに始まってしまった・・・。
・・・南北戦争。」
マナ「南北戦争じゃありません。」
ジョーイ「っていうかその戦争はヒーロー大国の出来事でしょ。」

リング「と言うよりもカタリナ社の各局ってまるで本物の国みたいだね。」
椿「っていうか『核攻撃も辞さない』だなんて・・・。
実際の政府からしたらとんだとばっちりみたいなもんだな。」
[ 2011/07/24 21:28 ] [ 編集 ]

プレスト「はぁ~……」
エルルーン「北と南で戦争が始まったというのに、何故コリア局は日本ばかりを非難されているのでしょう?」
ファティマ「遺伝子に刻み込まれた私怨だから? その癖して日本のいいところは自分のものにしたがるのに」
プレスト「然し核攻撃も辞さないとは厄介なことになった。もしかすると日本局からも依頼がくるかもしれないねえ。コリア参ったって奴だ」
ファティマ「うわ寒っ」
エルルーン「えっ、参るのは寧ろ日本の方ではないですか?」
プレスト「………」
[ 2011/07/24 22:47 ] [ 編集 ]

MMS-零 ミッション 14 「ソウル侵攻計画 千里馬作戦」事後

報酬を用意していただければ、可能な限り対応いたします。
ただし、事態が事態だけにそれ相応の金額になりますが・・・。

・・・こういった場合って、大抵ぼったくるんですよねー。
[ 2011/07/24 22:58 ] [ 編集 ]

ラディネ「ハハハハハハ!!戦争だ………戦争が始まったぞ!!大戦争だ!!これは面白い!!さあマスター、私を竹島でもどこでも連れていってくれ!!」

サラ「しかし、マスターは詳しいのに半島のこと嫌いなんだよね。流石に今回の事でわかった気がするけど。」

マスター「何も全部が憎いわけじゃないんだけどね。特定の国を極端に嫌うように教育したり、すぐ他所様のものをオレのモノと言い張ったり。二流すぎるんだよ、やることが。」

サラ「何も全部が、ね……その国の教育を否定した次点で、全部嫌ってるんじゃないかな?」
[ 2011/07/24 23:37 ] [ 編集 ]

なーに悪しき日帝を倒すのは南北統一を成した後で十分。
今は我等が白頭山の星偉大なる将軍様の為、南朝の傀儡を打ち倒すのみ。

ロイド「しかしチーフ第七艦隊が出てきている様だが?」
米帝如きに必勝無敗の軍隊たる我が共和国軍が敗北すると思うてか!貴方には良心が無い!
ナターシャ「すっかいり成りきっちゃってるね」w
[ 2011/07/25 15:49 ] [ 編集 ]

コメント返し

>Mr.Potato さま

キムチ美味しいです。

ちなみに私、韓国の料理大好きです。

韓国ノリもごはんに包めて食べるとウマシ
キムチはラーメンやビールのあてにいいですしwww焼肉やプルコギは涎が垂れますし・・・

これなら共和国に手を貸して、一発かましておくべきでした

どっちの陣営を選んでも面白いですよー地理的な要因で北も南もいろいろな陣営が絡んでいますし・・・

>マナさま

リング「と言うよりもカタリナ社の各局ってまるで本物の国みたいだね。」

カタリナ社は世界中に展開する超巨大多国籍企業(たこくせききぎょう、multinational corporation, MNC)、活動拠点を一つの国家に置かずに複数の国にわたって世界的に活動している営利企業です。

多くの国々に生産設備を持って販売拠点や事務所を持っています。

それぞれに独立した権限を持っており本社といった概念は存在しません。それぞれの担当する局によって方針が違っていますが、おおむね現代の国家をそのまま引き継いだような形です。

>Qual さま

北と南で戦争が始まったというのに、何故コリア局は日本ばかりを非難されているのでしょう?


数世紀前から続く歴史問題や複雑な経済関係や文化の問題が・・・そもそもこの南北問題が起きた原因がややこしいです。

>madriax74さま

報酬を用意していただければ、可能な限り対応いたします。

全ては金しだいですねwwwクールですばらしいです!!

>クルセ さま

戦争だ………戦争が始まったぞ!!


朝鮮戦争は1953年に休戦に至ったが、南北二国に分断された状態のまま緊張状態は解消されておらず、平和条約は結ばれていません。

始まったのではなく、これは延長戦上なのです・・・

特定の国を極端に嫌うように教育したり、すぐ他所様のものをオレのモノと言い張ったり。二流すぎるんだよ、やることが。


よくあることですよ。たいていの国は隣国同士、仲が悪いものです・・・

インドとパキスタンとかロシアとポーランドとか、ドイツとフランスとかイスラエルとかパレスチナとか・・・

>ST-202C さま

今は我等が白頭山の星偉大なる将軍様の為

そのうち、将軍様のお姿も描こうと思います・・・お楽しみに!!

ロイド「しかしチーフ第七艦隊が出てきている様だが?」

カタリナ社USA局の大艦隊です。覚悟してくださいねwww


[ 2011/07/25 23:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katarinarina.blog120.fc2.com/tb.php/1188-788ca612